« 140ホイールにさよなら | トップページ | コーティングしたいなあ »

2007年8月 6日 (月)

次男、風呂にて

風呂場に空の500のペットボトルがある。真ん中より
ちょっと下くらいに穴を開けてある。
次男、そのボトルに水を入れろ水を入れろとうるさい。
入れてやると洗い場床にあぐらでドンと座り、ボトルを
膝の前に置く。
そしてチョボチョボとボトルから出てくるその水を、
そのペットボトルの小さな蓋にとって、ちびちびとかつグイッと飲むのだ。
飲むたびに

「うま!」

と言う。
その飲みっぷりと、うま!の発声が絶妙で面白いったらありゃしない。

私と長男は湯に浸かりながらその次男の飲みっぷりを
見ている。ゲラゲラ笑いながら。
すると次男、バカにされたんじゃあないかと
怒る。

「ナーンダ!!
 なあんだ!!よ!!」
 なんだ!!よ!!」

と、大声で。むっとした顔で叫ぶ。
その大声の反論もまた面白くて可愛くて、笑いが止まらない。

風呂の窓は暑いから開け放っている。窓の先は小庭があるが
竹で編んだ塀があるから外から見られることはない。
竹の塀の向うは公園だし住宅街は少し離れているからと
安心していたら先般、公園の向うのお宅から

「お宅のお子さんの声、筒抜けになってるわよ」

と注意を受けたそうだ。(義母)
だから子供が叫びだしたらすぐ閉めるようにして、と妻から
言われている。
うんうん了解了解、と返事しているが、実は私、あまり気にしていない。
ていうか閉めていない時のほうがほとんど。

いいじゃあないですか、夜のまだ9時、10時くらいなのだから、
子供の声くらいご近所に響いたって。
その方が平和ってもんじゃあないでしょうか。

Kicx3547

« 140ホイールにさよなら | トップページ | コーティングしたいなあ »