« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

LS600hとフェラーリと

坊さんが車をまた買い替えた。
驚いた。レクサスLS600hだった。

フラッグシップLSに新開発5リッターV8を積んで
ハイブリッドをかませたっちゅう偽善マシン。しかも四駆。
アホか。
モーターと合わせると600馬力くらいあるんで
「600」
と付けたってことみたい。
バカでかくクソ重いのにこの馬力だ、想像に難くなく
スッバらしく速い。0→100キロは7秒を切る。
だからハイブリッドだというのに燃費はたいして良くない。
絶対値としてみればね。3リッタークラスと同等って感じ。

なんで坊さんがLSをしかも600hをと思う。
でもこの人、ずっとセルシオを乗り継いできてる。3年おきに。
おふくろ他界してすぐの時だ、おじゃましてたら
トヨタの営業が、ビカビカの新車に乗って訪れた。
ニューセルシオ納車の日だったのだ。

「何が、変わったの?
 何が、違うの?」

坊さんは黒光りしてるその新車を見まわしながら、そう営業に連発。
営業、しどろもどろで説明。
よくわかってないのに買い替えてるって、典型的なパターン。

私はできないなあ、そういうの。
まずもったいない、し、それに、車は好きなものだから、
いざ買うとなったら下調べ、研究及び試乗を怠ることは
絶対できない。
ていうか試乗好きだし。

ここんとこ試乗した車一覧。気に入ったもの順。

トゥーラン
カングー
プリウス
レクサスIS250
W204C250
W204C200コンプ
ピカソ(シーケンシャル6AT)
アルファ(笑)

買うのは1年後なのにも関わらず、もうこんだけ乗ってる。
W211E500にも二度乗ってるが、アルファと同じく
全くもって買う気ナシ。

勤務地近くにシトロエンができたので、早いとこC5にも
乗らねば。
フランス車は若いうち(もうトシだけど)に所有しとく必要がある。

え~?メルセデスのC250がプリウスに負けてんの~?
って突っ込み入りますよね、ハイ、負けてます。
客観性はありませんよ。主観だけよ。
プリはハンドリング、乗り味は面白くもなんともないけど、低速ではC250も
同じ。プリは飛ばすとフニャるけど、C250はトロいと硬くて
かなわない。硬いハコの中で踊らされてるって感じ。
リッター20、しかもレギュラーだっつープリに敵うわけ、ない。
車両だって半額くらいでしょう。

2~3泊旅行の帰路もしくはゴルフのプレー後、何の車で帰るかって
なると、私はIS250を選ぶ。
行きはと聞かれたらC250かもしんない。でもカングーあたりで
トロォ~っと、制限速度9割くらいのスピードで行くのも
安全この上なくいい。でもカーステの音がAMラジオ並なんだよね、あれダメ。

しかし行き帰り違う車っつーのはありえないわけだから、
そうなると平均的に良いトゥーランが最良ってことになってしまう。
くどいけどDSGはサイコーですからね。足もそれなりにいいし。

お客さんのコンペに参加させてもらうときはプリウスで
偽善かぶって行く。
寝坊したときはW211E500で飛ばしてく。
家族を乗せてのショッピングはトゥーラン。
家族旅行もトゥーランだな。
通勤と仕事はカングーだ。癒し系だし使いやすい。
お金がね、掃いて捨てるほどあったらフェラーリ買っとくかな。
けどね、こんなんなったらイヤですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=w8SAx9uvTj0&feature=related

コメディアンらしいですよ、運転はね。オーナーは別。

クラッシュ大賞はこれですか。よくまあ集めたもんですね。

http://jp.youtube.com/watch?v=g-op5T9Om4k&feature=related

2008年8月28日 (木)

ドリプ好き次男

3才の次男。
日を追うごとに成長の兆しがみえ楽しい。

ここのとこはまってたのが、ドリフの8時だよ全員集合だ。
みゆきちさんにダビングしてもらったDVD。
毎日必ず何回も何回もみてた。
セットの仕方おぼえやがった。

彼の発音は

「ドリプ」

DO-RI-PU。


つまり
FU
の発音ができないのだな。

こないだテレビでやったゲゲゲの鬼太郎も録画したの、
しょっちゅうみてた。
この発音も

デデデのチタロー

だ。

トイザラス

トイジャラチュ
だし
アイスクリームは
アイチュ。

ずうずうしさは天下一品でドリプを見るときは誰かを
つきあわさないではいられない。
一人では見ないのだ。
標的は義母。

ここにちゅわって!ここにちゅわって!

