« 素粒子とのっぽさんと | トップページ | また公園 »

2007年5月19日 (土)

ニューC楽しみですね

ニューCクラスの発表会があるようだ。
jigenさんに声をかけてもらった。来週火曜、楽しみだな。

顔は現行のCには似ても似つかないものだが、私の
(新しいものからすると先々代)にはちょっと趣きが似ている。
しかしグリルが気に入らない。
エレガンスタイプとアバンギャルドタイプがあるが、アバギャの方。
従前は2ドアタイプで収められていたスリーポインテッドスターが
4ドアでも中に入っちゃってるのだ。
正直、私にはえげつなく見える。好きな人もいるだろうから
誹謗はできないがでも嫌いは嫌い。なにわナンバーって感じ。

サイドシルエットは新型BMWの3シリーズっぽくなくもない。
コンサバなスタイルを捨て、グリルといい、斬新的なものにかわろうという
流れが見えますな。
当日は撮影は禁止かな?いちおうカメラ持って行こう。

今日はたかぴー号C240Tで久々の出社。んで仕事がてら半日のおつきあい。
いやあいい車だよこいつは。
9年経つのにね、ビシっとしてて、いつもいい気分にしてくれる。
ほわあっと、暖かいもので包まれてる感じかな。
乗り味は硬いけど。

シフトのギクシャク感とカーステを直した。

オートマだが、D~4はカチカチ動いてくれるんだけど
4~3~2がどうもしっくり来なかった。グニョオ~って
動くんだよね、カコンじゃない。んでグリス切れかなとも思い、
シフトノブ、シャルターリングを外し、シフトレバー下の埃ゴミを
吸引クリーニング後、注油。
カコンカコンと上手く入ってくれるようになった。が、ざっと
やっただけだったからまた休みの日にゆっくりきれいにやろう。

カーステはせっかくスピーカーを替えてルンルンなのに
たまに動作しないことがある。これは前から。
CD(チェンジャー)が動かなくなるのだ。んで朝の出社時は聴けなかった。
チェンジャーコードの接触不良と思ってるのだが、これを直すのが
いちいち面倒。
今日も本体を外し、裏のケーブルのコネクト部をテープでグルグル巻きに。
前回ももうこれでだいじょうぶだろうと思ってやったのだが
なんの、やはり振動には敵わないのだな、熱さもあって
(カーステ奥は熱がこもる)テープが伸び気味になっていたのだ。
まあ今日のでまたしばらくはだいじょうぶだろう、一年くらいかな。
と思ったらラジオ(FM)が聴けなくなった。。。なんでだろ。
9年も経つといろいろ出てきますね。でもこうしていじるのも
また楽しいんですわ。
 
 
私はこの車が大好きだ。この車なら行けといわれればどこへでも行く。

走って楽しかったのが忘れもしない03年4月、ザックスPSへ換装
した翌月のこと。
会社のコンペで常盤台(桜土浦)へ行き、後輩の身内の不幸があったから
プレー後その足でそのまま沼津のお通夜に向かったのだった。

午後4時前にクラブハウスを後にし、常磐道を飛ばしに飛ばし
環状線に入る時少々渋滞があったものの、
首都高3号線に入り、六本木あたりからはほぼ160を維持、
用賀を抜けると160~180で巡航した。

厚木を抜け、大井松田のあたりから高速コーナーが続くようになる。
午後5時を回った下り車線はガラガラ、だれもいない。
だれに迷惑かけるでもなく、思う存分アクセルを踏める。
タイヤはコンフォートにふったDNAデシベルだったが直進性の高さが
ハンドリングの落ち着きに一役買っていた。それとサンビームで
設定のフロントトー角15度というズバリ直線番長設定。これも
ピタリとレールの上を走っているよう。ハンドルには指が触れているだけで
だいじょうぶだ。

前にも後にも誰もいない、これをパラダイスと言わず何をパラダイスと言う。

4月というのにとても暑い日でエアコンはつけていたが、
高速域(高回転域)を多用すると、コンプレッサーがカットされてしまう。
だから裾野を過ぎたあたりからペースダウン。
と、いつの間にか後方にAMGを発見。ややや、っていうかきっとAMGだろう
白のW210(前のEクラス)だ。
なにおう、抜かさせるわけにはいかん、とばかりまたペースを上げた。
高速コーナーが右に左に続く。ザックスの足はまるでもっと攻めろと叫んでいる
かのように、ペースを上げても微動だにしない。
それは堅牢なシャーシーも同じだ。160超でバンプを越えても
ミシリともいわない。
210はピタリと後につけてくる。ええいとばかり
3~4速で5~6千回転を多用するはめになってしまった。

210に抜かさせることなく無事沼津インターに着。
と、210君も同インターを出るようだ。
しかし、料金所で横に並んできた210をみてびっくりした。
運転手、おばちゃんだったのだ!
どうみても50過ぎ! た、だ、の、おばちゃん。

しかもその後、先に行かれたんで後姿を見て再びドン引きした。
AMGでもなんでもない、ただの、E240だったのだ!

こえーなー。
すんごい運転楽しんだんですけどね私、だけどあの時、あの
おばちゃん見た瞬間に全てが消し飛んでしまいましたね。
ザックスが泣いてましたよ。

« 素粒子とのっぽさんと | トップページ | また公園 »