« 那須のこと | トップページ | 訂正です »

2007年8月 1日 (水)

カーステの音

レクサスのカーステの音がいい(マークレビンソンでなくても)、
と以前書いた。たかぴー号負けてるとまで書いてしまったが、
語弊があるといけないので訂正と追記。

たかぴー号のスピーカー(F:FOCAL、R:ALPINE)
もかなりいい音はする。しかしどちらかというとモニター用という感じ。
簡単に言うと音を
「きれいにだしてくれる」
というのではなく、ありのままの音を
「忠実に再生する」
といったところだろうか。

対しレクサスはスピーカー、車内に13個もちりばめられているもん
だからエフェクティングとしても悪くなるはずがない。パッと聴きにはすんごくいい。
しかも音響効果も考えられての設計が入っているからましてや、だ。
しかし「忠実に再生」
というよりも
「装飾された再生」
っていうイメージが強い。

たかぴー号、スピーカーは6個しかついてない。半分以下だ。
しかも車内の音響設計などまるで考えられちゃいない。
効果的には敵うワケがない。
しかし
「ナマを再現する」
ってことで言うと決して負けてなかったんじゃあないかな。
っていうことを今回言いたかった。

料理で例えればレクサスが美味いフレンチなのに対し
たかぴー号はマグロの上トロって感じ。ウマイところね。とでもいいましょうか。
要は加工ナシってこと。

 
よく聴いてるスガシカオね。

Time
TIMEってアルバムの最後の曲「風なぎ」。
この曲はアコースティックギターがものすごい興味深い、いい音を出してる。
他であまり聴いたことない音色。
「TAILOR」というアコギだ。
無名?私は知らないギターだ。

2_1 2_2
乾いた感じがちょっとマーチンっぽいんだけどそうでもない。
ギブソンのように野暮ったい音と反対で、さら~っとして
湿り気が薄い、なんていうんだろう、気持ちいい音。
ざらついたスガさんの声に反しているから、妙に相性がいいみたいですね、
他の曲でも多く使ってる。同じアルバムだとJuneとかね。
材料にウクレレなんかで使う木材を使用しているそうで、
それが興味引く音色を作ってるのかもしれないです。

アルバム「PARADE」の「HOP STEP DIVE」で
メチャ上手いギターが入ってるのが、スタジオミュージシャンの小倉博和さん
なんだけど、調べたらこの人もTAILOR、何本か持っているようですね。
音楽って深いです。

そんなTAILORの音も忠実に再現してくれるたかぴー号。
ま、今日は汚名返上ってとこでね。そんなこと思い出して書いちゃいました。

« 那須のこと | トップページ | 訂正です »