« リヤスピーカー再設置 | トップページ | ATF無事交換 »

2007年10月11日 (木)

ATにグミ

長男がグミをATシフトの中に落としてしまった。
昨日。もちろんメルセデスの方。
Dと4のゲート間に。
私は運転中。
すこ~し見えていたので後部席から妻が即座に身を乗り出し
長い爪で取ろうとしたがそのとたん、ポトンと底へ。
見えなくなってしまった。

あの中は割りと高温になる。溶けてどろどろになって
電子回路に悪影響及ぼしちゃったらぶっ壊れる。
で、さっきヤナセに持って行った。
一難去ってまた一難だ。

グミは奥底。見つかるはずはない。
分解はできるんだろうか。

「かなり、大変なことになります。
 この中の分解は、ほとんどやったこと、ありません」

マジすか。。。
このままで、なるようになれ、ですか。

「ジュースをこぼしたお客様がいらして」

ああ、似てますね、どうしたんですか、その車。

「ここのところ、総取替え、でした」。

かなりの額がかかったらしい(汗゛
 
 
昨日はメルセデス受難の日で、長男から3度もいじめにあった。
買い物に出かけた駐車場で扉を勢いよく開いて鉄柱に
ドン!
とぶつけるし、なめていた飴はクチからポトンとシート下に
落としちゃうし。(もちろんグミとは別)

ま、いいとして。
結局車はその分は無修理、とした。放置するしかないと判断した。
 
 
で、ついでといってはなんだがオートマ。ATFとフィルターの交換をお願いしてきた。
オイル、いきなり全取替えはATぶっ壊れる可能性大、と釘を刺されているので
半分だけ交換とした。
理由は、ここ最近のことだが、シフトショックが大きくなってきたのだ。
全域ではない。下り坂での減速時に限る。
速度が落ちてきて15キロくらいになった時、

ドン!

というショックと音と共にギアが落ちる。
おそらく1速へのシフトダウンなのだろう。でも
あんなショックは今まで無かったし、この間の西伊豆往路の
裏道(峠)の時は、顕著に感じた。何度も何度も。
半交換で直ってくれればいいのだが。

早9年、7万キロ。
いろいろ出てきますね。

« リヤスピーカー再設置 | トップページ | ATF無事交換 »