« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

西伊豆の道

写真を整理してたら思い出した。
今年お盆の西伊豆のこと。
帰路は夜晩くなってしまって、タケ氏も同乗して帰ったんだけど
いろいろ面白い話になった。
タケ氏、オカルトオタクだったらしい、学生時代。
心霊写真とかねUFOとか。ムー誌の熱愛読者だったんだと、で、
帰路の伊豆の道は暗いし他にも車あんまいないしで、
どんどんどんどん怖い話になっていってしまった。

実はたかぴーはオバケは絶対にいないもんだと信じちゃってるから
怖い話にはヒジョーに興味がある。
だけど人と違うのは、異常なまでの怖がりだ、ということ。
だってそうでしょう、いないと思ってるんだから、見たらそりゃ
大変な騒ぎになっちゃいますよ。
いるんだと思ってますでしょ、皆さんは。だったらいいじゃあないですか
見たって。
あ!いた!見ちゃったよ!
で済むんでしょう。
私は気絶しますから、瞬時に。
だってくどいけどいないと思ってるんだから。絶対。

で、、、タケ氏とのオバケ話は置いといて。。。
私の恐怖の体験。オバケとは違います。
今回の西伊豆で思い出した。
だいぶ前、87年の夏と思うが、お盆に堂ヶ島の知り合いの
民宿に行った時の思い出。
怖かった。これ、今思い出しても怖い。
よく生きて帰れたなと自分で感心する。
  
 
その日お盆で金曜は早めに仕事を終え、自宅にいったん戻り
車で東名を西に向かい沼津で降りまずは修善寺をめざした。
しかし当時はナビなど無く、私は初めての修善寺で道に迷ってしまった。
気付くと田舎道に入ってしまっている。地図見るも現在地はどこか
とんと見当がつかない。
折りしも台風の余波で土砂降りだ。
まいった。

恐る恐る走っていると、二又の突き当りに木の建て看板が見えた。
忘れもしない、ボロボロの看板。

 ⇒ 西伊豆

と記してあった。

「あ~、だいじょうぶだ、良かった。
 間違っていなかったんだ。
 右だな右右」

と楽観視したのも後の祭り、そこから地獄を味わうことになった。

標識どおり進んだにもかかわらず、すぐ道は未舗装路に
変わった。
細かった道は進むに従って細さを増していく。
1台通るのがやっとの太さ。しかもクネクネクネクネと
右へ左へ急カーブの連続だ。
あたりは漆喰の闇。外灯なんかありゃしない。
これはやばい、こんなとこで死ぬのは真っ平ごめん
UターンだUターン、戻ろう戻ろうと思ったが、
引き返すためのスペースが、無い。
道が正しいことを信じ、そのまま進むしかなかった。

東京を出た時から降り続いていた雨は止む気配を見せない。
相変わらず土砂降り。
道が川と化していたところ数知れず。
場所によっては鉄砲水のようなのが左崖から怒濤のごとく
噴き出してきている。
恐怖のあまり直視することができなかった。
死を予感し喉チンコまで心臓がせり出してきていた。
決して大げさな話ではない。

時刻はもう23時を過ぎていた。
真っ暗で頼りになるのは自分の車だけ。マークⅡツインカム24(87)。
携帯なんか無い。
がけ崩れがあったら一巻の終わりだったろうし、
ハンドル操作も少し誤ればタイヤががけにとられて
万事休すだったろう。
ゴツゴツした石だらけの道。いつパンクするか分からない。
パンクしたとして灯り一つ無い闇、さらに土砂降りの中、
交換などできるはずがない。

誰か車が来ることも期待したが、前から来られたらすれ違い
できない。道はそれだけ細かった。
しかし誰か他にいて欲しい。もうどうしようもないくらいの
恐怖のどん底にいた。

結局何時間彷徨ったか、2~3時間だろうか。
峠が下りになって、カーブが緩く続くようになってきた
と思った時、遥か先にポツンと家の灯りが見えた。

やった!民家だ!
大丈夫だ。救われた。助かった!

あの時のうれしさ、忘れないなあ。

なんでこんなこと書いちゃうんでしょう、ねえ、
読んでもつまんないでしょう。え、怖くないじゃんって?
そうかもしれませんね。でも思い出して書いちゃいましたね。

写真は今年の西伊豆。

F0bb

2007年8月30日 (木)

だめです

「青い瞳のステラ」がFMで流れてる。
けど柳ジョージじゃない。JAYWALKだって。
だめだなあ。だめですよ。やっぱこの歌は。
柳ジョージじゃないと。だめですね。
 
 
スガシカオのライブがBSで放映されていた。
録画して見た。
スガさん、ギター上手いと書いたがそれは素人と比べたらの
ハナシ。今回ライブで見たらリードはお世辞にも上手いと言えず
逆に見ていて恥ずかしくなってしまった。スガ狂の方、ごめんなさいね
でもカットやアルペジオはとても上手いと思いますよ。

このライブ、バックでギタリストとして参加していたのは
間宮工さん。
この人はワリと上手い。
Shikao & The Family Sugarの一員なんですね。

スガさん、イマイチだったのはHOP STEP DIVE。
曲はものすごいいいし好きだしだけど肝心のギターソロが問題。
レコーディングでは小倉博和さんが弾いててかなりイケてるんだけど、
ライブではまさかスガさん、自らが弾いてしまった。
たかぴー的にはドン引き。
間宮さんに弾かせればよかったのに~、と残念でならない。
 
 
とはいいつつハマってしまってアルバムは借り漁り
今んとこ持ってないのはSUGARLESS
Sugarless
だけ。6年くらい前のですね。

なんかねえ~変なクスリ(やったことない)、みたいな常習化
してしまう独特ものを持ってますよね。
ハスキー声といいB面的曲調といい決して明るいとは言えない
暗い歌詞系といい。
 
 
ライブ盤
Thankyou_2 
を聴くと分かること。
声が違うんですよね彼。スタジオでやってるのと。
ウチの長男6才もこれ聴いて

「声、違うね」

と指摘している。

澄んだ声。きれいなんですよ。
爽やかで伸びる、少し細めの女性的な線、かな。
アルバムでみられる世間に有名な独特のハスキーボイスは
影を潜めている。
なぜだろうか。

これはこの前友人らと話した時にも言ったことなんだけど、
スガさん、30過ぎてのデビューでしょう。
考えたんじゃあないかな。
きれいな声でももちろん歌える。
けどきれいな方だと、他にもっともっといい人がいっぱいいる
じゃあないか。つまり、つまんない。
 
  じゃオレは同じで行ったってダメだろう。
  もう30なんだ、あとがない。
  他人では出ない、
  ハスキー路線の方で
  行っちゃえ!

ってね。
あくまでも想像の世界だけど。
ライブ盤ではツアーか何かで疲れてて澄んだ声の方が
出ちゃったんじゃないか、と。
 
  
 
作曲については先般インタビューでは

「100曲なんて作れないと思ってました」

と言っていた。
アルバム作る度にベストを尽くして

『このアルバムで、終わりだ』

という思いで自分の全てを出し切って投下してる、と。

えらい!

 

私は認めたくないミュージシャンの一人に広瀬こーみさん
がいるけど、彼女はロマンスの神様をヒットさせた後
全然違うことを言っていて、それじゃマズイだろうと思った。

  曲はあ~、書き貯めしてるんでえ~、
  だからあ~、いい曲はあ~
  小出しにしてるんですよお~

これじゃあねえ、だめよ。この業界。もちません。つぶれて
当たり前ですわ。

2007年8月29日 (水)

また行っちゃったプール

Kicx6528
このお尻は模様ではない。よごれ。つまりドロ。
普通にしていることが、この次男はなんでも滑稽に
見えてしまう。日曜、ポケモンセンター~リーバイスバーゲンの後の
世田谷公園で。
  

  
MRN家との読売ランドプールが相当楽しかったとみえ、
リクエストに応えて昨日も再び(今度は家族だけで)訪れた。

長男の幼稚園が近いせいもあって、5~6の知人、家族と会った。
シーズン券みたいなのを持ってる方も多いようで、行かなきゃ損と
ばかり、週2ペースくらいで来ている人もいる。
だから昨日も平日なのにもかかわらず大盛況だった。
流れるプールは芋洗いだし、ストレス発散にいい飛び込み台も
長蛇の列だった。

混んでるのはいいのだが、プールサイドのそこらじゅうでタバコを
吸っている輩には腹が立つ。
喫煙所は定められているのでそこ以外では吸ったらいけないことに
なっているのにだ。
私達の横のカップルもスパスパとやっていた。
こちらは風下、煙がみんな来るしおにぎり食べてるし子供ももちろん
いるから嫌だ、女の方と目が合ったので指をさして向うで
吸ってくれと手を振ったが無視された。
荷物もあるしへんに逆切れされても困る、以降、何も言わず
ほっといた。すると放送で

健康増進法に則って、喫煙は決められた喫煙所でのみお願いします

とあったのだが、それを聞いたその女の文句が笑える。

何が健康増進法だよ、ざけんな、余計なお世話だ!

と。
ばかじゃないか、周りの人の健康に気遣うということでの増進法だ、
吸うヤツのことを気遣っているのではない。
名古屋にいってお前が拉致殺害されろ、と思った。

読売ランドプールは監視員がウヨウヨいる。溢れんばかりだ。
流れるプールでも20~30mおきに歩いている。しかし彼らはタバコは
何も注意しない。小さな子が浮き輪を重ねて遊ぶと

「浮き輪!重ねないで!」

とかすぐ注意する。プールサイドから飛び込むガキにも

「だめだめ!ボク、飛び込みはダメだよ!」。

そこに何の危険性は無くても、弱者には叱りたい放題叱り、
サングラスかけて刺青入れてる喫煙者には何も注意しない。
 
 
最近テレビで政治家や評論家がよく

「この点については急ぎ、議論していかないといけない」

とか

「多くの議論が必要だ」

とか言うけれど、私に言わせれば何が「議論」、だ。
議論していたって何も進まないのだ。
「検討」することが必要なのであって、多くの議論で何が決まる
というのだ。

プールの監視員も同じ。監視するだけじゃあだめ
きちんと注意しないと。
ちっちゃいパンツ穿いて笛をグルグル指で回しているだけじゃああんた、
意味ない。舌出して笑われてますよ次男に。

Kicx6538

2007年8月27日 (月)

リーバイ

昨日はリーバイスのバーゲンに行ってきた。
うれしかった。
Gパンはリーバイスしか履かないのだ。

昨日買えたのは502、503を1本ずつ、あとGジャン1枚。
それぞれヴィンテージ風のヤツ。
どこも値引きしてなくて1万~1.4万はするが、それらがだいたい
50~70%オフで買えたのだ。うれしいったらありゃしない。
ああそれとノータックのチノも一本買っておいた。
これはシルエットもいいし色合いが白に近いベージュで
ストレッチが濃茶。かわいくて気に入った。たぶんこれを一番多く履く
ことになるかな。Gパンは好きは好きだけど
平日はあまり履けないからね。
だから買うにも勇気がいった。妻の

「2本は買ってきなさいよ!」

の後押しがなかったらだめだったな。チノとGジャンだけで
収まってえらい後悔することになったかもしんない。

妻と2人の愚息は近くのポケモンセンター(めっちゃ混んでた。
入るのに30分待った)で遊んでいて
私だけが買いに行ったのだ。

ああ~よかったよかった。うれしいうれしい。

でもねえ、いつ履くんでしょうねえ、Gパン。
タンスの肥やしになってるの、もう5~6本あるのに、
増える一方ですね。

2007年8月25日 (土)

流れるプールは疲れるプール

22(水)は読売ランドのプールに繰り出した。

mrn家と現地合流。

流れるプールはこどもたちに大ウケで、何週したかわかんない。

ほぼ全周(20くらいした?)をつき合わされているから疲れた疲れた。

あとでおじゃましたmrn家で爆睡してしまった。

しかし考えたら、mrn家におじゃました時で私

寝なかったこと、無いですね。

いつもすいませんm(___)m

でも懲りずにまた行くからね!

A7ba

2007年8月21日 (火)

裸好き次男

朝青龍のサッカーに興じたVTRを見るたび、
次男の動きに似ているなあと感じる。
太り具合もそうだし、体躯のワリに快活だしね。
おちゃらけたイメージに共通項を見る。

反し幼稚園サッカースクールでの長男はわりと
ボーッとしてる系。
球を追おうとしない、っていうか球来てるのに蹴りにいかない。

Kicx6091

 
 
 
6才長男と2才の次男、兄弟喧嘩はしょっちゅうだ。
毎日。
だけど、次男が親(私、妻、義母)に叱られて大無きした場合は、
兄は兄の自覚があるのか、やさしくあやしてあげている。いっちょ前にそおっと
抱いて、背中を撫でて。
そんな長男をみるにつけ、お兄ちゃんになったんだなと多々感じる。

とはいいつつ、殴り合いは日常茶飯事。

まともに殴ればもちろん長男が勝つだろうが
無鉄砲向う見ずな次男は指を立てた引っ掻き作戦で応戦。
先だっては長男の美顔目の下に傷を作り血を見るに至った。

 

Kicx6197

写真は先月のね。
2人ともダイソンが好きなようで、これが出てくると
喧嘩のゴングが鳴る。
オムツのままの写真。次男を見るたび、ぷっと笑ってしまう。
服を着るのがきらいで、暑い寒いはカンケー無く
ほっとくとこのままでずっといる。

先月は公園で遊んでいる時にいきなり服を脱ぎだしてこの
オムツのままずっといた。いちおう靴だけは履いている。
しかも公園隣りの家の子と仲良くなってしまい、オムツのまま
その家に上がりこんでしまった。
私は連れ出そうにも連れ出せず、そのお宅の庭先から大声で
ノリノリで便乗おじゃましてる長男を叱ってやっとの思いで撤収に成功した。
ちなみにオムツはドロだらけだったがウンチはしていなかった。
帰るとドロだらけのオムツを見て私が妻に叱られた。

体育の教師も務めていた義兄(早大体育会系少林寺拳法部元主将)に、
2歳児の運動能力有無は何を判断基準にするかと聞いたら、
手足の筋力の強弱だそうだ。
次男、力がすんごい。
こんな棒にもスイスイ登っていきそうな勢い。

Kicx6092

鉄棒なんかにぶら下がらせると、ずーっと捕まったままぶらんぶらん
ぶらんぶらんと揺れている。何が楽しいのかはわからない。
しばらくして疲れてくると雄叫ぶ。
足を膝から曲げているから地面の高低が分からないのだな、助けてくれと
いうこと。
自分で手を離して飛び降りる勇気が無い、意気地が無いのだ。
これも朝青龍と似ているのかな。

2007年8月20日 (月)

室内清掃

メルセデスの方だが、室内を清掃した。
昨日は朝方は涼しかった、8時までゆっくり時間をかけて
掃除機できれいさっぱり。
Kicx6438 Kicx6433

Kicx6440

Kicx6436

次男はここに寝るのが好きみたい。
Kicx6228

法的には×ですよね。
でも枠にとらわれるのが嫌いみたいで、チャイルドシートでなんか
寝てくれたこと、ほとんどありません。(これは7月の写真)

2007年8月17日 (金)

ああ、C6

姉が、長男が北海道に行ってきたからと土産を持ってきてくれた。
笑える。白い恋人だった。

でもね、これ、おいしいんですよね。ホワイトチョコで、私、大好きです。
なんでまた、こんな不祥事みたいに取り上げられてるんでしょ。
まあ製造日の偽装はよくないですわなあ。でも、製造の古い方から
いっぱい売れるとこへ出庫してたっていうのは悪いこととは思えないけど。
逆に積極的にそうすべきですよね。
しかし元は社内告発からだっていうから、きっともっと悪いこといっぱい
してたのかもしんないですね。ま、早く立ち直っていい製品作ってください。

ハナシ変わって。
ピカソ試乗してきた。

だめだな、こりゃ。だめでした。
いい車だけど、私には、合わない。

乗り心地はグッド。
いかにもフランス車ってカンジ。後部席は◎でしょう、とてもとても
気持ちいい乗り心地と思います。
なんたって船のようなんだから。ドン、ドンと来る突き上げは皆無で
ゆらあ~っと揺れてくれてそれでオワリ。二度揺れは、無い。
しなやかでいてコシがある。船っていうのは間違いかな、
リムジンバスって言った方が合ってる。
リアはエアサス。味付けもヒジョーにいいものでしたよ。

が、ハンドリングがハナシになってない。ボヨンボヨンです。
グニョグニョって言った方がいいかな、これは好みに全く
合わないもの。手ごたえ歯ごたえが全く無い
歯がゆいカンジ。これで箱根の山越すにはちょっと疲れそうだぞ。

それとシフトフィーリング。
試乗は6速のセミオートマを指定した(シーケンシャルモード
付き4速ATもある)んだけど、シフトアップの度に加速がガクンと落ちる。
クラッチを切ってつないでるって作業が、顕著に運転手に伝わるんですね。
いやいや運転手どころじゃあない同乗者全員もしくは後走ってる車にも
バレバレなんじゃあなかろうか、あれは。それほどのひどい減速。
だからシフトアップの度に首が鳩のように前に
コクンと出てみっともない。

こりゃ、いけませんねえと言うと

「いや、1時間も運転して頂ければ、必ず慣れます」

ほんとお~??

これだったらメルセデスW211(旧)のセンソトロニックブレーキの方が
まだ早く慣れそうと思いました。
しかし営業さん曰く、シフトアップの度に、少しアクセルを緩めて
やってください。であれば、減速しないでつないでくれるんですよ、
とのことだが、それは私に言わせれば、ナンセンス。
そうでしょ、機械がやってくれるのがオートマなワケ。なんで人間様が
いちいちいちいちシフトアップの度にアクセル緩めなきゃあかんの。
だめです。機械がやりなさい。私はやりたくありません。
あ、そうか、だから名前上はセミオートマ、としてるわけなのかな。

シフトの欠点を強調してしまったが、乗り心地はほんと
すばらしいですよ。
長旅の帰路、メルセデスCとこのピカソ、後部席だったらどっち選ぶ
と言われたら間違いなく私はピカソをとりますね。Sでも悩むなあ。
レクサスのLSだとマッサージ機能がついてるからLSにするけど。

ま、いいとして、もう一つ褒められるのが、シート。
この座り心地は絶品ですね。このシートを抜くシートはフランス産の
ソファーくらいしか無いでしょう。家に欲しいくらいだもん。
背中の当り具合なんか、たまらくいいし、これに座って映画観たい
って思いました。
硬いようで、奥で柔らかい。包んでくれるようでいて、ウザくない。
この猛暑なのに、ね。

4席独立設定できるエアコンやパノラマのフロントグラス。
リヤグラスにはシェーダー付きだったり、きちんとルーフバーが
用意されてたりと、いたれりつくせりは国産車のよう。

それと~どうしようかなあ~、書くの我慢してたけど。。。
やっぱし書く。
わたくし、一目惚れしちゃいました。
入口に置かれてたC6に。

Top_01_2

実はピカソ試乗してても、頭はC6にいってたんです。
今、イチバン欲しい車になっちゃいました。

04_l_2
どこまで行ってもね、疲れることはないでしょう。

Interior1_01Interior1_02 Interior2_01

680万、ね。
これを「安いじゃん」って言えるように、なりたいなあ~

   

2007年8月16日 (木)

西伊豆、峠、シフトショック

11(土)、12(日)と西伊豆にキャンプに行ってきた。
計4家族だがウチだけ子供もまだ小さいし(2才の次男の夜鳴きがすごい)
不安材料の方が多かったのでログハウスの宿泊とした。

場所は西伊豆堂ヶ島のあたり。海岸線から山に車で10分ほど
登っていったところにある。オートキャンプ銀河。
その名の通り、夜は星が降ってきそうなくらいの満天の星空となる。
ナントカの流星群が13夜ピークになるということだったが、
11の夜でも多く見れて、私だけでも3つの大きめの流れ星を確認できた。
目を凝らして見ていれば10~20分に一個くらいは
落ちているようだった。
 

11の出発の朝は5時に自宅を出た。
東名は既に渋滞と出発前にテレビのテロップで確認していたので
246を使い青葉の先でマックに寄り厚木まで行き、
渋滞なしの小田原厚木道路を決して制限速度70を越えることなく
走って、箱根ターンパイク経由、伊豆スカイラインへと向かった。

伊豆スカ入口で他の3ファミリーと合流。
西伊豆には修善寺を通るルートが一般的だがあそこは渋滞のメッカ
なので避けて南下。修善寺の少し下、冷川から西海岸に向かうルートを
とった。あまり使われない道だし細いし超クネクネの峠。
私は運転が楽しかったが崖も多く今回のようなよほどの渋滞回避でない限り
使いたい道ではない。

右へ左へとタイトなRの連続だったが、メルセデスは全く揺れない。
少し硬めのザックスのスプリングとコニーアブソーバー強の
設定が奏功しているのだろう。助手席の長男はハッピーセットでもらった
テレビゲームに興じていて妻に
「酔ったらどーすんの!」
ととがめられていたが、止めようとしなかった。
次男は後部席で爆睡だった。

この道は何度か通ったことある道だろう、バイクでもあったかもしれない。
車では古くは87年。マークⅡで夜中、土砂降りの雨の中を通って
死にそうになった道がこれだったろうか、いや、あの時のは舗装路では
なかったから、これではないだろう。
あの時は今回と同じ距離の峠をほぼ全域に渡って砂利道で走って
死ぬ思いをしたな。よく生きて帰れた。

今回シフトショックで気になること。
峠が下りで減速している時、20キロくらいにスピードが落ちてくると、
ドン!
と、きつめのシフトダウンの衝撃が入るようになった。
3→2?それとも2→1?
同じ減速、市街地では日常茶飯事だが、それでは起きない。
峠で下り坂、20キロに落ちた時ほぼ必ず起きるのだ。
初日、二日目と20回以上は経験した。
なんだろうか。
「衝撃」と書くと大げさなようだが、堅牢なシャーシがあだとなって
いるのかもしれない、居室内に大きめの
ドン!
音が響く程。
エアマスセンサーは替えたから他に原因があるかな。
ひょっとしてATか?
オートマのオイルは何度か書いているように、98年の納車以来、まだ
替えていない。
ATかなあ、どうだろう。
ヤナセの言うようにいきなり替えたらATやられますよ、
を鵜呑みにしていていいのだろうか。
先々ちょっと心配ではある。

足に不満を覚えることはなかった。が、帰路、タケ氏が同乗し
家族と荷物満載のメタボ状態にあっては飛ばした高速コーナーで
若干の振られが確認できた。
1名乗車で180超で300Rくらいの
コーナーを攻めるのと同じようなものだろう、これは止むを得ない
とした。しかもリヤに重い荷物も一杯だ。尻下がりになって
トー角への影響も出ていたことだろう、ハンドリングのキレも
少々悪かった。

「振られる」
といえばドイツ車では不名誉なことだろうが、
フランス車はわざと揺らして、それを不快な揺れにしないような
つくりをセンス良く仕立てている。
今回峠を走りながら、こういう道をシトロエンあたりで流して
みたいなあと、何度か思った。

ということで近々C4を試乗してきてみたいと思う。
ピカソ、ね。

02_l

大きそうに見えて長さはたかぴー号とほぼ同じ。だが
幅が10センチほど大きい。
リヤのエアサスがどう味付けられているか、非常に興味があるのだ。

とはいえ、本当は本国の「ピカソ」
が欲しい。5人乗りの。

0000015173_06181026_3  

日本に入ってきているのは、本国で言うところの「グランピカソ」
なのだな。
だからリヤビューが全然違う。

0000015173_06097003

まあ、ね。試乗ですから。今回は。

  

 

2007年8月14日 (火)

楽しかった西伊豆

Kicx6390_2

Kicx6392

Kicx6393_2

Kicx6419

Kicx6421

Kicx6422

2007年8月10日 (金)

軋み音

昨日ダッシュボード辺りからの軋み音が
酷くなったと書いたが、直った。
CRCを隙間という隙間全てに大量に吹きつけたのだ。

なんだろう。ヤナセの人、ばらして組み直す時に
拭き掃除でもしてくれちゃったのだろうか、それで
ギシギシギシギシと音がするようになったのかもしれない。
わからんけど、可能性としてもう一つ。
ヤナセの人にW204のいいことをいっぱい言われ、多少なりとも
心が揺れたから、かな。202に焼きもちを焼かれたのかもしれない。

信じます?
でもこれ、前もあって、アウディA4アバントのクワトロにぐらついた時、
かなりの軋み音がしたこと、覚えている。
本当ですよ。でも信じませんよねえ。単に偶然に過ぎないような
気もしますし、私も信じたくないですけど。

明日から西伊豆にキャンプ(うちだけログハウス)です。
楽しみ楽しみ^^

2007年8月 9日 (木)

BAS/ASR警告直った

気になっていた警告灯だが、センサーの交換で直った。
あーよかった。
スイッチ
「スイッチ ストップ ライト」
が3,790円、工賃が7千円弱で税込みしめて
10,720円だった。

今思えば点きっぱなしでも良かったのだが
何で点いているのかが分からなかったから怖かったし
ま、しょうがない。

聞くとこのセンサー部品は経年劣化で壊れる定番だそうで
取り外した古いやつ、スイッチの部分を押してみると
壊れているのがすぐ分かる。
押したらへこんだままで戻ってこないのだ。

こいつはブレーキペダルの奥にあって、押したり戻したりを
何百回も繰り返してるうち、壊れちゃうんだな。
9年乗ってればしょうがないとも思えるけど、ったく、
心配させるなっちゅーの。だからこういう
いらない機能はきらいなんだ。
 
 
ブレーキは進化していてバイワイヤー化が進んでいる、
センソトロニックブレーキ(SBC)も導入されてきていると
書いたが、今日は怪しい情報を入手。

ヤナセの信頼できるとある人と話せた。
初期型のW211に試乗させてもらった時、効きは良かったんだけど
効きを抜く時に、違和感があったことを言った。

「あ~、分かりましたか。。。
 実は後期型はバイワイヤー、やめちゃったんですよ^^;
 解決できない問題が多くあったようです」

やっぱなあ~
あの踏感は違和感ある絶対。

「通常はブレーキを踏んで、路面状況なんかを運転手が
 判断して、弱めたり強めたり、する。
 ですがSBCはそれを機械が、ある程度やってくれちゃうんです。
 人間は判断しないでいい、センサーが判断して、コンピュータが
 効きの加減を微調整します、ってことです」

はあ~
いらねえ~

「ですので今はSもバイワイヤーじゃ、ないんです」

そっかあ。メルセデスもがんばったろうに、諦めたか。。。
でもバイワイヤー化すれば、メンテフリーになる、要はブレーキオイルが
不要になるから、エコ化するって面ではエライと思えるんだけどな。

「ところで、、、
 204(ニューCクラス)には
 お乗りになりましたか?」

おっと、そうきたか。まだなんですよね~
早く乗りたいとは思ってるんですよお~

「いいですよ!
 202の方には特に違和感無く入っていけると思います!
 いろんな面での硬さが202っぽいんです。
 とにかく一度、乗ってください」

そっかあ~
でもなあ、ワゴンなんて、まだ先だろうし、最新の技術とかって
好きじゃないんだよなあ。
たかぴーは今の202が好き。いいんだいいんだこいつが好きなんだから。
204買うとしてもこの202は手放さないんだから。
そう決めたんだから。
 
 
と202こそすべてという頑なな身上及び揺らぎ無い信念を抱いて
センサー直した愛車に乗りヤナセを後にすると、
ブチブチブチブチブチブチブチブチとうるさい。
軋み音だ。
ダッシュボードあたり、正確には分かんないけど
メーターパネル左端か、下端か、あたりから、兎にも角にも
断続的に聞こえる。樹脂系のものが互いに擦れてるって感じの音だ。
ひどいんだなあ、これは。
なんだあ。
特に荒れたって感じの路面でなくてもずっと
ブチブチブチブチブチブチブチブチ言ってる。
今までもある程度はしてたけど、こんなにはうるさくなかったのに。
なんかやりました?ヤナセさん。
結局家に着くまでうるさいのが続いた。
ま、カーステ大音量でにしてれば分からないんだけどね。
精神衛生上、良いことではないです。これも直さないとね。

Kicx6026

2007年8月 8日 (水)

コーティングしたいなあ

そろそろメルセデセスの方、またコーティングしたいんだよなあ。
ここのこところ水洗いしても、深い艶が出ないようになってる気がする。
気のせいかもしれないし、
これ以上きれいにしてあんたどーすんの
という妻の声も聞こえてきそうだ。が、まあいいじゃあございませんか。
きれいでなにが悪い!

Photo

これは05年4月にかけたコーティングの時。
まる二日、磨きに徹した。コンパウンド3種類使い分け、ほとんどの傷
を取り去った。

でもなあ、もう場所無いしなあ。あん時のあの場所はもうテナントに
貸しちゃってるし。

先週末、親戚の何人かと会ったのだが、叔父からうれしいことを
言われた。
その叔父の車、2台をコーティングさせてもらってるのだが、
いまだに

「新車のようだよ^^」

ですと。ありがとうございます。コーティング冥利に尽きます。

まず05年3月にジャガーをコーティングさせてもらってる。

D88b

F5e4_2
可視可能なほとんどの小傷をポリッシングにより消去し
膜厚2μ、硬度9Hの薬剤をダブルで塗布した。
屋根付きの格納車庫だし当分は最コーティングも不要だろう。

この車、預かった時に運転してびっくりした。
その乗り味にである。
大きな船に乗っているよう。
ドイツ車とはまるで正反対だ。よく通る環七世田谷線の踏み切りなんか
ん?なんかオレ今通ったの?ってかんじ。何事もなかったかのように
通り過ぎた。
揺れないんですよね。でいて、ふらつくこともない。ま、高速は
試してないけど、是非今度ゆっくり乗らしてもらいたいもんです。

373b
81e9

昨年はマジェスタをコーティングさせてもらった。先週聞いたら

「水垢もつかない。水洗いするだけできれいさ」。

うれしいうれしい。そうですかそうですか^^

マジェスタの方は私の腕やコーティング剤の良さよりも、
塗装の良さってのが前にあるみたいですね。
なんたって、ツルッツルでしたから、表面が。
精度の高いガラスのような塗装。これはもう世界一の技術かもしれませんね。
この上を行く塗装はレクサス(LS)、シーマくらいしか
ないんじゃあないでしょうか。

ま、いいとして、いつやりましょうか、メルセデスのコーティング。
おっとその前に、場所が無いんじゃない。だめだね。
今の車庫は風が吹き込んできちゃうからね。
ま、来年まで我慢しましょか。
おっとその前にBAS/ASR直さなきゃだめじゃん。
足回りのブッシュ系もね。
やることいっぱいあるなあ~

2007年8月 6日 (月)

次男、風呂にて

風呂場に空の500のペットボトルがある。真ん中より
ちょっと下くらいに穴を開けてある。
次男、そのボトルに水を入れろ水を入れろとうるさい。
入れてやると洗い場床にあぐらでドンと座り、ボトルを
膝の前に置く。
そしてチョボチョボとボトルから出てくるその水を、
そのペットボトルの小さな蓋にとって、ちびちびとかつグイッと飲むのだ。
飲むたびに

「うま!」

と言う。
その飲みっぷりと、うま!の発声が絶妙で面白いったらありゃしない。

私と長男は湯に浸かりながらその次男の飲みっぷりを
見ている。ゲラゲラ笑いながら。
すると次男、バカにされたんじゃあないかと
怒る。

「ナーンダ!!
 なあんだ!!よ!!」
 なんだ!!よ!!」

と、大声で。むっとした顔で叫ぶ。
その大声の反論もまた面白くて可愛くて、笑いが止まらない。

風呂の窓は暑いから開け放っている。窓の先は小庭があるが
竹で編んだ塀があるから外から見られることはない。
竹の塀の向うは公園だし住宅街は少し離れているからと
安心していたら先般、公園の向うのお宅から

「お宅のお子さんの声、筒抜けになってるわよ」

と注意を受けたそうだ。(義母)
だから子供が叫びだしたらすぐ閉めるようにして、と妻から
言われている。
うんうん了解了解、と返事しているが、実は私、あまり気にしていない。
ていうか閉めていない時のほうがほとんど。

いいじゃあないですか、夜のまだ9時、10時くらいなのだから、
子供の声くらいご近所に響いたって。
その方が平和ってもんじゃあないでしょうか。

Kicx3547

2007年8月 4日 (土)

140ホイールにさよなら

ホイールをカールソンのに替えたから今まで履いていた16インチの
ホイールがいらなくなった。
家の庭奥の納戸に入れといたが邪魔だしもう使わないし
どうしようかと思ってたら、港北の方に中古ホイール買います
っていうお店を見つけた。
BBSで欲しい人を募ってもいいかと思ったが、売って難くせ
つけられてもいやだし(ちょっと重いんですよ)、タダであげるのだと
受け渡しとか面倒だしと、お店に売りに行った。
ところが、だ。
タダで引き取ってもらって、それでオワリ、だった。
つまり、買うことはできない、と。

Kicx6006
Kicx6008

とってもきれいだったんですけどね。コーティングも2度してたし。
でも持っててもいいことないから引き取ってもらいました。

01年3月に購入してからはや6年が経っていたのですね。
楽しい思い出もいっぱい詰まっていましたが、残念です。
ちなみに引き取ってもらったホイールは溶かして再利用するのだそうです。
さよなら。

Photo

BAS/ASRが点いた

メルセデスの方だが3~4日前から警告灯が
点いている。
BAS/ASRのランプだ。
説明書を読むと、これらの機能が故障している可能性がある、
だから修理工場に行きなさいと書いてある。
でもどちらも私はあまり使わない機能なんだな。

BASはブレーキアシスト。急ブレーキの時に、軽い踏み込みでも
強く踏んだようにアシストしてくれるという機能。
ASRはアクセレレーテドスキッドコントロール、かな。
雪道や滑りやすいところで、ホイールスピンを制御する装置。

いらないんだよなあ、どっちも。あたしは。特にBASの方は。
これ、効かせたくないのに働いてしまって、逆にあわてちゃう。
急ブレーキを踏むタイミングって、アクセル全閉にしてから
ブレーキ踏み込みまでの時間が速いでしょう。
だからそういう時は車がそれを判断して、浅い踏み込みでも
強い踏力が与えられたように「急ブレーキ」を機械が勝手にかけてしまうのだ。

ここまで読むだけでは、いい機能じゃん、って思えるんだけど、
実はその効きを抜く時が問題。

BASによって予期せぬ急ブレーキをかけてしまったことに驚いた運転手が
踏力を抜く場合、抜いた分に応じた効きの減衰、がなされないのだ。
つまり効き過ぎにあわてて、ブレーキを弱めても、弱めたとおり
じゃなく、強い効きがある程度維持されたままになっちゃう、ってこと。

実はこれに泣いたこと2度あって、一度は高速。もう一度は市街地。
共にアクセルをある程度開いている(加速ではない)状態から
一瞬で全閉し、すぐさまブレーキをかけにいっている。
そして踏んだ量以上の強い効きにびっくりし、あわててブレーキを弱めるも
まだ効いたままで、冷や汗をかいた。特に高速の時。
後の車が近くにいたらオカマ掘られたんじゃあないかな。思い起こすと怖い。

ただでさえメルセデスのブレーキはしっかりしている。よく効く。
だからアシストなんて、いらないよ。

もう一つのASR。これはホイールスピンを防止するものだけど、
これもいらないんだなあ。
雪道ではいいようだけれど、けっこうデリケートにアクセレーションしてるつもり。
だからあんまりスピンさせないし、普段の街中ではまず必要ない。
スピードメーター真ん中に 

マークがあって、それが黄色で点滅するんですよね、空転してますよ、って。
だからその時は働いてるんでしょうなASRが。
でも逆にこの機能があるから困ることもあって、吹雪で車が雪で閉じ込められた時
なんか、困る。スピンを感知しちゃって、全然トラクションがかかってくれない。
結局、ASRスイッチをオフにして(こっちはスイッチがある)汗だくで雪かきしつつ
車を出したこと、2度ある。いらねー。

9年乗っててこれら機能で助かったこと、私は一度もありゃしないのです。
 
 
ブレーキアシストはここ何年かで進化はしている。
まず、バイワイヤー化されてきている。
従来のブレーキはブレーキオイルによって踏力を伝達していたけれど、
それが電子化されたのだな。だからワイヤーによって電気信号におきかえて伝えるって
意味で、「バイ・ワイヤー化」と言われてる。

メルセデスだとバイワイヤー化されてすぐのW211に試乗した時にちょっとおや、
と思ったのがあった。ブレーキの効きは申し分なかったが、抜く時が問題。
やはり踏力の減衰に応じたブレーキの減衰がなされなかったのだ。
BASを効かせてもいなかったのに、である。
慣れが解決しそうな程度ではなかった。これはモータージャーナリストの
萩原秀輝さんも指摘していて、たしかマイチェンで解決された
と思ったが、さて、今はどうか。

そうそう、で、バイワイヤー化による進化、について。

先に書いたように、急ブレーキの時って、一瞬でアクセルを
全閉し、ブレーキをかけにいく。
つまり、アクセルを一瞬で全閉にする時ってのは、急ブレーキを
かけに行く時なわけ。
だから、じゃあ、そういう時は機械側で、急ブレーキのお助けを、
もうちょっと進んでやって差し上げましょってこと、をメルセデスは
考えた。
何ができる?
聞いて驚いたんですなあ、私は。
ディスクブレーキにパッドをピストンで押し付けることで制動、
つまりブレーキが働くわけですが、普段はディスク~パッド~ピストンの間って、
何ミリか間隙があるでしょう。スキマ、ね。常にピタッとくっついてるワケじゃあない。
だから、急ブレーキの前兆、つまりアクセル全閉があったらその瞬間にそいつらの間隙を
限りなく狭めておいて差し上げましょってことをする。
だから次の瞬間にブレーキに踏力が与えられた時は、すぐにブレーキが
効くってワケです。
すんごいよね。こんな機能、いるの?って思えちゃう。
ましてや雨の時なんかは、一定時間ごとにディスク、パッド間を狭めてあげて
間の水を飛ばす、なんてことも自動的にしてるんだそうだ。
これらをセンソトロニックブレーキシステムって言ってるんだけど、メルセデスの、
どうやら問題が多かったようで、2~3年前か、大幅な修正をしたようだ。

だからさ、いらないんだよ。
いる?
いらないよね。
いらないです。私には。

2007年8月 3日 (金)

訂正です

アクセスも増えてるし、語弊があるような書き方してるの
訂正しよう。

7/27、「実刑か」の投稿で。

  この母親に7年の実刑を与えて果たしてなにがどうなるのだろうか。
  私にはとんと理解できない。

のくだり。
言いたかったのは、
実刑、ましてや7年の服役は重過ぎる、情状酌量の余地大、
執行猶予であるべきでは、ということです。
弁護人の言う

  「被告の身に起きたことは一人の人間が抱えることができる許容量を
   はるかに超えている」

は全くその通りですよね。

文章って難しいですね。書き手は意図あって思いを書いてても、
とらえ方によっちゃ、全然ちがう風にもとれてしまう。
だから今回の「実刑か」の投稿でも、反対、つまり
「7年の刑で済ませてたんじゃあ殺された息子さん成仏しないじゃん」
ともとれますから。

まったく、書き方ヘタだとこうだからいけない。
きちんと校正してから投稿するようにせにゃあかんですね。

2007年8月 1日 (水)

カーステの音

レクサスのカーステの音がいい(マークレビンソンでなくても)、
と以前書いた。たかぴー号負けてるとまで書いてしまったが、
語弊があるといけないので訂正と追記。

たかぴー号のスピーカー(F:FOCAL、R:ALPINE)
もかなりいい音はする。しかしどちらかというとモニター用という感じ。
簡単に言うと音を
「きれいにだしてくれる」
というのではなく、ありのままの音を
「忠実に再生する」
といったところだろうか。

対しレクサスはスピーカー、車内に13個もちりばめられているもん
だからエフェクティングとしても悪くなるはずがない。パッと聴きにはすんごくいい。
しかも音響効果も考えられての設計が入っているからましてや、だ。
しかし「忠実に再生」
というよりも
「装飾された再生」
っていうイメージが強い。

たかぴー号、スピーカーは6個しかついてない。半分以下だ。
しかも車内の音響設計などまるで考えられちゃいない。
効果的には敵うワケがない。
しかし
「ナマを再現する」
ってことで言うと決して負けてなかったんじゃあないかな。
っていうことを今回言いたかった。

料理で例えればレクサスが美味いフレンチなのに対し
たかぴー号はマグロの上トロって感じ。ウマイところね。とでもいいましょうか。
要は加工ナシってこと。

 
よく聴いてるスガシカオね。

Time
TIMEってアルバムの最後の曲「風なぎ」。
この曲はアコースティックギターがものすごい興味深い、いい音を出してる。
他であまり聴いたことない音色。
「TAILOR」というアコギだ。
無名?私は知らないギターだ。

2_1 2_2
乾いた感じがちょっとマーチンっぽいんだけどそうでもない。
ギブソンのように野暮ったい音と反対で、さら~っとして
湿り気が薄い、なんていうんだろう、気持ちいい音。
ざらついたスガさんの声に反しているから、妙に相性がいいみたいですね、
他の曲でも多く使ってる。同じアルバムだとJuneとかね。
材料にウクレレなんかで使う木材を使用しているそうで、
それが興味引く音色を作ってるのかもしれないです。

アルバム「PARADE」の「HOP STEP DIVE」で
メチャ上手いギターが入ってるのが、スタジオミュージシャンの小倉博和さん
なんだけど、調べたらこの人もTAILOR、何本か持っているようですね。
音楽って深いです。

そんなTAILORの音も忠実に再現してくれるたかぴー号。
ま、今日は汚名返上ってとこでね。そんなこと思い出して書いちゃいました。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »