« 白馬の写真^^ | トップページ | D40不良! »

2008年3月14日 (金)

ジャーマンカーズ載りました

遅ればせながら報告。
ジャーマンカーズ4月号に載りました。
スキー中に発売だった(3/8)ので心配だったけど
帰ってきたあと3/10に近所の本屋で1冊だけあってホ。
子供達も写ってたので喜び見せたらさっそく次男に
しわくちゃにされた(笑)。

撮影時間も長かったしいろいろしゃべったつもりだったけど
記事にするとあんなもんかな。。。もっといいこといっぱい
しゃべればよかった。ホント後悔。後でメールするのも良かったかもね。

写真はバシャバシャとプロの方がい~っぱい撮ってたけど
載せるとあの程度、なんですね。角度とか日の入り方とかすんごい気にして
たし、車も何度も何度も移動したりして撮ってたけどね。プロのこだわり
はすごいよな。
 
 
今回の白馬往復でもメルセデスのスタビリティーには相変わらず感心。
コルチナはけっこう遠かった。片道290キロ、往復で580キロ。
燃費は10.5だった。
高速は往路はゆっくり、帰路は比較的飛ばし気味。
豊科インター~コルチナ間は一般道を1時間ちょい走らないとならない
その分も含んでだから燃費は良いほうだったかな。

高速は、5速3千回転で125。そこから4千回転までの速度域が抜群。
スプリングはESPRIT/SPORTにしたおかげでザックスより
ちょっと柔らかめ。
高速域は風圧で車高が落ちると、コニーのアブソーバーがいい
働きをしてくれる。まるで地を這って走るような感じ。
上に持ち上がらないんですね。以前も書いたけどコニーは
伸び側の制御力が強い。縮み側よりも。
だから落ちると落ちたまま滑るように走ってくれる。
かなりの速度域でもハンドルには指を軽く触れている程度でいい。
ブレは無い。
キャリアにスキーのおかげで風切り音だけがとてもうるさかった。

しかしまあ帰路の高速はマナーの悪い車の多かったこと。
サンデードライバーの顕著たるものかな、100で悠々自適に
追い越し車線を走っている輩。
確かに法的には悪いことじゃない。けど法の前に
マナーというものがあるんだバータレ。
左から抜くこともあったが、家族が乗ってる時はあんまり
やらないようにしてる。
 
 
そうそう、ジャーマンカーズに載ったのを前いた会社の先輩が
立ち読みでみっけ、メールくれた。
その先輩、かなりの車好き。昔はレースにも出たりしてた。
最近はW210E320に乗ってたけど、息子さんも運転するように
なっちゃたんで買い替えた、と。
パサートバリアントにされたようだ。DSG!
さすが、お目が高い!

この先輩が同乗だと私、どうしても飛ばしちゃうんですよね。
86年に買ったマークⅡ(ツインカム24バルブのやつね)でその昔軽井沢に
行った時は、夜中の碓氷峠、全てのコーナーを四輪ドリフト!
なんてね、ひどい走りをしたこともありました。
でもその時その先輩、助手席で

「もっと踏め!もっと踏め!」

って叫ぶんですよね。私、

「底まで踏んでます!」。

ずっと1速にホールドしっぱなしでした。オーバーレブしないんですね。
レッドに入ったとたんに2速に上がってくれる。
怖い先輩(笑)でしたし、手に汗だくで頑張って走りましたけど、
いやはや、法規を無視したひどい走りでした。
20年前のことなんでまあ時効ということで許してください。

« 白馬の写真^^ | トップページ | D40不良! »