« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

ベン子について 雑感

Kicx0142

これを見て思うこと。
単なるたかぴー号の「底」ですけど。
平らなんですよね。
上げられてるんでロアアームとかダランとぶら下がってるけど、
降ろして1Gになれば、きれいに平らになるんです。
凸凹が無い。
空力にもいいことだし、なんといっても下を擦ることがあまりありません。
私の車など1インチも車高を落としているのに、です。
スキーに行って雪道も走りますけれど、轍でもまず擦りません。

こういった普段見えないところに手をかけ、労を惜しんでないところが
私は大好きです。

裏機能と言うんでしょうか、説明書にも書かれていないような、
細かな良い機能、隠れ技、みたいなものが、このメルセデスには
いくつもあります。だいぶ前もこのこと書いたのですが、最近また一つ
感心した機能をみつけました。

サンバイザー裏にはバニティーミラーがあります。
運転席、助手席それぞれに。
カバーがあってそれを開けると、ライトが点き、ミラーが出ます。
ところが、です。
その状態でサンバイザーを奥へ押しやると(日除けの為)
ライトが消えてくれるのです。
つまり奥へ押しやった状態でミラーを使うことなど無いでしょう、
だからライトは自動的に消灯してさしあげましょう、ということです。
気付きはするけれど、わざわざそんなとこまで~と
思えるような、そんな機能が私は好きで好きで。

前にも書いたかもしれませんが、リヤドアにあるパワーウインドウの
スイッチ。
夜は点灯してスイッチの在りかがわかります。
ですが、運転席からリヤのパワーウインドウスイッチをオフにすると、です。
そのスイッチが消灯してくれるのです。この機能を知ったのは、この車を買って
何年もしてからでした。長男が産まれた後だったから納車後3~4年経ってからの
ことでしょう。

4年前のことですが、仕事で遠出した折、出先でライトの球が片方(確か左)
切れてしまいました。帰路200キロはあるので心配でしたが、
それがなんと、結構明るいんです、片方だけなのに。もちろんノーマルです。
田舎道で真っ暗な中を通ったりしましたが、照らしてくれる範囲がかなり広く、
想像したより問題なく帰ってこれ、感心いたしました。

BMWは社訓でこれだけは単体ではメルセデスに勝っている、と挙げるものが
あるそうです。
1.ライト  2.エンジン  3.シート
の3つだそうです。
私のライトは今でもノーマルのままですが、不足を感じたことがありませんし
上記のように球切れでも問題ありませんでしたので、BMのライトもちょっと
球切れ試してみてください>kameさん(笑)。

いいことだけではなく、反してもうちょい気遣ってちょうだい、
と思える部分もあるにはあります。(ワイパーの間欠の速度調整が無い、
マップライトが無い、カーステデフォルトの音は異常に悪い、等々)
ですが良い面がそれらを打ち消してくれてるんですね。間違いなく勝っています。

この車は、本当にいい車です。
10年前に戻ってもやはり私はこの車を買っているでしょう。
これからもまだまだよろしくお願いします、ね。ベン子ちゃん^^

ESPRIT/SPORTへ交換^^

バネ交換、正解だ。ESPRIT/SPORTスプリング。
コニーのショックとの相性がバッチリではないか。
アタリがゴンゴンガンガンゴツゴツガツガツとうるさく嫌だったのが
払拭された。
荒れた道での違いは全くもって顕著。今度のは実にスムーズに
走ってくれる。
ソフトでいながら、コシがあって、味がある。
ああ、kameさんはこういう乗り味だったんだあ、と
思いながら走りました。ショックもkameさんのだしね(笑)。

