« デニ後、Cを見に | トップページ | Fトー角12へ »

2007年7月17日 (火)

レクサスISにびっくり

連休中、レクサスを試乗した。
IS250だ。
あんまりいい車で驚いた。これはやばい。

エンジンは2500cc、V6だ。
低速トルクが豊潤。
私の車と同じ感覚で踏み出すとホイルスピンを起す。
(実際はASRが働く)

シャーシもやばい。トヨタ車ではありえないもの。もちろん高速は
試せてないのだが60~70キロまではがっしり感が伝わってすばらしい。
ブレーキで荒れた路面を20~30キロの低速で走っても
これまたゴツゴツ感が全く無く、いい。上質の絨毯の上を
素足で歩いているような感覚。柔らかでいながら、コシがある。
足回りの設計、造りはいったいどんななんだろう、感心してしまった。
タイヤは225/45/17これは私のと一緒だ。が、
リヤは245だった。ブランドはトーヨーの無名品。タイヤがこんななのに
私のパイロットプライマシーHPより乗り味がいいとは。。。

大きめの交差点の左折時、ガツンとアクセルを踏み込んでみた。
回転数は一気に5千回転近くまで吹け、ものすごい横Gを感じた。
が、リヤはグリップしたまま。スライドはしなかった。
ロールも少ない。私は濡れた白線で大きなテールスライドを
見込んでいたが、期待はずれだった。足が抜群にいいことが
これだけでも証明された。
高速はどうなんだろうな。140~160を試してみたいものだ。

脳天を砕かれるやばさは、カーステの音がいいことだった。
金をかけた私のメルセデスのカーステよりいいのだ。
オプションでマークレビンソン(28万)が付くからてっきりそうかと
思って

「いいですねえ!」

と営業にふると、

「あ、でもこれはノーマルなんです^^;」

と!!
なななんと、デフォルトでこの良さ、だと言うのだ。

「ウーファーやコーン紙についても、極限まで不純な
 紙質を取り除いたものを使った、と聞いています」

スピーカーはちなみに13個ちりばめられている。
遠くで抜群にいい音が鳴っている感じ。ボビュームをどんどん上げても
やわらかく包み込んでくれるようなサウンドだ。

CDはたまたま入っていたのが安室だったが、好きになるはずがない
サウンドを堪能してしまったではないか。

この車、売れないわけがない。
家に帰ろうとするも、通過してもっとドライブを続けたくなる
あのCFの言わんとしていること、頷けました。
アウディのA4セダン、街で見かけなくなるワケ、である、
BMやメルセデスは独自路線で売れに売れているが
A4の市場がごっそり持っていかれたのだろうな。

私のC240、完敗です。IS250、かな褒められるクルマ、ですね。
あ、でも乗り換えませんよ。C240をいじってそれなりの
ものに造り替えていきましょう。その方が楽しい。
今日はとりあえずアライメントの再調整です。

« デニ後、Cを見に | トップページ | Fトー角12へ »