« ベン子久々に洗車 | トップページ | トゥーラン リコール »

2009年10月14日 (水)

エレガントなアラゴ10

ベン子のアラゴスタ、2まで締めてみて走った。

硬すぎ~

最強の1は怖くてできないけど、3まで締めたことは
あったんですね。
やっぱいいとこ3ですわ。2は不快でしかなかった。
ベン子はシャーシも堅牢だから、ちょっとの段差とか
マンホールでも車体全部が揺れてしまう。
ブレーキやコーナーでは姿勢が全く崩れないのはいいけど。

んで、2なら擦らないだろう、と、深いUターン気味の左コーナー
に突っ込んだら、擦った!

やっぱだめなんだあ。ちょっとショック、ですね。
擦ったのは右タイヤ、フェンダー間です。

同じ225(そん時はMパイロットプライマシー)で、
ザックス+コニーダンパーでいやというほどUターン気味のコーナー
走ったことあるけど一度も擦らなかった。
そん時は更に家族4人+荷物満載だったのに、です。
(一昨年夏の西伊豆往路)

やはりアラゴは奥で柔らかいかな、と。擦る反面、乗り味がとても
いいワケで、もう擦ることにナーバスにならないようにしましょう。
家族旅行ではトゥーランがあることだし。

普段の街乗りではやっぱ9前後が
しっとりまったりしてそれでいてカッチリ感がきちんと
あって好きです。
特に10にするとプレミアと言ってもいいくらい上質な乗り味。

それと以前ザックス+コニーの時感じてたんですが、
70キロになるとカチっとスイッチが入ったように乗り味が
変わるんですね。
硬くなって、ステアリングの動きにリニアに反応するように
なるんです。車全体が。
なんていうんだろう言葉ではうまく表現できないけど、それが
とても良く、気にいってました。

それが、ですね。また出るようになりました。ザックス+アラゴ
でも。やっぱ60~70キロでスイッチ入ります。
しかもアラゴ10というとてもナンパな設定で。
これ、うれしいんですねえ。

先週末、空いた246をベン子で帰ってきた妻が
素晴らしく良かった、と言っていた、それがそうなんだと
思います。かっちりとしたボディー全体を貫く剛性感みたいなものが
あって、スタビリティーの高さを痛感します。

Dsc_0561

キミも速かったね!
年少のかけっこはイチバンでした。
(年長に入ってもおかしくないくらいデカイ次男)

« ベン子久々に洗車 | トップページ | トゥーラン リコール »