« 翳りゆく部屋 | トップページ | 美女と野獣 »

2007年6月11日 (月)

カールソンと車検と

念願のホイール入手。
カールソン、1/16ウルトラダイヤモンドエディションだ。
1はワンピースの1。
16はフィンの数を表す。
土曜ホイールのままもらい、夜、ニタつきながらコーティング。
今週中にはタイヤ履かせに行こう。
225-45-17のミシュランパイロットプライマシーHP
をオーダーしといた。

Kicx5916_1 Kicx5921

Kicx5923 Kicx5924

きれいで車の足にするのはもったいないくらいだな。

 

 

今日は土砂降りの中、車検に行って来た。
初のユーザー車検というやつだ。

なんか今日は朝からボケボケ状態で脳が全く働いていないのが
分っていたので心配だった。
だから陸運局までも道間違えておまけにUターンできない
(法規上)からどんどんどんどん知らない道に入っていってしまい
挙句迷子になってしまった。
こんなんじゃあ先が思いやられるなあと気付いた通り、
その先はオドオド状態で四苦八苦悪戦苦闘五里霧中七転八倒。

まず書類の書き込み。

筆記コーナーに

絶対鉛筆で書け!

と書いてあったのだが書かなくちゃならない書類が3~4枚ある。
役所は普通ボールペンが常識だろうにと不審に思いつつも
どれを鉛筆でなのか分らないし聞こうにも窓口はみんな混んでるしで
ええい面倒だと全部を鉛筆で記入。

出すと案の定、これとこれはボールペンで書き直し!
とつき返される。

はははいと書き直してこんどはどこへ行けばよろしいんでございましょう
と聞くと、アンタはじめて?
と顔を覗き込まれた。

そそそうですと顔面汗ビッショリの顔で言うと、じゃ、そこのビデオ見てと
約5分のビデオを上映してくれた。

ふんふんとよくよく見入るが回りがうるさくって音声がよく聞こえない。
とりあえず終わったんで見終わりましたと報告すると
じゃ、7番レーンに行きなさい、初心者って言うといいよと
その受付ジジイに言われた。

Kicx5927 

レーンに行くとツナギ着た検査官にライトつけてとかウインカーつけてとか
ハザード、ワイパー、ウオッシャー液等いろいろ指図をうけ
指示通りする。
ま、そこは問題無いのだがその後が難しかった(今日の私には)。

車をキカイの上に乗っからせると
スピード出して、とか
ブレーキ踏んでとか
ブレーキ放して、パーキングブレーキかけて、パーキングブレーキ放して、
ニュートラルに入れて!40キロ出して!出したらパッシングして
等々指示が次々に出てくる。
なんだか右上げて左下げないで右下げるとか旗の上下テストを
やられてるようだ、脳が半分以上休止している
今日のたかぴーには困難。東大医学部の入試問題を与えられているようで
ムズカシイったらありゃしない。

検査ラインを出てこれで終わりか楽勝ジャンと思いつつ別棟に行くと
合格証もらってないじゃない、とクールな指摘。
検査レーンの最後のとこでもらわないとだめだったんだよとのことで
スタスタと検査場にまた戻る。
すると検査官の冷たい一言。

「ブレーキが×ですね」

「はい?」

「だからぁ、、、ブレーキがダメだったんですよ」

「いや、その、ブレーキわあ、ちゃんと、きいてるしぃ・・・」

「やりかたの問題ですね、
 5番レーンで受けなおしてください」

もう一回5番レーンに行く。

このレーンはプロ用のレーンだ。ふうむ、どう進めばいいんだろお、
検査台にもどうのっかっていいのか分んない。
車から出たり乗ったりあたふたあたふたウロウロウロウロを繰り返していると
後のプロ業者が、インターホンで指示受ければ?
とそっけなく教えてくれた。
そっから先はボーッとしててよく覚えてないのだが
パーキングブレーキかけたり放したりブレーキ踏んだりを
繰り返したら無事合格をもらえた。

Kicx5928

気付いたら脇の下と背中が汗ビッショリになっていた。
んでもって雨がすっかり上がって晴天になっていることに
気付いた。
晴れ晴れとした気分の中でBJトーマスの

「雨にぬれても」

を聴いて帰路についた。

Kicx5926

« 翳りゆく部屋 | トップページ | 美女と野獣 »