« タイヤ替えて (雑感) | トップページ | シフト操作 »

2009年7月13日 (月)

トゥーランに決めた理由

基本的なとこを書いとこう。
トゥーランに決めた理由、大きく3点。
パッケージングとDSG、それにTSIエンジンだ。

大きいようでいて実はそうでもない。
全長は4.4くらい、全幅も1.8を切ってる。のに
5人は余裕だし、最後部にも別に2人用、しっかりした
シートがある。エマージェンシーではないってのが
うれしいんだな。バカ息子2人暴れてばかりってこの時期この
パッケージング、とても助かる。

それとなんといってもDSGだ。(Direct-Shift Gearbox)

私のブログ、訪れている方々に

DSG

で検索して来ている人が結構多いようなんですよね。
だからしつこいけど、もう一度内容書いときます。

責任感じてますから!

DSGはオートマのようでオートマじゃないんです。
もちろん2ペダルなんで使い方としては
オートマですけどその実、中身はクラッチがきちんとあって、
機械様がクラッチを放す、つなげる、の作業を自動で
してくれている、っていうモノなのです。

んで一番の特長は、そのクラッチ。2セット入ってるんですね。
奇数ギヤ用と偶数ギヤ用。つまり1、3、5段のと
2、4、6段用のがある。んでともに動いてる。
だから1段で発進して2速にシフトアップする時、
予めスタンバってる2速のクラッチにつなぎかえちゃうって寸法。
だからとても速い。スパッとつながる。
分かりましたか?難しいようで簡単で、分からないでしょう。
これ以上のことは私も分からない。ええいもう聞かないで、
私、文系なんです!

極めつけはシフトダウンで、ちゃんとブリッピング(空ぶかしね)
してくれる。
しかもその回転合わせは正確無比。電光石火。
コンマ何秒ですから。
パドルシフト引こうものなら、その瞬間にブリッピングし、
シフトダウンする。正にまばたきより速い。本当です。

こないだ試乗したレガシーGTもちゃんとブリッピングしてくれたけど
精度、速さはDSGの足元にも及んでなく、

「とりあえずやってます!」

くらいにしか思えない。

私はバイクに乗ってるのが長かったけど、コーナー入る前の
フルブレーキ&シフトダウンでは、きちん回転合わせしないと
リヤがすぐロックしちゃうんですね。とても危ない思い、よくしました。

DSGだと、回転合わせだと、パドルシフトじゃあなく、
コーナーに強いブレーキで入った時、それでもちゃーんとシフトダウン&
回転合わせを自動的にやってくれてる、って芸の細かいところも
大好きである。
4→3→2なんか快感ですよ。

アウディのSトロニックはDSGと全く同じです。
従来横置きエンジンにしか載せれないって構造的問題抱えてたけど、
新しいA4は縦置きに積めてますね。
よくやった!

このDSGは世界の全てのオートマに積んでもいいんではと思ってしまう。
 
最後だけどTSIエンジン。
ダウンサイジングですね。たかがか1.4リッター。
ですが、低速でスーパーチャージャー、中高速でターボです。
シームレスに働いてくれますから、すんごく速いですね。
うれしいのは、緩く踏めば、スパーチャージャーやターボは効かない
わけですから、当然燃費も良い。1.4リッター相当の消費量で済む、
ということになる。

今日のブログの要だけど、こいつ、インターナショナルエンジン
オブザイヤー2009とったようです。
三冠!(グリーンエンジンオブザイヤー&1.0~1.4部門のベスト
エンジンも取った)。すごいことです。

Main

そうそう、妻が友人に車買ったのよ、と言った。何?と聞かれ

「んーんと、フォルクスワーゲン」

「じゃ、ゴルフ?」

「そう、あれ?フォルクスワーゲンゴルフ、じゃなかったかしら
 うん、ゴルフって言ってなかった。
 そうそう、えーっと、トゥーラン、って言ってた」

「じゃ、フォルクスワーゲンじゃないわね」

「そうかもしれない、トゥーラン、って言ってたから」

知らない人にはそんなもんなのかもしれませんね。

« タイヤ替えて (雑感) | トップページ | シフト操作 »