と隣に座って見るようドスを効かせた声で命じ、オチのあるところでは
一緒に笑わないと叱られる。

ちゃんとみてよ!
みて!

と。
居眠りしてると叩かれる。

ドリフを見入っていたのが過去形になってるが、最近は禁止令を
出してみさせない。長さん、人をよく叩くでしょう。
マネしちゃうんですよね。兄(7才)のこと、よくぶつように
なっちゃったんです。
だからここのとこしばらく封印中。
そういやずっと

「いかりやちょーすけに、なりたい」

とわけのわからないこと、言ってたワ。

音楽。
次男、うるさいのはお嫌いのよう。
車に乗ってるとき、静かな、例えばジェフピーターソンのスラッキーなのとかは
いいんだが、スーパーフライなんかかかると、うるさいうるさい
と叫んで、止めるよう命じられる。

ん~私、好きなんですけど!
お前の声の方がうるさいワ!

20080714a_2 
スーパーフライ、ボーカルの志保ちゃんね。
勝手に持ってきてすいませんm(   )m
この可愛さからは信じられない声量ですよね。
こないだTVで見たけど、桑田さんのスキップビート歌ってた。
すんごい上手い!
あんなに楽しげにあの歌歌いこなせる人、そう
いないでしょう。

2008年8月26日 (火)

ベン子ちゃんもね

Dsc_0369

ゴリラ次男

Dsc_0584 右目の下はね、昨日カドにぶつけたんだ。こうやってオレンジをクチに入れてはしゃいでたらね。

Dsc_0587 オッパイ吸わせてよ、オッパイさ。  ブー。

Dsc_0588 だめなのお?ケチぃ。

しゃあないなあ、じゃちんぶん読むぞ。ちんぶん。

Dsc_0589 あ、これちんぶんじゃないのね。

Dsc_0590クチに入れてるとさ、なんか落ち着くのよ。

Dsc_0592_2なんか文句あんの?

Dsc_0595 パーカーかぶってたっていいじゃんかよ。

Dsc_0597

オヤジよぉ、そう写真撮んのはいいんだけどよ、ブログにパカパカ載せねえでくれよな。

Dsc_0598

やっぱ疲れたワ。

オエ・・・・・・

 

  

三日目のりんどう湖ファミリー牧場レストランにて

2008年8月23日 (土)

ゴリラづら次男

8/20(水)~22(金)の二泊三日で那須に行ってきた。
試験も終わったので存分に羽を伸ばせた。

なんだか次男(3才)がとても笑えた旅行だった。
今回の主役、だったかな。

夜のディナーでのこと。
デザートで食べたオレンジ。
次男、スライスされたのを口に入れ、しゃぶっている。
その皮が自分の前歯のところにジャストサイズで
すっぽり入ってしまうことに気づいたようで、
食べ終わってるにも関わらず、皮を出そうとしない。
ずっと前歯のところに入れたままにしている。

私や妻が笑うとにたあ~っと自分でも笑う。
顎も出てるし、上唇も鼻の下あたりからごぼっと前に出てる、
それがまるでゴリラのような顔なので、とてもおかしい。

次男は笑われているのが楽しいようで、そのままの格好で
長男(7才)と遊びはしゃぐ。
しかし口は皮で塞がれ息ができないものだから、鼻で大きく息を
出そうとするとき、勢いあまって鼻汁がブバっと飛び出したりする。
上品なディナーの席。
妻が叱り止めようとするが、ダメ。勢いは収まらない。

その次男の顔つきが滑稽で滑稽でたまらなく、
私や長男をはじめ、妻も笑いを止めることができなかった。

二日目のディナー。入ると同時に個室に案内されてしまった。
前日のゴリラのせいだ。
案の定、デザートでまたオレンジが出されると次男は喜んでまた口にした。
個室をいいことに、昨夜にましてさらに踊りや妙なフリまでつけて
暴れまくりだした。
青鼻も飛ばしまくり。
私や妻は大爆笑で涙止まらず。
しかし、挙句、勢いあまって壁際の箪笥角に頬骨を強かにぶつけて
一瞬で大号泣へと変わってしまった。
アホ!

