« またオイル漏れ | トップページ | 平衡感覚 »

2008年7月14日 (月)

ウオッシャー液取り替え

ボンネットのシミ。
写真中央の。
犯人はガラコウオッシャー液。

Dsc_0322

頑固で、こすっても消えない。コンパウンドが必要だ。

Dsc_0319

写真右上から左下にかけて。

こういうのが数限りなくある。

日曜、思い切ってウオッシャー液を取り替えた。

メルセデスのはなんと5リッターも入る。

近所イエローハット(代官山ではない)で買ってきた。

Dsc_0336

安い。
2.5リッターで398円の。
右は今までのガラコ。ドンキで3本まとめ買いしたのがまだ2本まるまる
余ってる。
ただ、ガラス拭きにはもってこいの液材なので(揮発性が高く、きれいに拭き取れる)
とっておこう。

下抜き。

Dsc_0324

このグロメット、アウディ(VW)の。
98年にこの車納車してすぐ1年経たず(!)に、純正のは朽ちて
デフォルトのウオッシャー液全てが流出してしまうことがあった。
また純正のだと1年でダメになるとヤナセの営業が懸念して
評判のいい(安定してる)上記のに替えてもらったのだった。
150円くらいだったと思う。

グロメット取って流出させる。

Dsc_0327

アセって撮ったのでピンボケ。

さらにホース突っ込んで真水で洗い直し。

Dsc_0328

下にビニールを敷いてる。
去年、この左下のコンプレッサーがいかれ、エアコンがぶっ壊れた。
たまたまその直前、このガラコのウオッシャー液に替えた時、
上記のような流出作業をしたのだが、水がコンプレッサーにざぶざぶかかっていて
ちょっと心配だったのだ。直後、案の定壊れた。24万した。
その事故の後、よく見るネットのBBSにも同様の相談が書き込まれていた。
またコンプレッサー壊れたらたまったものではない。今回は丁寧に丁寧に作業しました。

液は2対1で希釈。水2に対して、ウオッシャー液1、とした。
濃いと洗浄効果が高く凍結しにくいメリットがあるが、スジが残りやすい。
まあこんなもんでいいだろう。

日曜作業後、夕方出かけた折、たまたま降りだした雨もあって
新ウオッシャー液をバシャバシャ使ったが、きれいきれい。よかった。満足。

な~んて、これでも液シミいっぱい残ったりして(笑)。

« またオイル漏れ | トップページ | 平衡感覚 »