« トゥーラン取説書 | トップページ | ザックスへ交換にあたって(シム考) »

2009年8月 3日 (月)

タイヤ擦っちゃいます

一泊二日で長瀞の方へ行ってきた。
861d
アラゴスタの味を堪能できたけど、残念なのが、コーナーで
擦るのだ。タイヤとフェンダーが。
左コーナーでは右タイヤフェンダーに、
右コーナーは左タイヤがタイヤハウス内(樹脂部)に。

かなり緩く侵入しても、下りではブレーキ引きずるから、
ががががががぁ~っと、悲しく擦る。
顕著に嫌だったのが2回。

一つは左コーナー急な下りUターンのようなカーブ。
侵入時からアペックスまで擦りまくりの5秒間。

もうひとつ。
工事現場で片側通行止め。
ブレーキ踏んでポールよけ右へハンドル切ったら
ガガッ!
左へ戻したらまたガッ!2秒で2回。

これあ無いよなあぁ~。

なんてったって、コニーの時は、一度も擦ったこと無かった
んですから。
腑に落ちないのは、アラゴにしてすぐ、ノーマルサイズ
(スタッドレス)の時も、右へ深く曲がる交差点で擦ってる。
アラゴスタは深いところで制御が弱いって弱点もってるのか??

知人でコニー信者がいて、30年以上ポルシェに乗ってるけど
ずっとコニーしか入れてないって人がいる。その人に
アラゴスタを入れると報告したところ、本当に大丈夫なのか、
実績はちゃんと積まれてるものなのか、としつこく聞かれた。

でもアラゴのこの乗り味は、何物にも代えられない
すばらしいものがある。

で、いつものショップへ相談に行ってきました。
試乗してもらったりしたけど、結果、

「スプリングがやわらかすぎるよ。
 ザックスに戻しましょう」。

そうきたかあ~
単にバンプラバーを厚くすればいいじゃない、できたら
それやっちゃってみようよ、
と要請するも、

「それはやだね。初期からタッチするし、すぐ底付きよ。
 乗り味絶対悪化する」

と、首を縦に振らず、

「ザックスに戻して、
 Kameさんと同じ変心ボルト入れる。
 これで決まりよ」

と結論づけられた。

意外に早く訪れました、元サヤザックス。

意の中ではトゥーランが来て落ち着いてから(W202を手中に
できてから)と思ってましたが、やるべきですか。
8/10~12は家族で旅行なので、その前にやることに
しました。

Dsc_0122 

でもこの車高は好きで変えたくないんですよね。
ザックススプリングは落ちちゃうんですよ。
リヤはシム最厚4番にプラス3番のを貼って、それでこの車高が
得られる。
しかしそうするとバネレートが上がっちゃって・・・

ああ悩むなあ。
また楽しみが増えたんであります^^

« トゥーラン取説書 | トップページ | ザックスへ交換にあたって(シム考) »