« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月28日 (火)

トゥーラン取説書

営業さんにお願いして借りている。試乗車のもの。

ざっと見て、そう難しい機能はない。かえって、いい。
アウディのMMIやBMのi-driveは2~3日かかりっきり
で勉強しても使いこなせないときく。

写真はMMI。フリーズすることももちろん多い。

P1

このようにグワシ押しするとリセット可能ですと。
知らんわ、んなこと!(写真勝手に持ってきちゃいましたすいません!)

VWは質実剛健。いらん機能はマジ、ついてない。
ええ、ナビさえないんですから!

雨自動検知のワイパーもないし、自動防眩ミラーもない。
だから10年も前のW202と、機能的にはそう大差ないとも
言える。

けど、便利、というか興味あるのがマルチファンクションインジケーター。
エンジンかけてからの平均燃費や、瞬時の燃費を表示してくれる。
今どきは当たり前の機能のようだ。メルセデスでも私の次のC(W203)
からはついてる。
これ、結構楽しみです。

とはいえ、機能は少なくても説明書は分厚く、バインダーになって
閉じられている。
フムフムと読む中で、このバインダー、とっても精度が悪い。

P1130002

写真でも分かるように、綴じ込みの接合部、隙間が
空きすぎなんですね、だからめくる度、紙が出ちゃう。注意して
めくらないとだめ。
これは試乗車のだからいいけど、納車する私のはきちんとしてる
もので合って欲しいと思いました。
ま、そんなしょっちゅう見るものでもないですけどね。

エンジンって常用域の3千回転であっても、秒速に直すと
50回転(!)も回ってるんですよ。
実に高度の精密性を要求されてる。
んでバインダーがこれだとねえ、ちょっとお粗末、ですね。
アウディやBMはきちっとしてそうですね。

だいぶ前から借りてるんで先週末営業さん、この説明書を取りに
来たんですね、私の勤務地に。
ところが話が不動産関連のこと(一戸建てを購入予定らしい)
になって、ネットで検索方法を教えてあげたり、物件が仲介の場合と
自ら売主の場合で手数料がかかるかどうかの違いなどを
指摘してあげたりしたら

 勉強になりましたありがとうございました!

と元気いっぱいで帰っていった。
説明書を置いたままで(笑)。

2009年7月27日 (月)

パドルシフト考(続き)

トゥーラン。パドルシフトのことで、ステアリングと一緒に
グルグル回っちゃうタイプなので、あれはスポーツ走行には
適さないみたいに書いたけど、どうやらそう一概には言えないようだ。
VWでいくとR32やGTIも回っちゃうタイプなんだそうだ。
トゥアレグだけ固定なんだと。

営業さん(もとランエボ所有)は、回る方が絶対に使いやすい、
と断言する。
首都高などでクックックと切り込んでいく時、手元にあるから
持ち変える必要がない。逆に固定だとその際、持ち変える必要が出てくる
から、と。
多く切ってパドルを操作するってことはあんま無いですから、
と持論を述べていた。

これにはMJの熊倉さんも同様の見解のよう。どちらも賛否両論あって、
好み次第だ、ということだな。
しかしスポーツ志向が強いほど、センター固定の車種が多いのでは、
とも思う。知ったものだと(誤ってたらごめんなさい)
フェラーリをはじめ日産GTR、ベイロンもそうだと
思った。ポルシェは分かんない。こんど調べてみよう。

ポルシェのオートマは、最近やっとデュアルクラッチ化
された(ほとんどDSGと思うんだけど)ので、
ようやく1→100キロでマニュアルより速いタイムが出せる
ようになったらしいですね。今シーズンモデルからかな??
今までのティプトロは値落ちが激しくなるでしょうね。
ま、買わない(買えない)から考えてもしょうがないですけどね。

2009年7月25日 (土)

いじめ

早速グローブを持って次男(4歳)と公園へ行った。
既に5~6人の子供たちがいて、私らがキャッチボールをしていると
一緒に野球をしようということになった。

リーダー格の子は小5で、他は幼稚園年長から小3の子たちだった。
始めてしばらく、3回を終えたあたりで、リーダーは家へいったん帰らなくては
ならなくなって野球は一時中止することになった。
私と次男は砂場で遊ぶことにした。

すると、いままで一緒に野球をしてた子(小3)の弟(幼稚園年長)が
皆にいじめられはじめた。理由はわからない。チビ、とか、バカとかのろま
などと罵られ、他愛もないことけれど、本人は泣いて酷く嫌がるようだった。

いじめに加わっていたのは4人ほどで、なぜかその兄は助けようとしない。
見てくれも弱そうだったが、ヘラヘラと笑いながら公園内を
うろつくばかりだった。
どうしようか、止めに入ろうか、と思っていたが、子供同士のいざこざは
そう簡単に大人が入ってもいけない、砂場で遊ぶ次男をみつつ
しばらく傍観していた。

一番悪い子は、ジャイアンツの野球帽をかぶった小3の子で、その子は
いじめを扇動してたきらいがあって、私も注視しはじめた。

酷い罵りが続いた。
リーダーも戻って来ない、そろそろ注意どきかと思ったときどこからか
女の子が走ってきた。

「やめなよ!
 なに、いじめてんのよ!」

彗星のように現れたその女子は、ジャイアンツの帽子の子に寄って

「かわいそうじゃないのよ!
 みんなでよってたかって!
 いいと思ってるの!」

そう叫んだ。

しかしジャイアンツもひるまない、彗星の女子といいあいがはじまった。
私はあまりのその女の子のかっこよさに驚いた。4対1である。
ジャイアンツが彗星女子の胸ぐらをつかんだ。背は同じくらいか、ちょっと
彗星が低いくらいだった。ジャイアンツにつきとばされるが
彗星は走り寄って

「なにすんのよ!」

と更に強いチカラでジャイアンツを突き飛ばした。
これはいかんか、殴り合いになっては

「ちょっと、、、」

私が立ちあがってそう言ったとたん、それ、とばかりに
いじめっ子達は走り逃げて行った。
酷い子たちもいるもんだ。もっと早く仲裁に入るべきだったか、と
思った。

うちの次男も全てを聞いていたようだった。皆がいなくなった途端
ブランコいこう、と言い出し私とそちらへ移動した。
次男を乗せていると、先の小5のリーダーの子がいつの間にか戻ってきた。

「ジャイアンツの帽子の子がね、いじめをはじめたんだ。
 で、みんなどっかへ行っちゃったよ。
 あのいじめは、だめだよ」

と私は報告した。
リーダーの子もまたどこかへ行ってしまった。

ふと見ると彗星の子がいつの間にかきていて、
次男の隣のブランコに乗っている。声をかけた。

「キミ。
 かっこよかったね。さっきは。
 おじさんね、うれしかったよ。
 いじめを助けるの、よくできた。とてもいいことだよ」

褒めると、小1だというその女子は、ふだんからジャイアンツがいじめを
扇動しているのがとても嫌だったのだ、と言う。
小1といえばうちの長男のいっこ下だ、聞くと学校も同じだった。
彼女はこれまで、ひどいいじめが繰り返されていたこと、
ジャイアンツの子は学校でも悪いことばかりしてだめなのだと
教えてくれた。私は感心した。

「なまえ、教えてくれる?キミの」

「イケア。
 イケア、ヒカル、よ」

「そう。
 これからもこういういじめ、とめてあげるといいよ。
 だめだったらすぐ大人に相談しなさいね」

私は自分が小さい頃いじめにあっていたことをよくよく
思い出した。あの頃こうして助けに入ってくれる子、一人でも
いただろうか、いや、いなかったな、いやいや、ひょっとして
いたのかもしれない。憶えてないだけだろうか。

昔を思い起こしていると横でずどん!と鈍い音がした。
やな予感がした。次男がブランコから、アタマから落ちている。
(ちなみにその日二度目)
瞬時に次男の号泣悲痛の叫び声が公園に響き渡った。

「パパが悪い!パパが、わるい!」

そうかそうか、ごめんごめん。おねえちゃんと話に夢中に
なっていた。頭から落ちたね、痛かったね。

鼻水鼻くそ及び涙でぐしょぐしょになったクソ重い次男を背負って
帰宅し、wii resortに夢中になっている長男に
公園でのことを話した。
今度は長男を連れて(無理にでも)野球するようにしよう。
あの彗星の子とお友達になれればいいのに、と思った。

P1130020

2009年7月24日 (金)

みつかったグローブ

喪失していた野球のグローブが、妻の鋭意捜索努力により
発見された。納戸(元義兄の部屋)奥に積み上げられた最下段の
ダンボール箱の中からみつかった。見つけるのにとても苦労した
ようだし、半ばあきらめかけていたところだったので、
妻も鬼の首でも取ったかのように喜んだ。

二つあったうち一つ、94年7月、という日付けが記されている
ローリングスのグローブはサラリーマン当時、部内の野球サークルに
混ぜてもらった時に新橋サラリーマンさぼりビルのスポーツ用品店
バーゲンワゴンで4千円で買ったもの。
早いものでもう15年が経っているが、そうは使っていないから
まだ傷も少ない。

もう一つは父が使っていたもので、商店街の野球チームに入っていた頃の。
だから60~70年代のだ。40年も前の、ということ。
見た目パサパサだが、使えないということは全くない。
大きさはローリングスのよりちょい小さいし、長男も手にはめてみると
こちらの方がしっくりくるようだ。皮自体は硬いが、開閉は柔らかいから
こっちを使えばいいかもしれない。
早速靴箱に入ってたキーウィのオイルを塗った。

私が子供の頃も多聞にもれず野球は流行っていて、リトルリーグが盛んだった。
自宅向かいがスポーツ用品店で、そこの社長さんが地元リトルの
運営にタッチしていた関係から、ユニフォームを着た少年たちが多く向かいに
来ていた。
かっこよかったし、私もいつしかリトルに入りたくて仕方がなくなっていた。
母がスポーツ店に話して私も混ぜてもらうようになった。

がしかし友達が全くできず、行っても球拾いしかさせてもらえなかった。
いい友達でもできれば違ったろうに、何度行っても誰と話すこともできず
ただただ黙々と雑用ばかりしかさせてもらえなかったことに
嫌気がさしてきた。ていうか、皆になじめない自分に。
はじめのキャッチボールすら誰とも組めず、一人ボーっとしてたくらいですから。
子供ってそういうところあるんですよね。
私、小1~2の時、ひどいいじめに会ってましたから、そのトラウマが
そのリトルの時出ちゃったんじゃあないか、と、思い返します。

小学校ではとにかく、泣かないで済む日は無かった。
日に何度も泣かされるんです。
近所で1こ下のとてもひ弱な子がいて、その子が同じ学校に通うようになった時
学校で無くこと、あるでしょう、と聞くと
うん、何日に一回かは、泣いちゃう、
という返事だった。何度も何度も私は聞いた。
今日は泣いた?昨日は泣いた?と。
そのひ弱に見える子以上に私は泣いていた、ということなんです。

私がいじめられていた原因は髪が茶髪なこと。ちょっとハーフっぽい
んですよね、色白でもあるし。
だから

「外人! 外人!」

と皆から言われる。名前で呼んでくれない。それが嫌で嫌で。
相手は束になってきますから、いつも袋叩きみたいなもんです。
だからね、今、誰でも茶髪に染めるでしょう。地毛じゃなく。
それ聞く度、

「俺はそれでいじめられてきたんだあっ!」

って心で叫んでるんですよね。
他愛もない話ですが、それほど、あの時のいじめはひどかった、
心に深い傷で残っていた、ということです。
こう見えても結構繊細だったんですね。
 
グローブをみていてそんなこと、思い出しちゃいました。
 

2009年7月23日 (木)

車に突っ込まれそうになった

小中学生の列に車が突っ込む記事、ちょっと前まで
しょっちゅう新聞で目にしたが、あれは一種の

「タバコの煙は吸わない人のところにいく」

のと同じ現象なのか、どうしてガラガラの道で歩行者もそう
いないのにもかかわらずわざわざ人のところに突っ込むのか。
と、他人事に思っていたら、先だって車がとっ込んで来た。
私、長男、次男と三人で歩いてるところに、だ。
けたたましいタイヤのスキール音が背後から聞こえ、
次男のわずか2mほどのところ(!)で止まった。
冗談じゃあない。
我々は歩道で、高い縁石があったけど、あのスピードで突っ込まれたら
ひとたまりもなかっただろう。

「あぶねえじゃねえかーーーっ!!!!」

と私。瞬時に次男も叫んだ。

「バロー!!!
 ざらぐろんじゃねーぞ!!だらまきばげどぶっごろけもう!!」。

車は軽だった。ABSが付いてなかったんだろう。
対向車がバスを追い越すためにはみ出してきたのを
よけきれず、急制動をかけたところ、ロックしてしまった、ということ
でした。

ほんと、危ないですね。
歩道にいるからって安全って、何の保証もなくなりました。
気をつけましょう、ってったって、四六時中周りをぐるぐる
見まわしながら歩くわけにもいかないし。。。
怖い世の中になりました。

雅楽師の東儀さんが言ってますね、気をつけろ気をつけろって、
そんなことしてたら人生楽しくなくなっちゃう。虎穴に入らずんば
じゃないけど、リスクなんか二の次で、まずその場を楽しもう、とね。

疲れて爆睡の次男。
Dsc_0043

2009年7月21日 (火)

Fナンバーコーティング

Dsc_0045 連休中にFナンバーを清掃、コーティングした。
&、ナンバーのネジを盗難防止の特殊ネジに。

外すとこんなに汚れてる。

Dsc_0047

また、ナンバーの台座を止めるネジ、これも緩いんですね。
なめちゃってます。
んで、右のちょい太い長いやつに変更。

Dsc_0050

これでビシッと止まりました。

Dsc_0051

で、ナンバー止めるネジ、これも実はなめちゃってる。メス側の
樹脂が弱すぎ。
202乗りで同経験の方も、多いだろう。
けど、これはもうどうしようもないんですね。構造的にも
無理ある。

Dsc_0052

スプリングワッシャーで強化しようとしたが、この圧力にも
耐えられない。。。

Dsc_0049

しょうがない、また何か案を考えましょう。
よくよくみると、ナンバー止めるプレート裏には
JAPAN
の文字が。
日本向け、ということでしょう。ナンバーも各国違うから。
ちょっと質感強めて欲しかったですね。

Dsc_0055

あんまり蚊がすごいので、リビングでコーティングした。
小傷は飛び石とかでできたもの。
ナンバーをこんなきれいにしてる車もそう無いだろう。
でも私はやります!

Dsc_0060

ちょっと精悍な顔つきでいいですね。

2009年7月16日 (木)

次男と洗車

昨日は午後休なので昼に帰ってコルトの洗車。

「いっしょに洗うか!?」

聞くと次男すっ飛んできた。

「やう!やう!」

P1130002

ここ数日の次男の暴君ぶりは目に余るものがある。
しめしめ。頭から水ぶっかけてやれ。

はす向かいの日陰では主婦二人がこのクソ暑いのに
井戸端会議してる。いちおう

「暑いですねえ!」

と声だけかける。
水を出し始めると早速、というか案の定、ホースは次男に
奪われてしまった。

「ひろたんが!ひろたんが!」

いいんだけどさあ。。。

「絶対パパにはかけるなよ!」

と忠告するが、標的の主は車でなく私。
先端のノズルを高圧側にいじり、顔を狙ってくる。

「やめろやめろ!」

想像に難くなく、Gパンをはじめ、全身びしょぬれ。
特に、拭きあげ中の私の尻を狙うのが好きなようだ。

「かんちょー!!」

その際の決まり文句。高らかな雄叫び。

はじめは会話に夢中だった主婦らにもう会話は無い。私たちに目を
奪われっぱなし。
楽しそうに見るのではなく眉間に皺を寄せ、
いやあなものでも見るかのようだ。

「やめろう!コラ!
 やめろって、言ってんだろう!」

と言うも、

「ブリブリベエー!
 にげろー!こらにげろー!
 かんちょー!かんちょー!
 ブリブリー!ぶりぶりー!」。

と追っかけてくる。

近所の手前もある、あまり父がこうやられっぱなしというのも
美しくない。終盤はちからずくでホースを奪還すると、
逃げる次男の後頭部及び振り向いた際の前頭部へ相当量の
高圧噴射攻撃を食らわせてやった。
やめて!やめて!やめて!という悲痛な次男の叫びを聞くのは
快感でもある。今流行りの虐待ととられるかもしれないが
ええい、うるさい、いいのだ。これが我が家の真の姿!

主婦二人はぼーっと、かつ、眉間に皺のまま、我々二人を
注視することをやめなかった。

うるさくてすいませんでした!

P1130001

次男は今朝になって38度の熱が出てしまった。
私もなんだか調子が悪いので先程滋養強壮剤を飲んだところだ。

2009年7月14日 (火)

シフト操作

トゥーランのいいとこばかり書いたけど、
欠点も当然ある。

まず値段ですね。
私の買ったハイライン、込み込みで370万以上する。
それはないでしょう、ってくらい高い。
内装はいたるとこプラスチッキーだし、操作類の質感も
お世辞にも良いとはいえない。
エスティマやアルファードなんかと比べると、ファーストクラスとエコノミー
の差くらいある。
しかもその値段でナビはおろかETCさえついてねえ。

あと、大きく欠点としてあげたいのが、
パドルシフト。
こいつ、ステアリングと一緒にグルグル回っちゃうタイプの
なんですね。
個人的には定位置にあってもらいたい。でないと、コーナリング中とか
ハンドル回していると、どこにあるのか分かんなくなっちゃう。
スポーツ車じゃないってことでしょうがないんだけど、
トゥアレグなんかは、ちゃんと固定置に据えられてるようです。
もうちょっとこだわって欲しかったかな。

操作は右手がシフトアップ、左がダウンですけど、
持論で本来こうあって欲しいってのがあって、それは
押すとダウン、引くとアップ、です。
確かBMがそうだったようにも思うのですが、最近のは試乗してない
ので分からない。

「押す」「引く」だと本能で動ける(操作できる)でしょう。
右アップ、左ダウン、っていうことだと、瞬時に判断しづらそうですよね。
慣れれば大丈夫??

フロアのシフトも希望と逆です。押すとアップ(+)、
引くとダウン(-)なんですね。
これもBMと反対と思いました。個人的にBMの方を
支持してます。押してダウンが正解でしょう。

だからBMとVW両方を所有するってなると、まどろっこしくてしょうが
ないでしょうね。絶対間違えます。

フロアシフトだとメルセデスの以前あった、
Dの位置のまま、左でダウン、右でアップっての。あれ、良かった
ですね。あ、今もそうですか?分からないけど。
W202だと2000年モデル(Kameさんのそう?)からは
そうなってたと思います。
Dの位置から直接できますから、アップダウンの都度、いちいち横にずらして
から上下って必要がない。

ま、主観主体ですから。読んでて異論反論ございましょうが
どうかご容赦ください。

でも、あってると思います!

2009年7月13日 (月)

トゥーランに決めた理由

基本的なとこを書いとこう。
トゥーランに決めた理由、大きく3点。
パッケージングとDSG、それにTSIエンジンだ。

大きいようでいて実はそうでもない。
全長は4.4くらい、全幅も1.8を切ってる。のに
5人は余裕だし、最後部にも別に2人用、しっかりした
シートがある。エマージェンシーではないってのが
うれしいんだな。バカ息子2人暴れてばかりってこの時期この
パッケージング、とても助かる。

それとなんといってもDSGだ。(Direct-Shift Gearbox)

私のブログ、訪れている方々に

DSG

で検索して来ている人が結構多いようなんですよね。
だからしつこいけど、もう一度内容書いときます。

責任感じてますから!

DSGはオートマのようでオートマじゃないんです。
もちろん2ペダルなんで使い方としては
オートマですけどその実、中身はクラッチがきちんとあって、
機械様がクラッチを放す、つなげる、の作業を自動で
してくれている、っていうモノなのです。

んで一番の特長は、そのクラッチ。2セット入ってるんですね。
奇数ギヤ用と偶数ギヤ用。つまり1、3、5段のと
2、4、6段用のがある。んでともに動いてる。
だから1段で発進して2速にシフトアップする時、
予めスタンバってる2速のクラッチにつなぎかえちゃうって寸法。
だからとても速い。スパッとつながる。
分かりましたか?難しいようで簡単で、分からないでしょう。
これ以上のことは私も分からない。ええいもう聞かないで、
私、文系なんです!

極めつけはシフトダウンで、ちゃんとブリッピング(空ぶかしね)
してくれる。
しかもその回転合わせは正確無比。電光石火。
コンマ何秒ですから。
パドルシフト引こうものなら、その瞬間にブリッピングし、
シフトダウンする。正にまばたきより速い。本当です。

こないだ試乗したレガシーGTもちゃんとブリッピングしてくれたけど
精度、速さはDSGの足元にも及んでなく、

「とりあえずやってます!」

くらいにしか思えない。

私はバイクに乗ってるのが長かったけど、コーナー入る前の
フルブレーキ&シフトダウンでは、きちん回転合わせしないと
リヤがすぐロックしちゃうんですね。とても危ない思い、よくしました。

DSGだと、回転合わせだと、パドルシフトじゃあなく、
コーナーに強いブレーキで入った時、それでもちゃーんとシフトダウン&
回転合わせを自動的にやってくれてる、って芸の細かいところも
大好きである。
4→3→2なんか快感ですよ。

アウディのSトロニックはDSGと全く同じです。
従来横置きエンジンにしか載せれないって構造的問題抱えてたけど、
新しいA4は縦置きに積めてますね。
よくやった!

このDSGは世界の全てのオートマに積んでもいいんではと思ってしまう。
 
最後だけどTSIエンジン。
ダウンサイジングですね。たかがか1.4リッター。
ですが、低速でスーパーチャージャー、中高速でターボです。
シームレスに働いてくれますから、すんごく速いですね。
うれしいのは、緩く踏めば、スパーチャージャーやターボは効かない
わけですから、当然燃費も良い。1.4リッター相当の消費量で済む、
ということになる。

今日のブログの要だけど、こいつ、インターナショナルエンジン
オブザイヤー2009とったようです。
三冠!(グリーンエンジンオブザイヤー&1.0~1.4部門のベスト
エンジンも取った)。すごいことです。

Main

そうそう、妻が友人に車買ったのよ、と言った。何?と聞かれ

「んーんと、フォルクスワーゲン」

「じゃ、ゴルフ?」

「そう、あれ?フォルクスワーゲンゴルフ、じゃなかったかしら
 うん、ゴルフって言ってなかった。
 そうそう、えーっと、トゥーラン、って言ってた」

「じゃ、フォルクスワーゲンじゃないわね」

「そうかもしれない、トゥーラン、って言ってたから」

知らない人にはそんなもんなのかもしれませんね。

2009年7月10日 (金)

タイヤ替えて (雑感)

Dsc_0135

昨日のタイヤ交換の際、ショップの人に聞かれた。

「なに?? これ」。

表で、サスの設定を変えるたび、コメントを書いてる。
リヤにいつも積んでるんですね。

書いとかないと、どの設定のときどんなだったのかっつーのが
分かんなくなっちゃう。し、こういうこと好きなんですよ。

表の下は先般外したトノカバー&カーゴネットのバー。
こいつ、とても重かった(5キロ以上?)、から、
アラゴの設定、リヤは1緩くても良くなった。

それと、やっぱタイヤって影響大ですね、
低速時のハーシュネスが楽になった。今までは10の設定でも
60~70出さないと滑らかさが出なかったんで、
改めて良さを感じた。
 
外したタイヤはやっぱ右がちょい多く減ってた。 
右ハンだからってこともあるけど、メルセデスはもちろん左ハンが
基本設計だから、右に重いものを割と多く持って来ちゃってる。
リヤのバッテリーとか、燃料タンクとかね。

もともとの左ハンだったら、ドライバーが乗って丁度バランスが
とれる、ってことだろう。そういうところにも基本理念を
外してないのはすごいいいんだけど、どうせなら
きっちり対称的に作っちゃえ!ってのは、無理だったのかな。

BMなんかだと、右ハンと左では、排気効率が若干変わっちゃう
から、本来の良さはやっぱ左じゃあないと出ないって微妙な
意見もあるようだ。

Dsc_0110

ダッシュボードに置いてるサングラス。こいつも
強いコーナリングでもすっ飛びません。
ロールしないってことね。
アラゴ、いいと思います!

2009年7月 9日 (木)

タイヤ交換^^

P1130003

してきた。
良年レブスペ225・45・17。

P1130002

いままでのパイロットプライマシーHP

P1130001

これはまだいいけど、スリップサインまでいっちゃってるのもある。
もうやめかなミシュランは、減り早すぎよ。2シーズンしか
もたないんだから、何度も書いてるけど。

ま、ミシュランとしたらプライマシーはフラッグシップだから

「ルセーこと言うんだったらエナジーとかエコ系履きなさい」

とでも言いたいだろうけど、去年コルトに履いたのはミシュランのエナジー。
でもやっぱ減り早いんですよね。

こないだはプライマシーでレクサスのLS20インチに入れたのは、
9千キロで禿山になっちゃったとショップが言ってた。
毎年タイヤ代に30万!
生理的に無理!
 
 
 
で、レブスペ。

1.静か
2.ハンドル取られない
3.グリップ良し
4.安い

と、とりあえず、いい。けど新しいタイヤはだいたいにして上記3点セット
は当たり前だから、今後の経過はまた楽しみでもある。
Kameさん情報あんがとね^^

2009年7月 3日 (金)

トゥーラン発注^^

営業さんがんばってくれました(++

社長の要請額には届かなかったけど、予算内にはおさまったので

よしとしましょう。

ちょいうれしいのが、要請額に届かない分、ETCを付けてもらうことに

したこと。納車すぐ高速乗れるってのがいいかなっと。今品薄だしね。

今朝の読売に出てましたね、3年間無償サービスのキャンペーン。

タイミング良かったワ。

ま、納車が楽しみでしょうがないです。

P1130013

大丈夫よ、ベン子への愛は変わりませんから。

2009年7月 2日 (木)

トゥーラ~ン

Touran_press_09

購入予定、トゥーランの販売店(勤務地近く)に行ってきた。
担当から、支店長と会ってくれ、と。
価格交渉になったら、いきなり大幅な値引き額を言ってくれた。
びっくり。

実は他に、自宅近くの販売店にも行ったことあるのだが、
そこからは値引きできません、と言われていた。
人気もありますし、値引きはゼロでお願いしております、
と高飛車だった。(態度もだぞ、バカめ)

あと他に、車検をお願いした整備工場が、見積りだけでも
出させてください、と言ってくれているから、
そこでもお願いしてみる。ここも勤務地近くと一緒で非常に低姿勢。
 
 
サービスや整備性はどちらも甲乙つけられない。
が、一つ。
メンテフリーのパックが、勤務地近くの販売店だと、
無償のキャンペーンをうっている、という。
3年間、つまり1回目の車検直前までの、オイル、パッド、
ワイパーブレード等の消耗品交換並びに整備点検を
無料で行ってくれる。
だから1回目の車検直前に整備(無料)しちゃえば、
車検の時は非常に安価で済みます、
ってことらしい。
このメンテフリーのパック、正規には85,000円だっつーから、
ま、タダならありがたいっちゃありがたいんだけど、
普通の整備は、たかぴーはそう車に疎いワケじゃないから、
こういうド素人向けのパッケージ、いらないんだよね。

3年間に必要な(充当する)経費を想定してみる。

オイル交換 1万円×3回
ワイパー交換 4千円×1.5回
パッド交換 2万円×0.5回
ブレーキオイル交換 1万円×1回

こんなもんでしょ。
だからいいとこ5~6万なワケ。んだから私から言わせれば
いらない。むしろ初期のお値引きを頑張ってくれたほうが
助かる。

でも販売店にかわいそうなのが、利益が上がるモノ(オプション類)を
一切払拭しちゃってる、ってとこだな。
ナビ、ETCはもちろんナシだし、納車手数料、希望ナンバー費、
ポリマー等など、ぜ~んぶいりましぇん! としてる。
おいしくない客なんですよね(笑)。
でも、それでも買ってください、というところから買うんだ。
高飛車なとこからは、買いません。

Dsc_0418

そうそう、それと、今日の販売店の支店長のマイカーは、昨年納車された

09年(早出し)トゥーランハイラインだそうだ。んで燃費をきくと、奥さんが

街乗りばかりしているにも関わらず、11だということ。

さすがDSGですね。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »