« ハーシュネス、スタッドレス | トップページ | 武勇伝 »

2008年10月16日 (木)

VHS修理

夕方リポD(新型)を飲んだせいか、昨夜は帰ってからなんだか
身体がよく動いて、長男次男と

「戦い」
「サスケ」

で遊んだ(たっぷり)あと、壊れたVHSの修理。
デープが出なくなってしまったのだ。何日か前に言われてた。次男から

「てーぷがでられない」。

Kicx0028

上蓋と正面をネジ数本で外して中を見る。
どっかが噛んで出なくなってるのだな。

Kicx0029

緑の右にある小さい穴の中にあるラッチを細いドライバーで押しながら
上部の鉄プレートを手前にスライドさせる。左も同じ。

Kicx0030

無事取り出し終了。

Kicx0031

ところが別テープで出し入れをリトライするも、また出ず。

ありゃ。。。

噛んで出なかったんじゃないじゃん、イジェクトスイッチが
いかれてたのか。。。

しょうがない、今度はそのイジェクトボタンを調整。
正面左下にある。(リモコンには無い!)

ひどいったらありゃしない。
分解してみたら(写真撮り忘れた)ヤワですぐ壊れそう。
プラスチックの細い棒が前面蓋の裏の下部から中へ伸びてる。
んで正面の1ミリ程度のボタン押下によって、梃子の原理で
その棒が内部プリント基板中にあるスイッチを押し下げてるのだが、
某の大きさは長さ3センチ、幅1センチくらいでしかなく、
中のプリント基板にある

「押されるスイッチ」

は1ミリくらいのとても小さなもの。
棒先端がその1ミリのスイッチにヒットしなとイジェクト機能が働かないのだ。
角度が気持ちずれただけで、OB。スイッチに触れてくれない。

基板中にあるスイッチは有効に働いているのが確認できたので、その

「噛み」

が問題というワケ。

これはねえ、すぐ壊れますよ。
今流行のメイドインチャイナ、かな(笑)。

もう10年以上使ってるからまあ、壊れてもいたしかたないか。
でもこの程度でいちいち修理に出すのもバカらしい。
15分程度の修理で充分に使えるようになるんですから。

スイッチ部分はねえ、もっとしっかり設計してほしいもんですね。

Kicx0035

« ハーシュネス、スタッドレス | トップページ | 武勇伝 »