« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

来年もよろしくお願いいたしますm(___)m

ランボルギーニだが、ムルシエラゴ(V12)のオートマは
ドアが完全に閉まってない限り、走らない仕組みになった。
この車は、斜め後ろが全く見えない。だから多くのオーナーは
駐車などバックの時、ドアを開いて(跳ね上げ式)後を見ながら
さがる。だけどこのオートマの機能によってそれができなくなった
そうだ。
だけどそんなの関係ねー。買いもしないもんそうかそうかと
知識に入れ込んだってしょうがない。

とはいえ、他愛もないことだが知ることによって欲しくなる車もある。
ポルシェ。

最新のティプトロに乗ったささめじろうさん(モータージャーナリスト)
のインプレ。
ボクスターだったと思うが、シフトダウンの方法で思いがけなくいいやり方を
見つけたんだと。
例えば、6速で走ってる。
ブレーキによる制動ではなく、もう少し緩やかなトラクションを
効かせたい、が、手コキでボコボコとシフトをいじるのもおっくう
なんて時、だ。
アクセルを一瞬、底近くまで踏みつけるんだそうだ、素早くポンと。
するとすぐさま、2速くらいシフトダウンしてくれる。一瞬だから加速は
しない、で、そのままアクセルを放すんだそうだ。
すると4速に落ちたまま、エンブレが効いてくれるってこと。
もちろん回転数はピタリと合ってる。
開発者も知っててこう作ったんだろうか、だろうなあ、けど乗ってて
分かってる人、果たして何人いるだろうか。
試したいなあ。車のなんつーんだろう、こういう裏技的なもの、
私は大好きだ。

私のメルセデスはここ最近、オイル漏れでいや~な感じだ。
エンジン下部、アンダーカバー左端から滴っている。
ヤナセに行くも二泊三日の入院は最低必要と言われたのでそのまま帰ってきた。
年明けエンジンマウント、ATマウントなども替えてもらう
ことにしよう。ハンドリング、乗り味がイマイチなのはそのあとだな。

今年一年、とてもいい年だったように思う。
子供達の成長を見ているのも楽しかったし仕事面でも来年へ向けてのいい
足がかりをつかめた。
毎日起きて仕事へ向かうのも楽しい。会社員時代にはありえなかったことだ。
なによりいろいろな面で多くの人にお世話になった。この場を借りて
深くお礼を言いたい。

12月に入りとても忙しくブログ更新が思うままにいかなかったのは残念だった。
明後日の2日からは二泊で志賀にスキーだ。サンバレー丸池。
早く滑りてー!温泉もあるし楽しみだ。

Img_05111

2007年12月29日 (土)

あおるなっての

コルト燃費13.94だった。やるなあ。
累計を11.89に押し上げた。

一昨日、ちょい残業。で、長男のビーダマン(サンタさんのプレゼント)
作ってあげる約束してたから急いで帰った。コルトだった。
道はわりかし空いてたんだけど、前のエスティマがあまりにも
トロい。
あおることはしたくないんで、フツーについていってたんだけど
その前の車との車間が空き過ぎてるし、制限速度にも
達してない。んで、我慢ならず、片側1.5車線くらいになる
ちょい広めの道になった時、速度を乗せて追い越した。
ところが、だ。
追い越したとたんにそのエスティマバカはライトを
ハイビームにし、後、私にパッシングをくれやがった。
しかも車間を思いっきり詰めてくる。しかもしかも右に左に右に左に右に左に
私をあおるあおる。

ありゃ~、きたか。
そんな怒るなよ~
あおりはなかなか収まらない。

どうしよ。
急ブレーキ踏むか。ドンと。
そう、以前、ガツンと思いっきり踏んでやったら後の車えらい
びっくりして、あとで車降りてきて(私も降りた)叱ってやったことが
ある。あの時は危うく殴り倒すところだった。

どうしよう。ブレーキ踏むか否か。

どう考えても悪いのはエスティマですよねえ。
トロい、抜いてくれって言ってる走りなんだから、抜かれて文句言うなっての。
その前の車との車間を空けすぎなんだし。
なのに抜いたとたん私をあおるってのは、どう考えても悪質だよな。

エスティマバカは3~4キロに渡って私をあおり続け、
のち、どこぞの田舎方面へ行く道へ右折して消えていった。
ちなみに私はスガシカオの「甘い果実」を練習中だった。
こないだ歌ったんだけどやっぱ上手く歌えないんですよね。
途中で消されたし。
やっぱ難しいですワ。

2007年12月17日 (月)

オイル漏れ

自宅前道路にオイル染みがあって嫌な予感してたんだよね。
よくよく見たら車庫にも3~4滴ある。

Kicx6924 Kicx6917

アンダーカバーに滴ってるのを指で取る。
エンジンオイルっぽい。
オイルゲージから指で取ったのと、滴ってるのを比べてみるが
色、質感が同じだ。
いつからだろう。原因は何だろうか。

Kicx6925 Kicx6921

ここのとこハンドリング、足回りもおぼつかずイマイチ状態。
ブッシュ系、エンジンマウント、ATマウントが原因とは
思うが、このオイル漏れは想定外だ。
今日時間作ってヤナセに行ってみよう。

昨日は日差しがポカポカと暖かく気持ちよかった。
外灯のガラスを割ってしまってたので修理。
つっても、クリアのボンドでとめただけだけど。
Kicx6927
買うとたぶん1万じゃきかないんだろうし、そもそもヤマギワの
20数年前のなんで、取り寄せもできないだろう。
Kicx6928
きれいにくっつければパッと見にはわからない。

車のほうもこうしてちょいちょい直していこう。
それもまた楽しみだ。

2007年12月15日 (土)

Paris忘年会

高校三年の時同じクラスだったという方から電話をもらった。
同窓会を開く、という。

「×○といいますが。
 おぼえてませんか?」

全然覚えてない。知らない。わっかんない。

「そうですかぁ~・・・・
 でも、、、是非来てください。
 他にはサトー君とか、サイトー君とか、多く来ますし」

サトー、サイトー・・・
どこにでもある名前だが言われてみればそういうやつ
いたような気もする。

ご苦労様です。連絡ありがとうございましたと礼を言って電話を切った。
何日かするとまた電話があった。

サトー君、サイトー君他、皆、たかぴーさんに会いたがってます。是非来てください。
場所はたかぴーさんご実家の近くですし。。。

しかし私はその同窓会に行かなかった。

高校三年の時、私はいつも一人ぼっちだった。
クラスに仲のいい友達がいなかった。
一日、誰と何もしゃべらず帰宅するって日も少なくなかった。
群れるのが嫌いなんだな、話し、合いもしないのに合わせるのとか。

この間、テレビをみていて爆笑問題の太田さん。彼がやはり
そうだったと言っていた。学校来ても、一日誰~とも話さず帰ってゆくんだと、で
別にそれは寂しいとかそんなことでは全くなかったんだ、と言っていた。

私も同じ。無理に相槌打ったりするほうが余計疲れる。
ボーッとしてたり好きなアガサクリスティーや横溝正史を読んでる方が
よっぽど楽しかった。
だから同窓会は、呼ばれても行かないのだ、高校3年の時のは特に、
と思っていたら、誘われないのもまた虚しいってことにこないだ気付いた。

こないだといっても去年のこと。
高校2年の時同じクラスだった、というヤツから突然声をかけられた。
後楽園遊園地でのことだ。偶然私を見かけたのだ。

「俺だよ、俺。
 アラカワ!
 アラカワだよ!覚えてない?
 たかぴー、だろ?」

驚いた。確かに私はたかぴー。けど、相手のこと、私はほとんど覚えていない。
そうそう、高校3年だけでなく、2年の時も私は友達がいなかった。
白状すれば2~3年の2年間、私は一人ぼっちだったのだ。
だからそのアラカワ君のことも、記憶から呼び起こすのに少々時間がかかった。

「こないださ、クラス会、やったんだぜ、
 なんで来なかったのさ」

おっとそうきたか。
なんで来なかったのと言われても、誘われてないんだな(汗゛
彼、名刺を出してくれた。学校のセンセをしてるようだ。
気付いた彼、センセなりの返事を返してくれた。

「そっかあ~。
 たかぴーはさ、イシイと仲、良かったろう。
 芦花公園にあるさ、×○っていう店、行ってみてよ。
 そこにさ、イシイ、いるから。
 一度、彼と会ってみてよ。
 イシイは、たかぴーと会いたがってたよ」

アラカワ君とはそれ以来会っていない。イシイ君の店にも行ってないな
そういえば。
 
 
私は人が変わったのだろうか。
懐古するとそう思うこともままある。

 
大学時代にバイトしていた喫茶店Parisのバイト仲間の同窓会が
まもなく開かれる。毎年10数人が集まる。
うち一人、これは前も書いたことだが
「シラ坊」
と連絡がとれずにいた。
バイト仲間で彼だけである、居場所がわからず、声がけができていないのは。

トシ2~3上の彼は親分肌でいつもクールで無表情。彼が笑みを浮かべる時は
よほど楽しいときでないと無く、とはいえ一言一言が温かみをもっていて
親身なので皆からの信頼度が高かった。
そんな彼を、ちょうど去年の今時分、私は港北のあるデパートで
偶然にみかけた。勇気を持って声をかけ、本人であることを確かめ、
近々同窓会が開かれる、是非来てくださいと伝え、お互いの連絡方法
(携帯)を確認し合った。
ところが、昨年の同窓会は仕事の都合でシラ坊ドタキャン、来れなかった。

今年は。

全員が期待している。20数年ぶりのシラ坊に、皆、会いたがっている。
ところが、だ。
ここ数日に渡って何度か携帯に電話するも

「今、打ち合わせ中」

「今、他で電話中なんだ」

「悪い、折り返す」

と都度そっけなく言われ、まともに話せていない。
もちろん折り返しもくれない。

思うにね。
シラ坊、来たくないんじゃないかな。
だってそうでしょう。忙しくったって来たかったら、
折り返しくれるでしょう。
だから、ね、彼は来ないよ。たぶん。ね。Parisの皆さん。
皆は会いたくても、彼はそうでもないのかもしれない。
丁度私が5年前までこの会にずっと不参加だったのと同じようにね。

2007年12月14日 (金)

風邪を吹き飛ばす次男

長男次男と行った一昨日の公園とR.H。
存分に楽しんだのだが、帰ってみると次男咳ゴホゴホ。
食事もろくにとらず鼻水ダラダラ、チョコばっか食べて口臭もチョコ。

心配なので夜は早めに寝たが、0時過ぎに
ブルブル震えだした。
熱が出てきたのだ。
測ると39度超。
翌日はやめに妻が医者に連れて行き、咳止めと解熱剤をもらった。

その日(昨日)は心配だったので私も早めに帰宅。
すると次男、風邪なんてどこへやら、家でいちばん元気なのである。
暴れ、飛び回っている。10数時間前、39度の熱が出ていた人間とは
到底思えない。疲れた妻と義母はぼーっとテレビを見ているが
ストーリーを追っていない。

「わたしたちも微熱があるわ」。
 
 
 
次男の方は就寝前にはいちおう咳止めを飲ませておくことに。
医者で処方してもらったものだが、味が嫌いなのか、

「ムリ!
 ムリ!」

と、小さいが堅牢で分厚い手の平を押し出し、飲むことを拒否。
ムリだと?使い方間違えてるぞ、そうはいかない、良薬口に苦しだと
妻と私とで身体を押さえつけ、入れておいたスポイトで無理矢理口に流し込む。
顔を真っ赤にして怒り、頑として飲もうとしない。
しょうがない仰向けに倒し私が馬乗りになり、両手を膝で押さえるが、その私の身体が
持ち上がりそうになる。
なんてチカラだこいつは、ホントに二歳半か。

チョコ臭のするクチをこじあけ、スポイトで注入するやいなや
鼻クソ鼻水たっぷりの鼻をつまんでやる。
すると呼吸困難になり、グオッフォオン、グオックン!と
シロップは無事喉を通っていった。

「だなきらおまかないばきんおっちゅーだ!!」

意味不明の雄叫びをあげ、顔を紅潮させたまま背を丸め
地響きを鳴らし、リビングから出て行く。
いつもそうだ。
自分の理にかなわないことをされると、義母の部屋に行くのだ。

子孝行子知らずとはよく言ったものだ。
こんなことも書いておかなかったら皆忘れて後々言っても
信じてもらえないだろうしな。
だから私は書いてます!

Kicx4840

このサングラス、ですね、レイバンので気に入ってたんですが
購入後すぐヘシ折られました。
ええもちろん次男にです。この写真の数日後でした。

2007年12月13日 (木)

落ち葉の公園とR.H

P1000006 P1000003 P1000004

2007年12月10日 (月)

洗車^^

久々、一ヶ月ぶりの洗車だ。埃まみれ。

数ヶ月洗ってないコルトの方は全然きれいなのに、黒は大変だ。

Kicx6865 Kicx6864

Kicx6866

ホイールは、パッドをダストの出ないものに替えてるから

この程度ですんでる。

ノーマルのままだと真っ黒になってしまってるだろう。

洗車後。

毎度のことだけど、ボンネットに映る空がきれい。

Kicx6873

Kicx6876

Kicx6871

Kicx6879 Kicx6880

目立つ小キズは消したい。

フェンダーアーチ等に多いがこれも色による。

Kicx6868

同様のキズ、コルトの方にもごまんとあるが、あちらは全然目立たない。

黒はやっぱ大変なのだ。

Kicx6870

キズ落しにはコンパウンド。

ホルツのはこの車を買ってからずっと使ってる。9年だ。

右の3Mのは極細タイプ。「細目」と「ダークフィニッシュ」も持ってるが、

今回のくらいだとこの2種類で充分だ。

Kicx6872

キズ自体は消えたけど、やっぱ艶が失せはじめてるな。

そろそろ再コーティングしたいところだ。

二日がかりで磨き、コーティング剤を塗布し、夜から翌昼にかけて硬化させる。

って三日がかりだな。

時間が無い。

プロのコーティングに任せるかな。悩みどこだ。

2007年12月 3日 (月)

ラヂヲデイズ

訂正。
11月15日の投稿。

>黒澤監督の時のは、仲代達矢の演技を見てドギモ抜きました。


山崎努
の誤りでした。本文訂正済み。

仲代さんも天国と地獄には出てますけど、私が驚いたのは
山崎さんです。
お詫びして訂正いたしますm(___)m



山ちゃんがライブを演るってんで観に行った。
ラヂヲデイズ
子供の学校で知り合ったというお父さんがたまたま音楽好きのベーシスト。
ドラムは旧知の武ちゃん。これもプロ並み。でトリオ。

当日は3バンド。
はじめはアコギだけの二人のユニット。
クリームのホワイトルームやベックのスイートスイートサレンダーとか
演ってくれて楽しく聴けたが、やっぱドラムがいないと寂しいな。

二つ目のバンド。これは4人。ベースがイマイチだったが
ドラムが元気いっぱいで良かったし、バックのギターが腕があって
基本に忠実だったから観てて安心できた。たまに前面に出てギターソロを
弾いたりしたが、ブルノートを上手く使っていいフレーズを鳴らしてくれた。
後でトシ聞いて25!
若いよなあ、いやいや私がオジサンになってたっちゅうことか。
残念だけど知ってる曲が無かったのとヴォーカル兼リードGがイマイチだったので
少々あくびが出た。山ちゃんの奥さんも

「まだ長いかしら」

と早くだんなに移って欲しいようだった。

で最後、山ちゃんのトリオ。

P1000004

やっぱ山ちゃんは上手いなあ。ギター。
いちおうイカ天で在宅審査員賞取ったんですよね。
でもこの日はしびれ切らして酔いが回ってたんだろうか、フレーズのキレが
イマイチだったような。。。ライトハンドも

「音、出てなかったじゃん!」

とあとで指摘すると

「分かった!?」

と苦笑い。

意外だったのが初顔合わせというベースの方がめちゃ上手かったこと。
子供の学校で知り合ったってことだけらしいから、私はこの方をいちばん心配してた。
ルックスはワルそのもの(笑)。眼光鋭く、スキンヘッド、無愛想、口ひげ、眉間に皺。
んでそれまでのバンドの時はカウンターの隅で寝てたんですから。
ところが演奏始まったとたん、人が変わったように、ノリノリの晴れ顔。
しかもノーミス。フェンダーのベースも実にいい音を出してました。71年のだと。

しかし音楽というのは奥が深い。
山ちゃんがいくら上手いといってもそれは我々の眼で観てのハナシ。
今回は30人ほどのオーディエンスでの演奏、であっても、緊張からか
酔いからか、フレーズがちょっと萎縮されたものになっちゃってたのは
否めない。(っていうか飲みすぎだよ)
この間の三茶p.fん時はオーディエンンス2~3名だった(笑)からか
酔いが浅かったからかもっと伸び伸びしたノートが聴けたんだけど。

それ考えるとジミーペイジなんかすごすぎるよなあ。
マジソンスクエア3万人前にしてあれだけ堂々と弾くんだからねえ、尋常じゃあない。
ノークオーターや天国への階段のギターソロのチョーキングビブラート、
3万人の観衆が物音一つたてず、聴き入る。
フレーズ間の一瞬の無音時に観衆の「気」が聴けるんですよね。
あれがすごいなあ、と。
緊張するとかって無いのかねえ。
聴きに来ている人の中にはプロももちろんいるだろうし、評論家なんかも
ウジャウジャいるわけでしょう。で、あれだけ弾くんだもん。
  
 
ちょっとうれしかったこと。
上記25才のギタリスト、演奏後に杯を交わした。
何聴いてきたのと聞いたら

「ジェフベックが大好きなんですよ」

おお!
うれしいこと言うじゃない。私もだよ、と返して、じゃ、ブローバイブロー
あたり?と聞いたら

「そうですそうです。あれはもー、かなり聴いてます」。

そうかそうか。じゃ、スキャッターブレイン、あれなんか
弾かないの?と聞くと

「いやあ、あれは指、動かないス」

よし!
よく言った!
実は私はこのスキャッターブレイン、得意だったんである。
もう20年も弾いてないけど、弾けるかもしんないよ、
というと彼は飛んでいって自身のギター(335)を持ってきてくれた。

「見せてください!」

そう来られたら演らないワケにはいかない。ノープラグでドロロロダロダロ
ドキュドキュダロダロダロとフルピックで弾き始めたら、25才ビックリ!

「これ、そうできる人、いないッスよ!」

でしょう!
鼻の穴がパンパンに膨らんじゃったたたかぴー、さらに

「カールトンなんか、聴かなかったの?」

と聞くと、ルーム335なんか、よく弾きましたよ、っちゅうから
ああ、あれは俺もフルコピーしたよ、と言うとまた更に驚かれた。

「じゃ、演りましょうよ!」

彼に335を返し、私はリード氏のギター(ストラト)でジャムろうとした途端、
山ちゃん奥さんから

「たかぴーさん!
 そろそろ帰ろう!」。

おっと、時計見て驚いた。もう電車無いじゃん。
翌日曜は長男幼稚園の音楽会。
席取りの為朝並んでくれと妻から頼まれてた。早起きしなきゃならない。

「また会おう!」

「また会いましょう!」

とても楽しいラヂヲデイズでのひとときでした。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »