« 朝日の下で | トップページ | 駒沢公園にて »

2007年5月16日 (水)

名医は床に捨てる

下腹部の痛みがあり、医者に行った。
3年前に尿管結石を患ったが排出できていたので安心してたが
痛さが似てたのでまたか、と思ってウロカルンでも処方してもらおうと
行ったのだ。

診てもらったのは近所の内科医。ただの町医者。
70くらいのじいさんが一人でやっている。

まず尿を取り検査してもらうが問題ない。
血液も調べたが、

「きれいきれい」。

なんだろう。

「寝冷えかなんかだったんじゃあないの?」

結局

「石はないよ。安心していい」

ということでおさまった。
処方してもらった漢方の「猪苓湯(ちょれいとう)」
を飲んでいたら1~2日で痛みも無くなってしまった。

いやはや、助かった。。。

この医者には一昨年内耳障害を患った時も世話になった。
その時は1ヶ月超、右耳が聴こえないままだったので、
通院している三茶の耳鼻科を不審に思ってこの内科医を訪れたのだった。

「ナニ!
 一ヶ月も聴こえてないの?
 んで、その医者、なんだって言ってるの!?」

そのお~、薬を処方してもらって、それを飲み続けているだけ
なんですけどぉ~

「んなバカなハナシはない!
 一ヶ月も聴こえないって、ありえない。
 T医大を紹介するから。
 すぐ行きなさい。
 電話しといてあげるから!」

紹介してもらったT医大に行くとこりゃ大変とばかり
すんごい強い薬を大量に処方してくれ、1~2週間で治った。
あのまま三茶の医者に通いつめたままだったらどうだろう
きっと治らなかっただろうな。今も後遺症か患った耳の聴力は正常な左の
95%くらい。ほんのちょっと、正常値より落ちている気がしないでもない。

ま、いいとして、近所のその内科医のこと。
今回通っておや、と思った。
ゴミをポイポイ歩きながら捨てるのだ。

「あ~、んじゃあ、
 血ぃ~、採るから。
 腕、まくってよ」

と言いながら奥の部屋から注射(使い捨ての)を持ってきたが、
袋を開け、注射を出すとそのいらなくなった袋や
注射針を覆っていたカバーなどを歩きながらポイポイと
診察室内に捨てる。
もちろんゴミ箱はあるし、診察室内、床もとてもきれい。
しかしその医者はゴミ箱へ捨てようとしない。ガンとして
そこらのきれいな床へホイホイ落とす。

「どうして床に捨てるんですか」

そんなこと聞けるわけがない。
考えた。

まず患者、なのだ。
ゴミは後から捨てればよい、閉院になった後とか、患者が途切れた時とか。
今は目の前に患者がいるのだ。困って、痛みをもって来た患者だ、
だからまず患者を診ること、それが何よりも先決なのだ。

先に話した、その内科医に紹介してもらったT医大のセンセ。
確かあの人もポイポイ捨ててた。2年前のことだが今回のポイポイで
思い出した。
なんか、平成版赤ひげに診られたようで、ちょっとうれしい気が
しましたね。まあ、それは自分の身体に何も問題なかったことも
あったからでしょうか。

« 朝日の下で | トップページ | 駒沢公園にて »