40~50キロは申し分ない。
120からはステアリング指1本くらいの動きにちょっと曖昧さが
出た。これはアライメントである程度調整できるだろう。あと直進性と。

Kicx0132

ザックススプリングでの最後の写真。ショップ裏で撮った。
埃だらけで汚いのなんの。

Kicx0139

シム。右前に入れてたやつ。
5番の上に5ミリ厚くらいの硬質ゴムを貼ってた。
圧縮されてるのがこれから履くESPRIT/SPORT。左がザックス。

ザックスのスプリングが硬いワケが分かった。
今回ショップからの話で理解した。いまさらで大ボケもいいとこだが
いちおう書いとく。

私はシムを厚いものにしていた。純正市販のものに加え、自作のものまで
追加していたのだ。
この為、バネは1Gの時点で規定(想定)値以上に
圧縮されてしまっていた、ということ。
バネは、タイヤよりロアアームステイ(より中心)寄りにある。
だからシムが厚ければ当然バネも1Gでより多く圧縮されてしまう。
つまり、市街地走行の時点で高速域で出る硬めの味が既に出てしまっている、
ということ。
硬くて当たり前だ。特にリヤは不等ピッチなので、柔らかいとこが
1Gで無くなっちゃってた、と(汗゛。

とはいえ薄くすれば乗り味はいいだろうが、車高がペタペタになって
好みではなくなるので、やはり帯に長し襷になんとかで一長一短
なかなかうまくいかないのだな。

Kicx0145

このボルトね。入れにくいんですよね。私も手伝いました(笑)。

Kicx0136

黄色のBMは岩城コーイチさんのらしい。

気になる車高。

前右  1本 
前左  2本(笑)。 
後左右 1本

シムは前が2番。後1番。
ショップが薄いのあるからっていうから信じてたら前は2番しか
無かった。んで妥協して入れてる。やっぱ1番にしたいなあ。

この車はホントに面白い。
足を替えればきちんと予想通りのものに変わる。シャーシがいいから
成せる業なのだ。
それと今回気付いたのがコニーがヤレはじめてると思ったらそうでもなく、
まだまだ良い働きをしてくれてる、ってこと。
前述のようにザックスの硬いところで働いていたから、ちょいショックが
負け気味に感じたのだな。ESPRIT/SPORTとの相性は
かなり良い、と言えます。コニー新品だったら設定「中」でも
いけますね、これは。
書きたいこと山ほどあるけど時間が許さない。今日はこんなとこ。

kameちゃんあんがとね^^

2008年2月28日 (木)

バネ交換前

午後からスプリングの取替えだ。

kameさんから譲ってもらうESPRIT/SPORTへ。

現在の車高。

フロント指1.5本

Kicx0130

リヤ指1.5本

Kicx0129

今はシムは最厚のもの。リヤはさらにゴム板(自作)を追加して

この車高。ザックスは車高が落ち過ぎ(主観)だ。

ESPRIT/SPORTバネは本国で純正のものだからそう車高は落ちない。

シムは最薄のものをショップで手配してもらってる。

右前だけちょい落ちるので、そこは2ポイントのもの(これは持ってた)を入れる。

乗り味の変化は楽しみだが、車高も気になるところだ。

うまいとこ今の車高くらいに落ち着いて欲しいと思ってる。

2008年2月26日 (火)

投稿の削除

2月15日「ミウラと式場壮吉と」の投稿に一部誤りがありましたので

削除しました。

直してまた投稿しま~す

2008年2月25日 (月)

カメラ勉強しないとね

他愛もない写真だけど。Dsc_0017

これだけで12枚も撮り直してる、うち1枚。やっぱ腕、無いワ(笑)。

2008年2月23日 (土)

D40にて

Dsc_0007 おちゃらけて暴れまくったあと、

Dsc_0009

爆睡。同一人物(次男)。
だけどやっぱり色合いはコンタックス(カールツァイス)の方がきれいかな。
しかし一眼レフなりのいい機能はやっぱりいい。
長男はこんな格好でDS。
Dsc_0006普通じゃないでしょう。でもウチじゃ普通なんです。
もうちょっと落ち着いて欲しいです。

2008年2月22日 (金)

D40でおうち

Dsc_0011

シャッタースピード : わからん

絞り値        : わからん

ホワイトバランス  : わからん

ISO感度      : しらん

レンズ       : デフォルト

2008年2月21日 (木)

