« 住所 | トップページ | オイル漏れ、経過報告 »

2008年1月21日 (月)

オイル漏れ他、修理

P1020001
さてこの車はなんでしょう。このテのスリットはBMWのMっぽいけど。
違うんですよね~
 
 
昨夜、メルセデスの修理、預けてきた。
オーダーしたのはオイル漏れの対処、ミッションマウント及び
エンジンマウントの交換だ。

修理工場にはベントレーやAMG(W124)、ポルシェターボなんかが
ずらずら~っと入ってて、子供(特に次男)が傷でも付けないかと
心配。だから次男は私に羽交い絞めで抱っこされ続けていた。
 
 
ポルシェターボはリヤエンブレムに

「R TURBO」

とあったので、なんですかRって、と聞いたら

「ああ、これは、、、まあ簡単に言うと
 RUFのキットを組んだやつ、なんですよ」。

ええ~、そんなのあったんだ。知らなかった。言われて見れば
「R」の文字が「RUF」のそれっぽい。
なんちゃってRUFなんじゃあないんですか、と言ったら
少しムッとして

「そんなことないですよ。550馬力以上ありますから」。

おそれいりましたm(___)m

借りた代車はエスティマエミーナ。
借りといて言うのもなんだがこれは酷い車だ。
6.3万キロ走っているのだが、エンジンはガラガラガラガラガラガラガラ
ととてもうるさい。ディーゼルかと思った。
ハンドルもボヨンボヨン。足もノーメンテのようでメルセデスやコルトのつもりで
曲がると、おっとっとっとと膨らんでしまう。ブレーキもだめ。
コントローラブルなのは低速域だけで、50キロ以上出すと
効くのかどうか心配になってくる。
カーステ(FM)の音もひどく、とりあえずスピーカー付けときました
ってくらいのものでしかない。いつぞやかトヨタは

「FUN TO DRIVE」

なんてCMのコピーにしてたけど、この車は「FUN」には
そうとうかけ離れたものだ。

とはいえ室内はとても広く、足元やヘッドクリアランスもガバっと空いてるから
パッセンジャーには楽この上ない。そういう車なんだなこいつは。
運転手には忍耐、だ。試練、かな。過酷、かもしれない。

そうそう冒頭の車、正解はアストンマーチン。
DB9ね。V12ですよ。
この車のオーナーになることは一生無いのかな。
と思うとちょっと寂しい。
けどいいんだいいんだ。
私にはかわいい二人の息子と賢妻、幸せな家庭があるじゃあないか。
そっちの方がずっといい。うん、そうそう、そうだそうだ
アストンなんかいらねーや
っと日記には書いておこう。

P1020002

« 住所 | トップページ | オイル漏れ、経過報告 »