妻はびっくりして、かわいそうかわいそうとなだめたが、
私はそのぶつけた瞬間の次男も見続けていたので、脳裏にそのおかしさが
焼き付いてしまって泣いてる次男をよそに、ずっと笑いつづけてしまった。

最終日、りんどう湖ファミリー牧場で食したランチにもまた
オレンジが出てしまった。
また口にしました。次男。
そのあとは、もう、ご想像におまかせします。

私は今思い出しただけでまた笑ってしまって。

写真、ですか?
ええ、いっぱい撮ってます。
どうしましょうかねえ。
ブログに載せるかは、妻と相談して決めますが、見ても
おかしくもなんともないかもしれませんね。
親バカのなせるわざです。
頬骨の青あざはまだ消えず残っています。

写真は宿に到着直後の次男、とたかぴー号ですね。

Dsc_0003_2

2008年8月18日 (月)

脳と爪と

12日に行われた資格試験、ネットで正解みっけて自己採点。

いやいやうれしうれしうれしいねえ。繰り返すけど。
だいたいあっとりました^^
半年間ね、勉強し続けてきた甲斐っていうの、成果っていうのでしょうか。
とにもかくにもうれしい限りです。まだいい余韻に浸ってます。

一番間違いが多かった科目は

MEDICINE

で、40問中4問間違ってました。
ひっかけにかかったのが1問あって、あと3問は
どっちかな~と迷った挙句、違った方へマークしてしまってる。
バカモノ!

ま、1割くらいは間違えてあげないとね
出題者に悪いでしょう。

LAW

を含めたその他4科目は各々20問ずつの出題、を
きれいに1問ずつ間違えてた。
また言うけどね、満点じゃ悪いすから、出題者さんにね。

オリンピックも見ず、好きなビールも控え、子供との遊びも
我慢してもらって、家族全員で協力してもらって臨んだ試験でした。

でもね、今日見直してみて、すんごいですね。
もう多くを忘れ始めてるんですね。
トシなんでしょうか、それともヒトってそうできているんでしょうか、
ちょっと驚きましたが、脳ってね、全血量の15%も流れてるんです。
んで酸素は全消費量の20%、
ブドウ糖に至っては25%も使ってる。重さは体重の5%に過ぎないのにね。
(これ出ると思ったけど出なかった)

今回の勉強で感じましたが、とにかく、お腹がよく空くんです。
前夜はステーキを食べました。
それと、勉強中は甘いものをいっぱい食べるようにしました。ピーナッツチョコ
とかね。mm君明日がんばってよ!ウイダーインゼリー飲むといいよ。下痢しないから。
休憩ほとんどナシのブッ通しで7時間くらい勉強した日が
ありましたけど、そんときはフラフラになりましたね。
でもいい運動した後みたいに、すがすがしかった。

運動といえば、そうそうこれも遅ればせながら、だけど、オリンピック。
北島選手、すごかったですね。また金。
やっと落ち着いてテレビ見れるようになったんですよ。
彼、平は、50m泳ぐのにだいたい14かきだそうです。
私は昨日子供たちと公営プール行ったので、25mで平、試してみました。
ちょうど10かきでした。
私も中学ではちょっと早かったほうなのですが、やっぱ世界と
比べるなんて、おこがましい限りですね。

んで、北島選手の200のVTR見て私が気づいたこと。スローでね。
彼の手の爪、ちょっと伸び気味だったんですよ。
あれ?
一瞬不潔っぽいイメージがよぎったんですが(笑)、
たぶんそうじゃないんでしょうな。

どっかで聞いたことがあるんですけど、爪は、生え際のところまできれいに
切ったのでは、指先の力が出きらないんだそうですね。
後ろ(手の平側)から見て、ほんのちょこっと、爪の先が出て見えてる位が
力がよく伝達できるんだそうです。
ってこともあって、北島選手は爪が伸びてたのかな、あと、水かき効果が
少しでも上がるように、ってこと?かな。。。
ま、小さいことですけど、気づいたトレビ。

2008年8月15日 (金)

読売ランドプール^^

昨日は一日休みをもらい、子供たちとプールに行った。
パパはね、試験だからね、終わったらね、アンパンマンのプールに
連れてってもらうの、と、そこいらじゅうに言いふらしていた次男からの
プレッシャーに負けました。

よっぽど楽しみにしていたのだろう、はしゃぎっぱなしだった。

Dsc_0332

トイザラスで買った大きな浮き輪(巨大エビ)は、今回初めて空気を
入れたのだが穴が空いてて使えず!
写真のを有料で借りた。

次男はちょっと遊べばすぐ食べ物もしくはジュースを要求し
(それはいつものことなのだが)、ご覧のとおり。

Dsc_0338

Dsc_0341 Dsc_0350

お盆でもあるし、この読売ランドはめちゃ混みだったのだが、
次男はお昼になるとこんどはラーメンラーメンと叫び、長蛇の列に妻と
購入に走った。彼は食べれるのであれば順番待ちはそう苦にならない
らしい。

午後3時になると雨雲が押し寄せてきた。

「30分くらいで大雨になる」

私の予想通り、3時半、土砂降りの雷雨となった。
緊急避難命令が出てすべての人は屋内に退避を命ぜられた。

4時には雲が切れてきたが、次男は私にだっこされたまま胸で寝ようと
していたので、そろそろ帰ろうと、帰路についた。
朝9時から泳いでいた(30分早く開門された)から
相当つかれたのだろう、しかし車に乗るとまた起きてローソンに寄れとうるさい。
からあげくんが食べたいというのだ。長男と2人で合唱要求していたので
しょうがない、寄って買ってあげた。

私は海パンで行ってしまったのだが、帰りのズボンを持って行くのを
忘れてしまったので、海パンのまま帰った。
帰ってから海パンのまま愛車を洗車した。
車内にからあげくんが1個落ちていた。
落とすな!

洗車を終えリビングに入ると長男はwiiを、次男は甘パンを食べ続けていた。

2008年8月13日 (水)

試験終えました^^

もう少し難しいこときいてくるかと思ってたがそうでもなく、
大丈夫そうだ。

とはいえ帰路周りで

「全然わかんなかったよ」

と言ってるひともいたし、中には

「塩化リゾチームって何だっけ」

とか

「カッコントウって、風邪のひきはじめでよかったの?」

なんてわらっちゃうような会話も聞こえて(マジ!)
くるくらいだから、不勉強の人には難しかったのかもしれないな。
とはいえ、受験資格者は4年以上の薬局等の実務経験が
ある人ってことになってるからねえ。これくらい知っててくださいよ!

大きく感じたのが、ひっかけが少なかったこと。
一問、アルデステロンのカリウムと水分のところで、思惑通りひっかかって
しまったけど(笑)。
ほとんどは問題をストレートに聞いてくるのが多かったので助かった。

5科目、全120問。
午前と午後の2h×2ラウンド。
私は80分の3ラウンドと思っていた(模試がそうだった)ので、
前日に知って少しアセった。

場所は東京ビックサイト。
昨日は5,000人くらいの人が受けてる。
実際すんごい人だった。
エレベーター乗るところには係員がいた。いっぱい乗らないでくれって
張り紙がたってた(笑)。

問題は、予想に反し、すべて4択だった。
テキストや問題集によくあった5択は無かった。

それと、共通して言えるのが、問題文が短い。
読んで理解してから解くって必要がほとんど無いんだな。
見た瞬間で条件反射的に解けてしまう。
だから時間がかなり余った。

解くときに印をつけていった。
わからないのは

を、難しいのは
S。
だぶんこれだってのは

を記しておいた。
間違いなく大丈夫なのは

と書いとく。

すると終わってから見直しの時ラクなんですね。
うれしかったのが、WとSがほとんど無かったこと。

単純なことでWをつけたのが
「エントリー」
のとこであった。こういう問題はよくないなあ、いちおう書いておく。

問36(原文のまま)
一般用医薬品を販売する際に注意すべき事項に関する記述の正誤について、
正しい組合せはどれか。

a 購入者に適切な情報を提供する際は、添付文書等に書かれた内容を
 分かりやすく説明するのがよい。

b 導入された医薬品は使用される状況が随時変化するので、販売数量は
 一時的に使用する必要量とするのがよい。

c 医薬品を一定期間使用しても症状の改善がみられない場合であっても、
 あきらめずに使用を続けることを勧めるのがよい。

で、下に正誤表があって、そのなかから一つ選ぶという4択になってる。
私は



と思い、その枠を選んだ。けど、とりようによれば
aは

ともとれ、その枠も表にある。
この1問で合否が別れるなんて瀬戸際の人には実に悩ましい問題になり
ますわな。ま、この「エントリー」で瀬戸際人はまず
いないと思いますけど。

それともっと大事なこと。
試験中に、トイレに行けちゃうのだ!
これはまずいでしょう。
手をあげると係員が寄ってくるので、その人と一緒にトイレに行く。
帰りは一人で帰ってくる。んでまた答案に向かう。それってアリ?
アンチョコ隠してる可能性無いとはいえないよね!?
私の東1-Gブース(約100人)内だけでも結構な人がトイレ挙手してた。
午前午後あわせて10人じゃきかなかったと思います。
ダメ!ですよ!
どうぞ漏らしてください!
もしくは、
トイレいったら、終了時まで帰ってこれません
とするとかね。

他はかなり厳正だったから、これだけマズさが際立ってましたね。
アナウンスの体制もしっかりしてた。
例えば筆記具と消しゴム以外、たとえ鉛筆削りだろうと、筆箱だろうと
一切をしまうよう命じられ、点検員からこまかくチェックが入った。
私の並びの人は鉛筆削りをしまう様命ぜられていた。
試験開始30分前(!)なんですよ。全てをしまわなくちゃならないのが。
あとは心臓バクバクさせながらただひたすら待つしかない。

いやあ、でも、疲れました。
半年間、がんばりました。
昨日のビールの美味かったこと!

2008年8月11日 (月)

母上様

電車で出勤しますとね、多摩川の橋を渡る時の景色がとてもいいんです。
この季節になると、見るたび、母とのある夏の日のことを思い出します。
もう忘れてらっしゃいますか。
ええ、弟と私の3人で読売ランドに行った時のことです、小田急線に乗って。

行き、橋の上から多摩川にボートに乗って釣りをしている人を
たくさん見ました。
私はね、なんだか無性に釣りがしてみたくなったんですよね、その光景を見た時。

 ねえ、釣り、してみたい。
 釣りしようよ。
 読売ランドはやめて。
 ねえ。
 釣りがしてみたいよ。

そうとうわがままに言ったと思います。
弟は無言だったでしょうか、ええ、私が小学校3~4年、弟はまだ
4~5才の頃のことです。
でもね、母に説得されて行くだけ行ったんですよね、結局、読売ランドには。

母は私が遊園地でたっぷり遊べば、釣りのことは忘れてしまうんじゃあ
ないかとふんでいたかもしれません。
しかし私は遊園地に着いても釣りがしてみたくて釣りがしてみたくて
気持ちを抑えることができませんでした。

早々に上がって小田急線で引き返しました。
確か和泉多摩川で降りたんですよ。登戸ではなしに。

釣り竿も持っていません、餌ももちろんないので、釣り具屋を探して
一式買ってもらいました。
しかし岸辺で糸を垂れても一向に釣れません。

 ボート乗って、もっと川の中の方までいこうよ。
 ボートに乗らなくちゃ、だめなんだよ。

またそうわがままを言ってボートを借りましたね。
けど、一匹も釣れなかったんですよね。
夏、多摩川を見るとあの時のことをよく思い出すんですよ。

いよいよ明日にせまったんです。
資格試験。
一日5~6時間は勉強してきました。この半年。
墓前にいい報告ができるよう、がんばってまいります。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »