« 写真は難しいですね | トップページ | ジャム »

2007年4月20日 (金)

コルトオイル交換

コルトのオイルを交換してきた。
05年11月の1,400キロの時点からだから1.5年、
1万キロを走っていた。
まだいいかとも思ったがこれから暑い季節が来る。エアコンも多用するだろう
無理もよくないし。

コルトのオイルは2.5リットルしか入らない。メルセデスの8リッターと
比べると3分の1以下。エンジンもトルクが無いからブン回してることが
多いからね。先日は世田谷通りでW211E350をブチ抜いてやった。
キビキビ走らないのは嫌いなのだ。

メルセデスは1年1万キロは交換不要としている。他はわからんが私の
W202は。それでもだいぶ余裕を見ているのだろう。
いちおうたかぴー号はだいたい1年毎に替えている。

ドイツ本国でいくと、オイル交換はエコ化が進んでいるからか
比較的遅め(サイクルが長め)なようだ3年、3万キロでも無交換って人
もザラだそうだ。ちょっと私には怖くてできないが。

ちなみに最近のBMWの交換サイクルは2万とも2.5万とも
言われている。
しかしニッポンのBMのオーナーたちが2.5万も交換しないでいる
とは到底思えない。

モーダージャーナリストの萩原秀輝さんもルボラン誌に「エンジンオイル再考」
として交換時期等についての見解を述べているが、どうも的を得た書き方を
してくれててない。
そう、やっぱ交換サイクルは一言ではまとまらない。
私から言わせば、車っていってもピンキリだし、走り方も千差万別。
だから主観でどうだ客観的に見てどうだと言っても、背景をきっちり
まとめてくれないとなんとも言えないのでは、ということ。
要はオイルの量、回し方、乗車頻度ってことかな。

例えて言えば2.5リットルしかオイルの入らない、ブン回すこと
主体のレギュラーガソリン使用1300コルト。
こいつに3年毎のオイル交換って言われると、交換直前の真夏の通勤渋滞時
私は冷や汗をかきながら運転席に座っていることになるだろう。

3年経たないと替えれないっていうんだと、
メルセデスの方がまだましかもしれない。
8リットルも入ってくれるし常時プレミアムガソリン使用だし。

ちなみにあるガソリンメーカーのテスト結果には、オイル寿命
「最低でも3万キロはある」
とハッキリ技報に書かれていたそうだ。が、それもテスト期間の明示が
無いので、私は鵜呑みにしてない。

これからでいくと、コルトは次回車検が来年6月。だからまたきっと
来年の夏前のこの時期に替えることになるだろうな。

メルセデスだと、おっと、そう、そろそろ替え時なんだよね。前回は昨年の
5月。カストロマグネティックプロテクションを入れてる。
6月車検だしその前にオートマオイルも替えないとアカンかな。
今年はコンプレッサーも交換したしいろいろ出費が重なる。
そうそう、ホイールね、これも17化を図りたいところだから大変だぞ。
おおおっと、そういえば結婚10周年だ。
スイート10ダイヤも必要かな(笑)。

« 写真は難しいですね | トップページ | ジャム »