« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

スピーカー、テールゲート周り調整

ドアスピーカーの留め具合いを直した。
ネジを外すとこんな感じ。

Dsc_0115

リヤのアルパイン。
実はリヤの二つは、つけてすぐ(コックピット21)、音があんまりヘンなんで
このカバー開けたら、中からバッフルが落っこちてきた、っていう
経歴をもっている。
ちなみに左右!
テキトーな工事しおってからに!

以後時たま開けて増し締めを欠かさなかったが、面倒だ、緩まないようにと、
今回パッドを埋めて増し締めを決行。
埋めるのはこんなもの。

Dsc_0120

ネジの下にある細いのがそれ。
ホームセンターで売ってる。

Dsc_0122

こんな感じでメス側に埋め込み、ネジを締めつけ、オシマイ。

Dsc_0123

4つのドアスピーカーできるところは全て施しておいた。

 

 

今回アラゴスタをつけたが、以降、リヤから軋み音がするようになった。
ギシギシキュッキュッギシギシキュッキュッと、気になる。
リヤシートを取ったり、テールゲート下部を取ったりと、調整してみた。
(写真は無い)
案の定、だが、テールゲート周りはつけ方が甘い。
ツメがパンパー裏に留まるよう2~3伸びているが、はめるべき部分にはまってなかたりで、
一部斜めになってしまっているところもあって、自分で直してしまった。
右後部の小物入れのところもしかり。へんてこなつけ方だったので、床がツライチに
なっていなかった。
日の出さんもねえ、こういうところもしっかりやってくれると100点なんですけど(笑)
ま、「足」のプロであって、「内装」のプロではない、のだな。
おかげで軋み音はしなくなりました。

2009年4月27日 (月)

エアクリーナー清掃

06年10月に清掃している。2.5年ぶりの清掃だ。

Dsc_1085

Dsc_1086

場所はここ。外すのに工具はいらない。

Dsc_1090

開くとアルマジロみたいだ。

Dsc_1091

でも奥にはこんなにチリ、ゴミが入りこんでる。

1枚1枚ていねいにめくって掃除機で吸引した。

Dsc_1089

フィルターがあった底もこんな感じでゴミが沈んでる。
こいつらももちろん吸引。

なんだかエンジンのフケも良くなったような気がする。

ないと思います!

フィルターは11年使っているのだが、どうだろう、こういった清掃だけでも
いいのだろうか、わからんが、やらないよりやっといた方がいいだろう。

Dsc_1077

外観の方は、土曜の大雨で走ったので泥だらけ。で、
帰宅すぐ(土曜夕方大雨の中)、プラセームで拭きあげた。
屋根付き車庫ならでは、だけれど、これ、好きなんですよ。
なんたって、洗車の為の水道代がかからない(笑)。

五木寛之の本でもありますよねえ、

『雨の日は車をみがいて』。

違うかー!

2009年4月25日 (土)

アラゴいいわぁ~

減衰力設定。
乗るたびに変えて楽しんでる。
今はF10、R11で落ち着いてる。
1が最強だから、だいぶ柔らかめではある。けど、コシがあって
とてもいいのです。
アタリ柔らかいけど、グッと踏ん張る。

あまりスピード出せてないけど、この設定だと60キロ出すと
ビタ~っと落ち着く。地に吸いつくように。

考えたらアラゴに替えてからこっち、音楽(カーステ)をほとんど
聴いてない。乗り味に浸って音楽聴きたいと思わないんですね。
ああ、良い良い。楽し楽し。
  
  
減衰力設定の失敗。いちおう書いとく。
12段階あって12が一番弱いと聞いてたけど、回すと、
13まで回ったり、14まで行ったりする。
つまり、12段階ではないのだ。全部かどうか試せてないけど。
11にしてたのに、最弱にしてみようと、もう1クリック回すけど、
更にもう1クリック回ってしまったりするから。
夏タイヤにしてあまりに足がバタつくんで、こりゃなんでじゃろ
と、アライメント調整の時ショップに聞いて分かった。

「たっかぴーさん、こりゃダメっすよ。
 いちど、最強にして、そっからいくつ戻すかってことに
 してくんないと。12以上回っちゃいますから」

そっかそっか、知らなかった。おかげで
とお~ってもクリーミーにまったり走ってくれてますよ。

買い替え減税の特例とかいろいろ出てるけど、こういったことで
買い替えよりもっともっと楽しいこと、あるんですね。
私はこの方が好きです。はるかに。
とはいえコルトの方は買い替えるっての、矛盾もいいとこだけど(笑)。

コルトをトゥーランにすれば、妻もそっちのほうに乗ってくれるだろう、
私がベン子を使える機会も増えそうだ。
そうしたらW202はとっておいてあるザックスのスプリングに替えよう。
今のまったりクリーミーもいいが、ザックスの、硬めだけど
きっちりくっきりしたかちっとしたハンドリングもまた味わいたい。
時期は、そうだな、トゥーランの慣らしが終わったころ、というところだろう、
はて、しかしいつになるのだろうか。

ま、いいとして。
乗り味でお悩みの方々、いかがですか?アラゴ。

あると思います!

 

2009年4月24日 (金)

戻らない釣り銭

病院に行ってきた。
診察を終え、清算の時。釣りの100円が戻らない。
自販機のようになってて、診察券を入れると支払額が
表示される。で、2,910円だったので3,010円を
入れた。
診察券は戻って、領収書も出たが、釣銭100円が出てこないのだ。
奥で詰まってると思ったけど、指は入らない。
総合病院なので、混んで人もごった返していたがしょうがない、手をあげ

「すいませーん!
 お釣りが出ません!」

と声をかけた。

女性の事務員が二人きて調べ始めた。
私の意見をろくに聞きもせず、ちょっと座っててください!
と言う。
とりあえず説明はしとかないと、と寄ってって

「2,910円だったので3,010円入れたんです。
 先に10円、そのあと3,000円。
 だから100円が出るはずですよね」

と言うと、ええ、調べてます。ですから座っててください!

ふうむ。じゃ、ま、座ってようか。
ただでさえ診察で待たされ、またここでこんなかたちで待たなくては、
ならないのか、と少々気をもんでしばし(3分か5分か)待った。
彼女らは機械を開き、いろいろ操作している。画面に
数字がいっぱい出ていて、ああだこうだと話し合っている。
二人のうち一人の事務員が来て早口で説明を始めた。

「コンピュータで見ると、確かに返金されているように
 なっています、ですから、お金は出ているはずですよ」

んなばかな。

「出ないから、声をあげて、出ていません、と言いました。
 どうであれ、出ていないのです」

「そうは言っても、出ているようになっています。
 詰まってもいません」

ん~

「私ではなく、機械を信用しているんですね」

「そうは言ってません」

「いや、そういうことです。
 たかが100円ですが、もらっていなものは、もらってない、
 そう申し上げているだけです」

「機械側では出ている、というデータになってるんですよ」

「私はこういう者です。怪しいものでもなんでもありません。
 私のことを調べて頂いて結構ですよ。
 騙しているようにとられたら心外じゃあないですか」

と、免許証と健康保険証を出し、がさがさと名刺も出そうとしたが

「結構です」

とピシャリ。

「たかが100円ですが、ね、こう考えてください。
 相手に返金を終えて、それで事が済むのです。
 機械が払っていても、相手に渡っていなければ、完了したとは
 言えない。そうではありませんか?」

こちらを全く信用しようとしない、正しいのはあくまでも機械なのだ。
精算機は他に3台ほどあったが、人が多いので、私らの会話に耳を傾けている
人も多い。入院患者でロビーに暇つぶしに来ている人も目につくし。
 
精算機のお金は夕方出金し、入金額と残高を付け合わせる、で、その時
100円余剰となっているかどうか調べ、そちらへ連絡します、と言ってきた。

はあ、いいんですが、その為に、100円の為に、またここに来るのは
ごめんですよ、といって私の連絡先を記し、その場を去った。

18時過ぎに連絡が来ることになっている。
どう言ってくるでしょうかね。
たかが100円ですが、私は妥協はしたくないんですが。

2009年4月23日 (木)

コルト 無償修理

案内がディーラーから来た。
パワステ内から発火する危険(可能性)がある、ということ。
ほっぽっといたけど電話も頂いたりしちゃったので、行った。

車を置いて、隣のデニーズで食事してる間に作業を終えてくれた。
パワステ用品関連は全て新品にした、ということだ。
せんだってもリコールで赴いたし、なんだか行くたびに手厚いサービス受け
洗車までしてもらえるので、逆に悪い気がしてしまう。
サービスマンや営業の方々もとても腰が低く対応は良すぎる、
くらいに良いものだ。6~7年前に続いた大事故以来、
だいぶ真面目に取り組んできている現れだろう。
これからもがんばってくださいね。
でも年内には買い替えちゃいますけど(笑)

2009年4月21日 (火)

映画とスーザンさんと

たかぴー@少々寝不足。。。

弟が上京していた。今朝帰ったが、昨日は昼間から夜まで、
ずっと弟と話っぱなしだった。久々だったので。
兄弟というのはいいものだな。つくづく思った。

弟は花粉症なのだが、今住んでいる北海道ではかからないのだという。
自論では、花粉を吸収する土の面積が多いからだ、と。
なるほど、確かに東京はアスファルトだらけですものね。

彼は映画が好きで、好みも私と似ている。考えたら

「ペテン師と詐欺師」

を紹介してくれたもの弟だった。
私は、まだ観てないのなら、と

「トラフィック」(ベニチオ・デル・トロ主演)
「a.i」(スピルバーグ監督)
「ディア・ハンター」(ロバート・デ・ニーロ主演)
「ニューシネマパラダイス」(ジャック・ペランが終盤好演!)

等など、良かったぜというと、釈迦に説法だったようで、彼は全て観ていたし、
もっと多くの映画を私にすすめてくれた。
でも、話に華が咲きすぎ、言ってくれた題名、今日になってみて、
さっぱり憶えてない。

阿久悠さんはニューシネマパラダイスを

「作りたかった映画」

と言っていた。ラストが圧巻。あのラストの為に、
その前2時間がある、といっても過言ではない映画、の筆頭がこれ、
と私は思ってる。

戦争ものだと

「キリングフィールド」

は実話の映画化として、すごい作品だと感銘しましたけど、これまただいぶ前の
映画で

「戦場にかける橋」。

これテレビでやってて(リマスター版)、HDDに録っといたんだけど、
観てなかった。
んで、昨夜晩く帰宅してから、なんだか映画虫につかれちゃったんで、
カップめんをすすりながら観た。
やっぱり昔の映画なんだなあ~
でも画像はすごくきれいでシーンの各所でもすばらしい景色が
観れたりして、それだけでもいい映画と思えます。
ストーリーは今観て、クサイ、って感じでしょうか。昭和の
においがプンプンしますね。

そうそう、今日のビックリはスーザンボイルさんです。

http://www.youtube.com/watch?v=9lp0IWv8QZY&feature=related

再生回数3千6百万回!ですよ。すんごいですね。

でもこのスーザンさんの声、誰かに似てる。
ちょっと前ですけど

shakatak

の曲、

invitation

のヴォーカルの声に似てるって思ったんですけど。
スーザンさんの方がお上手かな??

2009年4月18日 (土)

早起き次男

次男(もうすぐ4歳)熱が出た。
38度あった。幼稚園だけどどうしようか、38度もあったら
ふつうダルダルだろう、が、違って、いたって普通だ。
長男(7歳)ももちろんその熱だとふうふういって当然のように学校を休む。
けど次男は元気いっぱい。幼稚園行きたくてしょうがないようだ。

初登園、半数に近いんじゃあないか、というくらい
多くの子たちが号泣してた入園式。
みんななんで泣いてんの、ってなくらいけろっと場違いのようにしている次男。
縮尺も違うようで、ヤツだけなんだかでかい。まず顔が。んで図体も。

腕っぷしも強い。
握った物は万力で掴んだように放さないし、両手でドンと突きをくらわすと
長男はふっとぶし、我々大人でもよろけてしまう。
最近知ったのだが、腕(上腕)回り。
長男のは私の手でぐるっと回ってしまうが、次男の方が太い。指が届かないのだ。

考えてみれば食う量も違う。
大人顔負けの量を食べるし、デザートは絶対欠かさない。腹いっぱい食べても
菓子パンとか果物の類とかどら焼きあたりをむしゃむしゃと
いつまでも食べ続ける。
おかずについては好物もかわってる。
いかさし、塩辛、ししゃも(卵)、うるめいわし、キムチ、明太子。

普通三歳児が好んで食べるものではない。

「それ、からいよ」

というと、からいものはイコール美味いもの、と履きちがえているようで
どんどん食べてしまう。

牛丼はすき屋をこのんで食べる。丼を口の上まであげ、箸で
飯を流し込むようにして口にかき込む。
口からあふれ、前歯でも含んで、パンパンに頬を膨らませている表情は滑稽。

妻や義母に何かねだる時はきまってつま先をトントントントンと
床につついている。
その日あったちょっとはずかしいようなことを私に報告するときは、
両手の指先をツンツンとあわせ、眼を泳がせながら、言葉を探し探し、話す。

今朝は歯を磨いていたら横にパパア~と目をこすりながらやってきた。
まだ7時だよ起きなくてもいいのにと言うけど、起きて遊んだほうが楽しいから、
早起きがすきなようだ。

私も会社を辞めてからこっち、早起きばかりだ。
そう、毎日が楽しいです!

2009年4月17日 (金)

追い越し車線のありかた

W202、昨日アライメントとり直してもらった。
これまた素晴らしく良くなった。
不思議なものだ。これぞメルセデスの真髄なのだな、この車は
11年が経過しようとしている、にもかかわらず、
まるで新車、いや、くどいけど新車以上の乗り味だ。
まったり、しっとり、奥でコシがあって、速度を上げるにつれ、
ビシっとする。真新しいおニューのスニーカーで紐をぎゅっと
しばって歩きだす心地を、いつになっても味わえる。
素晴らしいことだ。

 

先だってW202で久々に首都高を走った。空いた平日の19時すぎ。右に左に
ゆるいコーナーが続く中、追い越し車線をセルシオがゆっくりしたスピードで
走っている。左にも車がいたので、私はセルシオをパッシングで
どけて追い越した。と、とたんに私の後ろにビタリとついて
きた。覆面ではないことを追い越しざまに確認してたので
速度を上げたが、ずんずんついてくる。ウザイので左に移って
抜かさせたら、またゆるい速度で追い越し車線を走り始めた。
ばかか。
また後ろについてパッシングし、おおよそセルシオではついてくることの
できない速度まであげ、蹴散らした。
困ったものだ。追い越し車線をなんと思っているのだろうか。
お前はアウトバーンの追い越し車線をジョギングで走れと言いたくなった。

環状線から3号線を下り、用賀を過ぎ東名に入ると車線が広くなり
スピードが出せる。そこでまたアホンダラに遭遇した。
追い越し車線を80キロで走っている。ナディアだった。
1、2車線とも車がいたので、ナディアについてパッシングした。
と、どかない。
ん~またマナーの悪い輩だ。
車間を詰めることをせず、もう一度パッシングした。
どかない。
しょうがない、タイミング見計らって左のレーンから抜いて追い越し車線
へ入った。すると、先のセルシオのように、またビタっとついてきた。
4速で5千回転まであげたがまだついてくる。
火がついたな。
左に寄って抜かさせてあげると、また追い越し車線で悠々自適に
走りだした。
アホ。
相手にせず、第2車線でゆっくり走り始めたら、彼は私の後ろに移り
ピッタリついてきた。かなり車間が詰まってる。
これはこまった、おカマは大嫌いだ。また蹴散らかせねばと追い越し車線に移って、
ナディアでは到達することのできない速度域まで上げ、巡航した。
ミラーを確認すると、彼ははるか後方でまだ第3車線を使って走っていた。
一日の、しかも短時間の間に、2台のアホドライバーと遭遇してしまったことに
なる。

日本の高速はアウトバーンとはもちろん違う。制限速度も設定されている。
だからといって制限速度内で追い越し車線をノラノラと走ること、
良いことなのだろうか。なぜ左を走らない。
私は戒められてしかるべき、と思う。
ENGINE誌の鈴木編集長が、追い越し車線を悠々と制限速度で走ってる
パトカーに遭遇。「左に移りなさい」と説教しようと、窓を開けた、とたんに

「運転手さん!制限速度を5キロオーバーしてます!」

と拡声器で怒鳴られたという、憤慨のリポートを読んだことがある。
いるんですねえ。私が遭遇したのはおまわりさんのプライベート走行だったのかな?
マナーを浸透させるには、どうすればいいんですかね。

2009年4月16日 (木)

先だって近所の道で

片側一車線の空いた道。左に宅配便の車が止まっていたので
右に寄って抜こうとしたところ、対向車が来た。
対向車が路肩に寄ってくれれば充分通り抜けれる。
のに、わざと私の車を通り難く、中央車線寄りに来て止まった。
通れるギリギリだ。はじに寄ってくれれば余裕なのに、で、私のことをにらんでいる。

「こっちへ寄るな!」

と言いたげな脂肪厚のデブ顔がそこにあった。車はB4だった。
私は車をB4に並べ、デブ顔を見、ミラーがぶつからないよう気をつけながら
通り過ぎた。
バカですねえ。こういう輩、いるんですねまだ。
お腹を空かしてる貧しい人の横で、腹いっぱいなのにげっぷを出しながら
まんじゅうを食ってるバカだ。
 
 
少し前、テレビで。どっかの国(南米だったと思う)の
小川沿いに住んでる貧困層の人たちを取り上げてた。
その人たちはその小川の水を生活水として使っていた。飲み水として、また炊事に
使うなど、なくてはならないものだった。
ところが、だ、フランスのあるミネラルウオーターメーカーが
上流の土地を買占め、川を堰き止めてしまった。
おいしいから飲料水として売るためだ。すぐに川は干からび、貧困層の方々は
水が無くなってしまった。住民にはもともと水を買う、なんて意識は無かったし、
そもそも水道なんてものがひかれていない。どうしようもないので、
溜めた雨水でしのいだりしていたが、最悪の時は泥水でも飲んでいた為、
下水が発達していないからすぐに病気が蔓延してしまった。

憎むべきは、製水工場がその貧困層の人たちの住んでいるところの
すぐ横に建築されたことだった。
水の音がうるさいくらいに人々の耳に届いている。わずか
数メートル先の、高い格子塀の向こうには、それこそ溢れんばかりの水があるのに
人々は水を口にすることができない。
蔓延した病気の結果、多くの死者が出ることになったが、もともと良い水の土地を
売った「国」にも責任がある、また、製水メーカーにも当然道義的責任を追及
しなければならない、ということが言われていた。その後が分からない、
今はどうなっているだろうか。

先の、車すれ違いざまの時、このことを思い出しました。
同じですね。程度の違いはあれ。
あのB4運転手は先陣を切って水をせき止めに行くタイプ、ですね。

2009年4月14日 (火)

夏タイヤに替え~

Dsc_0074
家の倉庫が奥だから、出すのにも一苦労。

よくよく見ると、フロントに履いてたのは、外べりが激しい。
タイヤ(パイロットプライマシー)は方向性が無いものだから今回
右前→左後
左前→右後
と、クロスして替えた。前回は前後のローテーションだったから。
Dsc_0088

Dsc_0086

パッドはZメヴィウス、ユーロエコ。スリット入りのディスクも
今回新調の、同社製。
効きはほとんど変わんないと書いたが、強く踏んだ時の効きは全然違う。
大変良く効く。おかげでABSのキックバックを
よく食らうようになってしまった。
私には無用の長物かもしれない。サーキットでタイム縮めるにはいいモノですけど、
あと見た目、ね。

Dsc_0085_2

左前フェンダー内上部。タイヤ擦ったあと。
急制動(ABS作動)でハンドルを右へ切ったコーナーで。
たまたまバンプがあったのでやべっと思ったら案の定

「ゴゴッ」

だって。腕悪いとしか言えませんねえ。
ウエットだったから、ガードレールにはっつかなかっただけ
運が良かった、と思おう。

Dsc_0083

こいつがアラゴでおます。

Dsc_0080

リヤブレーキ。パッドはZメヴィウスのだけど、これは次男誕生時くらいに
替えたのだから、もうすぐ4歳だ、が、まだまだいけるだろう。

Dsc_0093

ささっと洗っただけでとてもきれいでいいです。カールソン。

アラゴの高速走行はまだあんま試せてない。
スタッドレスのXI2でちょい走ったのでは、すごぶるスタビリディー
が高いのは分かった。減衰力は前後11(1が最強)にて
170だしても60キロくらいの感覚でしかない。何の不安もなし。
這いずり感はコニー+ザックススプリングの時のほどではなかったにせよ、
そこそこ良かった。スタッドレスだからしょうがない。

で、17インチに替えたからアライメント調整の予約をとった。
16(木)の予定。
これでオンザレール感覚が戻るだろう。這いずり感も、どう出てくれるか
また楽しみ。

アラゴの減衰力は思いっきりコンフォートにふってたが、17インチに替えたら
バタつきが少し感じられるようになってしまった。
ショップによると、インチアップしたら減衰力は逆に強めにしないとダメよ、とのこと。
考えたら当たり前ですよね、重くなるんだから。

10~9あたりかな。落ち着くのは。あまり強いと酔っちゃうんですよね、
腕に、じゃなくて、車酔い(笑)
サーキット走行の時も、トイレでもどしましたから。

2009年4月13日 (月)

長男次男とあなばめぐり

Dsc_0106 Dsc_0107 Dsc_0100 Dsc_0112 Dsc_0114

2009年4月10日 (金)

桜 今年もきれいですね

Dsc_0005 Dsc_0009 Dsc_0046 Dsc_0012

2009年4月 6日 (月)

マナーの悪い車、増えましたね

仕事でよく使う道。井の頭通り西永福あたりの上り車線。
片側2車線あるのだが、途中から1車線に縮小する。
商店街を過ぎたところなのですいているのだが、そこを左車線から
ぶっ飛ばしてきてギリギリのところで合流するヤツ、必ずいる。
いつもいつもアッタマきてみてる。私は絶対入れない。
ヤクザだろうがなんだろうが、絶対。戒めだ。

どうしてこうもまあマナーの分かってない車多いのだろうか。
それとも急いでる?
そんなに急がなくちゃならない用事ってあるのだろうか。
私はたとえウンチをもらしそうになってる状況であっても、
あの強引な割り込みはしない。
ウンチもらした方がよっぽどいさぎよいじゃあございませんか。

混雑したトイレの立ちションで
ブリブリブリリリ
とおならをしてしまった友人のタカネくん。
後ろに待ってる人に

すいません

とあやまった。

あやまる必要はないかもしれない。でもあやまった方がいいともいえる。
法的な規制はもちろんない。マナーを鑑みてるのだろうか、
割り込みバカはタカネくんを見習うべきである。

合流でいうと、上記のような空いている場合でなく逆に渋滞の場合。
こういう時は、最後の最後まで、合流しないのが正解である。
被合流車は、早いとこで入れてしまった場合、後ろから来る車は抜かし、
もっと先で合流してしまうから、被合流車線の渋滞が
悪化の一途をたどってしまうからだ。
KYだな。ルボラン誌に萩原秀輝さんも同じこと書いてた。

こういうことも、本来教習所もしくは、免許更新の時にでも
きっちりかっきり教えるべきなのだ。知らない人はふ~ん、なるほど、
目からうろこだ、と思うかもしれない、だから私は今のうちから子供に教えてる。

免許の更新は逆行してる。どんどんどんどん簡素化して、そういったことはもちろん
標識についてもなんにも教えないし、マナーについてはさっぱりじゃあないか。

先の渋滞での合流のこと。
東名だったと思うが、入れてもらう立場の車が、被合流車の鼻っ面にたばこを
デコピン投げした。被合流車はびっくりして急ブレーキをかけた。
そこに強引に割って入った。
冗談じゃあない。降りてって水酸化ナトリウムを喉に詰め込んでやろうと
思った。被合流車も目を白黒させたろうに。なんで入れてあげるのに
たばこ投げ捨てられなきゃあかんの??
ひっどいやつもいるもんですね。
走れば走るほどマナーに反する車よく見るようになってきた。
いちいちアタマ来ててもしょうがないんですけど。

2009年4月 4日 (土)

アラゴ系

減衰力、ちょい強めにしたら車酔いしてしまった。
んでええいとばかり最弱に。
あら~
これがまた、のほほんとして、いいんですわあ。
いそがないよ、ボク、って感じ。
とろぉ~っと走ってくれる。
タイヤはスタッドレス(XI-2)だけど、充分コシがある。
先般試乗したレガシー2.0GT(デフォルトでビルシュ)に似た感じだ。
バネはESPRIT/SPORTだから、この車の新車の時
よりは硬いだろう。

外したコニー

P1130007

お世話になりました。Kameさんあんがとね^^
1本はオシャカでした。縮まんないのよ。3本はスカスカ。
持って帰る予定が、ショップは

「ダメ!持って帰らさないよ!」

強制廃棄されました。

Fパッド

P1130008

これあいいんですわ。Zメヴィウスユーロエコ。
ダスド出ないし、減りも緩い。5分近く残ってるんじゃないの?

「これは持って帰っていいです!」

はい。持ち帰りますた。

替えたアーム系

P1130005

廃棄してもらいました。

アラゴのアブソーバーのオイルだが、「性能」より「持ち」を重視した
ものをチョイスした。
乗り方にももちろん依るけど、6~7年はいけるだろう。
エンジンオイルもそうだが、私にはオイルの差まではわからない。

アラゴのオーバーホールは安価にできる、っつーことだから、
そんときはノーマルのをとっといてあるから、それに付け替えて
お願いすることにする。

ヘシ折れてたステー

P1130010

Rロアアームとスタビをつなぐものらしい。
私が4/1は旅行に車使うからね!と言ったものだから、31日中に仮仕上げしようと
接着剤でとめようとした跡がある。ご苦労様でした。旅行は別件で×になったから。

アブソーバー減衰力調整のツマミ。
フロント
Dsc_0004

リヤ
Dsc_0002

人生遊び心、ないとだめよ!

2009年4月 2日 (木)

足一新^^

アラゴにして、ブッシュ、アーム系を一新したW202は
新車、というか、新車以上の乗り味を出してくれるようになった。素晴らしい。
昨夜20キロほど走って感動のあまり涙がチョチョ切れた。

費用は込み込み57万だった。
残念だが私の次の誕生日(12月)祝いを前倒し青田刈りで認可されたもの。
しかしそのW202は今日も妻にとられ近所のスーパーいなげや、トイザラス
及びマックあたりをうろつく足に使われてしまっていることに若干の
虚しさを感じる。ていうかていのいい詐欺にあったような気がしないでもない。

低速で感じられたバタつき、ハーシュネスの不快感が払拭された。
先だっても書いたが、左リヤ、スタビ~ロアアーム間を結ぶ樹脂製の
ジョイントもヘシ折れていたから、左後ろだけ特にうるさかった。
これが皆無になったし、フロントのバタつきもなくなった。
だからとても静か。すぅ~っと、まったり滑らかに、走る。
昨夜は土砂降りだったので雨音ばかり室内に入ってたが、
それに打ち消されてたというわけではなさそうだ。

12段階調整できるアラゴ減衰力調整は、昨夜ショップの人と試乗で
4度ほど微調整。
今はF8、R9(1が最強)の値となってる。
リヤは少し柔らかめでもいいかもしれない。マンホールの
突き上げ(いつも通るとんでもなくでかめ凸がある)では気持ち
柔らかくしてあげてもいいか、と思った。
でもガソリンが空、荷室にもなんにもない状態だから、満タンにして
家族子供らを乗せるには今の9がいいかな。高速では分からないけど。
っていうか高速走りたくてうずうずしてます。

ブレーキはFRともローターを新品。Zメヴィウスに。でFパッドだけ
今までと同じメヴィウスユーロエコへ替えた。
が、従来(純正ローター)との違いは感じられなかった。ほとんど。
意識してて、あ、気持ち、良くなったか、という程度。超低速域での
コントローラブルなのは、きちんとそのまま引き継いでる。高速域で違いが
出るかどうか、というところだろう。

しかしブレーキは、外したFパットを見て驚いた。01年、
2.5万キロで付けたものだったが、まだ全然残りあるのだ。
替えなくて良かったじゃん。
なななんと7万キロも走ってるのに、である。これはショップの人にも
ウソでしょうと言われたがマジなんです。っていうか、アナタ付けてますから!

この乗り味で57万はバーゲンプライスだ、と思う。くどいが新車に
戻ってるんですから。というか以上に。

使ってたコニーアブソーバーは、残念だが、もうスカスカだった。
というか、リヤに使ってた1本は逆にガチガチ。収縮もしない。
これはもう壊れてた。思うにこないだの志賀(2月のほう)
の時に逝っちゃった、と強く感じたから、名残惜しいけど廃棄を
お願いした。とても楽しめましたよ>kameさん。

2009年4月 1日 (水)

今日は大丈夫だよなあ~

心配だなあ。電話無いんだよなあ。

こっちから電話しても作業中じゃ悪いしなあ。

と思ったら入院先ショップのブログに出てた。

http://sunbeam.blog.shinobi.jp/

写真拝借。

アラゴ

Sn3d0596

アーム系

Sn3d0597

ちょっと残念なのはスタビブッシュは今回手つかずだって。

お願いしたのにねえ、やっちゃってくれればいいのに。

次回やりましょうリストを作ってくれてるらしい。

ま、1年後に再入院必要かも、ですね。ステダンも替えてないし。

ああ~ほんと、大丈夫だよなあ~心配だなあ。

電話しちゃえばいいのに、って。

どうする!どうすんのよ!

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »