« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

77,778

Kicx6817 オドメーター撮ったの入れ忘れてた。

77777で撮りたかったなあ。次は88888だね。そん時は撮るぞ~

2007年10月30日 (火)

運転

車、皆さんは誰の運転がいちばん安心して乗ってられますか。
上手下手あるでしょう、もちろん上手い人がいいでしょうけど、
奥さんであればやっぱご主人の運転が安心、ですか。

私?
ちょっと言いにくいんだけどね、運転手の経済力を考えちゃうんです。
資力ですね。タクシーは別として。
言い方悪いけど人一人二人ひき殺しても、資力あってちゃんと償える人。
そういう人の運転がいちばん、落ち着くってこと。
だから渋谷にビルをもっててホノルルに別荘のあるたつや氏の助手席が
私はこの上なく寛げる。

技術的に行くとまた別。ま、たつやも上手いけどね、
会社員のころだけど、もうこれ以上上手い人の運転には乗ることが
ないだろう、と思ったほど上手い人がいた。
その人はトシ10くらい上、当時40前、かな。
お客の総務部の一担当者だった。
そこの部長からいきなり、秋葉原である家電製品を買って来い、と頼まれ、
私が付き合うことに。

「クルマ、だすよ^^」

と言われ、社用車の助手席に乗せてもらった。
社長車だそうだ。クラウン黒のハードトップだった。1990年頃かな。

何が上手いか。
まず、いつアクセルを踏んでるか放してるか、分からない。
踏み初めと開放が穏やかなのだ。スムース極まりない。
同じことがブレーキにも言える。
いつ踏み始めてるかが分からない。真綿を絞めるようにかける。
ブレーキは抜く時も肝心。スパっとは放さない。じわっと放すのだ。
ハンドリングもいい。急ハンドルは決してしない。切り始めは常に
やわらかで、インは決して空けず、インベタで交差点を回る。
だから巻き込みもしないし、後続車の渋滞も起こりにくい。
切り始めが早いってことはロールしにくい。車体は安定し
搭乗者も揺れない。

その時、その担当者の本音が聞けた。

「オレ、さ、ほんとは、タクシーの運転手、だったんだ」

えー。そうだったんですか。

「うん。で、ここの会社の社長おかかえ運転手に転職したんだ。
 したら運転中、社長から突然
 キミ、総務に移らないか、って言われてさ」

はー、で、今、総務にいらっしゃるんですかあ、
いやあ、
どうりで、
クルマの運転、上手いと思いましたよ。
アクセル、ブレーキ、いつ踏んでるか、放してるか、
分かりませんもん。

「ありがとありがと。
 運転だけはね。自信あるんだよね」
 
 
もっと話すと、当時ウチの近く(100m)に大和タクシーの営業所が
あったんだけれどそこに勤務していた!ということで、

「じゃあ、どっかで会ってたじゃん!」

と盛り上がった。

30代後半になると、仕事で毎日がほとんどタクシー帰宅という日が
続いた。チケットなので個人ばかり乗っていたが、でも
あの人の運転より上手い人には会えてない。
 
 
友人におかまをよく掘られる、というやつがいる。
私が同乗しているときにも一度やられたが、私が知っているだけで他に
二度やられている。
しかし彼の場合は必然性がある。ブレーキのかけかたが悪いのだ。
止まる寸前、普通はブレーキを緩めるでしょう。しかし彼は
カックンに近いかたちでいつも止まる。常に。
走行は充分な車間をとるのに、止まる寸前だけ、ブレーキが遅い。
だから後の車はぶつかり易い。
これは二重三重に悪があって、車自体にもガタが来易い。ブレーキは
もとよりブッシュ系、ショック、タイヤも傷みは早い。
おかま掘りは後ろだけでなくその後はたまたその後ろと事故の連鎖に
つながり易いから、ブレーキは慎重であってしかるべきだ。

走っているとそういう車に遭遇することままあって、その度に
その友人のことを思い出す。そういう車のすぐ後ろは走りたくないよな。

身近なところだとタカネ君の運転、これまたヘタだなあ。
この間の奥多摩は彼車を出してくれたけど、私は彼の運転にだけは
乗りたくない。奥さんもほとんど彼に運転はさせないようだ。
いつもぼーっとしているが、運転の時は顕著にそのボーが来る。
おまけに奥多摩んときの帰路は何度も何度も道間違えちゃって、
同乗の小学生に

「知事ぃ~!また道間違えてます~!」

と多々叫ばれてたそうです。

知事って誰かって?
タカネ君、前がだいぶ上がっちゃってきてるんですよ。で、東国原さん似って
ことですかね。
小学生は遠慮なく言うね。

2007年10月29日 (月)

クツシタ上げる長男。食べっ放し次男。

メルセデスの方だが走行距離が77,777キロに
達した。
オドメーターを見た時は走行中で後も詰まってたから
あわててとめやすい所に寄って撮ったらもう
77,778キロになってしまった。残念!

日曜は天気も良く、家族でこどもの国に行った。
裏道を発見したので車だと20分くらいで行けてしまう。
知らなかった時は渋滞に巻き込まれて1時間もかかってしまった
ことがあるので、その差は大きい。

長男(6才)、次男(2才)、喧嘩も多いが仲いいところも多い。
二人仲良く楽しげに遊んでいるところをみると

幸せだなあ~

とほんわり思ってしまう。

長男もだいぶおりこうさんになってきた。一時期の棘だらけ
神経質男から比べると、丸くなってきた。かなり、という形容詞付きで。

とはいえとがっていることも多分にあり、本当に憎たらしくて、
思いっきりケトばしてやりたくなることもある。
時によっては、乳母車でドンとぶつかってやる。意図的に。
こいつ、しょっちゅう靴下を上げるんですよね。
Gパンの裾を持って、靴下と一緒につまんで。下がっているのが
気持ち悪くて嫌なんだろう。
しかしそれがあんまりにも目に付く。しかもこれを進行中の乳母車の前で
やられると、かなりウザい。
だからわざと
ドンッ
とぶつかってやる。

「ああ、ごめんごめん」

とクチでは謝ってやる、が、内心、いい気味いい気味、と思っている。
時によってはそれで躓いて転び

「なにすんだあーっ!」

と叫んでたりもするのだが、ええい、ざまあみろだ。

次男は食べっぱなしですね。
この時くらいですか、食べてなかったの。でなければジュース飲んでるか、
だね。

P1000003

2007年10月26日 (金)

コルト、低燃費へ

今日満タンにしたコルトの燃費、12.3だった。
まずまずかなあ。
でもねえ、もうちょっと、14くらい行って欲しいなあ。

って、この満タンで、エコランしてみます。
極力回さない、スムースな加速で、低燃費化を目指してみるぞー!

とはいえ後続車の方々には迷惑掛けないようなきちんとした
走りはいたしますので。
嫌いなんですよ、モタモタ走るの。

で、目標14。

遠出もしないのにね、無理かね。
ま、結果お楽しみに^^

あ、ちなみに今までの累計燃費は11.80です。
最高は遠出で使った時の14.35ね。
ちょい乗りしかないからこれ抜くのは無理かな。

プロ意識

今回のアンテナ修理の件で、サラリーマン時代あった
障害のことを思い出した。

1990年代のことだが、ある大手カード会社に
ルーターを納入した。
今ルーターって当たり前の通信機器だが当時はまだ出回ってなく、
こちらとしても国内初(!)のファーストユーザーであった。
(納入としてはトヨタ自動車と同時期だったが、火を入れたのは
 このお客が初だった)
全部で20数台でHUB、トランシーバー等入れて数億だった
のを覚えている。

苦労して無事稼動と相成ったのだが、ある時障害が起きた。
端末から、IBM系のホストとの通信ができなくなったのだ。
原因はホストがリセットをかけてしまったので、当社ルーターが
誤って疎通をシャットダウンしてしまったことによった。
(実際はスパニングツリーが働いて他系でのリートが確保された)
単純なことだが、短い時間とはいえ、800台以上!にも及ぶ全端末
がホストと通信できなくなったので、影響は大きかった。

しかしなぜホストがリセットしてしまったのか。
調べると、ルーターがまずリブートをかけてしまっていた
ことが分かった。でそのリブートによってホストがリセット
してしまった、ということだ。
なぜルーターはリブートをかけてしまったのか。
その原因を知って驚いた。

この世の全ての半導体というもの、ビット反転、という
事象を必ず起しうるんだそうだ。
ビット反転というのは簡単に言うと、通常使用状況に於いて
半導体がエラーを起しちゃうっていうこと。
でもそれがシビアでデリケートでナイーブでナーバスでファニーなルータ
にとっちゃ大問題で、場合によってはリブートを引き起こしちゃう
ということだった。

この解明に至るまでがとても苦労したのだが、実はその後
もっと苦労した。
当社技術陣、

「これは障害ではない」

というからだ。
私は技術のお偉さんに怒鳴られた。

ビット反転は正当に起こりうるもので、不具合ではない、
だからリブートが起こったことでホストがシャットダウンしたのは
ホストのせいで、ルーターが悪いわけではない
なぜお客に謝るんだ。これは製品の不具合じゃあないんだ!

と。

しかし、実際にお客に迷惑はかけている。
お客の情報を客観性をもって時間をかけて説明するが、
技術陣納得しない。
しばらくすると当開発部長が状況報告の
レポートを作ってきた。これを持ってお客に説明する。報告書は
自ら作ったし、説明も自分が行う、ということだった。

お客のシステム部キーマンがこれまた怖い人だった。
見切りをつけられて出入り禁止になった業者も何社かあったくらいだ。
慎重に慎重を期してお客に説明に向かったが
開発部長は毅然とした態度だった。私に怒鳴った手前上、
お客に頭を下げるわけにいかないのだろう。

これはビット反転から起因したもので製品不良ではありません。
全ての半導体は起こりえるもので、リブートを回避するルーターは
在り得ない、と資料をもって詳しく説明し始めた。
やはり、というか、予想通りの展開が待っていた。
説明、終わる前にお客、怒り始めた。
怒った怒った。怒鳴りまくった。

 これを不良と言わず、何を不良というのだ!
 実際にこちらに迷惑がかかっているではないか!
 至急対策をとれ!
 さもなくば、これらの機械、全部持って帰ってくれ!

ほうほうの態で帰路についた。

納めたルーターに向けたアンバンドリング化されたソフト
(ビット反転を受けてもリブートしない)が作られ、そのお客に
無償で提供されたのは言うまでもない。あの障害の数ヵ月後のことだった。

あのお客に怒られなければあの開発部長、腰をあげなかった
ろうか。あのアンバンドリングソフトは発売されなかったろうか。
プロ意識が足りないよな。よくまあ部長になれたもんだ。
障害だと思ってなくてももちろんその意識無く製品を作っていたとしても
実際迷惑かかってるんだから、それは立派な障害品だ。
サラリーマン時代にあった印象に残る事件の一つだった。
  
  
「プロ意識がないんじゃないの」

今回車のアンテナの件でそう妻に言われたんですよね。
ショップの対応。
こちらははじめ、ロッドアンテナが折れたので映らなくなった、
アンテナを替えて欲しい、と頼んだ。
だからアンテナを替えればそれで仕事が終わり、ということじゃあだめだよ。
プロじゃあない、客商売は成り立たないね。

受像、まずまず

アンテナだが対処してもらい、よく映るようになった。

ケンウッドのフィルムアンテナ不良と思い込んでいたが、
やはり不具合見られず。仮設で別フィルムを付けたのだが
映りが変わらなかったのだ。
で、どう対処したか。

リヤにラジオ用のアンテナが貼られている(車両のデフォルトの)が、
そこからも実はテレビを受信している。
だからブースターを増設し、そのラジオアンテナから受信したものも
チューナーに引っぱることにしたのだ。
デュプレックスということだな。

聞くと最近の地デジ対応のアンテナなんかは、フロントだけだと
弱いんで、リヤにもアンテナを貼るそうな。
そっからヒントを得てそうしてくれた。

この対処を聞く前は、「電波職人」というアンテナ、
同じフィルムのものだけれど、強く拾ってくれるのがあるんで
それにしましょうか、とメールをくれていた。だからそれに
追金で替えてもらう予定だったのだが、現物見て興ざめした。
フィルム自体がかさばっている。目立つし大きいし広い範囲
のものになってしまうのだ。

これはちょっとでかいですなあ~

と言った私の言葉を酌んでくれたのだな。ショップ。
じゃあ、ってことで、上記案を提案してくれ、無事成功と
相成った。

今回は私の担当者が休みだったので、別の人に対処してもらった。
イッパツで上手く行った。やっぱね、担当者との相性、
だったのかな。
悪いけどそういうことにしておきましょう。

砂の嵐だった自宅近くでもこうして、ちゃんと映るようになった。
Kicx6799
あ、でもね、コルトの方がやっぱきれいに映りますね。

Kicx6795

あ、それと帰路。77717キロ、ね。信号待ちであわてて撮りました。

2007年10月22日 (月)

みかん狩り

昨日は三浦半島の方にみかん狩りに行った。
早くから洗車して。
朝メシ前だ。

Kicx6741 Kicx6744

第三、横横と使い、ほぼ法定速度を遵守したのに
1時間で着いてしまった。奥多摩とはえらい違いだ。

城ヶ島寄りに穴場のみかん園をみっけた。
みとめ農園さん。
おばあちゃんとばったり会え(もちろんはじめて)て、

「うち来る?」

「いきますいきます^^」

Kicx6747_2

もちろん食べ放題。だけどだ~れもいない。
旬だけど来週くらいかな、いい頃合いなのは。
まだちょっと緑がかってるのが多い。
とはいえオレンジ色に生ったやつは充分甘く美味しい!
思う存分食べた。でも10個も食べるともういいやってなっちゃう
んですよね。
次男はずっと両手に鷲掴みで丸ごとかぶりついてました。

お土産も手にして

「また来ます!」

と後にしたが、本当にもう一度行きたい。

Kicx6777

城ヶ島に行くと暴走族の大群(100台以上!)がいて、すんごいうるさかった。
私も若い頃はマフラー改造してたけど、あんなブオンブオンと無意味に
吹かしたことはありません。
ルセーじゃねえか!おめえら!

と現場で言えないウサをここで晴らす。

我々、しぶき

に入ったが、タイミング悪くそいつらも入ってきちゃった。
んでうち一人が

「おばちゃん、ビール!」

と言ったのだが、間髪入れず奥のおばさんから

「ビール、売らないよ!
 だめだよ!運転なのに!」

と一喝されていた。ざまあみろ。バータレ。

暴走族30人くらいは極めておとなしく食事をされていました。
バイク降りると普通の子、なんだよね。

しぶき亭のまぐろ丼1,000円は味まずまず。駐車場もついてるから
便利ですね。

帰りは三浦海岸から衣笠インターで横横に乗った。
渋滞で2時間もかかってしまった。行きの倍だ。
私以外の全員は爆睡だった。まあこれはいつものことだ。
こんどはもうちょっとグルメなところを探して行くことにしよう。
近いしあそこはいろいろ楽しめそうだ。

アンテナの違い?

砂の嵐。

Kicx6738 どのチャンネルもこう。

だからseekだと止まらないんだな。

ちなみにコルトはばっちり。

1と8、かな。

Kicx6737 Kicx6740

両車、向きも同じにしてある。んで共にフィルムアンテナでこの差は無いでしょう。ってまたショップに行かなくちゃ、だね。

2007年10月20日 (土)

母、枇杷

清水寺の元住職の方が以前書いておられた。
この方、母の手だけで育てられたが、後、孤児となった。
幼少の頃、その母から捨てられるのだ。
記憶がうすいようだが、どこか遠くに行く列車に母と(もう一人の
大人と)乗った。
ところが出発前、母は突然いなくなる。

降りたのか?

列車は出発してしまう、が、母は来ない。
結局それが母と会う最後だった。
しかし幼心に、もう会えなくなる、という第六感のようなものを
感じたんだそうだ。
結局そこから僧侶のみちを歩むことになったのだそうが
今ふりかえってこう仰った。

「その時の母の心境を想像する勇気をいまだ持つことができない」。

母も母、もちろん分かれたくなかったろう。相当の事情があったのだ。
可愛がられて育った。目に入れても痛くないくらいに。
愛し愛され、しかしどんなに悲しいか、その決別。
 
 
私は好きな映画の一つに
A.I
がある。スピルバーグの。
母を愛することをプログラムされた男の子のロボットが
その母親に捨てられてしまうというストーリー。
涙無しで見れなかった。長男があの主人公の年頃になってきた今、
見たらもう大滝になってしまうだろう。長男にも母を愛するプログラム、
多分に入っているように思う。私ももちろん母は大好きだった。
10年前の10月17日他界した。

今日は仕事で行ったところに大きな枇杷の木があった。
母が大好きだった枇杷。

入院先でどうしても枇杷が食べたいって言いましたよね。
水分を含むものは絶対口にせぬことと医師から釘をさされていましたが
危篤が3、4度続いた後は

「お好きなもの、お口にして差し上げてください」

と言われたんですよ。
でもその時はもう枇杷が店頭に並ぶ季節じゃなくなったんですね。
ほうぼう探しましたがありませんでした。
また会えないでしょうかね。現世のどこかで。
A.Iじゃないですけど、やっぱり無理でしょうか。

Kicx6714

枇杷の木を見上げながらそんなことを考えてしまいましたよ。母さん。

2007年10月19日 (金)

カーTV

映りの悪いカーナビのテレビ、ショップに行き調べてもらったが
不良箇所は見当たらない、ということだ。
接続、アース、本体、アンテナ、どれをとってみても
問題ない、と。

「今、地デジへの移行時期なんで、かなり悪い時って
 あるんですよ」

ん?それはおかしい、であればコルトも悪くなるでしょう
同じフィルムアンテナだし。カロだけど。

一昨日も1時間弱運転したが、テレビが映したのは砂だけ。
NHKにしてたが、ずーっと砂。
音声すら入らない。あり?
しかし不具合が見つからないものはしょうがない。

「相性、ということも、あります。
 お付けしたのはケンウッドので、いちばん映りが良く、
 お奨めのものです。
 ソニーのと相性が悪いってことだと思います」

え~、イマドキ相性、なんて、信じたくないですなあ~
個人的にはアンテナ自体を疑ってるんだけどお~

「相性、ありますよ。
 しかし、、、映り、確かに、良くはないですね」

このショップは世田谷にあるのだが、ここではなぜか、
少し映る。もちろんお世辞にもきれいとは言えない。

「ロッドタイプに、お取替えしますよ。無償で」

ん~ん。
どうしよう。。。せっかくすっきりして気に入ったんだけど。。
悩むなあ。
でもロッドに替えても悪いままだったらどうしよう。
相性ってさ、たかぴーとこの店のことを言うみたい。
だってこれで5度目ですもん。不良。知ってたった一年で、ですよ。

1.リヤスピーカー手配ミス。
2.フロント低音不良。ゴボゴボという音。
3.カロ設定不良。
4.リヤスピーカー落ちる。

ね。
あるんだね、やっぱ、相性って。

2007年10月18日 (木)

また公園

昨日は半休で午後から子供二人を連れて公園にまた繰出した。
近所のとこのは長男がイヤだと言うので
ちょっと遠いが車で30分近くかかるところまで足を伸ばした。

そこはMRN家とTKN家の近く。そのお宅らにも長男の
1こ上の子がいる。
会えるかな~と思ってたら、ほんと、会えた。
ふみやくん、けんちゃん。

砂場でダムや川を作って、楽しそうだ。

Kicx6681 Kicx6684

泥だらけになった後、ふみやくんハダシで遊び始めた。
倣って長男も

「靴脱いでいい!?」

いいよ^^

夕方5時まできっちり遊んだ。
車で送ってってあげようと思ってたが、両君、いつの間にかいなくなっていた。

夕暮れ時はもう寒いくらいになった。
はだけたGジャンの前を腕で閉じるようにして
自分の幼い頃を少し思い出した。

ローラースケートが大好きだった。
小学校に入ってすぐ買ってもらって、家の前でいつも滑っていた。
近所の闊達な男の子と神宮外苑までローラースケートで行ったのは
いつだったっけ。小学3年か4年の頃だろう。
小谷野とローラースケートで争うようになったのは
5年になってからだな。だと小谷野はいつからやり始めていたんだろう、
あいつは人間離れした運動神経の持ち主だから、ひょっとしたら
私なんかより3~4年おそくはじめたのかもしれないな、
でもやつなら充分追いつくのだろう、などと他愛もないことを考えながら
長男と次男の手を引いて車に乗り帰路についた。
5時なのにもうヘッドライトが必要になっていた。

2007年10月16日 (火)

公園で

公園で遊んでいた長男、知らない子達と仲良くなった。
5~6人のグループ。
砂場で山や川をつくって遊んでいる。
しかし長男、その子らの中のうち一人からひどいことを言われたと
ずっとその一人を追いかけまわすことになった。

トシ1~2こ上のその男の子、逃げる逃げる。

「なんで、そんな、
 ひどいことを言う!
 なんでだ。
 言え!
 言え!」

長男、そう叫び続けながら追い回す。
その子は

「バカ。
 キチガイ」

としか言わないようだ。
私は次男とお菓子を食べていた。ベンチで。

気付くと長男、もう自分では抑えられないほど高揚してしまった。

その子はブランコに逃げた。乗って大きく揺れはじめた。
捕まえられない。
長男、叫び続ける。泣きながら。

「降りろ!
 降りて、説明しろ!」

とんでもないやつに喧嘩を売ってしまった。。。相手もそう思ってるのか。

長男、ブランコを止める為に木の枝を拾っちゃその子に投げ始めた。
少し危ないな。
しょうがない。
親が出るのはきらいだが私は腰を上げた。
次男を抱っこして。

 モノを投げたらよくないよ。
 何があったか、教えてちょうだい。

そうやさしく長男に声をかけたが、涙声で上手く説明できない。

「あいつが、あいつ。
 オレのことを、
 バカ、きちがい、って言うんだ」

そうか、それはよくない。どうしてだろう。
そう言われるようなことを、長男がしたのだろうか、だが聞くと

「してない」

と言う。したのかもしんないが、本人にその意識はない、ということ
だろう。

相手の意見も聞こう。

 キミキミ、
 キミからひどいことを言われた、と、この子が言っているよ。
 なんでそんなこと言ったのか、教えてくれないか。

その子は口を一文字にしたまま、ブランコで揺れるのみ。
何度聞いても口が開かれることはなかった。
親がきっと亀田みたいなんだろう。駄目な子のほとんどは
親に原因があるのだ。

相手は負けたんだ、長男に話した。だから、もう相手にするのは
やめよう、と。
私は次男を抱いたまま長男と手をつなぎ公園を後にした。

長男は帰って家にいた妻と抱き合うと、公園であったことは忘れた
ようにまた家で遊びはじめた。
しかし夜半、ベッドに入ると妻の胸でまた泣きはじめた。公園で言われたことを
思い出したのだ。かわいそうに。6才ってそんなもんである。

全てを傍観していた次男は何を思っていたか。
ええ、ずっと食べっ放しだったんですけどね。
P1000002

2007年10月15日 (月)

グミ拾得断念。TV映り悪し!

Kicx6662

長男が落としたATシフトレバー元のグミ。シフト部分解できず、拾得断念した。

しっかし長男も長男だよなあ。このD-4の間ですよ、この狭いトコに

なんでまたナイスインさせるかなあ。すごいよなあ。ゴルフでいえば

ホールインワンもんだ。

Kicx6667 
Kicx6671

ここまでがんばったんだけど(汗゛。。。

ネットで紹介してもらった解体写真とは異なり、たかぴー号は
シフト部がケースになっていて根元にヘキサゴンで
止められている。
これを外すにはセンターコンソールをごっそり取らないとならないし、
よしんば成功したとしてその先が怖い。
もし組み立てられなくなったらどーする!

Kicx6670_2
ディーラー呼ぶわけにいかないし。この中央部からちょこっと出てるスプリングなんか、怖いでしょう。
小心者のたかぴーは諦めたのでありました。
ウサ晴らしに根元下にグリスを注油して差し上げて作業は終了。

んで、カロのタイムアライメントを再調整。
リヤスピーカー、ショップにて調整(再設置)してもらった折、
本体がまたイニシャライズされてしまったので再アライメントが
必要になったのだ。
簡単だからいいけど。

Kicx6674 

こうして集音用の添付マイクを運転席ヘッドレストに付ける。

Kicx6672_2

本体に接続してアライメント開始。
5分くらいで終わる。

今回はきっちりリヤスピーカーまでデッドニングを施してくれたから
これまた今までよりはるかにいい音で鳴ってくれるようになった。
うれしいうれしい。

しか~し、だ。
また問題発生。

テレビアンテナ、妻がへし折ったもの。
フィルムタイプ(フロントガラスに貼るやつ)に変更したのだが、映りが悪いのだ。
これは酷い。
妻によると、アンテナを折れた状態だった時より悪い、と。

昨日は1時間くらい走っていろんなとこで見たけど、ほとんど
まともに見れない!長男のクレーム大!
妻からはコルトよりはるかに悪いって。コルトも同様のフィルムアンテナ
なんだけどね。

またかよ~って感じです。

あのショップにはもう4度もクレームつけてるんで。
空いた口が塞がらないって感じ。
どうしよう。
オートバックスなんかでバイトの人にいじらるのは嫌だったから
外車中心に扱うあのショップにお願いしたのに、的外れだったのも
いいとこです。
ショップにはきちんと対応してもらうよう言いましょう。

それと、チョイ報告になっちゃうけど、以前付けた
のび~太。
バッテリーの強壮剤ね。この効果全然書いてなかった。

低速トルク、間違いなくアップしてます。
きも~ち、ですが、私には分かります。
3速以上の2千回転くらいでのトルクで分かります。2速だと
分かんない。
ツキが良くなったんですね。低速トルク薄いこの
V6エンジンには重宝ものですわ。紹介ありがとさんです>jigenさん。

んで今のバッテリー。02年11月からですからね。
もうすぐ丸5年。今年、越冬できますでしょうか。がんばってみたいと
思います。

2007年10月12日 (金)

奥多摩

そういえば連休は奥多摩に行ったんだった。

釣り場は、昔楽しんだ蜂谷川ます釣り場が先月の台風でつぶれた
とのことで、氷川ます釣り場というところに行った。

釣れねえ釣れねえ。
夕方5時までいたが計4匹しか釣れなかった。
大人5人も釣竿を垂れているのに、である。
入場料一人3,000円もとりやがってこれあぼったくりだ。

昔行った蜂谷川の時は何十匹も釣れて川べりで即座に焼いて食べたのが
たまらなく美味しかった。塩をふってね。20数名の大勢で行ったが
一人5~6匹は食した。中には10匹以上たいらげていたのもいた。

今回は大人子供含め計15名近く。
寂しいながら一人一匹は食えない。4匹しか釣れてないんだから。
私は一口だけ(1センチ四方大)頂いた。
美味いんだかなんだかわからなかった。 
Kicx6647 Kicx6649

  
奥多摩は近いようで遠い。そして運転が疲れる。
ワインディングがあるからといえばそうかもだが、だと伊豆や箱根も
同じのはずだ、しかしあちらより断然、疲れる。帰りは思わず

「疲れた!」

とこぼした。妻からは珍しいわねと言われた。
運転が疲れるということは私にほとんどありえないからだ。

子供がいない時は日帰りで伊豆を一周したこともある。
湯河原からず~っと海岸線で熱海、伊東、熱川を経由して石廊崎へ。
んでそっからはず~っと西伊豆の海岸線をひた走った。
でも全然疲れない。
でも奥多摩は疲れるのだ。
理由の一つに渋滞があげられる。福生、拝島のあたり、あそこらは
だらだらの渋滞が続く。
そしてもう一つ。信号のつながりが悪い。たとえ渋滞が晴れても、
すぐまた信号につかまってしまう。その先までずっとアクセルを
踏み続けていたいのがストレスとなる。

若い頃はバイクでよくいきましたけど、車では4~5度しか行ってない
気がしますね。ええ、もう行きたくないところなのかもしれません。

ATF無事交換

オートマオイルは無事交換された。フィルターと。
半分っつっても5リッター。フィルターも替えたんで半分
だけってわけにはいかなかったらしい。だから三分の二ほどだと。
全部だと8リッター近く入るものなんだな。
スゲーな。

あ、あと、ATシフト下のブッシュを替えてくれていた。

で、ATF効果なんだけど。
全然わかんない。
全く、です。

シフト、スムースになったような、なってないような、
変わってるようなそうでもないような。なんだかわからん。

ま、いいや。
これで何年かはだいじょうぶだろう。また9年後に
5リッター替えるかな。

シフト下に入ったグミの件は、ネットで相談したらいいurlを
教えてくれた方がいらして助かった。拝見すると大丈夫かもしんない。
でも嫌だから自分で清掃してみよう。週末。

ATF交換費用は込み込みで2.8万でした。

2007年10月11日 (木)

ATにグミ

長男がグミをATシフトの中に落としてしまった。
昨日。もちろんメルセデスの方。
Dと4のゲート間に。
私は運転中。
すこ~し見えていたので後部席から妻が即座に身を乗り出し
長い爪で取ろうとしたがそのとたん、ポトンと底へ。
見えなくなってしまった。

あの中は割りと高温になる。溶けてどろどろになって
電子回路に悪影響及ぼしちゃったらぶっ壊れる。
で、さっきヤナセに持って行った。
一難去ってまた一難だ。

グミは奥底。見つかるはずはない。
分解はできるんだろうか。

「かなり、大変なことになります。
 この中の分解は、ほとんどやったこと、ありません」

マジすか。。。
このままで、なるようになれ、ですか。

「ジュースをこぼしたお客様がいらして」

ああ、似てますね、どうしたんですか、その車。

「ここのところ、総取替え、でした」。

かなりの額がかかったらしい(汗゛
 
 
昨日はメルセデス受難の日で、長男から3度もいじめにあった。
買い物に出かけた駐車場で扉を勢いよく開いて鉄柱に
ドン!
とぶつけるし、なめていた飴はクチからポトンとシート下に
落としちゃうし。(もちろんグミとは別)

ま、いいとして。
結局車はその分は無修理、とした。放置するしかないと判断した。
 
 
で、ついでといってはなんだがオートマ。ATFとフィルターの交換をお願いしてきた。
オイル、いきなり全取替えはATぶっ壊れる可能性大、と釘を刺されているので
半分だけ交換とした。
理由は、ここ最近のことだが、シフトショックが大きくなってきたのだ。
全域ではない。下り坂での減速時に限る。
速度が落ちてきて15キロくらいになった時、

ドン!

というショックと音と共にギアが落ちる。
おそらく1速へのシフトダウンなのだろう。でも
あんなショックは今まで無かったし、この間の西伊豆往路の
裏道(峠)の時は、顕著に感じた。何度も何度も。
半交換で直ってくれればいいのだが。

早9年、7万キロ。
いろいろ出てきますね。

2007年10月10日 (水)

リヤスピーカー再設置

スピーカー、無事再設置終わった。
剃りが合わないのかなんなのか分からんが、このショップに
苦言をつけるのは4度目だった。

リヤスピーカー、手配してたのが付かなかったり、
ドア内張りの工事が手薄だったり、
カロのイニシャライズミス?フロント運転席の設定を
変更すると、リヤから音が出たり出なかったり。

んで今回4度目なワケ。
いいんだけどその都度車を一日預けに行かなきゃならない。
仏の顔も三度までって言うけど、まあ私も人が丸くなったというか
角が取れてきたっていうか落ち着いてきたもんです。
会社員だった頃なんか棘だらけでしたから、そりゃもうこんなこと
あったら脅しに近いくらいで暴れまくってたかもしんないですねえ(ウソ)

とはいえ無事直って帰って来ました。
リヤからの音は、見事!
聞くとかなり手の込んだデッドニングを施してくれたとのこと。
鉛のテープも広く貼ってくれたようだ。

音が30まで上げないと満足いく音量が得られないことについては
カロはそんなもんなんだそうだ。
カロの別な機種を接続、試してくれたそうだが、それはmax40だそうだが
20まで上げないとだめだったそうだ。

で、リヤについては、音の逃げるスペースが広いため、
そこをうまく塞いで、前面(室内)に音が出てくるよう、
かなり工夫してくれたとのことだった。

満足満足。
ついでにアンテナもフィルムのものにして、これもスッキリでいいな。
もっと前からこれにしていればよかった。

2007年10月 9日 (火)

リヤスピーカー外れてた

Kicx6642 Kicx6643

メルセデスの方だが、ストップ&ゴーやコーナリングの度にリヤから
コトコトと音がしていた。
トランクの子供のおもちゃか何かが動いて当っているのだろうと
思っていたがそうでもなさそうだ。

リヤドアあたりから聞こえてくる。
なんだろう、まさか、、、嫌な予感。
リヤスピーカー、半年前にアルパインのに取り替えたもの。。。

右後ろドア、恐る恐るスピーカーカバーを取ってみた。
すると!ゴトンとスピーカーが落ちてきた!

ナヌ!
着地はしなかった。セーフ!

自分でやったならまだしも、きちんとショップにお願いしたものなんだよな。
ベースのバッフルには木ネジ2本でとまっていた、その
2本とも緩まって取れてしまっていた。

ということは、と、更にやな予感。左後ろも開けてみた。
なな、なんと、同じだった。
見事に2本の木ネジが取れてしまっている。
手抜き?
何年も経っているならまだしも、取り付け後半年しか経ってない。

普段メルセデスの方はあまり運転できないでいるので
気付かなかった。今回運転(連休前)の時、なんだかリヤから聴こえてくる
ベースの音がボコンボコンと調子悪いとは思って
たんだよね。イコライザー調整したとき、あれ?リヤスピーカー
こんなに音悪かったっけって思ったんだな。

もう一つ。
音が小さいのだ。
ボリュームレベルを
30
くらいにしないと好みの音量にならない。
30!ですよ。
説明書見ると、最大が
64
とある。
ということは最大値の半分まで上げないとだめっていうこと?

おかしいでしょう。
だから、とめなおしてきちんとスピーカーが設置されれば音も
きちんと大きくなるだろうと思ったが、そうでもない。
木ネジをきっちり止めなおしたが、音量自体は変わらない。
低音ははっきり出るようになったが。

すぐにショップに電話した。

リヤドア内でスピーカーが暴れてたわよ!
木ネジみんなとれちゃってるのよ!
ひどいじゃない!
何年も経ってるならまだしも、最近のことじゃないの!
フロントも含めてみ~んな再チェックして!

と、買い物ババアがスーパーに賞味期限のクレームをつける
ように文句を言った。

ショップ、平身低頭。
で、車今、預けてきた。
ついでに、カーナビのアンテナも再設置をお願いした。
妻がどっかにぶつけてへし折ってしまっていたのだ。
長男からテレビの映りが悪いってブータレられてたんだ。
これは室内フィルムアンテナに変更することにした。

ちゃんと工事してくださいね。
音量が30ってのも、ヘンですよねえ。
これももちろん原因追求をお願いしてきました。

2007年10月 4日 (木)

長男の運動会

今日は長男の幼稚園の運動会だった。
本当はこの前の土曜だったのだが雨で流れ、翌日の日曜へ。
ところがその日曜もまた雨だったので今日へと変わったのだ。

感心するのは平日だというのに親御さん、特にお父さん方の熱心なこと。
席取りの為に朝も早くから並んでる。もちろん開場前。
私は朝7時に着いたが、既に20名以上が
並んでいた。待っている人たち、ほとんどがお父さん。
かくいう私もそうだが。
 
 
約1時間、ぼ~っ。
本も読まず、ぼ~
ルボラン誌をカバンに入れてったにもかかわらず出さずにぼ~
隣りともほとんど何も話さずぼ~
時々雲間から覗く青空に少し晴れやかな気分でぼ~

少し気のきくハナシでもすりゃあよかったかなあ。

「きょうは、これで、おシゴト、
 休みとったんスか!?」

でもなあ、ズル休みの人だったら悪いしなあ。

「天気、今日はもってくれて、よかったスね!?」

じゃあありきたりだし。
右の人に聞いたのに、左の人が反応しちゃったらこれまた
ヒジョーにまずいことになるし。

私も私なりにいろいろ考えたんですけどね、タイミングを
逸してるうちに、交代の妻が長男と駆けつけてくれました。で私は出社。
次男は自宅待機。義母と蜜月。
  
  
でもがんばってるよな、みんな。
聞くと祖父母の方々を見に来てもらうためにいい席をと
いう方が多いようだ。
しかし考えれば、であればその祖父母の方が並んであげればいいのに
とも思う。でもまあそうもいかないのかな。いろいろ諸事情あるでしょうし。

私なんか小さいとき、親が運動会見に来てくれたことなんか、
あったんだろうか。
両親が店を2人できりもりしていたし、使用人もいなかったから
(たまにいたか)抜けるって、あまりできなかったんだな。

子孝行子知らず、ってよくいったもんですな。子供の面倒見や
世話のかけかたの大変さっていったら、こりゃすんばらしくとんでもない
ものがありますよね。
私の親はどうだったんだろう。ほったらかし、かな。
あんまり面倒見てもらった記憶が薄いような。。。
いやいやそんなことないですよね。大変大変お世話になりました。
ってことにしとこう。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »