« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

DUO

トゥーラン。購入したのは勤務地近くのDUO。
徒歩圏内だし、営業さんが割と良かった。他の人には
分かりませんよ、私にはよく噛んで良かった、ということ。

会話噛むのって、重要ですよね。
私も営業でしたから気にしてました。
説明で肝心なのって自分でしゃべるんじゃなく、相手にも
よくしゃべらせることです。
そうでしょう??
10理解させたいものがあったら、自分では4しか話さない、
相手に6話させなくちゃあだめ、ってくらいね。

彼、バイク乗りなんですね。それと車では、レースにもよく出いてた
というほど、好き。
バイクはカワサキGPZ900。ニンジャね。
集合とバックステップつけて。
車は、ちょい前までランエボ(笑)。

お店の方々も店長はじめ皆教育がとてもよく行き届いてます。
納車の日、出庫時に驚いたのは、全員集合されちゃったんです。
修理の人も、ですよ。それが慣例ということ。
出る時両側に10数人が並んで

アザーッス!!

うれしい前に、恥ずかしかったですけどね。通行人もいっぱいいたし。
ま、これを喜ぶお客もいるんでしょうね。とはいいながらも、
こんなにすがすがしい納車ははじめてのことだったかもしれません。
助手席には

「奥様へ!」

と言って花があったしね。

お膳立ても上手く組まれたものでした。
取り説係はだいたい分かる(事前に説明書借りてたから)ので
省いてもらって、今後のサービスの段取りとか、後部席の外し方、
組み方等のレクチャーをうけた。
すると、2階のサービス工場をご見学ください、是非見て
もらいたいんです、と言う。別にいいですよ、修理工場見たって、
しょうがない、いや、まてよ、せっかくだからやっぱ
拝見しましょうか、といって案内してもらった。

すると、工場の作業の方皆、私のことを知ってるんですね。で
帽子を脱いで

本日はトゥーランご納車、おめでとうございます!

と元気よくそう言ってどこかへ歩いてく。

 いいなあ、みなさん感じがいい。。。

で、一階のショールームに移り、車に乗り込んで出ようとすると
両側に全員が並んでいた、ということ。

サービス工場に伺った時点で、

「あ、そろそろ出庫、だな」

というお決まりになってるんでしょう。でないと仕事になりませんからね。
そういえ納車の時間も変更ございませんねとくぎ刺されて
ましたっけ。
 
 
たまたまだけど、納車の翌日、別なVW販売店から電話があった。
トゥーラン、そろそろいかがでしょうか、ってなこと。

 恐縮ですが、別なところで買いました。そちら様は
 お値引きゼロとおっしゃってましたでしょう。
 頑張ってくれたところで、買わせてもらいましたよ。

と丁寧にお話しました。

2009年8月29日 (土)

トゥーラン初日

バイキセノンって明るいんですねえ。
ビックリしました。野球できますよ、これ。
点けた瞬間、爆発したんじゃないかと思った。

昨夜、勤務地から夜、トゥーランにて帰宅。
やはりゴツゴツ硬いですね、まだ。足が。
けどカドは丸く、コルトやW202では不快で避けて通ってた
マンホールもわざと通ったりした、だけど気持ちよくいなして
通過します。ストロークがたっぷりあるんでしょう、いいデキです。

タイヤはミシュランエナジー205・55・16。
このサイズで充分です。195でもよいくらい(下の
トレンドラインはそれ)だから、冬のスタッドレスはやっぱ
インチダウンでいこう。

楽しみだったマルチファンクションインジケーター。
右手のワイパーノブ先端にあるツマミを押すと、

  瞬間燃費

  平均燃費(エンジンかけてから)
 
  走行時間(同)

  走行距離(同)

などなどが出てくれる。
特に平均燃費、瞬間燃費を見れるのが楽しみだった。
昨夜帰路の平均燃費は9.5だった。
使用した道は、渋滞を予想し、裏の裏道(C路)。ここは
ちょこまかちょこまかしてるし止まれも多いので
もっと悪いことを予想してたが、良い良い。満足じゃ。

今朝の出勤は王道の世田谷通り(A路)。土曜だからそう混んでもなく
しかし着くと同じ9.5だった。どちらも荷物はなんにも
載せてなく、ただ私と社長が乗ってるだけ。
こんなもんなのかな。
距離は14キロくらいだからハイオクだし片道200円弱ってとこか。
コルトは片道消費1リッター(レギュラー)だったから、その経済差は大きい。

しかしその差に見合う味、というものがトゥーランには、ある!

がしかし。
肝心のDSG。
楽しめなかった。慣らしだし3千回転内で走行。すると良さ、
何もないんですね。
3千回転以上が、DSGを楽しむにはイチバンなんじゃあないかな
低回転では、新しいということもあってクラッチが馴染んでないのか
発進がぎくしゃくしてまどろっこしい。
特に坂道発進。
少し強めにぐっと踏んでも発進しない。
クククっとクラッチをつなげてる感触が伝わってくるから、もう気持ち
踏み込むと、いきなりドッと飛び出してしまう。
馴染みと慣れが解決するもんだいと思いますが、2010年モデルから
乾式クラッチになってるでしょう、するとこの感触ってもっと
悪いものになってると思うんですよ。大丈夫なんだろうか、
こんど機会あったら試乗させてもらおう。

それと、速いですよお~。
低速でスーパーチャージャー効かせると、ちょっと驚きます。
まさに胸のすく加速。中速からはターボが働くから、
アドレナリン出まくり。
 
 
え~っとですねえ。
若干の懸念がありまして。お伝えしますと、
コイツをかみさんに奪われるのが、とても寂しい。

「いいじゃない、これで晴れてベン子があなたに
 返るんだから」

と言われそうで。
ナンバーはかみさんの誕生日にしてもらったの、失敗だったかな??

P1130007

2009年8月28日 (金)

納車^^

P1130005 P1130001

P1130008

P1130006

HV車の音

HV車が無音でかえって危ないからなんか音を
出したほうがいいのでは、ということで私は

 ファ~ン

って小さい音が出るホーン(ボタン)をつければ、と書いたが、
甘い甘い。
すごいですね、こういう案。

Tky200908270171

http://www.asahi.com/national/update/0827/TKY200908270167.html

いいなあ。中学生の方だそうですよ。でもこのままだと高速では
ホイールバランスが崩れるんでブレますね。
おもりも考慮して組めば大丈夫かな??

  

少し前だけど新聞で

「信じられない」

と記されたある投稿。

  「止まれ」は一時停止するもの。必ずいったん停止、タイヤを
  止めなくてはならないのに、最近の車は止まらないどころか
  徐行しただけで通り過ぎて行く。私には信じられないことだが
  現実だ。。。

とあった。
私は投稿した人の考えが信じられない。「止まれ」は法的には確かに
いったん停止を課しているものだが、私は完全にタイヤを止めるまで
停止した車など見たことがない。パトカーですら「徐行」ですから。
「徐行」の定義を知っているのだろうか、件の方は。

「車などが直ちに停止できる速度で走ること」

なんであります。
だから直ちに停止できる速度であればあえて完全停止の義務は
ないのではないか、と思います。それが省エネってもんです。
いちいち全部が全部で完全停止してたらあなた、
世田谷の住宅街は走れませんよ。

今日はトゥーランの納車であります。
もうバクバクもんであります。

2009年8月27日 (木)

トゥーラン明日納車

P1130002_2

W202。シムがこういうカタチになったのはスプリングのカット
が変わった為。

96ed

W202でいうと初期モデルはスプリングの上端や下端が
こうではないんですね。
進行方向に水平にカットされています。だからシムも平らなんです。
なぜ縦にカットすることにしたのか。コストダウン目的でしょうか。

平らに切るより、垂直に切った方が楽に決まってる。
けど、これによって1本当たりの削減費って、いくらなんでしょう。
数円、数十円??
何百本、何千本と作る上で、数百円、数千円、とコストが浮く。
代わりに、シムの作り方や、下端のシャーシ側の製作が若干
面倒になるわけで、そうするとその相殺分に至っては1台につき、
数十円、ってとこでしょう。が、別シリーズも含め
何万台も生産してるわけですから、
結果、何十万円かの粗利として返ってくる。。。
と推察できますね。

しかしこういったこと一つ一つが、逆の面も生みます。
低品質化、ということです。
先のシムも見て分かる通り、寿命となっています。
考えればリヤもそう。1番薄いのが入ってますから、きっと寿命が来てます。
荒い路面の雑音をダイレクトにシャーシに伝えてしまいます。
結果、乗り味を損ない、全体の品質、質感を落とす、ということ。

なんだかさみしいですね。
インテリアの質感の低下(というか向上していない)等と合わせ、
あまりよろこばしいことではありません。

「エンジンより速いシャーシ」
を掲げるメルセデス。昔聞いた時はなんのことか分かりませんでした。
先だって、子供とブロックで車を作ってるとき考えました。
ブロックにエンジンを乗せて走る、子供も乗れるくらいのを
作ったらどうだろう。シャーシは相当しっかりしたものを
つくらなくてはならない、補強に補強を重ねて。エンジンは二の次だろうって。
そうなんですよね。
人様を乗せて走るんだから、シャーシにこそ、本当に良いものを
与えなくてはならない。次にブレーキ。エンジンはその次でいいわけです。

国産車はいつの間にかエンジンの過当競争に発展し、カタログで
あらわれないシャーシの性能は思いっきりぞんざいに扱われてしまっている。
ブレーキもしかり。
4~5年前のハナシですが、アウディの開発者がトヨタ(マークXと思った)
に乗った時、

  はああ、それで、か。

と言ったそうです。
トヨタ社があれだけ利益をあげてられる、その理由が、運転してはじめて
分かったというんですね。
ブレーキ、足回りをはじめ、シャーシにぜんぜん金かけてねーじゃん、って
ことだろうと思うんです。

楽しみにしていますVWトゥーラン。明日納車です。

2009年8月26日 (水)

エアコン

自宅リビングのエアコンのフィルターを掃除した。
驚くくらい風量が増えた。もちろん効きも強まった。
気にしてるので、年に2度ほどは掃除している。のに、だ。

平素は27度の設定で充分涼しかったけど、
それでは寒いくらいになってしまた。でも28にすると
なまぬるくってダメなんですね。除湿がイマイチ。
 

車のエアコンでいくとメルセデスの方はだいたい25度前後の
設定にしてる。
長距離走る時はド夏でも26度風量1でいってる。
これで充分冷える。やわらかくて、いい。
最近の車は0.5度単位で設定できるフルオートが
多くなってきてる。コルトもそう。
W202は1度単位だが、新しく来るトゥーランも0.5
単位できざめる。

Lineup_highline_005

んな細かくいらねとは思っている。そのうちクオーターってのも
出てくるかもしんないですね。んなことないか。

ハナシ戻って、リビングのエアコンだけど、27と28の中間って
設定が欲しいんですよね。
ああ、そうすると0.5のきざみが必要になるってことかな。
やっぱあるといいんすかね。

2009年8月25日 (火)

詐欺

2~3ヶ月前だけど、弟を名乗るものから
電話があった。実家の方に。
父がとったが、あまりに声が違うものだから
変だなあと言うと、風邪をひいてるんだ、
携帯をなくしたので番号が変わったけど、実はお金が無いんだ、
この番号にかけなおしてくれないか、という。
があまりの声の違いに親父は吹き出し、
おい、だあき、お前話してみろ、と私に受話器を渡した時点で
電話が切れてしまった。
オレオレの典型的なパターンだ。

先般新聞で投稿があった。
息子さんが事故を起こしたと連絡を受けた。示談にするため急ぎ振込みを
しなくてはならない。が、銀行で行員に

「99%振り込め詐欺ですよ!」

と窘められた。が、

「その1%だったらどうするんですか!
 アナタ、責任持てるんですか!」

とキレ、無事振込みを終えた。
後、詐欺と気付いたそうですな。本人いわく、息子のことしか
アタマになかった、とのこと。ま、金額もそう大きくなかったから
勉強代でしょう。悪いけど。
 
 
3~4日前、親父の従姉妹だという方からの電話をとった。
年は70は過ぎてるだろうか、父のいろんなことを知っていて
それを私に早口で説明を始めて、少し変だな、と思った。
たぶんだが私は会ったこと、ない。でも先方は

あなたのことは知ってるのよ、
すんごい小さいころのことだけどね、

と言う。

はあ、そうですか。。。

親父は出かけてたので折り返すことを伝えた。
帰ってきて話すと、従姉妹であることは間違いなく、にしても
かなり久しぶりのことだから、何の用か、と首を傾げつつ
ダイヤルした。
長い昔話を続けた後、で用はなんだと切りだすと、
息子の知り合いが事業を興した、すばらしい人なので息子は
心底尊敬してしまっている人なのだ、で、
その方の事業に出資している。だからあなたも少し話を聞いて
もらえないだろうか、決して悪い話ではない、ということのようだ。

そんなことを電話で1時間近くかけ、説明されている。
私は横でつまみ聞きしながら胡散臭せえなあと思っていた。
どうせ投資してくれってハナシなんだろう。
こういうハナシ、身近でもチョボチョボ出てきてます。
みなさんも注意してかかってくださいね。二日目のトロと同様(笑)。

2009年8月24日 (月)

次男の感

妻が美味いマグロを買ってきた。トロんところ。
いっぱいあったしあまりおいしいのでもったいないから
少しとっといて、翌日また食した。
食べた3人、下痢した。
しないの、次男だけ。
初日はあんな食べたくせに二日目はなぜか

「たべらない」

とヤツだけ箸をつけなかったのだ。

大食漢で食べ物にうるさい次男、
なんか感ずるものがあったんでしょうか。

P1130011

この時期、生ものは注意しないといけませんね。

2009年8月22日 (土)

飯ごうのメシ

A815

飯ごうで炊くメシって美味いんですね。知りませんでした。
長瀞に行った時やってみて、あまり美味いんでビックリ。
外で食べるからだろうと思いましたけどそのお焦げの食感や
つやつや光ったお米は家電の炊飯ジャーでは
味わえないもの。
で、家でもやってみたんです。
やっぱ美味い!
いいんです。

作り方は簡単。
ガスだったら中火で、10分くらいで噴いてきたら
弱火にして15分。で、できあがり。な~んも難しいこと、ない。

キャンプでは炭でやるでしょうから、ですとはじめ強火ですね、
で、噴いたら炭の弱いところに移して、15分蒸らす。
それだけのこと。

お焦げの味はちょっと癖になります。
ウチはもう4~5回家でやってます。
っていうか炊飯ジャーが古いからダメ、なのかな??
10数年使ってるから、これを買い替える、って要請が
あがってきました。今はお焦げができるジャーもあるんですよ。
知らなかった。。。
買い替えれないから2千円しない飯ごうで炊いてる今日この頃です。

32ca

2009年8月20日 (木)

コルト売却先決定

コルトだけど込み込み31万円で引き取ってもらう
ことになった。マーチんときといっしょのC社。

ネット見ると同年式(4年おち)のは40~60万円で売られてる。
うちのはドア擦ったりリヤバンパー凹ませ(小)たりが
あるからま、そんなところか。
そういやホイールキャップもガリガリ君になってしまってるんだ。
全て私じゃないんですけどお!

中身は絶好調でした。エンジンオイルも毎年替えてたし、今夏も6月に
替えたばっか。タイヤはいちおうミシュラン(エナジー)履いて
7部山はある。ダンパーもまだまだ効いてる。そこそこ走ります。
もったいないですね。
次の方も大事に乗ってくれることを願ってます。

コルトの欠点の一つ。
リモコンキーのドアクローズだけど、ドアが空いてる状態からは
操作できない。
これ、結構不便なんですよ。
手に荷物いっぱいの場合、予めリモコンで締めてしまって、
ドア(もしくはリヤハッチ)をバタンと締めれば全部閉まるってこと。
単純なことだけど、できないの意外にバツなんですね。

ちなみにだけど98年のメルセデスはできます(運転席除く)。また、新しい
トゥーランもできる。
コルト買った直後、不可のことに気付いて、三菱の営業さんに
聞いたら今できないのであればできないんでしょうって
つまんない応えだった。どっかのデータを変更すれば簡単に済む
のでは、と、メーカー本社に直接聞いた(メールで)ら、

 今はできないようになってますし、今後、できるように
 なる予定もございません。

という回答だった。三菱からすれば
「キーレスを選んでくれれば」
ってことだろうけど、この機能、前持ってたマーチでもできてた
んですよね。今後の改良を望みますね。

とはいえメリットもとってもいっぱいあった。
まず第一に前席がベンチシートだったんですね。コラムシフトです。
だからどっちからでも乗り降りが楽。ビタっと右につけちゃっても
すっと左から降りれて、便利でした。

それとナビ。
後付けのオンダッシュ派なんで、楽々ポン付けできる。
最近これできないようなダッシュボード形状の車って多いでしょう。
困りますよね。

あと、音楽好きの私に便利だったのが、助手席座面下の収納。

P1130013

CD30枚くらい入ります。1面に4枚がジャストサイズ
なんです。図って作りましたね。エライ!
前後に動くリヤシートはレッグスペース広々でよかったし、
リクライニングもできたから後ろの快適性はこのクラス最上
だったんじゃないかな。

売ると決まったらなんか、名残惜しくなるもんです。
本当にさよならなんだね、コルトちゃん。

P1130002_2

こうして書いてると、コルトはまだいいです。ベン子と
お別れすることになんかなった日には、
マジ泣いちゃいそうですね。

2009年8月18日 (火)

superfry!

志帆ちゃんがウッドストックに飛び入り出演したそうですね。
http://www.barks.jp/news/?id=1000052047
驚きました。すんごいことです。もちろん日本人では初のようです。
私にはボルトが9.58出したことより驚き。

ジャニス・ジョップリンの曲を2曲披露したとのこと。
きっとすばらしい歌声だったことでしょう。youtubeでひっかけて
みたけど出なかった。どっかにないかなぁ~

志帆ちゃんの歌唱力は日本で1、2を争うくらいのものなんじゃあ
ないですか。
比類ないですよね、国内女性では。
ああ、ドリカムの吉田さんもすごいけど。

これからどんどんこういう腕のある方は世界に出ていけると
いいですね。
思うに歌謡曲、なんですよね。日本の女性歌手はほとんど。
アイドル性から来ている人ばっかでしょう、歌唱力は二の次
まずルックス、プロポーション、キャラクター、ってね。
アイドルデビューさせるからまずCD出しちゃおう、みたいな。

だいぶ前だけど私、志帆ちゃんが桑田さんのスキップビートを
歌ってたのをテレビで見たことあるんですよ。マジ度肝抜かれました。
あれで惚れちゃったんです。
あの歌をあんなに上手く歌える人いるんだ、ってね。
本人より堂にいってるんですよ。

しかもそんとき歌詞(字幕)みてまた驚いたんです。

 わぁれた~パンツの目には~

だとずっと思ってましたから。
桑田さんだったらアリ、でしょ??
知らない人の為にいちおう書いときます。正解は

 割れたパーツのマニア

です。

2009年8月17日 (月)

コルト最後の洗車(涙

来週トゥーラン納車ですからね。
お世話になりましたm(  )m

P1130002_2

P1130001

次男はほとんど水浴び状態です。この時期、洗車ん時はいつも
こうです。もちろん私も全身びしょ濡れ。

トゥーラン購入にあたってコルトは下取りをお願いする。
業者をどうしようか、法人名義だから安心できないところじゃ
困るし、と思った。
前、マーチを持ってた時があるけど、それを買ってくれたところに
連絡してみた。久しぶり(4年)だったけど憶えててくれて、
どこからでも見積りとってみてください、そのどこよりも
高くうちは買い取りますから、と、頼れるお言葉。
実際、マーチの時は、他3社が18万の横並びだったのに対し、
20万プラスでとってくれた。

今回、コルトの件で先程来てくれ下見し、20数万で一時回答。

込み込み130万で買ったこの車、4年で20数万とは
チト情けない気もするが、ま、いたしかたないでしょう、
ヴィッツやフィットだともう気持ち、良いらしいですね。
けど、あれらよりはこのコルトの方がはるかに使い勝手、乗り味
共に良いものだと思います。
CVTは好きくなかったけど、これはま、この車に限らず、ですから。

こんどはDSGですね。トゥーラン、とてもたのしみです。

そしてコルト君。どうもありがとう。またいつか会えたらいいですね。
子供が免許取ったらこの車かな??
いや、その頃はもうHVですかね。

2009年8月14日 (金)

石打~月夜野17号を走って思い出したこと(野沢)

W202。
タイヤ、フェンダーを擦らないようにシムで前だけ
車高を上げたたかぴー号はなんとはなし、
つまんないハンドリングになってしまっている。

上越の帰り。
宿から高速のインターは近いのだけど、すぐ乗っても
つまんないので、しばらく下を走ることにした。
その石打~月夜野間の17号は昔は当然高速など延びてなく、
私も学生時代によく走った道だった。1980年ごろの当時は
関越自動車道に

「関越トンネル」

なんてものはなく、みつまたかぐらに行くのにも湯沢に行くにも
石打に行くのにも皆、月夜野(あるいはその前)で降りるしか
なかったのだ。志賀に行くのなど、高崎で降りただただひたすら
雪道を何時間も走るのみであった。
 
今回は道もガラ空きで誰も走っていず、10数分で湯沢を通過したのち
峠を登ってみつまたかぐらに至る。
1時間も経たずに右手に苗場山の美しい景観を得ることができた。

月夜野から関越に乗って100前後で流し、花園で通例の渋滞に交じり
インターを降りたのは午後7時半だった。
出発したのが5時だったのでまあそんなもんだろう。しかし花園の
渋滞というのはいつものことだ。あそこは高速が少しすり鉢のように
なっていて、先の先まで見通せる。だからずっと遠くのテールランプ
まで数珠つなぎの渋滞になっているように見え、
皆がスピードをおとすから渋滞するのでは、
というのが持論だ。
帰路で実際ここを渋滞なしで通れたためしがない。

いやあったか。冬の苗場だが友人らと滑って、食事を済ませ
夜9時すぎに向こうを出発したことがあった。
あの時は最後千葉の友達を下した時丁度11時だったのを憶えている。
2時間かからなかったということ。
ナイターのリフトに乗っていて三国峠の先の方までずっと渋滞しているのが
見えていてうんざりし、思い切ってゆっくり目に出たのが奏功したのだな。

思えばスキーではいろいろな思い出があったなあ、今回17号を
ひた走って思い起こした。

あれはどこだったろう、野沢だったか、バスツアーで行った
大学3~4年の時のことだ。メンツは男ばかり5~6人だったろうか。
こないだ行った時はなくなってた

 Tバーリフト

というものが当時はあって、これがまたかなりの高速のものだった。
並行して横(30~40メートルは離れていたか)を走るペアリフトに乗った時、
これも少し速めのものだったが、それを抜いてしまうほど速かったので

 次はあれにしよう、あれに乗ってみよう

と皆で勇んで向かった。
乗る時少しバクバクしたが大丈夫だろう、スキーには自信があったし
たかがリフトだとたかをくくっていた。

先にウエハラ、タカネの両氏がペアで乗っていった。
お尻をそれこそTの字のでっかいやつの柄に乗せ、
ブオ~ン!
ってな感じの急加速でずんずん遠ざかっていった。

おおー!

とか

すげー!

とか多くの感嘆驚異の叫びを二人はあげていた。
しかし振り返って、残った我々に手を振る余裕は彼らにはなく、
それが少しキワドイ乗りものかもしれないという思いを
予感させていた。それは的中した。

私は知らないおやっさん(50)とペアだった。
出発直後の急加速にかなり驚いた。ホントに速いのだ。
ぐんぐん速度が上がっていく。しかし平地だったらいいのだがそうではなく
勾配のある坂を上っていくのだ。その速度、倍以上のものを
体感させるものがあった。

ああ~っ!!

ほどなくして、隣のおやじはバランスをくずし、見事にTバーから
転げ落ちてしまった。
恐怖の叫び声がドップラー効果と共に去ってゆく。
チラと振り返ると雪崩のような雪のかたまりしか見えなかった。私は

ご愁傷さまです!

と心の中で叫んだ。
ペア不在でいると、前の方にタカネくんがいるではないか。
彼も転げ落ちたていたのだ。バカめ。地獄に仏とはこのことだよし、
助けてやろうではないか。
私は手を振って声を上げた

乗れ、乗れー!!

たまたまその進路の右前方に彼はいた。去ったおやじの
空いた席も右だ、都合が良い、タイミングさえ合えば乗れるに違いない
私はそう思った。彼も遠目にそう理解したようだった。
どんどん近づく。思惑通りのところに彼はお尻を突き出し、待っていた。

よし、今だ!

彼のケツとタイミングはピタリだった、が、Tバーが彼にあたった途端、
私たちは爆発してしまった。
止まっていた彼に高速バーのバランスは耐えられなかったのだ。
見事にバランスを崩したバーは彼だけでは無し、
私までも放り出す結末を生んだ。
かなりのスピードで放り出された私は沿道に積もった雪の塊の中まで
飛ばされていた。しかし目を開けるに、タカネ君がいない。

どこ!
ヤツはどこ!

見ると、猛スピードで去ってゆくTバーがとてつもない
雪煙りを上げているのに気付いた。

あいつは・・・!
Tバーにしがみついて!
転んでいるのにもかかわらず、掴まっているのか!

スゲー根性と思ったが実はそうではなかった。
彼は斜めがけして持っていたポシェットがバーにひっかかり、
転んだまま高速スピードで連れられてしまっていたのだった。

うおおおおーーー!!

彼の雄たけびたるや想像を絶する恐怖感を私に伝えた。

顔が下になったり、後頭部を擦ったりまた回っておでこの辺りを
擦ったり、鼻の穴も雪でパンパンになり
かなりぐるぐると回り回ってしまったんだろう、板ももちろん両足から外れていた。

彼はパニックの中でポシェットを外そうにも外せず
どうしようもなくなって
死ぬかもしれない
と、開き直った次の瞬間、ポシェットの金具が壊れ、
外れてくれた、で、助かった、ということだった。
後で見ると鼻の穴フチをはじめ、顔中傷だらけだった。

それにしても助かってよかったですね。あの去っていく
雪煙りは何物かと思いましたよ。
そうそう、今日は暑気払いでしたね。
お会いできること楽しみにしております。

2009年8月13日 (木)

上越のパターゴルフ

10(月)から二泊三日で家族で上越の方へ行ってきた。
出発時は朝から土砂降りだったので天気が一番心配だったが
昼過ぎに着くと晴れ、以降、まずまずの上天気だった。

P1130008_2

初日と二日目とはプール中心に楽しんで、最終日の昨日はパターゴルフに
興じてみた。子供たちがやりたがってたから。
パターとボールを4つずつ借りてコースイン。
しかし36ホールもあって(長男はどうしても全部回りたいようだったが)
暑くて暑くてたまらなかったし、途中日陰もほとんどなかったしで、
最終的には10数ホールで引き上げることになった。

ま、それはいいとして、次男(4歳)のはしゃぎようが手に負えなかった。
ゴルフというものをまずしらないし、パターの使い方ももちろん
しらない。
打つとなったら野球のバットのように

ぶおおん!

と常にフルスイングだ。ほとんどが空振りかダフリだしまず力の加減
というものが分かってない。
2~3ホール怒鳴りながら教えるとどうやら大振りだけは
少し直ってきたが、するとこんどは妙な打ち方ばかりするようになってきた。
モップのようにもって、ラッセルで前向きに押し、
球に向かって走ってゆくのだ。正に猪突猛進。

とはいえもっと前段階のルール自体も分かっていない。打つ順というか、
自分が打った球を次また自分が打つ、ということも知らない。
だから私がオナーで打った球を
どどどどどどどぉ~っ
と、パターラッセルで追いかけて行き、
そのままどこかに球と共に消えて行く、ということを繰り返す。
私や妻の球ならまだいいが、神経質な長男(8歳)の球をラッセルすると
これまた長男は怒り心頭であって、追いかけていき球を奪い返す。

 ざあけるなー!
 だめだっつってるだろーてめー!

程度の叫び声は当たり前で、ここに書けないほどの酷い罵詈雑言を
浴びせる長男をはじめそれをたしなめ、次男の暴君ぶりを
叱りつける我々一家は他の客らにも注視されはじめた。
少しの木陰で妻と休んでいても他の家族らから冷ややかに見られている
気がしてならなかったのは私だけだろうか。

そんなこんなで10数ホールを終えたくらいのところでは暑さも手伝って
長男の怒りは限界に達し、
パターで強かに次男の向こうずねを叩いてしまうに至った。
筆舌に尽くせぬ痛さは上越の山々に響く次男の鳴き叫び声へと変わりゲームオーバー。
 

とはいえ旅を終えて帰ってくるとあのパターゴルフは
楽しい思い出となっているのがまた不思議。

昨年のゴリラ顔夏季旅行

Dsc_0587

に続き、今回も一家を笑わせたのもまた次男だった、という結末。
今日は兄弟ともに熱が出て(鼻血も出て)家でお休み中だとさ。

2009年8月 8日 (土)

熊倉さんのこと、他、雑感

モータージャーナリストの熊倉重春さんが
結構好きです。ルボラン誌によく出てる。書いてることが
面白いんですよ。
 
同じ試乗記にしても、他の人は決して書かないことや、
想定外だけど大きく頷けたり、思わずぷっと笑ってしまったり、
また、とにかくいろんなことをよく知ってるんですね。
カーグラフィック誌の編集長を務めたこともある方です。

たとえばだけど、ベントレーやメルセデスのCL(共に1千万円超)
なんか乗ったりすると

  こーゆう車は所有しているだけでは意味が無い。乗って
  見せびらかすこと、自らの成功の果実を公けの場で
  ひけらかすことに意義を持つ・・・

とあっさり書く。SLのAMG(2千万円近い)に乗ると

  しばらくすると周囲を見下している自分に気付く。おおよそ
  道徳心など軽くぶっ飛んでしまう。それもこの車の
  本性でもある・・・

なんてね。

フツーじゃ面白くないですよね、自動車の評論って。
ホント、つまんない評論家って多くて、カタログに載ってることを
ダラダラダラダラ書いてたり、

  エンジンは低速でトルクが厚いのがそのまま高速でも持続し
  気持ちよく回る・・・

なんて、当たり前のこと書いてるんですよ、多くの人が。アホか。
今どき気持ちよく回らないエンジンなんて、無いですから!
 
 
 
最近、プリウスは静かすぎて危険だ、音を出して欲しいなんて声が
あがって検討が進められてますね。
熊倉さんもプリウス持ってるんですよね。あの方なら妙案
出してくれそうですけど。
私は前も言ったように、

 ファ~ン

って、遠くで鳴ってるような音が出るようなボタンを
ステアリング近くのどっかに設けてもらうのがいいかと思います。
うるさくないやつね。普段から疑似音出して走るってのは、
静かなのが取り柄でもあるわけだから、本末転倒です。
 

2009年8月 7日 (金)

乾式か湿式か

グーグルで

 7速DSG トゥーラン

と入れると、トップにこのブログが出た。
あっちゃ~。
訪問者履歴で分かったんですけどぉ~。。。怖いなあ。
いいかげんなこと書けなくなってきたなあ。
しかもまだもってないし(笑)。
ええ、8末納車なんです!
 
 
ちなみにですが、発注したトゥーランは

 6速DSG

です。湿式クラッチね。7速になるのは2010年モデルからで、
乾式クラッチになります。
また、R32やGTIは2010年モデルでも湿式のままだそうです。

私の納車は8末だけど、9月から早出しで10年モデルが
出るから、どーしても7速!
って人は待った方が良いでしょう。
個人的に好きでない(乾式は)んであえて09年モデルとしてます。

ん?湿式と乾式とどうちがうかって?
しょうがないなあ。
いいかげんなこと書けないって言ってるでしょう、だから
書かない。いや、いいや、知ってることだけ書いちゃえ。

クラッチ板が、オイルで湿ってるか湿らせて無く
乾いたままかって物理的違いが前提、で、メリデメは
乾式がパワーロスが少なくダイレクト感が強い、ということだけど、
半クラがしづらい。また、持ちが悪い。

湿式はその逆。

バイクでいくと、乾式が使われてるのはレース用のくらいで、
公道のは、耐久性悪いからあんま使われない。ほとんど湿式ですね。
だからVWはどうして乾式にしたの、って思う。

よりパワーロスを避け燃費向上に努めた、そしてコストってこと
だろう。やっぱ乾式の方が安くあがるんじゃあないかな。

ああ~またテキトーなこと書いちゃってるかなあ。
そろそろ怒られそうだな。
でも、そこそこ合ってると思います!


トゥーランも楽しみ(とっても)だけど、いずれ交換する
ザックススプリングもすんごい楽しみなんですよ。
目的は擦らなくすることだけど、それがいい理由づけになってる。
でもまた擦ったらどうしましょうかね。
アブソーバー、またコニー入れてみるかね。それとも
ビルシュだとエナペタルですんごい良いアブソーバーがあるみたいだから、
それにしてもいいかもしれない。1台分で26万って、
だいぶ高価ではあるけど

「AMGフィールを超えた」

エレガントな乗り味ってコピーがあるから、きっといいんでしょう。

ベン子はこうして交換してってずっと楽しんで乗って行けるってのが
いい。
トゥーランもきっとそうだと思います。

2009年8月 6日 (木)

ザックス装着せず。シムで車高上げた。

擦る要因の大きな一つが、車高が低いってことは明白だから、
とりあえず上げてきました。シムで。


前右 2
前左 1


前右 4+1+筒
前左 4+筒

としました。

車高は前右指0.5本、左1本だったのが、
各々、1.5本、2本に上がりやした。

P1130003_3 P1130005_4

前左はちょっと不本意だなあ、スカスカまではいかない、スカ
くらいかな。ま、擦るよりいいでしょう。と、シム落ち着いたらまた
ちょい下がるだろうし。

ザックスにするのは楽しみでもあったけど、やっぱ
一抹の不安はあったんですね。街中の乗り味が損なわれる。
たかぴー号の場合シムで車高上げるから、1Gで柔らかさが
失われちゃう。
いくら直進性が高い、矢のように走る、といっても
それは高速140以上でのこと。
平素がほとんど街中ばかりなワケだから、そう硬めるの
本末転倒でしょう。
実際、後部席に乗った感じでは、今のESPRIT/SPORT
バネはとても良い。
最近乗ったタクシー(マジェスタの新車)が似た感じと
思った。
ザックス+厚めのシムではガンガンゴツゴツ来ますから。

トゥーランが来て、慣らしが終わって落ち着いてから、
ザックスにしましょ。

と、帰路、静かになったことに気付きました。
アラゴスタにしてただでさえ静粛性が高まったとこ、タイヤ替えて
さらに静かになったのに、また、です。
原因はシム。と思う。
今まで左前に入れてた1番の、ヤレちゃってたんですね。

P1130001_2
P1130002_2

ゴムがヘタって、バネがシャーシ側に直接当たっちゃってた
んだろうと思います。

シム入れるのにグッチの袋使うなって?
いいえ、私にはグッチより大事なんです!

2009年8月 4日 (火)

ザックスへ交換にあたって(シム考)

倉庫からザックスとシムを出してきました。

8ae1

オイルで磨きますた。これはフロント用。
黒光りしたチンコは男の勲章です!と友人が息巻いていたが
スプリングも同じだと思います!違うか~!

ザックスに戻す目的は、擦らなくするため。硬くなるから。

街中では今のesprit/sportスプリングがアタリが
柔らかくてとても好きなんだけど、中~高速ではやっぱり
ザックスの味は素晴らしいものがある。
140を超えるあたりになると、ビターっと、這うように走ります。
オンザレール感覚ですね。矢の様ですよ。

大事な大事な車高について。

シムは純正品だと最厚がF5番、R4番なんですね。
しかしこれでもザックスのバネだとペタペタに落ちちゃう。
ダサイ族と言われたくない。

74f8

で、自家製の硬質ゴム(5ミリ厚)を貼ります。これはリヤね。
硬質ゴムは以前も使ってたもの。ボンドで貼っちゃう。

7d1e

リヤ用4+1番のできあがり。
これで後ろは指0.5本のクリアランスになる、と思う。
シムは5ミリのものであっても、よりセンター寄り
にスプリングはあるわけだから、1~1.5センチくらい車高アップが
望める、と思う。自論だけどね。

フロントは

D3a5

右に最厚5番+1番(自家製硬質ゴム5ミリ厚)のを使う。
奥の円筒形の筒はショップで以前もらった。ちょっとは厚めに寄与する
だろうとのこと。
左は4番そのまま。筒は左右に入れる。

D93d

右前の完成形。右は次男の手。いちいちついてこないでいいですから!

ひろたんがやる!ひろたんがやる!ってうるさいんですよ。

シムによる車高の変化については以前グダグダグダグダグダグダと
書いてるからここでは深く書かない。

上記により全てのクリアランスが指0.5本になる、予定。

シムは厚くすればするほど、1Gでバネをより圧縮させてしまうことに
なり、走行時の適正なスプリングレートが得られなくなる。結果、
乗り味が損なわれる。ダイレクト感もね。

実際、コニーアブソーバー+ザックスバネの時、
リヤに4(純正)+3(旧平バネ用純正品を削ったもの。自家製)
入れたら、とってもとってもミョ~な硬さになりました。
あれは失敗でしたね。取っておいてあるけどあれはやめて
だから今回は4+1で留めておきます。

フロントは右が2番手分、厚いですけど、これは右ハンなんで
圧倒的に重いから。
いつも人も乗ってますからね。これくらいがいいんではないか、と。
昔のデータだとこれで丁度左右0.5本で収まった、となってます。

車高でドロ沼化してる方、参考になさってください。
(個体差はあるので参考までにお願いします)

2009年8月 3日 (月)

タイヤ擦っちゃいます

一泊二日で長瀞の方へ行ってきた。
861d
アラゴスタの味を堪能できたけど、残念なのが、コーナーで
擦るのだ。タイヤとフェンダーが。
左コーナーでは右タイヤフェンダーに、
右コーナーは左タイヤがタイヤハウス内(樹脂部)に。

かなり緩く侵入しても、下りではブレーキ引きずるから、
ががががががぁ~っと、悲しく擦る。
顕著に嫌だったのが2回。

一つは左コーナー急な下りUターンのようなカーブ。
侵入時からアペックスまで擦りまくりの5秒間。

もうひとつ。
工事現場で片側通行止め。
ブレーキ踏んでポールよけ右へハンドル切ったら
ガガッ!
左へ戻したらまたガッ!2秒で2回。

これあ無いよなあぁ~。

なんてったって、コニーの時は、一度も擦ったこと無かった
んですから。
腑に落ちないのは、アラゴにしてすぐ、ノーマルサイズ
(スタッドレス)の時も、右へ深く曲がる交差点で擦ってる。
アラゴスタは深いところで制御が弱いって弱点もってるのか??

知人でコニー信者がいて、30年以上ポルシェに乗ってるけど
ずっとコニーしか入れてないって人がいる。その人に
アラゴスタを入れると報告したところ、本当に大丈夫なのか、
実績はちゃんと積まれてるものなのか、としつこく聞かれた。

でもアラゴのこの乗り味は、何物にも代えられない
すばらしいものがある。

で、いつものショップへ相談に行ってきました。
試乗してもらったりしたけど、結果、

「スプリングがやわらかすぎるよ。
 ザックスに戻しましょう」。

そうきたかあ~
単にバンプラバーを厚くすればいいじゃない、できたら
それやっちゃってみようよ、
と要請するも、

「それはやだね。初期からタッチするし、すぐ底付きよ。
 乗り味絶対悪化する」

と、首を縦に振らず、

「ザックスに戻して、
 Kameさんと同じ変心ボルト入れる。
 これで決まりよ」

と結論づけられた。

意外に早く訪れました、元サヤザックス。

意の中ではトゥーランが来て落ち着いてから(W202を手中に
できてから)と思ってましたが、やるべきですか。
8/10~12は家族で旅行なので、その前にやることに
しました。

Dsc_0122 

でもこの車高は好きで変えたくないんですよね。
ザックススプリングは落ちちゃうんですよ。
リヤはシム最厚4番にプラス3番のを貼って、それでこの車高が
得られる。
しかしそうするとバネレートが上がっちゃって・・・

ああ悩むなあ。
また楽しみが増えたんであります^^

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »