« コーティングしたいなあ | トップページ | 軋み音 »

2007年8月 9日 (木)

BAS/ASR警告直った

気になっていた警告灯だが、センサーの交換で直った。
あーよかった。
スイッチ
「スイッチ ストップ ライト」
が3,790円、工賃が7千円弱で税込みしめて
10,720円だった。

今思えば点きっぱなしでも良かったのだが
何で点いているのかが分からなかったから怖かったし
ま、しょうがない。

聞くとこのセンサー部品は経年劣化で壊れる定番だそうで
取り外した古いやつ、スイッチの部分を押してみると
壊れているのがすぐ分かる。
押したらへこんだままで戻ってこないのだ。

こいつはブレーキペダルの奥にあって、押したり戻したりを
何百回も繰り返してるうち、壊れちゃうんだな。
9年乗ってればしょうがないとも思えるけど、ったく、
心配させるなっちゅーの。だからこういう
いらない機能はきらいなんだ。
 
 
ブレーキは進化していてバイワイヤー化が進んでいる、
センソトロニックブレーキ(SBC)も導入されてきていると
書いたが、今日は怪しい情報を入手。

ヤナセの信頼できるとある人と話せた。
初期型のW211に試乗させてもらった時、効きは良かったんだけど
効きを抜く時に、違和感があったことを言った。

「あ~、分かりましたか。。。
 実は後期型はバイワイヤー、やめちゃったんですよ^^;
 解決できない問題が多くあったようです」

やっぱなあ~
あの踏感は違和感ある絶対。

「通常はブレーキを踏んで、路面状況なんかを運転手が
 判断して、弱めたり強めたり、する。
 ですがSBCはそれを機械が、ある程度やってくれちゃうんです。
 人間は判断しないでいい、センサーが判断して、コンピュータが
 効きの加減を微調整します、ってことです」

はあ~
いらねえ~

「ですので今はSもバイワイヤーじゃ、ないんです」

そっかあ。メルセデスもがんばったろうに、諦めたか。。。
でもバイワイヤー化すれば、メンテフリーになる、要はブレーキオイルが
不要になるから、エコ化するって面ではエライと思えるんだけどな。

「ところで、、、
 204(ニューCクラス)には
 お乗りになりましたか?」

おっと、そうきたか。まだなんですよね~
早く乗りたいとは思ってるんですよお~

「いいですよ!
 202の方には特に違和感無く入っていけると思います!
 いろんな面での硬さが202っぽいんです。
 とにかく一度、乗ってください」

そっかあ~
でもなあ、ワゴンなんて、まだ先だろうし、最新の技術とかって
好きじゃないんだよなあ。
たかぴーは今の202が好き。いいんだいいんだこいつが好きなんだから。
204買うとしてもこの202は手放さないんだから。
そう決めたんだから。
 
 
と202こそすべてという頑なな身上及び揺らぎ無い信念を抱いて
センサー直した愛車に乗りヤナセを後にすると、
ブチブチブチブチブチブチブチブチとうるさい。
軋み音だ。
ダッシュボードあたり、正確には分かんないけど
メーターパネル左端か、下端か、あたりから、兎にも角にも
断続的に聞こえる。樹脂系のものが互いに擦れてるって感じの音だ。
ひどいんだなあ、これは。
なんだあ。
特に荒れたって感じの路面でなくてもずっと
ブチブチブチブチブチブチブチブチ言ってる。
今までもある程度はしてたけど、こんなにはうるさくなかったのに。
なんかやりました?ヤナセさん。
結局家に着くまでうるさいのが続いた。
ま、カーステ大音量でにしてれば分からないんだけどね。
精神衛生上、良いことではないです。これも直さないとね。

Kicx6026

« コーティングしたいなあ | トップページ | 軋み音 »