« 焼き芋鍋 | トップページ | 空いてる駐車場 »

2007年11月24日 (土)

燃費他雑感

石焼芋鍋だけど、一昨夜使ってたらまた
ビシッ
と音。
いやな予感。
みたらまた大きなスジ。お見事な亀裂。
なんだろね。この鍋は。
今度亀裂のは、メーカーの方がはるばる三重から持ってきた二つのうち、
「新品です」
の方。
だから
「テスト済みのも、置いてきます」
の方は大丈夫だと思うんだけど。
製造過程になんか甘いとこがあるんじゃないかな。焼きが足りないとか。
メーカーにいちおう連絡するか、また割れましたよって(笑)。  
  

コルト燃費だが、空気圧も調整したし、次は13以上出すぞ~。
やっぱ14は出ないかな。トロトロ走るの嫌いだし。
今のとこ260キロ走って燃料系半分。

最近ラジオでよく聞く

「低燃費走行の為、時速20キロまで5秒かかるくらいで加速しましょう」

って。
あれ、マジで言ってますかね。
冗談じゃあない、そんなチンタラ加速してたんじゃあ他に迷惑かかる、と
私は思う。
その車だけはいいかもしれない、けど、走ってるのはあなただけではないのだ
後にも、その後にも車はいる。相乗効果の逆で、ずっとずっと後方の車は
いつになったら走り出せるのかわかんない状態になってしまう。

確かに低燃費走行に緩慢な加速は不可欠かもしれない、けど、限度という
ものがあるわけで、時速20キロまで5秒は
誰もいない道ならまだしもここら都内近郊の環境であったら、
後の車たちの燃費も鑑みると逆効果ってこと、考えてもらいたいな。
それこそKY(空気が読めない)だ。

走行内容にも(エンジンにも)因るけど、スパッと加速して、あとは
パーシャルで走るって方が、燃費がいい、というデータもあるし
何よりダラダラの加速は精神衛生上にも不摂生である。
 
 
燃費、プリウスでいくと、先般モータージャーナリストの渡辺敏史さんの
カーナベ(週刊文春掲載)にあった。
この人結構面白いんだけど、北海道内で1千キロ無給油で走ろう、
とテストした。で、車は当然プリウス。
45リッター入るんだそうで、1千キロは賭け。
リッター22は走んないといけない計算になるから。

で、結果。
無事無給油で走れたそうなんだが、燃費見て驚きました。
24.1だったんだそうである。
すげーなあ。これは4ストロークエンジン250ccのバイク並みの燃費ですよ。

プリウスのすごいのはデビューから10年経ってしかもこんな売れてるのに
後発(他社メーカー)が追いついけない、ってことでも分かるよね。
(その実特許だらけで手がつけられない)
だからハリウッドスターにもこいつはステータスシンボルで流用されてて
ディカプリオ君もアカデミー賞式典にこれで乗り着けたのは有名。
4台所有してるって噂もある。

DSGのあるトゥーランやゴルフも欲しいけど、燃費いいプリウスも
いいよな。候補にあげよう。好きな熊倉重春さん(モータージャーナリスト
元カーグラフィック編集長)も持ってて、こればっか乗り回してるみたい。
ああでもその前に試乗してみないとね。そういや近所にディーラーがあるわ。
楽しみだ。

そうそう、前述の話題に戻るけど、KY。
プリウス、掲示板とかで好燃費を見れるけど、KYのおばかさんが
多いことに気付く。
片側2車線の高速で渋滞。
進んでいくと、左車線に60キロで走ってるプリウスがいたそうなんである。
だから左から右に車線変更しなきゃなんないんで、後が渋滞しちゃったって
ことですね。空気読めっつーの。

別な板でも、

  好燃費出すために高速左をゆっくり走っていたら、後がドン詰まってたのに
  気付きました。

なんてのもあって、これはその投稿のあとお叱りの投稿が殺到してましたね。
この車のオーナーはそういうヤツが多数いるんじゃないかと
首かしげてしまいます。
運転するとそういう気になっちゃうのかね。この車は。
 
逆でいくと最近はあまり見ないホンダのS2000。
こいつはなんとレッドゾーンが確か9千回転(!)。
んだけどVTEC(開閉バルブ数が変わる)が働くのは6千回転から。
つまり、おいしいのはこの6千回転からなワケで、
これ楽しみたいがために、カン高い排気音轟かせて
すぐフルブレーキングってS2000をちょっと前はよく見ましたね。
けど最近見ないんだよね。欲求不満たまっちゃって飽きられたんだろう。

ホンダ車ってどうなのか。
かみさんちが結婚前当時(10年前ね)レジェンドに乗ってたけど、
このハンドリングの酷さったらなかったなあ。
乗り味もボヨンボヨンで、高速走る気にならなかった。
ハンドルは噂に聞く
「蚊が止まっただけで回っちゃう」
くらい軽いものだったし。

友達が乗ってたシビックもひっどい車でした。
そこらじゅうでガタビシいってた。
別なヤツでインテグラ乗ってたのもやっぱガタビシいってた。
助手席に乗ってスキーから帰ってきたら、心底疲れたこと記憶にある。直後自分の
マークⅡ(87年製)のハンドル握ったら天国に思えたし。
ホンダはバイクは本当に素晴らしいのを造るよね。けど車では残念だけど
出会えたことないです。

« 焼き芋鍋 | トップページ | 空いてる駐車場 »