一眼デジ買ったぞちくしょー

駐禁くらった。
アッタマきますね。
わずか10~15分のことですよ。
明大前駅近くの甲州街道。
コインパーキングが満車だったんで、いつものタワーパーキングに行ったら
「時間貸しやめました」の貼り紙。
マジかよと、近くをグルグルパーキング探すも、無い。
諦めて路駐。側道だし迷惑かからない
10分くらいだから大丈夫だろう、と思って戻ったら
黄色の貼り紙。
駐車イハン~? 余計なお世話だバーロー。

ったく。。。
で、イラついたままコジマへ。
一眼デジへまっしぐら。
こっちはイラついてるんだ。買っちゃえ。
いくらになります、これ、と上から目線で訪ねる。
ニコンD40。

「48,800円でいいです。
 どこよりも安いと思います^^;」

そんなことないですよ、ネットで39,800円でしたよ、
と言うと、そんなはずはない、それだったらウチがその
値段で買いたいくらいです、それはレンズキットが
入ってないんでしょう、ウチはレンズ入って、D40LKとして
48,800円で限界に挑戦してます!

と鼻息が荒い。

じゃあ48,000円でどうです?48にしてくれるんなら
買いましょう。ついでにパン焼き機も買うから頼むよ
さらなる上から目線で言うと
パン焼き機も大幅値引きしてくれた。

で、D40で初めて撮ったのがこれ。
イラついてるからちょいピンボケ。
Dsc_0005

思い起こせば20数年前、おふくろ健在の時、おふくろが買った初めての
一眼レフで撮ったのも、そんときたまたま泥棒に入られた自宅の状況証拠写真
でした(笑)。
なんかそういうのって、あるんですかね。

2008年2月20日 (水)

足 変遷

やっぱデジカメ欲しいなあ。
こないだの撮影会のカメラマンの。
Kicx0126
キャノンのデジカメ。でかい。プロ機ですな。
ここまで行かなくてもいいから一眼レフが欲しい。

お金無いって書いたけど、カードのポイントが貯まってた
んで照会したら商品券くれるんですね、それ還元すると買えそう(笑)。
00490711068
これでいいかな。ニコンD40。
ネットだと39,800円なんて店もある。でも商品券はつかえないでしょう
しょうがない、ヤマダコジマあたり行ってみよう。
 
 


kameさんがESPRIT/SPORTのバネ、譲ってくれるって言う。
うれしいなあ。
Photo
これは05年、たかぴー号にETC付けてもらった時のkameさん号。

一応たかぴー号足の変遷を書いておこう。

98年7月 
  納車(ノーマル)
     やや硬めで、突き上げ感が少し嫌だった。
     なのにロール量が多く、もっといい足はあるのでは、と思い始めた。  

03年3月
  ザックスパフォーマンスセット(バネ+ショック)
     仕事ですんごい嫌なことがあって半ばヤケ気味で替えた。
     正解だった。セットとしてはかなり満足いくものだった。
     が、車高が落ち過ぎ。最厚のシムにしても、指0.5本は好みでは
     なかった。
     また、コツコツと硬さが気になったので、当りの柔らかいスプリングは
     無いか模索始める。

03年11月 
  バネだけESPRIT/SPORTに交換(ショックはザックスのまま)
     相性メチャ悪。フワフワになってクラウン。直進性悪くまたロールが
     大きい。シム最薄で車高は好みになった。

04年2月
  ザックスパフォーマンスセットへ戻す
     シムは最厚のものにし、さらに自作のゴム板を加えた。
     車高は好みのものに落ち着いた。

06年10月
  ショックをコニーに変更(バネはザックスのまま)
     設定「中」。
     スプリングがショックに勝っちゃってタイムが出ない(笑)。

07年1月
  コニーショック「中」を「強」へ変更
     キビキビした走り、高速もすんごいいい。これだ。

今回、交換しようと思ったのは、スプリングをもうちょっと柔らかいのにしたかった。
今のザックスのスプリングはリヤがちょっと硬めなんですよね、コツコツと
アタリがあんま良くない。

スプリングの硬さは、持論だけどこんな感じかな。

ノーマル<ESPRIT/SPORT<AMG<ザックス<アイバッハ<H&R

わかんないけど。

ザックスの今のスプリングはリヤだけ不等ピッチになってる。
だからアタリはもうちょっと柔らかいセッティングにしてくれても
良さそうなんだけどね。まあそこまでチューニングできなかったんだろう。

フロントの硬さは2.4のV6エンジンだからほどほどでバッチグーです。
2.0の直4エンジンに入れると硬めになっちゃうかも知れません。

いちおう変遷書いとかないとね。忘れちゃうからね。

Kicx5985

2008年2月18日 (月)

取材オフ

ジャーマンカーズのメルセデスCのワゴン特集での取材を受けた。
晴れてたかぴー号が雑誌に載るってわけだ。
本は3/8(土)出版の予定。

場所は足立区の舎人公園。
昨日12時より、写真撮影とインタビューが行われた。

今回特集は2ページに渡るとのことで、結構な量を撮っていた。Kicx0111 Kicx0114 Kicx0121 Kicx0120 Kicx0119 Kicx0123 Kicx0122
楽しみだな。2冊くらい買っちゃうかもしれない。

私のともう1台はBさんのW203。同じオプシティアンブラック。
シルバーのはSさん。
W202乗りのAさんはBMWで参上。レース仕様でかっこいい。

取材では、この車どういうところがいいですか、とか、どんな改造を
してらっしゃるんですか、等などきかれたんだけれど、
頭ではまとめていたものの、いざ真正面からドンと聞かれると

「えーっと、あのお~
 シャーシがよくてえ~
 それでえ~
 まっすぐ走ってくれてえ~
 あんしんできます
 と、と、とにかく、頑丈なんですよね
 あ、でも、アクセルとか重くて
 あ、あと、ハンドルも重いんですよ」

なんてわけのわからないことばかりダラダラダラダラと。
もっと的を得たこと、ちゃんと用意しといたんだけどなあ。
雑誌社さん、ごめんなさいm(___)m
そうそう、せっかくいい音出してるカーステも自慢するの忘れてたし。

でも皆さんと会えたことが楽しかったですね。

2008年2月12日 (火)

強い次男

P1020009
やっぱピンボケかあ。一眼レフ欲しいなあ。
2/9(土)帰宅時の自宅前22時。スキー場じゃあありません。

   

話変わって。こないだのサラリーマン川柳。
笑えるよなあ。

ゴミ出し日 すてにいかねば すてられる
 
 むなしいですねえ

円満は みざる いわざる さからわず

 これもむなしい

一番湯 パパのあとには 入浴剤

 さみしいなあ

無料でも 家族間での 通話なし

 これもさみしい

なんだかサラリーマン川柳っていうよりも見放されパパ川柳って感じですよね。
だいぶ前にあった

まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる

っていうのもまた完全に虚しいしね。
 

もちろん人によるだろうけど、男ってのはもちあげられると、以上の
チカラを出すように思えるんだけど。細木さんがよく言ってますよね。

昨日。次男と二人で公園へ。
ちっちゃいおうちがある。遊びのなんで子供3~4人入ればいっぱい。
次男、どうしてもそこに入りたい。既に入っている3人の子たちと遊びたい。

「い~れ~て~」

と言ったが、だめだだめだめ、いっぱいなんだから、ここは入れないよ。
と断られる。
次男、強引に入る。

「だめだよ!はいっちゃだめっていってるじゃん!
 でろよ!でろでろ!」

思いっきり拒否されている。
中にいる子は2人が6才、1人は2才(次男と同じ)。

しばし無言・・・

と、なにか争いがおきはじめた。
こわごわ中をのぞくと、案の定、次男、6才の子の胸ぐらを掴んで放さない。
相変わらずワケのわからない雄叫びをあげている。

掴まれている子は泣きそうな顔に変わってきている。
親は近くにはいないようだ。
しょうがない、次男をなだめた。
他で遊ぼう、ここはいっぱいだ。お兄ちゃんたちで入れないじゃあないか。
向うの滑り台で遊ぼうよ、と提案するが、のまない。

「きみねえ、2才くらいでしょう。
 ぼくらは6才だよ。
 年下の子がそんな、ぼくら年上のいうことをきかないなんて
 だめだよ。
 そうでしょう。
 だから、向ういって、遊びな。
 ここは、だめ、だから。
 ここは、禁止!」

胸ぐら掴まれてる子ともう1人の6才の子がそう言う。
しかし次男には通じない。
相変わらず胸ぐら掴んだまま。がっしりと。万力で挟んでるように力強く
その指が開かれることはない。そして更に、押し倒そうとまでしてる。
どうしてこんなに強いんだろう。
なんとか時間をかけて説得して次男の指を解き、他の遊び場に連れて行った。

「ボクたちね。
 せまいのはわかるけど、このおうちはボクたちだけのじゃあないよね。
 だから、占領するってのは良くないことだよ。
 占領ってのは、きみたちだけで使うってことさ。
 他の子もこのおうちで遊びたがってるでしょう。 
 だから、ね。他の子達のことも考えてあげると、いいよ」

と去り際にもっともらしいことを偽善ぶって言っといた。

公園で知らない子と遊ぶのは大変有意義なこと。
本来は親がこう割り入って仲裁に入るのは好きじゃあない。子同士が
話し合い、彼らで解決点を考えてゆくのが一番なのだ。
たとえ殴り合い、ひっぱたきあいになったって、それがなんなのだ、
多少の怪我は子供にはつきものだ。怪我をして、加減というものを
知っていくのだ。はなっから止めにばかり入ってどうする。
だから私はほとんど、止めません。今回は次男が強すぎるので
止めました(笑)。

っていうかこの子たちの親はどこへ行ってるんだろうか。きっと男親は
川柳にあるように捨てられて遊びほうけてるんだろうな
そうに違いないと思いながら次男と二人、小石をケトばしながら公園を後にした。

P1020006P1020004 P1020005 

公園の後は長男、妻と合流して回転寿司。
こうして食べ物(甘いものは特に)さえ与えていれば、ハッピーな次男、でした。

2008年2月 9日 (土)

欲しい車

P1020006_2

メルセデスSL、S、アルファブレラ、ポルシェカイエン、レインジである。
ここにあるだけで6~7千万円は(低く見積もっても)する。
ただの通りすがりのガソリンスタンドです。
外車専門の車屋じゃありません。

多いんだなあ。富裕層って。
こないだ三浦半島に行った時も、マリーナにあったヨットの数の多さに
びっくりした。数え切れない。
陸上げされてるものだけでもざっと数えても100じゃきかない。
他に海にもごまんと停泊されてる。

すごいなあ。金持ちって、多いんだなあ。
私の知り合いにはいませんよ、ヨットもってる人なんて。一人も。
ちなみに上記の車たち、これら持ってる人もいません。

年収1億を超えてもたぶん私はヨットを持つことはないだろうな。
10億だったらどうだろう。
そんくらいになるともう他の遊びに飽きちゃって
いろんな遊びに手を出すようになるんだろう、その一つがヨット、かな。
いやいやだからといってヨットは買わない。

車でいくと、メルセデスのSL、こいつは年収1億を超えたら買うかもしれない。
けど、普通のSLじゃあやだな。どうせならAMGの55SLだ。コセコセと
ありきたりなSLなんか乗ってられるか。ここ世田谷あたりじゃ
お嬢様のセカンドカー化されてるくらいだ。一緒にされてたまるかバータレ。

年収1億になることは生涯まず無かろうが(夢がないなあ)
もしなったとして、皆さん、車はナニを持ちますか。

私はまずフェラーリが欲しいな。
ちょっと前はモデナのF1(オートマね)が好きだったけど、
F430になって顔が大きくなったし、ノーズもだいぶ長くなっちゃった
でしょう。んできらいになった。
だけどねえ、1億、毎年毎年無条件に入ってくるわけなんだから、フェラーリは
やっぱ買っとかないとトシとらないうちに。
612スカリエッティにしよう。

03_l

これだと4座ある。家族で乗れるじゃあないか、イチゴ狩りにも行っちゃえ。
3千3百万円だ。私が35年で組んだマンションのローン額にほぼ等しい。
だけどいい。年間まだ6千7百万余りある。

紳士的に飛ばせて乗り心地もホドホドってとこでアルピナもいいよな。
B6なんか、鈴木アグリさんが絶賛してた。
C24780a
でも壊れ易いんですよね
去年も遠心クラッチのあたりのリコールかけてたでしょう。
ま、壊れてもいいんだ他にも車あるんだし。
で、いくら?2千2百万ね。あと4千5百万も残ってるじゃんかそれあ大変だ。

スキー用にはレインジだよなあ。スーパージャージドのヴォーグでどうだ
1千3百万。
C28718a
まだまだ。3千2百万もあまってるじゃあねえか困ったなあ。

 

ってバカなことばかり打ってたらかみさんから電話。
雪がすごくてコルトじゃあ帰ってこれないわよ!
だと。はあ~???
ここ(世田谷)は雨なのに。。。

ってこんどは設備業者さんから電話。急遽読売ランドの方に行ってもらってる。

「あのお~ 
 ボクう~
 このあとぉ、
 クルマで帰れなくなりました」

大変申し訳ありませんが
チェーン巻いて帰ってください。

2008年2月 7日 (木)

コルトにネジ

コルトのタイヤにネジが刺さっていた。
勤務地から出かける時見つけたので、そのまま用賀のいつもの「足」の店に
行ってパンク修理してもらった。

プライヤーでネジを抜くと、案の定、プシュー!と
大きな音と共に空気が抜けていった。タイヤ外さないで直したんで
修理は5分で終わった。

今回ネジは右前のタイヤだった。
先だってはメルセデスのスタッドレス、これもネジが刺さっていて
用賀のその店で直してもらったばかり。
その時も右前のタイヤだった。

パンクは後輪がするもの、と思っていた。
釘、ネジなど、前輪で拾って、後輪に刺さる、と。
拾うのは左が多いとも思っていた。こういったゴミはやっぱ
路肩寄りの方が多く落ちてるんじゃないか、と。

なると、右前っていうのは、一番、パンクの確率が少ないタイヤなん
じゃなかろうか。
と、思っていたのだが。どうなんだろう。

考えたら車でパンクって経験無い。
メルセデスの前に乗ってたゴルフ(Ⅲ)の時も1回あったけどそん時
も大きな(とても大きな)釘が刺さってて、スタッドレスに履き替える
時に見つけたんだ。で、そのままGSに修理に持ち込んだ。これは
左後ろだった。

運転歴27年で釘1本、ネジ2本、ね。
これって多いんだろうか、少ないんだろうか。
ちなみにジャッキでスペアタイアに替えるって経験はまだ
ありまへん。

2008年2月 4日 (月)

弟よ

昨日の節分の次男(2才)はかわいかった。
私が鬼の面をつけて現れると大泣きしはじめた。
号泣だ。すんごい泣き方だった。
たぶんだが、背格好(服はそれまで着ていたものそのままだった)から
私と分かっていたのだろう、けど、私が鬼に変身してしまったように
思い違えたんじゃないかな。

妻がビデオに撮っていたが、後、見なおしてみた次男は

「オニ、見たい。オニ、見たい」

と、何度も何度も再生を要求した。10回以上、巻き戻しと再生を
繰り返し、私の鬼と自分の号泣を眉間に皺を寄せて見入っていた。
あれでパパと理解したかな?

長男はもう6才だから鬼が私とははなっから分かっていて、
最後の最後まで豆を投げ続けていた。私が玄関から出て行ってもまだドアに向かって
投げていた。あとで拾うのが大変だったが拾われた豆は踏み潰されて粉々に
なったものも含め全て子供たちによって食された。
 

 
バカ息子二人の兄弟喧嘩はしょっちゅう。日に何ラウンドも行われている。
とめに入るがお互いひかないし、最後に自分がぶって終わる
ってことにしたいのだな。ポコポコポコポコといつまでも
ちっちゃく(とてもちっちゃく)ぶちあってるのが
かわいくもある。
次男は、長男に敵わなくてどうしようもないとなると、最後はあきらめ
大泣きしながらリビングから飛び出していく。

「ばがりもだなんらっちゅーち!んあらないだ!」

相変わらずわけのわからない捨てゼリフ。

そのまま駆け込み寺(義母の和室)に行って、義母におんぶせよと泣きつく。
義母が寝てようと歌の練習をしてようと何してようと関係ない。遠慮というもの
彼には無い。
しばらくすると、鼻水とよだれをいっぱい垂らし寝入った次男が義母におんぶされたまま
運ばれてくる。
リビングのソファーにドンと投げるように落とされ、そのまま朝まで
爆睡(寝室には移動)、というパターンが最近多く見受けられる。

 
私は三人兄弟。上は姉、下は弟がいる。
ウチはどうだったろうか、兄弟喧嘩。今の息子達の年齢まで遡るとなると
40年も前のハナシになるのだな。あまり記憶がない。
でもどちらかというと弟は従順で私の言うことをよく聞いてくれた。
思い起こせばかわいいやつだった。反し私はひどい兄だった。

近所の子達とよく遊んでいたころのこと。
その日も今日のようにとても寒かった。
仲間5~6人と近所の城山公園まで行っていた。
全員自転車でだったが、弟だけはまだ自転車に乗れなかったので私のニケツだった。
リーダー格の誰かが、ここはつまらないもう飽きた
羽根木公園まで行こうじゃないか、と言いだした。
みんなもそうだそうだそうしようとアグリー。
だけど羽根木公園まではちょっと遠い。当時の私が弟を後ろに乗っけて行くには
無理がある。
弟さえいなければ、私を含めみんなが羽根木公園に行ける。

「おい、お前、
 歩いて帰れよ」

私は弟にそう言った。
弟は少しきょとんとした顔をしたが、皆の気持ちを読んでるとみえ
首を縦に振った。

「うん。
 いいよ」。

しかしリーダー格の子は羽根木行き中止を提案した。

「それはかわいそうだろう。
 帰れ、なんて。
 やっぱさあ、ここで遊ぼうぜ」

だが他の子はみんなもう気分が羽根木だ、
あそこには広い迷路があるし、カンケリをやると楽しい。
早くあそこに遊びに行きたい皆の空気が私に重く伝わった。
私はもう一度弟に言った。

「やっぱ、お前、帰れよ」

「うん。
 そうする」。

ほんのすこし、目をまぶしそうにして瞬かせた弟は、皆からの、
ごめんな、わりいな、またな、じゃあね等々別れの挨拶を受けて
とぼとぼと一人歩いて帰っていった。
少し背を丸め去って行く弟を私は一人、しばらく見送っていた。
弟はこちらを振り返ることは無かった。

 泣いちゃったろうか。涙流してるのか。

そうも思ったが、もう皆はペダルをこぎだしていた。
私も皆の後を追うよう、急ぎ走り始めた。
 
羽根木に行っても弟に悪いことをしたのが
ずっと気になって遊んでも楽しくなかった。
さっきの公園から家に帰るのは小さい弟の足だとだいぶ時間もかかる。
道は分かってるだろうか、ちゃんと帰れるんだろうか、車がビュンビュン通るから
危ないよな。ちきしょう、家までいったん送っていってやりゃあよかったな。。。

しかし帰宅し今までとなんらかわらない弟の笑顔を居間の炬燵に見た時、
超安心した。

きっとこのことは私、一生忘れないんだろうな。
40年近く経ってるのにまだ鮮明に憶えてる。

ごめんね。あの時は。
弟は憶えていたかな、このこと。
ん?もっと酷いことされたことあるって?
ほんとかい?
じゃあこんど会ったとき、聞かせてちょうだいな。
酷い兄で、ほんと申し訳ないです。
 
 
って、このことを妻(兄がいる)に話したら、

「アタシなんか、そんなこと、
 日常茶飯事だったわよ。
 ほぼ、毎日!」

はあ。。。
兄って、そんなもん?
みなさんどうですかー!

2008年2月 1日 (金)

三浦半島の報告

久しぶりに「JEFF BECK GROUP」
のアルバムを聴きましたよ。母さん。
覚えてませんよね。ええ、聴いたのはCDですけど、
だいぶ前、そう、私が中学から高校にあがるときのこの時期、
このレコードを母さんに買ってもらったんですよ。
だからもう、30年も前の話です。
高校入試の母子面接に行った帰りでした。

世田谷線で家の駅まで来て

「ねえ、レコード、買いたいのがあるんだ。いい?」

「いいわよ」。

駅すぐ近くのレコード屋に入ったんですね。
うれしくてうれしくて。
帰ってからすぐテープにダビングして、聴き入りながら、
友達の分まで何本も何本も録音しました。

ドラムがコージーパウエルっていう人でとても上手いんです。
このアルバムはジェフベックのギターだけでなくドラムにも
傾倒してフレーズ一つ一つまで頭に入ってます。
あ、残念だけどこのコージーパウエルも他界しちゃいました。
数年前のことだったようです。
 
 
最近仕事で大きな売買を済ませました。
ええ、少し前に撮った、大きな大きな枇杷の木があったところです。
母さんが大好きだった枇杷なんですけどね、残念ですが
伐採することになってしまいました。
悲しいけど、しょうがなかったんです。

またお墓の方に持って行きましょうかね、母さんの。
ん?
私はお墓にはいません、って?
そうですよね、風になってるのかな。千の。いい歌ですよね、
母さんもそっちで聴いてるのですか。
こないだね、長男が、洗車中の隣りの家の人にそれを大声で
歌って聞かせてたんです。恥ずかしくて顔から火が出ましたよ。

枇杷は、じゃあ、実家の仏壇前に持って行きましょうか。ええ、季節が違いますから
また旬の時期にね。
そうします。

先日はいちご狩りに行ってきたんです。長男、次男と妻と義母と。
三浦半島の方で、たまたま暖かい日だったんですが、あそこは更に暖かいんですね。
ビニールハウスの中は暑く、セーターも脱いだくらいです。
ハウス横には大根がいっぱい植えられていておいしそうなので
2本ばかり譲ってもらいました。200円でいいって言うんです。

近くに広いキャベツ畑があって、刈っている人がいたので、そこでも
また譲って欲しいというとやはりまた大きくおいしそうなのを3つ、
200円でいただけました。
交渉人はいずれも義母でした。

三崎の方ではちょっとよさげな店に入ってまぐろをいっぱい食べました。
いずれも美味しかったですが、私にはもっと三流の味で充分だったかと
思います。肉厚過ぎて、ちょっとくどかった。

妻が油壺マリーナのシーフードカレーが食べたいと言うので
本当はそちらに言ったのですが、店が定休日でした。
っていうか、目的の店は葉山マリーナの誤りだったようですね。

往路からガソリンのエンプティーランプが点いたままで、早く給油をと
気を揉んでいましたが、帰路は三崎から三浦海岸の方へ行ってしまった
せいでどこも高いんです。
160円を超えてるとこばかりだったので、
まだまだ。安いトコ安いトコ。高いとこではいれんぞ!
と思っていたら高速の入口に来てしまいました。
乗ったら絶対にガス欠になってしまうので一般道をひた走り結局
横須賀まで下で行ってしまいました。でもガソリンスタンドが
無いんです。
みんな爆睡だったのですけど私だけ冷や汗をかきながら
もう180円だっていい、いやいや、200円だっていい、
スタンドよ、早く、早く!
と念じて走ってました。計算上、もう止まってしまっても
いいくらいの距離を走っちゃってるんです。
左の車線をトロトロ(っても制限速度)走ってると、飛ばすみんなが
とてもうらやましく思えました。

やっと見つけたスタンドで給油したら62リッター入りました。
ええ、この車は62リッターしか入らないんです。
ギリでした。
これからはちゃんと早めに給油するようにします。

楽しかったけど帰路は冷や汗タラタラのいちご狩り三浦半島でした。

いちご狩りとマリーナと

Kicx0011 Kicx0016 Kicx0023 Kicx0029   Kicx0031 Kicx0034 Kicx0036 Kicx0037

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »