« タイヤ擦っちゃいます | トップページ | ザックス装着せず。シムで車高上げた。 »

2009年8月 4日 (火)

ザックスへ交換にあたって(シム考)

倉庫からザックスとシムを出してきました。

8ae1

オイルで磨きますた。これはフロント用。
黒光りしたチンコは男の勲章です!と友人が息巻いていたが
スプリングも同じだと思います!違うか~!

ザックスに戻す目的は、擦らなくするため。硬くなるから。

街中では今のesprit/sportスプリングがアタリが
柔らかくてとても好きなんだけど、中~高速ではやっぱり
ザックスの味は素晴らしいものがある。
140を超えるあたりになると、ビターっと、這うように走ります。
オンザレール感覚ですね。矢の様ですよ。

大事な大事な車高について。

シムは純正品だと最厚がF5番、R4番なんですね。
しかしこれでもザックスのバネだとペタペタに落ちちゃう。
ダサイ族と言われたくない。

74f8

で、自家製の硬質ゴム(5ミリ厚)を貼ります。これはリヤね。
硬質ゴムは以前も使ってたもの。ボンドで貼っちゃう。

7d1e

リヤ用4+1番のできあがり。
これで後ろは指0.5本のクリアランスになる、と思う。
シムは5ミリのものであっても、よりセンター寄り
にスプリングはあるわけだから、1~1.5センチくらい車高アップが
望める、と思う。自論だけどね。

フロントは

D3a5

右に最厚5番+1番(自家製硬質ゴム5ミリ厚)のを使う。
奥の円筒形の筒はショップで以前もらった。ちょっとは厚めに寄与する
だろうとのこと。
左は4番そのまま。筒は左右に入れる。

D93d

右前の完成形。右は次男の手。いちいちついてこないでいいですから!

ひろたんがやる!ひろたんがやる!ってうるさいんですよ。

シムによる車高の変化については以前グダグダグダグダグダグダと
書いてるからここでは深く書かない。

上記により全てのクリアランスが指0.5本になる、予定。

シムは厚くすればするほど、1Gでバネをより圧縮させてしまうことに
なり、走行時の適正なスプリングレートが得られなくなる。結果、
乗り味が損なわれる。ダイレクト感もね。

実際、コニーアブソーバー+ザックスバネの時、
リヤに4(純正)+3(旧平バネ用純正品を削ったもの。自家製)
入れたら、とってもとってもミョ~な硬さになりました。
あれは失敗でしたね。取っておいてあるけどあれはやめて
だから今回は4+1で留めておきます。

フロントは右が2番手分、厚いですけど、これは右ハンなんで
圧倒的に重いから。
いつも人も乗ってますからね。これくらいがいいんではないか、と。
昔のデータだとこれで丁度左右0.5本で収まった、となってます。

車高でドロ沼化してる方、参考になさってください。
(個体差はあるので参考までにお願いします)

« タイヤ擦っちゃいます | トップページ | ザックス装着せず。シムで車高上げた。 »