« VHS修理 | トップページ | IME誤変換 »

2008年10月17日 (金)

武勇伝

母さん、先だって、サラリーマン時代の同窓会が開かれました。
ええ、私が課長だった時の課員たちとです。
そうです、私は母さんが他界した翌年の98年に課長になったんです。

私を入れて8名でした。
会うのは1年ぶりの者が大半でしたが、中には4年ぶりっていうのも
いました。
私が辞めた直後に辞めたのも2人(!)いたから、全員揃ったのは今回が
初めてでした。
なかなか連絡とるのも難しかったのでしょう、
幹事さんはいろいろ大変だったと思います。

課員の中で数多くの武勇伝を持つ男がいます。
今日は彼のことをちょっと、話ましょうか。

イシツ君40才。
ご存命の時、ウチにも何度か泊まりに来たことあるんですよ。
髪が悲しいくらいに薄くなってしまいまして、今は4~5才は老けて見えて
しまうようになったのですが。
人あたりが良く、っていうか良過ぎで、頼まれごとを頼まれやすい。
しゃべるのは苦手な方ですが、ぼそぼそ話すその内容の面白さ
(ストーリー展開の意外さ、奇想天外さ)に度肝を抜く人は多いですね。

酒は好きな方だがそう強くはなく、べろべろに酔っぱらって電車に乗るとどこに
行ってしまうか分からない。(あ、これはタカネ君に似てます)

一昨年結婚したんです。
お相手は、通い詰めたフィリピンパブのおねえちゃん。
お人形さんのように可愛いんですが性格がとてもきつい。
彼女、日本に在住のお姉さん(やはり日本人と結婚)と電話で
頻繁に話すらしいんです。

「カルボ、カルボ」

とよく会話にカルボが出てくるんだそうでカルボとはなんぞやとイシツ君が聞き寄ると
フィリピンの言葉で

「ハゲ」

のことなんですと。
つまりそれはまぎれもない、イシツ君のこと。
まあ,それっぱかりのことで怒るイシツ君ではありません。

そういえば今回同窓会のアジェンダ(議題のことです)にもこう記されていました。

  イシツさんからの意外に笑えない話 25分
    ~本人と他人とのお笑いFITGAP~

アジェンダにあった25分は、彼の新しい武勇伝で盛り上がり
概ね1Hを要してしましたが。

じゃ、今回聞いた彼の武勇伝をご紹介しましょう。
 
 
~要約~
 
 
連休に入る前夜、社の同僚と強かに飲んで愛妻の待つ家にご帰宅。
と、鍵は開くがチェーンがかかってしまっている。

 おい、開けろ、開けてくれ

叫ぶがだめ。
普段仕事で晩いのにたまに早いと思うと飲んでくる、これで妻がキレた
ものと思われる。
携帯でも何度も電話するが、出ず。
悲しいかなドアの隙間からテレビの音だけは聞こえる。
が結局その夜、チェーンが開けられることはなかった。

しかたない。
イシツ君、フラフラと近所の公園へ行ってベンチで寝ることにした。

翌朝、やはり家に行くも、まだチェーンはかかったまま。
以降何度か帰るがチェーンはしっかりかけられ、頼もうがお願いしようが
何があっても開けてくれない。
また公園に戻り、携帯で妻に写メを送る。

「頼むから家に入れて下さい」。

そうしてるうちにまた公園のベンチで寝入ってしまった。

ホームレスが彼のもとに来て耳元で何かささやいたので彼は
飛び起きた。

「ほら、おかね、なくなっちゃうぞ。おかね」

そう聞こえた。
身体をパタパタまさぐると、財布が無い。

「スられてる!」

ところが、だ。財布自体は無くなっているのだが、札だけいくらかが
ポケットに入っていた。
泥棒は、財布をいったん抜き取って、いくばくかをまたイシツ君のふところに
もどしてくれていたのだ。

「ああ、助かった」

よく分かんないが、しかし、ふと大事なことに気付いた。

「しまった!
 携帯も、無い!」

これはマズイ。携帯までスられてるではないか。

  ああ~。まいった。

彼はひどく落ち込んでしまう。

  いやいかん、そう悲しんでばかりいてはいかん。
  なんとかせねば、この状態からなんとか脱却せねばならん。

手帳を取り出し、今後の自分の予定を確認してみる。

困ったことが分かった。
明日は野球大会ではないか。
忘れてたぞ。
朝早くにフジヤマ君が車で迎えに来てくれることになっている。

  どうしよう。。。

イシツ君はスーツのままだ。まさか革靴のこの格好で
野球大会に行くわけにもいかん。

そうだ。あそこにドンキホーテがあった。ドンキに行けば
何かあるだろう。
時間はたっぷりあるイシツ君、とぼとぼと歩いてドンキにて
スウェット&スニーカーお買い上げ。

んでまた公園に「ご帰宅」。
夜もたそがれてきて、どこで着替えたか分からんが
スウェットにて公園二泊目のはじまり。

無事翌朝を迎えることに成功。
今日は野球大会だ。フジヤマ君との待ち合わせ場所へ急ぐ。
きちんと時間どおりに着いた。
が、待てども待てどもフジヤマ君、来ない。

  おかしい。。。
  どうしてだろう。。。

携帯は無いが、公衆電話でセンターへ電話して留守番ボックスを聴取。
しかしフジヤマ君からのメッセージは入ってない。
彼の携帯へもかけるがつながらない。

  ハナシにならないぞ。

フジヤマ君、来るわけがありません。野球の日にちを一週間間違えていました。

連休です。
イシツ君、空しいまま公園での3泊目を迎えることになりました。
  
 
~~~

このあとまた大どんでん返しがあるんですけどね。
書くの時間が無くなってきました。すいません。
その後が知りたいでしょう、こんど墓前ででもご報告しましょうか(笑)
そうそう、今日はお母様の命日でしたね。朝はお墓にいったんですよ。

最後にこれだけ。
イシツ君の財布と携帯ですけど、スッたのは奥さんでした。
彼、写メを送ってるでしょう。それで居場所が分かったんですね、
心配になったんで公園に行って
わざと取っといてあげてたんだそうです。

« VHS修理 | トップページ | IME誤変換 »