« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

GTR

コルトの燃費は12.61だった。
累計燃費は11.85へ押し上げられた。
今回は私以外の人(妻他)が結構運転した。
今度は私の運転だけで計測してみたい。

ハナシ変わって。
日産の新しいGTRのデータを見て驚いた。
0→100km/hが3.6秒だそうだ。
これ、新しいポルシェターボにほとんど匹敵する速さ。
がしかし値段はその半分以下。8百万円くらいで買えちゃうってとこ
がこれまたすんごい。

3.6秒っていうと、他にはランボルギーニの四駆(ムルシエラゴ)
くらいしか思い当たらないなあ。
AMGでいくと新しく出るC63AMG(Cクラスの
ボディーに6リッター級のV8エンジンをぶっこんだもの)が
4.6秒くらい。
BMだとM3のすっばらしく速いのでもほぼ同じ。
アストンのV12(ヴァンキッシュ)、フェラーリF430でも4秒は切れない。

やっぱ四駆ってのがすごいんだな。まいったまいった。

それと「スカイライン」を外したんですね。
「ニッサンGTR」ってことになったんだと。
ミッションが無いみたいね、オートマのみよ。
ツインクラッチだから日産版DSGだね。これもきっといいんだろうな。

0→100加速に戻すけど、5秒切るっていうと、間違いなく
最高速は300キロ出る。
3秒台がとんでもないってのは、他のフツーの車のタイム見ると
理解し易い。
例えばだけど、私のメルセデスC240ワゴン、こいつはたぶん
10秒フラットくらい。でもいちおう200キロは出る。
ヴィッツやカローラクラスだと11秒台です。1秒しか違わないじゃん
ってつっこみは入れないでくれ。。

速い例だと、スバルレガシーGT(ツインターボね)、これで
7秒切るかどうか。
ピュアスポーツの真骨頂ホンダNSRでも5秒切れるかどうかなんすね、
3秒台がいかに速いか、分かるでしょう。

GTRはリミッター、当然ついてます。180キロね、けど、GPSで
サーキットって認識されると、解除されるんだそうだ。
ホントかな。
アウトバーンでは300キロで
「フツーに走れます」
って豪語してます。事故ったら確実に死ねます。

ブレーキがブレンボなのが笑えるよなあ。ここまでやりまくってるのに
やっぱ「止まる」のは頑張れなかったのかなあ。
どうせなら全部自社製にして欲しいですよね。でも難しいんだろうなあ
ブレーキって。これも自社製だと8百万では収まらなかったのかな。

ちなみにですね、バイクでいくと、3秒台は1000ccクラスの市販車で
出ます。そう、バイクって速いんですよ。
あとF1ね。これは5秒で200キロ出ちゃいますから論外ですね。

F1と言えばちょっと前ですけどこないだの富士のF1はとんでもないことに
なってたらしいですね。
人人人の波でしかも雨。んで寒い。で身の危険を察したあるモータージャーナリストは
チェッカー1時間前にバス並んで帰ったそうですが、それでも1時間待ち。
この人がバス乗るころには後から人が怒濤のごとく押し寄せてきたと言う。
まともに最後まで観ちゃった観戦難民たちはバス5時間待ち!
5時間ですよ!周り真っ暗。しかもこごえる雨。

「今すぐ国連に救済の要請を!」

と叫んでたっちゅーから、なんともまあその辛さたるや
相当のもんだったんでしょうなあ。
私も鈴鹿の8耐を現地土砂降りで観戦したことありますが、
8月の真夏なのにもかかわらずずっと寒くてこごえてましたから。
F1はしかも富士でしょう。
ご愁傷様でした。

2007年11月29日 (木)

正義の味方(2)

昨日、長男(6才)次男(2才)を連れてマックへ。
遊ぶところがあるそのマックが二人とも好きで、前の日から連れてってくれと
せがまれていた。

平日の午後だが多くの子供達で賑わっていた。
7~8人はいたかな。
うち一人、いじめっこ(4才)。怒鳴り声をあげ、他の子を威嚇したり
ひどい時は蹴ったり、ぶったりを繰り返していた。
弱そうな子二人が餌食となりすぐ退場と相成った。泣きながら
親のいる二階へかけていった。

ああ、またか。。。
どこにでもいるんだな、こういう子、となんの気なしに
私はビックマックにジンジャーエールでポテトをつまみながら見ていた。

長男は同じトシくらいの女の子に逆ナンされ、鬼ごっこをはじめていた。
次男はしかしジャンケンすらできないので仲間外れとなり、
ボールで遊べる部屋に一人入っていった。

P1000008

意味不明の叫び声が聞こえてきたのはしばらくした後だった。
嫌な予感。
声の主は次男だ。

「んなだめよいきだっちゅーばがりいうなってるの!!!」

ボールの部屋から先のいじめっ子が飛び出してきた。
だれかにボディーブローを受けている。連打だ。しかもすごい速さ。
泣きはじめた。
殴り主は、誰か。
まさか。。。しかし、想像に難くない、次男だった。

いじめっ子はくつも履かずに、なきじゃくったまま二階の親元へ
走っていった。

ああ。
またやってくれたな。。。

よくもまああのいじめっ子、しかも次男より身体間違いなく一回りはでかい
のを負かすな。
あいつは足が地に生えたようにどっしりしてるからか、パンチの
一発一発が効くのだ。しかも力の加減というものをまだ知らない。声もでかいし、
なめてかかったいじめっ子もびっくりしたろう。

次男もすぐにハダシのまま私のところに戻って来て、
ポテトとファンタグレープをがぶつきはじめた。
何事もなかったかのように。
P1000004
長男は楽しそうに鬼ごっこを続けていました。

2007年11月26日 (月)

空いてる駐車場

昨日の日曜はボーリングに行った。
今時はガーターが出ないように、ガードレールが出るレーンが
あるんだ。
また、非力な未就学児にも対応してこんなモノもあった。

P1000002

長男次男はともに70点台。妻は忘れた。私は157点だった。
体を懸念し、1ゲームで終えたのにもかかわらず今日は少々筋肉痛。

ボーリングは地下の駐車場に車(コルト)をとめたが、隣の車がせまいスペース
にさらにパツンパツンに寄せて止めてくれたせいで助手席側のドアが開かなかった。
私らが入った時はガラガラだったが、一時期きっと満車になってしまったのだろう。
 
 
その日の朝は長男を水泳教室に連れて行った。コルトでだが、
車から降りて右リヤのドアを開け長男を降ろしそして荷物を降ろしていたら
次に入ってきた車(ホンダストリーム)がずっと待っている。
何を待っているのか。
私の隣にとめたいらしい。何で私の隣を待たなくていいではないか。
他はガラガラだ。
私は手でその隣りを指差してあげた。
運転手はハンドルを切りなおして一つ隣りに止めた。

この習慣って、初心者に特に多い。
駐車場は端からきちんと一台空けず、ぴっちり止めていかなくてはならない
という妙な先入観を持っている。

先だっては近所のスーパーでアホくさい同様のことがあった。
10月というのにとても暑い日。
ガラガラのスーパー駐車場、妻と長男が買い物。
私は車に残り、エンジンは切ってるのでドアを開けっぱなして
寝ていた次男を後部席で抱っこしていた。

ボルボが入ってきた。
私の車の前に斜めに止まった。
後退灯が点いた。
何をしたいのか、理解したくなかった。タイヤの切れ角から推するに
私の隣(運転席側)にバックで入りたいと読めた。

しかし隣りに止められると私はドアを閉めなくてはならない。
ただでさえ暑い車内、そんなことでエンジンをかけエアコンを入れるなんてのは
エコ推進委員長の私には超ナンセンスなことだ。
止めたいんなら他の場所に止めればいい。ガラガラなんだから。
私の隣が一等地なのだろうか、んなバカな。
私はボルボを無視してドアは開け放ったままにしていた。

しばらく私とボルボの無言の攻防戦が続いた。

1~2分たった。
後退灯とストップランプが点いたままのボルボ、痺れを切らしたのか助手席の窓が
ブイーンと開けられた。
何か叫び声が聞こえる。

「そこに!
 そこに! 止めたいんです!」

女性の声だった。

はあ。。。アホか。。。

私は次男を抱いたまま車から降り、ドアを閉めて差し上げた。

ボルボはそこからまたパタパタパタパタパタパタとハンドルを切ったり
戻したりしながら無事私の隣に車を止めた。

運転席から30代主婦と思える逆毛だった女性が降り、間髪入れずに
運転席のドアを思いっきり強く
 
 ガッキーン!!

と閉めた。窓のガラスが割れるんじゃないかと思うくらい強いものだった。
スーパーの方へ足早に去っていったが残念なことに助手席の窓を
閉め忘れていることに気付いていなかった。っていうより余裕が全く無いものと
思われた。

私の車の助手席側は壁なのでドアが開けられず、結局妻と次男が戻るまで
私は次男を抱っこしたまま立って車外で待つはめになった。

あの時、ボルボの女性に私は何て言って差し上げればよかったのだろうか皆さん
教えてください、三択。

1.空いてんだから、他のとこ止めろよバーロー。

2.空いてますよね、他に空いてるところ、いっぱいありますよね。
  私は次男を抱いて暑いんです。だからドア、開け放っていたいんです。
  だからこの隣りじゃなく、他のところにとめてくださいバーロー。

3.私が車、止めて差し上げましょう、あなたヘタなんですね。
  だからいったんここに止めたいって決めた、もうそこしか考え
  られないんですね、余裕ないんですね。免許取り直せバーロー。

ってことで、空いてる時は、少なくても1つ置きに止めましょうね。

2007年11月24日 (土)

燃費他雑感

石焼芋鍋だけど、一昨夜使ってたらまた
ビシッ
と音。
いやな予感。
みたらまた大きなスジ。お見事な亀裂。
なんだろね。この鍋は。
今度亀裂のは、メーカーの方がはるばる三重から持ってきた二つのうち、
「新品です」
の方。
だから
「テスト済みのも、置いてきます」
の方は大丈夫だと思うんだけど。
製造過程になんか甘いとこがあるんじゃないかな。焼きが足りないとか。
メーカーにいちおう連絡するか、また割れましたよって(笑)。  
  

コルト燃費だが、空気圧も調整したし、次は13以上出すぞ~。
やっぱ14は出ないかな。トロトロ走るの嫌いだし。
今のとこ260キロ走って燃料系半分。

最近ラジオでよく聞く

「低燃費走行の為、時速20キロまで5秒かかるくらいで加速しましょう」

って。
あれ、マジで言ってますかね。
冗談じゃあない、そんなチンタラ加速してたんじゃあ他に迷惑かかる、と
私は思う。
その車だけはいいかもしれない、けど、走ってるのはあなただけではないのだ
後にも、その後にも車はいる。相乗効果の逆で、ずっとずっと後方の車は
いつになったら走り出せるのかわかんない状態になってしまう。

確かに低燃費走行に緩慢な加速は不可欠かもしれない、けど、限度という
ものがあるわけで、時速20キロまで5秒は
誰もいない道ならまだしもここら都内近郊の環境であったら、
後の車たちの燃費も鑑みると逆効果ってこと、考えてもらいたいな。
それこそKY(空気が読めない)だ。

走行内容にも(エンジンにも)因るけど、スパッと加速して、あとは
パーシャルで走るって方が、燃費がいい、というデータもあるし
何よりダラダラの加速は精神衛生上にも不摂生である。
 
 
燃費、プリウスでいくと、先般モータージャーナリストの渡辺敏史さんの
カーナベ(週刊文春掲載)にあった。
この人結構面白いんだけど、北海道内で1千キロ無給油で走ろう、
とテストした。で、車は当然プリウス。
45リッター入るんだそうで、1千キロは賭け。
リッター22は走んないといけない計算になるから。

で、結果。
無事無給油で走れたそうなんだが、燃費見て驚きました。
24.1だったんだそうである。
すげーなあ。これは4ストロークエンジン250ccのバイク並みの燃費ですよ。

プリウスのすごいのはデビューから10年経ってしかもこんな売れてるのに
後発(他社メーカー)が追いついけない、ってことでも分かるよね。
(その実特許だらけで手がつけられない)
だからハリウッドスターにもこいつはステータスシンボルで流用されてて
ディカプリオ君もアカデミー賞式典にこれで乗り着けたのは有名。
4台所有してるって噂もある。

DSGのあるトゥーランやゴルフも欲しいけど、燃費いいプリウスも
いいよな。候補にあげよう。好きな熊倉重春さん(モータージャーナリスト
元カーグラフィック編集長)も持ってて、こればっか乗り回してるみたい。
ああでもその前に試乗してみないとね。そういや近所にディーラーがあるわ。
楽しみだ。

そうそう、前述の話題に戻るけど、KY。
プリウス、掲示板とかで好燃費を見れるけど、KYのおばかさんが
多いことに気付く。
片側2車線の高速で渋滞。
進んでいくと、左車線に60キロで走ってるプリウスがいたそうなんである。
だから左から右に車線変更しなきゃなんないんで、後が渋滞しちゃったって
ことですね。空気読めっつーの。

別な板でも、

  好燃費出すために高速左をゆっくり走っていたら、後がドン詰まってたのに
  気付きました。

なんてのもあって、これはその投稿のあとお叱りの投稿が殺到してましたね。
この車のオーナーはそういうヤツが多数いるんじゃないかと
首かしげてしまいます。
運転するとそういう気になっちゃうのかね。この車は。
 
逆でいくと最近はあまり見ないホンダのS2000。
こいつはなんとレッドゾーンが確か9千回転(!)。
んだけどVTEC(開閉バルブ数が変わる)が働くのは6千回転から。
つまり、おいしいのはこの6千回転からなワケで、
これ楽しみたいがために、カン高い排気音轟かせて
すぐフルブレーキングってS2000をちょっと前はよく見ましたね。
けど最近見ないんだよね。欲求不満たまっちゃって飽きられたんだろう。

ホンダ車ってどうなのか。
かみさんちが結婚前当時(10年前ね)レジェンドに乗ってたけど、
このハンドリングの酷さったらなかったなあ。
乗り味もボヨンボヨンで、高速走る気にならなかった。
ハンドルは噂に聞く
「蚊が止まっただけで回っちゃう」
くらい軽いものだったし。

友達が乗ってたシビックもひっどい車でした。
そこらじゅうでガタビシいってた。
別なヤツでインテグラ乗ってたのもやっぱガタビシいってた。
助手席に乗ってスキーから帰ってきたら、心底疲れたこと記憶にある。直後自分の
マークⅡ(87年製)のハンドル握ったら天国に思えたし。
ホンダはバイクは本当に素晴らしいのを造るよね。けど車では残念だけど
出会えたことないです。

2007年11月21日 (水)

焼き芋鍋

妻が石焼き芋鍋を買ってきた。
大きめの鍋で、石が入っている。中に芋を入れて
ガスコンロにかければいい。

ところが使ってみたとたん、ひびが入ってしまった。
不良品だったのだろうと、購入したところに持って行って替えてもらったが
また使ったとたんにビシっと音がして亀裂が入った。

いちいちお店にまた行くのも面倒なので電話を入れて
説明すると、それはおかしい、メーカーに責任もって対処してもらうようしましょう
とのことで、先日、はるばる三重の方から製造元の方がウチに来た。
試験済みで大丈夫だったものと、まっさらの新品とで二つを持って。
べつにねえ、二つももらっても、同時に二つ使うことなんて、
無いんですケド。

そうそう、芋もですね、採りたてのをすぐ石焼き芋ってのは、
そう美味くないんですよね。
採って10日近くでも(新聞紙にくるんどいて)寝かしといて、
んで石焼き芋にするってのが美味いんだわ。
魚は凍らして1~2日、芋は新聞紙で10日ね。そこんとこよろしく。

2007年11月20日 (火)

次男、体験入学

やんちゃな次男だが、先日は長男が通う体操教室に
体験入学させた。
長男も3才から通っているので2才半の次男もそろそろと思ってのこと。

この体操教室、セレブな場所にあるのだが、その実結構スパルタで、
泣こうが騒ごうが暴れようが、先生の言うこと絶対主義のスクール
なんである。(北朝鮮並み)
だから全ての子、初日は必ず母親に泣きすがり絶叫し
涙鼻水雨霰状態となり、概ね馴染むまでに1~2ヶ月を要する。
登校拒否、そのまま音信不通になる子もザラだし、せっかく馴染んだのに
半年くらい経ってまたイヤダイヤダと来なくなる子もいる。

ちなみに長男は2~3回目まで上記絶叫が続いたが4回目くらいからは
イヤイヤながらも通うようになり、今では行くことが楽しみにもなっている
ようだ。

大きな壁の一つがそこのYセンセ(男40)。結構いいセンセなんですけど
生徒からは一番恐れられている。
規律、ケジメ、というのを重んじいて、だらだらしていると
怒鳴って叱るし、目つき顔つきがいつも真剣勝負そのものなんで、
子供にはとても怖い存在なのだな。

長男は上述の通りもう慣れっこでこのコワモテYセンセにも
勝手に(一方的に)親しんでいる。

たまにこのセンセにカンチョーしてる(両手を添えてケツにブッ刺す)し
脛毛抜いて怒られて逃げ回ったり、
他の子では絶対成し得ないことをヘーキでやっている。
だから他の生徒のことは「ちゃん」や「くん」付けで呼んでいるが
ウチ子のだけ呼び捨てだ。

ま、いいとして次男の体験入学。
展開は案の定、だった。全然まじめにやろうとしない。おふざけばかり。
整列しないし笑って転んだり親元に逃げ込んできたり(たまたまその日は
見学日で親も教室に入れた)指示とは違うアイテムで遊んでみたり。
「体験」だからいいようなもの、Yセンセの顔、ひきつって紅潮してたのを
私は見逃しませんでした。

これから次男、どう励むか。そしてYセンセとどう接していくか。楽しみです。

Kicx6837

写真は木にのせろのせろとうるさいんでのせたらとたんに泣きはじめた次男。

ザマーミロだ。

2007年11月19日 (月)

アミノ酸

友人の田舎、三重の漁師町だけれど、若いとき毎年行って
美味い魚をたらふくご馳走になっていた。
みんなでテレビを見ていたら、釣上げた魚をすぐ割いて美味い美味いと
食べていた。
しかし友人らはそのテレビを見ながら

「美味かないよなあ、釣ったばっかの、なんて。
 素人だよなあ」

と言う。

なんで?釣りたての方が美味いんじゃあないの、と聞くと、
んなことない、ここらじゃあ釣ってすぐなんて
よお食べんワ、と言う。

「一晩でも冷蔵庫入れとくのさ。
 んで翌日食ったほうが全然美味いんだよ」。

一日でもねかせると、アミノ酸が抜群に増えて
うま味が増すとのこと。食感も、硬さがとれて舌触りが
丸くなる。
 
 
先週は仕事で行き詰って、私のアタマではどうやっても解決策が
見出せなかった。だからしょうがない来週に持ち越しだ、と、思って
今日見返してみると、ポロポロといい案が思いついてきた。
なんだ、あんな悩んだのに、と、一人ほくそ笑んでしまった。
脳内アミノ酸増えたのかな。

サラリーマン時代はこんなことなかった。今解決しないといけない問題は
今なさないといけない。一日待つ猶予なんてなかったな。
これからもアミノ酸の恩恵に授かることとしよう。

2007年11月15日 (木)

騒音

自宅裏の公園で長男と近所の子供らと野球をしていたら近くの家から

うるさい!

と怒鳴られた。
なんで公園で遊んでるくらいで怒鳴られなくちゃならないんだ。
そのお宅は公園があるということを
知ってそこへ住まうようになったのだろうか、それとも住んだ後、
そこに公園ができたのだろうか。後者ならまだしも前者なら文句言う筋合いは
無いよな。昼間の公園はうるさくて当たり前なんだバータレ。

その公園は我が家の北側に隣接している。
うるさいに近い騒がしい時もあるようだが、いいではないか、
子供の遊び声が聞こえるというのは。平和を感じるようで私は
逆に安らぐ。

最近の報道だが、どこぞの学校では放課後の野球部の練習がうるさい
ということで、夕刻からは無言での練習を強いられるようになった
とのことだった。
またある学校では夏のバスケ部の体育館での練習。暑いから窓を開けると
途端にうるさいと近隣から苦情が入るんだそうだ。だから窓を閉め地獄のサウナ状態に
するか無言練習に徹するかの究極の選択を日々強いられているとのこと。
かわいそうに。

こういう苦情、言うほうも言うほうだが、もらった側も
すぐハイハイ分かりましたすぐ是正します、ってんじゃだめだ。
話し合わないと。第三者を入れて。でないと苦情天国になっちゃう、
言ったもん勝ちはおかしいよね。

私?公園の野球の時ですか?
ええ、うるさいって言われたって、ずっと続けましたよ。野球。
だってまだ夕方4時ですもん。奇声を発してたわけじゃあありませんし。

そう考えると昔は良かったですよね。隣近所はすぐ近くで、
窓開けるとそこは隣家の窓だったりして。うるさいのは当たり前、みたいな。
あ、ウチがそうでしたけど。

昔は良かったというと、ここんとこ三丁目の夕日、観てます。
「ここんとこ」って書き方はヘンだけど、次男がはまっちゃったようで、
こればっかつけさせられるんです。HDDに入ってるから。
私が帰宅して次男につけさせられると、妻が昼間も見てたのよ、と言う(笑)。

あの映画もねえ。もうちょっとキャスティングうまくできなかったんでしょうか。
私はまず吉岡なんとか、ってのが好きじゃないし(演技上手くないでしょ)、
何といっても堤真一が大ハズレですね。あんなに上手い人が、これほど
ミスマッチする役も珍しいんじゃないですか。
あれはですね、陣内孝則あたりが一番いいんですよ。赤井英和とかね。
堤さんがやると笑うところで笑えないんで困りますわ。
渡辺いっけいでも面白かったかもしんないじゃない。

HDDに入ってるのでは少し前にスペシャルドラマでやって録画してた
「天国と地獄」
を一昨夜観ました。だいぶ前、黒澤のも観てたけど、今回のは現代版に
リメークしたってこと。面白くもなんともなかった。
仕立てが安っぽくてペラペラだし、これまたキャスティングに金かけすぎでしたね。
役者代削って、作り、品質を向上させなさい。

黒澤監督の時のは、山崎努の演技を見てドギモ抜きました。あの人は
鬼才だな。オーソンウエルズに匹敵する上手さですね。
そうそう今回犯人役は妻夫木君でしたけど、この人は上手いね。天資が
入ってる。涙そうそう観てもそう思った。
キムタクより数倍いいです。

2007年11月14日 (水)

コルトの燃費

省エネ走行を続けているコルトの燃費だが
12.81をマークすることができた。
これまでの累計11.80を11.83に押し上げた。

仕事で街中や近所買い物グルグル、長男次男自転車を積んでの
公園巡りなどなど、まさに「足」として大活躍してくれてるにもかかわらず
この数値、たいしたもんだ。褒めてつかわそう。

とはいいながら給油中にタイヤみたら、空気圧ちょっと減ってそうだった。
考えたら夏からこっちチェックしてない。
2.2に加圧をお願いしたら

「1.8しか入ってませんでしたよ^^;」

と言われた。
だめだこりゃ。

ということでまた次もエコラン、試そう。次は14出すぞー!

ちなみに遠出せずの燃費過去最高は13.19。
遠出ありで最高は14.35。
好燃費記録、これからも伸ばして行きたいですね。

2007年11月12日 (月)

正義の味方か

土曜、午後から半休で玉高にお買い物。
おもちゃ売り場でのこと。
プラレールのところに小さい子がたかって遊んでいた。10人くらい。
ウチは暴れん坊の次男が参入。
だいたいの親は近くで子を見守っているのだが
中にはどこへトンズラしたのか、子供だけそこに置いて買い物に
精を出してる親ももちろんいる。
ウチ次男はナニしでかすか分からない、右手に山手線、左手に貨車を持って
振り回している。だから目を皿にして見ていなければならない。
偶然だが私の隣には水野真紀がいて、やはり我が子をじっと見守っている。

そんなのカンケーネエ!

と怒鳴っている子がいた。
黄色のトレーナーを着、長靴を履いて青洟を両鼻から垂らしている、
髪の毛ボサボサで目が釣りあがっている、いかにも聞き分けの悪そうな子だ。
見ると新幹線の取り合いで同じトシくらいの子(4才?)
と喧嘩になっていた。
その同じトシくらいの子はかわいそうに、黄色の子に新幹線で殴られ、泣きはじめた。
夫婦で近くで見ていた旦那は子を呼んで抱き、大声でフォローした。

「大丈夫!大丈夫!
 遊んでらっしゃい!
 だいじょうぶ、だから!」

「あいつ、あいつ!
 あいつが殴るんだ!」

大声で泣く。

「そうか、そうか。
 でもいい、もういっかい、行きなさい。
 んでな、また殴られたらな、
 おとうさんがな、いったるから。
 おとうさん、助けたる。
 だから、安心して、遊んどいで」

大阪弁の神経質そうなお父さん、紅潮した顔を硬直させ、作り笑みを浮かべながら
そう言って我が子の背中を押した。子は渋々またプラレールのところへ行った。が、
とたんにまた黄色の子に殴られた。さらに爪で頬をンギンギンギと引っ掻かれている。
神経質なお父さん、瞬時にブチ切れた。

「だれじゃあー! 
 このガキの親はあっー!
 だれじゃー!
 親、出てこんかいわれー!」

その切れようとその叫び声、すごいものだった。そこら中に響き渡って、
あわてた奥さんに口を押さえられていた。
私はぷっと笑って、ああよかった、ウチの子じゃなくて、と思ったその時
携帯が鳴った。
久しぶりの知人NTさんだ。

おお、どうもどうも、久しぶりです!たかぴーです!

と声を高め、話に華を咲かせようと思ったら、その親じっと私のことを睨んでいる。
目が

親はワレかあ~おんどりゃぁ~!

と言っている。
私は自分の子のおつむをなでなでし、そうではないことをアピールしたその時だった。
ウチの次男、持っていた山手線と貨車で、イジメ犯である黄色トレーナーの子を
殴りだしたのだ。

「ダメよ!
 ダメよ!」

そう叫んでいる。お前は正義の味方か?

黄色の子は応戦するも、ウチの次男の方がはるかに小さい。しかし
体重があるし、足腰が異常にしっかりしているので、上背がある黄色に
まったくひけをとらない。黄色の子は横暴な次男のパンチをかわすことだけで
精一杯のようだった。

携帯を切るころにはブチ切れ親子もそして水野真紀もいなくなり、
賑わっていたプラレールの遊び場には黄色の子とウチの次男だけが残っていた。
気付くと二人は仲良さそうに遊んでいた。

2007年11月 8日 (木)

THE FLASH MIND READER!

1.二桁の数字を思い浮かべてください。
  例:28

2.その数字の10の位と1の位を足してください。
  例:2+8=10

3.元の数字から今足した数字を引いてください。
  例:28-10=18

このURLへ行って、その数字横のマークを覚えて下さい。

んでもってでかい水晶をクリック。

出ました?マーク。覚えたヤツでしょ。

今朝T-FM石川さんが紹介してたもの。

私も何回やっても当っちゃいました。びっくりですね。
どうしてでしょうね。
私は分かっちゃいましたが。

2007年11月 7日 (水)

ねずみセーフ

そうそう、コルト、省エネ走行してるって書いてるけど、先だっての
祝日の土曜、危うくねずみ捕りにひっかかるところだった。
間一髪セーフだったけど。

いつもの通勤路、半休で昼の帰宅時。
長く通っているので信号のタイミングも覚えてしまう。
4つ目のその信号は、かなりの速度を出していないと赤になる。
前の軽トラもそのタイミングを知っているようで
青になった途端にすっ飛んで出て行った。
私は背後に車間をとって追従。
軽トラは1速から4速くらいまで、ずいぶんエンジンをひっぱっている
ようだ。私のコルト、CVTだがこれもかなりエンジンうなりを
上げて高回転まで引っぱってついていった。(全然省エネじゃない)
緩い左コーナーを抜けると前はガラガラ。片側二車線の追い越し車線を
二台で縦走。

よし、このタイミングなら青でクリアできるだろうと
4つ目の信号を注視していた、その瞬間だ。
交差点にバラバラと2~3人の警官が旗を持って出てきた。

!?

大きく、止まれ
と書いてある。

マジ!!
ねずみ、か!

前の軽トラは数度のポンピングブレーキの後、旗のおまわりさんに
横道へ誘導されていった。

私は?

棒を飲んだように背筋と首が伸びてしまった。しかし私には

行け!

という。なんとも、セーフ!

捕まったら何キロオーバーだったろうか。
制限速度は40。
たぶんだが反則金4万以上は請求を受けそうな速度だった。
軽トラさん、申し訳ない。あなたのおかげで私は逃れることができた。

しかしあの道、あの空き具合でねずみやられちゃあ、ひとたまりも
ありません。たぶん入れ食いだったでしょう。
この二年半この道を通ってきて、ここでねずみやられたの、
初めて見ました。たぶん軽トラさんもそうだったんでしょう。
まあ、事故にも気をつけないといけないが、ねずみにも
気をつけないといけませんね。
いやあ危なかった。本当に。

2007年11月 6日 (火)

省エネ走行

コルトの燃費楽しみだなあ。
今、低燃費走行続けてる。
300キロちょい走って、燃料計半分をちょっと下回ったくらい。
満タンは45リッター。
メーター信じると2倍、600キロ走ることになるけど
そうだと13.3だな。

実施している具体的なところを記そう。

1.アクセルを踏まない
  踏み込みたい気持ちをぐっと堪え、じわりじわりと
  ほぼ観光バス並みの加速。
  最高速も歩道を走るママチャリと同速度に抑える。

2.エアコンは使わない
  コンプレッサー働くとこの1.3クラスはだいぶパワーが
  削がれ燃費にも悪影響だ。どんなに暑い日でも窓全開。

3.信号待ちではエンジン即切り
  アイドリングでの燃料消費を抑える。

な~んてね。ウソ。信じないでくださいね。
いつも通り走ってます。トロトロ走り嫌いなんです。あと
エンジン切るのも。

まじめに戻るけど、エンブレについて。
オートマでエンブレを多用する人も多いと思うけど、
コレ、必ずしも低燃費につながるってもんではないの、ご存知だろうか。
メーカーによって違うだろうけど、ある車のは3千回転以上の時に始めて
燃料をカットする、って書いてあった。3千回転以下での
エンブレでは、多少ならずとも燃料が使われちゃってるってこと。
だからね、低燃費化ってことだと、エンブレは意図的に使うのはそんなに
おすすめできないんですよね。

だいたいが、多くのAT車にはブリッピング機能が無いでしょう。
4→3→2なんてDSGみたいにシュンシュウンとシフトダウンしたいですよね。
だけど実際はブオワーンブオワーンとクラッチが制動機能を働かせてくれている
にすぎない。こりゃエンブレって言わないよね。

だからたかぴーはほとんどエンブレ、使わない。メルセデスもコルトも。
ブレーキ踏めばいいじゃない。別にいちいちシフトダウンしなくちゃならない
理由、どこにも無いと思うんだよね。しいて言えばパッドが
減るくらいのものか。

あとエンジン即切りについて。
これもある雑誌でテストしたら、しょっちゅう切ってかけなおしてるのは
かえって燃料を消費しちゃうってデータが出た。5分も6分もかけっぱなし
ってのはいただけないけど、信号待ち程度でいちいち止めるのは
逆効果って結びになってたかな。エンジンかけた途端に出る
排ガスってけっこう多いしね。バッテリーも使うし。

それ考えるとプリウスは優秀なんだろうなあ。
街中、私が走るスタイルでどうなんだろう、燃費。
自宅近くでも最近ほんとうによく見るようになってきた。
あるオーナーのブログ見たら街中で17、普通に走れる、みたいな感じ。
でもねえ、街中ってったって、地方の街中か東京のかじゃあ全然違う
わけだし、一概に言えないですよね。

あーDSG欲し。早く欲し。

2007年11月 5日 (月)

DSG最高!

DSG、試乗してきた。
VWトゥーランだ。

02

これはいい。最高のオートマだ。
私がかつて乗ったどのATより優れている。はるかに、という形容詞付きで。
ステアリング左右にパドルシフトもついている。
右がプラス、左がマイナスだ。

シフトダウンは積極的に行ってみた。
5→4は普通だが、4→3、3→2になると実に気持ちよくシフトダウン
してくれる。エンジンがシュンシュンとすばやく回ってくれ、
ピタリと回転数を合わせ、つなぐ。

以前こちらにシフトチェンジに要する時間が0.1秒以下と書いたが
なんの、聞くと0.03秒以下!だそうだ。驚いた。

ちなみにパドルシフトでのシフトダウン時は、スイッチを引いた瞬間に
エンジンが空ぶかしする。

「瞬間」!ですよ。

ということはその際、もうクラッチを切ってるわけ。
もうこれはマバタキより間違いなく速いんですね。

シフトアップについても、きれいに回転を合わせてつないでくれる。
いつシフトアップしてるか分からない!さすが!

本当はゴルフGTIに乗りたかったのだが買いもしない
ものに乗らせてもらうのは気が引ける。
トゥーランは家族で必要と思いはじめている車の選択肢の一つ。
これはかなりいいぞ。

足、ハンドリングもいい。シャーシは剛健さが低速域からも
伝わってきているし、硬めのサスもしっとりしているが
速度を上げても地を這うように走る。背が高いからってふらつくようなことは
無かった。上手いセッティングだ。
タイヤはミシュランエナジーの205/55/16だったけど
ロードノイズも上手く遮断し、荒れた道の60~70キロでも
室内はとても静かだった。

DSGの仕組みは何度も書いたから割愛。

Features_dv_dsg_004
エンジンは試乗したハイラインモデルが1400cc、スーパーチャージャー
+ターボだ。
低中速域でスーパーチャージャーが、高速域はターボがシームレスに働く。
だから1.4と言ってばかにできない。街中では私の車(メルセデス2.4)
より間違いなく速い。
排気音は上手く室内に入ってくれて、エンジンの好調さが手に取るように分かる。
うるさい煩わしいという気は一切起きない。

来年中は仕事で大きなヤマを迎える。その後だな。購入は。
これは欲しい!
何がって、トゥーランじゃなくてDSGをだ。
だから良かった、GTIに乗らなくて。
コルトやめて衝動買いしちゃいそうだ(笑)。

2007年11月 2日 (金)

一昨日のことだが晩くに帰宅すると玄関横でシューッ!
と音がしてた。庭の水道が出っ放しになっていたのだ。
止め、リビングに入り妻に話すと

「ママチョ、また止め忘れたわね」

と言う。
和室に行き、義母にその旨を伝えた。すると

「私じゃないわ。庭の水、私はずっと使っていないわよ」

という。
ふむふむ、すると妻だな。またリビングに戻り伝えると
 
「ああ、、、
 じゃ、私か。
 3~4日前に鳥のフン、ボンネットのを
 拭いたの。その時からだ」

自白した。
コラー!

とはいえ元の蛇口が開いていただけで、ホース先端の散水コックは
閉まっていたから、途中の継ぎ目のところから漏れていただけ(といっても結構な量)。
以後、気をつけてくれたまえ!

しかしたかぴー的には、ちょっとでも義母を疑ってしまったのを悔やんでいる。

人を疑うので自己嫌悪に陥ったことを思い出した。だいぶ前のこと。
車、自宅駐車場に止めといて、凹まされたのだ。
斜め前のシビック(月極)が擦ったに違いないと思った。
見るとバンパー左前部に擦り後がある。測ると、私の車(当時ゴルフⅢ)
の凹んでるとこと高さが同じだ。
犯人は決まった。
怒り心頭。
メモをワイパーのところに挟んでおいた。

  擦ったなら擦ったと言ってください。
  修理費は請求いたしますのでよろしくお願いします。
  ゴルフオーナー、たかぴー

とかなり強気なことを書いてしまった。電話番号を添えて。私も若かったなあ。
当時まだ30そこそこだったか。
すぐ電話がかかってきた。相手は3~4つ上、男性。

「違います違います。
 絶対ぶつけてません。私じゃありません」

「本当ですか?あなただけですか?運転は。
 見てると、違う方も車を出し入れしてるようですが」

そう向けると、もう一人の男性と二人で住んでいて、どちらかが運転する、
でもどちらもぶつけてません、と。
二人で話しをしていたと言う。

「あ、ゴルフ、ぶつけたんだね。でも位置的に、ウチの
 シビック、疑われそうだね」

と。
しかしそこまで話を受けてもなぜだかたかぴー、シビックが犯人と疑って止まない。
そして男30才、更なる強気発言。

「じゃあ、ですね。今度車出す時、声かけてください。
 いつも出し入れするやりかたで、バンパーの高さ、
 車が凹んでいる場所と合うかどうか、試してみましょうよ」

若干押され気味の相手、ええ、いいですけど、とアグリー。

後日、テストが行われた。凹みが相手パンパーと合致するか、試したのだ。
しかし何度やっても、高さは合わなかった。
静止(駐車)状態では合っても、道路自体に若干の起伏がある。だから実際の出し入れの
状態だとどうやっても合わないのだ。
シビック氏冤罪であること、満場一致で確立された。

たかぴー、平謝りに謝った。
寛大なシビック氏は笑って許してくれたがしかし私はその後
どうしようもないほど、深く落ち込んだ。自分の猜疑心と傲慢高飛車な態度にである。
しばーらく線路を見てボーっとしてたかな。一週間ほど。

あの時は本当にどうもすみませんでした>シビック様。

そして、今日、今、私はすんごいちっちゃいことでまた落ち込んでいる。
その理由及び内容はここに記せない。あ、これもまた車関係のことなんですけどね。
だいぶ落ち込んでます。
妻から死ぬな~!とメールあり(笑)。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »