« W202オイル交換 | トップページ | 次男の成長ぶり »

2009年5月11日 (月)

リヤきしみ音解消

アラゴスタの良さに感服する今日この頃だ。

リヤキャビンからギシギシと軋み音がし、リアゲート周りの組み直しで直った
と書いたが、まだする。というか別な音なので、原因が一つでは無かった、
ということだ。で、日曜は朝からせっせと直しにかかった。

後部席に人が乗るとしないので、一人で原因究明するのが
困難。だから思い当たるところは全て対処を施した。

まずリヤシートを外す。

Dsc_0116_2

子供たちのお菓子類のゴミがごまんと出てくる。
掃除機で吸引したいのはやまやまだがまだ朝早いので遠慮する。

Dsc_0117

こういったところにもオイルをまんべんなく注油していく。

Dsc_0118

リヤトレー(トノカバー)の巻き込み口もクサイので、
CRCを吹き付けとく。新車の時はこれが原因の音がとても
うるさかった。

イチバンクサイのが、左後部席左肘クッションの取付部。

Dsc_0121

下部のネジを取ると外れる。

Dsc_0122

外すとこんな感じ。

Dsc_0126

この肘当て、中に銅の針金の太いのが入っていてそれで強度を持っている。
これが適正な曲線をもたなくなってしまったので、取り付け部に擦れてあたって
キコキコ発音している可能性が高い、と思った。

Dsc_0123
Dsc_0124

銅色の針金が奥の細長い四角メスに入る。だから肘当て自体を曲げ、
針金の曲線を適正化した。おれは職人か。

Dsc_0125

ついでにテーピングも。

Dsc_0127

付けたあと。後部から。
この隙間がすんごい開いてたんですね。で、気付いた次第でした。

Dsc_0128

これはいじってない右後部、デフォルトだときれいに収まっているのが分かる。
左は無理に取ろうとして(今回のアラゴの時かどうか分からない)針金を
曲げちゃったことが原因だろう。

で、結果、音は解消した。
原因も知りたかったが、何より直る方が先決だろう。気分が良い。

 

 
無音化したのをいいことに
アラゴスタの減衰力、強めを試した。
FRとも3。1が最強なんでかなり硬めとなる。
だいぶ前W211E500のエアサスに乗ったことがあるが、
そのハッキネンモードに似た感じ。3段階の最強の、ですね。
いや、あれよりはもうちょっと緩いかも。
突き上げ感が不快でないのが、いい。最強の1にすると
ハッキネンモードとなるだろう、でも怖くてできない(笑)
が、3で充分スポーティーだ。飛ばせるところで飛ばしに飛ばして
走って(やってはいけません)、存分に楽しめた。
 
 
昼からは家族ででかけ(こどもの国)、FRとも10で落ち着いている。
とても良い。
レクサスのISに似た感じ。しっとりして、滑るように走る。
不思議なもので(前も書いたか)路面ノイズも拾わなくなるんですね。
三分山のタイヤもまるで新品のようです。

今回気付いたこと二つ。

ダッシュボード上のサングラス、コーナーでこれが流れないんですね。
吸着力のあるシート上に2つ載せているだけなんだけど、
今までは強く曲がると、ツーっと流れてしまった。
それが流れない。
つまりロールしないってことだ、よくよく分かった。

と、左コーナーで、右タイヤがフェンダーに擦ってしまう。
爪の部分にタイヤ外周が。
これはアライメントのせいもあるかもしれない。
ショップに相談してみることにする。
このままだとフェンダー内側の塗装がはがれてしまう。

« W202オイル交換 | トップページ | 次男の成長ぶり »