« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

HDD/DVDレコーダー来た^^

DVDレコーダーを買ったと書いたがまだ現物は
届いていない。っつーか今自宅からメールあって

「来たよ^^」。

早くつなげてみたいなあ楽しみだ。
やっぱ機械モンは好きなんだよねなんだかんだ言っても。男はね。

んでこの前書いたツェッペリン狂熱のライブなんだけど
またやる!みたいだ。
予定だと今夜。BSで。願いがかなったなあ、
私のブログにNHKが応えてくれたワケだな。
最高画質で録ってやるんだ絶対。

それと、犬神家の一族、これは昔のだけど、これもやる。同じBS。
好きなんですよ楽しみだなあ、子供と一緒には観れないだろうから
一人で観るんだ。これも最高画質で。
きれいなんですよね、市川崑監督の映像って。
こいつも今夜の10時くらいからやるみたいだな
24時過ぎに終わるみたいだから、そっから観るかな、
でもHDDで録ると、後追いでも観れるんだよね、
っと、バカ息子達が寝た23時過ぎから観れそうだ。
するとツェッペリンはどうなんだろう、録画しているのに
それを後追いで犬神を観ててんで更にツェップは録画している
ってのは、可能なの?
ああ大変だ。
まず説明書にはまらなくてはならないな。大変大変。

そうそう明日からラディソンです。
jgnさん、行ってたりする?

Indoor_pool

2007年4月26日 (木)

DVDビデオ買った

DVDレコーダーを買った。HDD500ギガある
パナソニックDMR-XW31だ。

Img10495125070

踏み切ったのは2つあって、一つは、テレビの
アナログ放送の映りがよくないこと。これは何回か書いてるんだけど、
やっぱ4、6、8の3つのチャンネルが酷い、ってのが解せず、
これを解決したかった。みのさんの朝ズバなんて酷いんですから映り。
ビデオ経由でならきれいでみれるようになるでしょう。

それと、長男に毎週毎週要請されてる極めて重要なドラマ達
(ゲキレンジャーと仮面ライダー電王)のVHSテープの整理に困っている
ことに因る。
実は持ってるビクターのVHSもいいかげん調子悪くて(12年?モノ)、
テープバンバカ増えるの嫌で3倍速で録ると、ただでさえ悪い映りが
更に悪くなって、ブーイングを受けていたのだ。
ケチって古いテープで録ろうものならブラックアウトして音しか再生
してくんない。(ヘッドクリーニングしても)

ここんとこ車の修理だとかはたまた6月には車検来るしタイヤ替えないと
アカンし結婚10周年だしで出費が重なって怖いんだよね
だからレコーダーは超特価の楽天秋葉OG商会でリスク承知の上で購入。
そこらの家電量販店より最低でも1万は安い。込み込み82,593円だった。
まあ500Gあれば当分なんとかなるでしょう一応新製品だし。
 
 
録るっていえば先月のことだけど、27日の夜、BSで大好きな映画が放映される
予定だった。
レッドツェッペリン「狂熱のライブ」だ。
映画というよりもドキュメントで、ほとんどが単なるライブ映像。
だけどそのライブは「単なる」という言葉では言い表せないすんごいもの。

73年、NYマジソンスクエアでのライブ映像。映画として公開されたのは
76年だと思う。
このライブでジミーペイジに惚れた私は翌77年にギブソンチェリーサンバースト
のレスポールを購入した。
まあそれはおいといて、、、

放映される「予定だった」のだが
なんと中止になってしまった。
国会の予算審議会(録画)を放映してしまったのだ。
まったく。。。
「狂熱のライブ」と真逆のモノですわな。

しかしねえ、なんでまた国会なんか、あんな茶番劇みたいなの
しかも録画モンを、ツェッペリン様の時間枠に入れるのよ。
許せんなあ。

みなさん、国会答弁の時って、諸官庁のすんごい数の
官僚官吏役人らが徹夜してんの、知ってます?
質問状って、3日前までに用意するのが原則。
大臣って国会でいきなり答えるわけじゃあないから、
質問を事前にもらっとくわけ、これこれこういうことを訊きますよ、と。
んで大臣秘書はその質問を各官庁に回し調べさせて、
大臣は国会では読み上げるだけっつーの、キョービ当たり前のこと。

でも質問3日前に出すっていってもみんなそれがまず間に合ってなくて、
ギリギリに出すのが通例化しちゃってる。
だから答え作るほうは大変大変。徹夜三昧当たり前、明け方帰るために
タクシーが長蛇の列で客待ちしてますよね、霞ヶ関界隈には。
んで血税がタクシーチケットでバンバン消えるというどうしようもない
アホンダラ現象になってるわけよ。
もちろん実務員達の残業代には税金が湯水のように使われている。
こんなんじゃあ上級国家公務員試験をパスし入省した一流大出の優秀な輩は
半ノイローゼに陥るわな。悩み落ち込まない方がおかしい。

欧米諸外国特にUKなんかはだいぶ進んでて、3日前のルールはかなり守られて
るんだそうだ。
サラリーマン時代は税金って天引きだったからか疎かったけれど、
自営業になってはたまた自分の会社持つようになってから、
冗談じゃあねえってくらい税金払ってることに気付くようになってきた。
それとね、日本の議員数、これも欧米諸国と比べると人工比でいくと多すぎるんですよね
船頭多くて船山に登る、ですわな。
ツェッペリン放映できなかった罪は大きいぞ!でも、ま、
早く再放送してくださいね、今度はHDDで録りますから。

2007年4月23日 (月)

グリスアップ

ワイパー付け根にグリスアップした。
これから雨が多くなるだろうモーターに負担をかけて
焼き付かれちゃうとえらい費用かかるし、転ばぬ先の杖、だ。

Kicx5366

まずボンネットは垂直に上げておくと作業し易い。
このやり方が分らない人は整備工場もしくはヤナセもしくは
シュテルン等に行って聞いてみてください。

Kicx5370

潤滑剤は、クレから出てる
「高粘着潤滑スプレー」。
これ、結構いいんですよ。粘度ほどほどで飛ばないし
水にも強い。あ、CRC556は絶対に使わないでくださいね。

Kicx5376

付け根の手前には小さなカバーがあり、まずこれを外すんだが
2~3年前外すのにしくじって爪を折ってしまったことがある。
だからこれは買い替えたもの。もちろんコーティング済み。

Kicx5368

これがワイパー根元。カブトガニみたいなフタを開けたところですね。
オイルをまんべんなくぶちまけます。フロントガラスにはタオルをひいて。

これで落ち着くでしょう。
注油後は心なしかワイパーがスムースになったような、気がした。

オイルを手にすると、なんだかいろんなところに吹きたくなっちゃう。
ドア蝶番。

Kicx5378

リヤは開け閉めの時、
「ンギ」
って音がしてたんでこれも注油。ついでに全ドアに。
緩んでるネジは締めたくなる、異音がすれば注油したくなる、
車好きの人では誰もが持つ心理ですね。

Kicx5387 Kicx5388

ベンチレーテッドがフロント、ナシがリヤ。
そろそろディスクも替えないとだめだかなあ。
6月の車検、これで通るだろうか。
耳は1ミリくらい出っ張っちゃって来てる。
個人的にはまだまだいけると思ってるんだけどね。

少し前だが洗車場で気付いたこと。
アウディ(前前モデル)とスカイライン(前モデル)
が並んでいた。
車同士の向きが逆だったのだが、ホイールから覗くディスク径を見て
少々驚いた。
スカイラインのフロントのディスク径がアウディのリヤのディスク径と
同じ(ほぼ)だったのだ。当然スカイラインのリヤは、
ほんと貧相なもだった。原チャリ用?なんて感じのがちょんと付いている
のにすぎない。
国産はねえ、こういうところをケチるんですよね。
まあ普通に走るぶんには問題無いんでしょうけど。
ちなみに復活GTRの初期モノ(R32)はブレーキ効きが悪くて

「怖くて飛ばせません」

とオーナーから聞いたことがある。
スポーツカーと銘打つんだったら、そこまでコスト削減しないで欲しいですね。

トヨタは自動車誌によくブッタ斬られてます

「車の運動性能をいったいどう考えているのか」。

アウディの隣りに今度レクサスあたりを並べて見てみたいですね。
アウディの勝ちのような気がしてなりませんが。

2007年4月21日 (土)

ジャム

ホイールが欲しいのでオークションを漁っていると
面白いことに気付く。

「ノークレーム、ノーリターンでお願いします」

これは従来からよく見た。中古品だからしょうがないよな。
しかし最近よくみるフレーズ

「神経質な方は御遠慮願います」。

笑えるよなあ。
書き方としてはいいよね。私も売り手だったら、これ
書くかもしんない。だってイヤだもん。こまっけーことに
ちまちまちまちま文句言われたら。
 
 
うちの長男(5才)は神経質である。
細かいことも見逃さない。妥協ということを知らない。全身棘だらけ
である。
字を書くのを練習していても、間違えるとそれを完璧に消さないと
書き直せない。
靴下をしょっちゅう上げている。Gパンの裾ごと靴下をもってグイと
引き上げるのだ。見る度にやっている。
公園で遊んでる時なんか顕著だしスーパーで買い物の時妻のカーゴの前で
やるもんだから轢かれて転がったりしている。

夕食の時も遊んでいるものたちをきちんと片付けてからでないと
卓に付かない。だからいつも箸をつけるときにはおかずが
冷めてしまっている。
なんだか最近は押入れで寝るのが趣味になってしまったようで
毎晩寝室の押入れに寝ている。
独立心が芽生えてきたということなのだろうか。

反し次男(来月で2才)は大雑把だ。
小さいこと細かいことにはなんら神経を使わないし食事も
食卓に並びきる前にマイチェアに這い上がり手掴みでがっつき始める。
からいのが好きなようで大人でもからいと思うキムチなんか
平気で食べる。メシなしに。手で食べるがそのままの手で
頭をかきむしったりしてるから食後の髪の毛は異臭を放っている。
おもちゃもしまってあるのを箱ごとざあーっと床に空けざらして
から遊ぶ。かたづけは一切しない。

二人のこういう性格の違いは環境からくるものではなさそうだよな
やっぱ持って生まれたものなんだろう。
 
 
先般友人山ちゃんから三茶で飲んでるから来ないかと
誘いの電話があって合流した。
気になっていた店だ。
楽器が置いてあり、自由に弾いてジャムれる。
店名は忘れたが世田谷通り沿いのプチライブハウスだ。
ギター、ベース、ドラム、ピアノ一通りある。

山ちゃんはギタリストを目指していてその昔テレビの
イカ天にも出て在宅審査員賞をゲットしたこともあるほどの腕前。
同じくギタリストを目指していた私(大学1年で諦めた)とは違って
彼は社会人になっても2~3年はまだ諦めず活動を続けていたほど。
今はもちろん音楽でメシ食ってるわけではないが
駒大当時、部員に久保田利伸もいるロック研では部長を務めていた。

その日店に客は他にいず、どうぞどうぞ好きに弾いてくださいと誘われ、
酔いも手伝ってフェンダーテレキャスを手にしてプラグイン。
ママ(ピアノ)、山ちゃん(ストラト)私の三人で早速ジャムる。
しっかし私は指が全然動かない。さらにコードをぜーんぶ忘れてしまっている。

「だから~A7からはじまってD7ので 
 いいからあ~ 
 簡単にやろうぜえ」

と言われても

「ちょちょっ A7てどうおさえるんだっけ!?」

ってな具合だからもうどうしようもない。
だからコード役を山ちゃんに務めてもらって私がリードを
とる。
ところが指が全然動かない!
なんたって10数年弾いてないのだ。
んでもってそこに私の性格の几帳面さが出てしまいました。
きっちりいい音が出ない限り、弾かない、という。
長男の神経質さが脳裏に浮かんでしまった。

プロ並みの腕前のママさんのピアノは抜群なバックを務めて
山ちゃんリード、ボーイさんドラムというセッションを続けて
私は席に戻ってマラカス担当に左遷。

演奏が乗りに乗ってきた頃、髭ボウボウの風体のあまりよくない
方が来店、入るやいなや一瞬にして目の色が変わる。
しょってる大きなバッグからいきなりサックスを出した
と思ったらこれまたいきなりジャムに混じってきた!
うまい!
すごい腕前!

後で

「いやあ、ただのサラリーマンですよ^^;」

と言うがなんのなんの上手かったなあ。

もう一方、山口から出張で来られていた磯崎さん。
この方も交じってとってもいいセッションになりましたね。
飛び入りでいいブルース弾いてヴォーカルも味があってとても良かった。

音楽ってすごいですよね、全然知らない人同士でも
いきなり楽しくジャムれるんですから。

私もちょっと指動くように練習しておきましょう。
それとコードもね。

2007年4月20日 (金)

コルトオイル交換

コルトのオイルを交換してきた。
05年11月の1,400キロの時点からだから1.5年、
1万キロを走っていた。
まだいいかとも思ったがこれから暑い季節が来る。エアコンも多用するだろう
無理もよくないし。

コルトのオイルは2.5リットルしか入らない。メルセデスの8リッターと
比べると3分の1以下。エンジンもトルクが無いからブン回してることが
多いからね。先日は世田谷通りでW211E350をブチ抜いてやった。
キビキビ走らないのは嫌いなのだ。

メルセデスは1年1万キロは交換不要としている。他はわからんが私の
W202は。それでもだいぶ余裕を見ているのだろう。
いちおうたかぴー号はだいたい1年毎に替えている。

ドイツ本国でいくと、オイル交換はエコ化が進んでいるからか
比較的遅め(サイクルが長め)なようだ3年、3万キロでも無交換って人
もザラだそうだ。ちょっと私には怖くてできないが。

ちなみに最近のBMWの交換サイクルは2万とも2.5万とも
言われている。
しかしニッポンのBMのオーナーたちが2.5万も交換しないでいる
とは到底思えない。

モーダージャーナリストの萩原秀輝さんもルボラン誌に「エンジンオイル再考」
として交換時期等についての見解を述べているが、どうも的を得た書き方を
してくれててない。
そう、やっぱ交換サイクルは一言ではまとまらない。
私から言わせば、車っていってもピンキリだし、走り方も千差万別。
だから主観でどうだ客観的に見てどうだと言っても、背景をきっちり
まとめてくれないとなんとも言えないのでは、ということ。
要はオイルの量、回し方、乗車頻度ってことかな。

例えて言えば2.5リットルしかオイルの入らない、ブン回すこと
主体のレギュラーガソリン使用1300コルト。
こいつに3年毎のオイル交換って言われると、交換直前の真夏の通勤渋滞時
私は冷や汗をかきながら運転席に座っていることになるだろう。

3年経たないと替えれないっていうんだと、
メルセデスの方がまだましかもしれない。
8リットルも入ってくれるし常時プレミアムガソリン使用だし。

ちなみにあるガソリンメーカーのテスト結果には、オイル寿命
「最低でも3万キロはある」
とハッキリ技報に書かれていたそうだ。が、それもテスト期間の明示が
無いので、私は鵜呑みにしてない。

これからでいくと、コルトは次回車検が来年6月。だからまたきっと
来年の夏前のこの時期に替えることになるだろうな。

メルセデスだと、おっと、そう、そろそろ替え時なんだよね。前回は昨年の
5月。カストロマグネティックプロテクションを入れてる。
6月車検だしその前にオートマオイルも替えないとアカンかな。
今年はコンプレッサーも交換したしいろいろ出費が重なる。
そうそう、ホイールね、これも17化を図りたいところだから大変だぞ。
おおおっと、そういえば結婚10周年だ。
スイート10ダイヤも必要かな(笑)。

写真は難しいですね

久しぶりに晴れ間をのぞかせた。
次男をベビーカーへ乗せ公園へ。
寝てしまっているので写真をパチパチ。

腕が悪いのでぜんぜんきれいに撮れないんだなあ。
せっかくのいいカメラ(っていうかレンズ)なのに。
雲間からのぞく青空がきれい。

Kicx5319

 
ピントを次男に合わせ、連写。ABC(オートマティックブラケッティング
コントロール)撮影。
オート、露出プラス、露出マイナスの3枚。
はっきり言ってセンス悪い。これは次男にピント合わせないほうが
良かったんだな。ひとつ勉強。

Kicx5320 Kicx5321 Kicx5322

ネットをうろついていたらプロカメラマン志望の方のブログに
たどりついた。
とてもきれいだったので触発されたのだ。
やはり思い通りにはいかない。
だいたい「露出」って言葉の意味を知りませんでしたから。

2007年4月16日 (月)

不登社か

今日は天気が悪いからだろうか月曜だからだろうか取引先得意先含め
休んでいる人が多い。
大丈夫かなあ、みんなぶったるんでるんじゃあないのかなあ。
     

次男(来月で二歳)だが断乳に成功したのはいいんだが、
夜泣きが酷くなってきた。
3時くらいで、ここんとこ1~2日おきに泣かれる。
泣くのは1~2時間。
ずっとだっこをしてあやしていないと絶叫されるので
たまったものではない。
おかげで今日もちょっと寝不足だ。

昨日は子供服を買いに行きがてら気晴らしにレクサスへ寄ってみた。

入ってすぐにIS(いちばん安いやつね)があって、
奥に行くとLS(いちばん高いやつです)がドンと飾ってあった。
価格を見る勇気はなかったがおそらく7~8百万はするのだろう、
威厳高く、全くもってして非の打ち所のない風格はちょっと
ドアを開けて乗り込むのにも

「いいっすか?」

と店員に聞いてしまうほどだった。
しかし驚いたのはスピーカーにマークレビンソンが使われていたこと。

やるなあ~

でもこの車をチョイスする人の何人に一人がマークレビンソンを知っている
のだろう、それを思うと

「なんとかに真珠にならないといいですけどねえ」

と店員に思わず言ってしまった。

なにしろ、後部席なんて、頭上にもマークレビンソンがあるんですから。
天井ですよ天井。しかも2つ。
チューナーを81.3に合わせJ-WAVEから流れたビリージョエルの
セイグッバイトゥハリウッドを私はこんないい音で聴いたことは無かった。

「音、いいね、こりゃあ!!」

とは長男。
スイッチ類をはじめとしてそこら中いろいろいじくりまわしていたから
さぞかし営業さんは気を揉んだことだったでしょう。すいませんでした。

 

 

話は変わって。

前職の同期と先般会った。2名。
一人はまだ会社にいるままで、この4月に無事部長に昇進したとのことだった。
名目的にはそいつの昇進祝い(軽)ということで会ったのだ。
もう一人はT氏。こいつは89年に転職していて私の前職の会社には
今はいない。
で、後、私らと同じ部にいたD氏もこのT氏の会社へ転職したので、
その2人はその転職先の会社で同席していることになる。
今回会ったのはそのD氏を除いてのメンツだったのだが、
ちょっと驚いた。D氏、会社に来なくなっちゃったんだそうである。

「もうねえ、一年、来てないよ」

それを聞いてまた驚いた。
ちょうど一年前にそのD氏も含めたこの3人の計4人で飲んだからである。

「そうそう。
 だからあの飲み会の直後、来なくなっちゃったのよ」。
  
 
 
D氏はトシは私と同じくらいだが、前職の会社では一年先輩だった。
黙々と仕事をするタイプで、陰でコソコソ悪いことも
していたようだった。詳しくは書けないが。
趣味にはパチンコも入っていて仕事中に打っていることも
しょっちゅうだった。
女癖が悪く、これまた水面下でちょこまかといろんな女に手を出して
いた。
うち一人。
会社に派遣で来ている女性と結婚することになった。
私はその女性とも交流があったのでD氏はまずいんじゃないかと何度か助言した。
が、間もなく驚くことを依頼された。

「たかぴー、さ、
 結婚式のさ
 司会。
 やってくれよ。頼む」

D氏からである。

あっけにとられた。
私からすればとくだん仲がいいわけでもなんでも無い。
義理ももちろん無い、そんな大役頼まれる筋合いは到底無い。
深く書くことは避けるが、最終的にはその大役をうけることになって
しまった。後にも先にも100名をこす披露宴の司会はこの他に請けたことは無い。

しかし破局はすぐにやってきた。2年と持たず、彼らは別れることになった。
私からすれば想定内だった。D氏が家のお金をじゃんじゃか使うようになって
いたので問い詰めたら、他に女ができて子を身篭らせてしまったのだそうだ。
おろすのやら手切れ金やらで結構な金が出て行ったようだ。
夫婦はもめにもめ、彼女は出て行くことになったが
口座にお金はビタ一文、無い。
幸か不幸か夫婦に子はいなかった。
D氏母に相談しようと彼女が事情を話すと

「じゃああなたはねえ、子供作ったの?
 作りもしないで、よく言うわよ」

と信じられない反応。今で言う逆ギレか。
私から言わせればこの親にこの子、あり、だ。
披露宴の司会を務めさせておきながらろくな礼もしなかったからだ。

だから今回、出社しなくなったことを聞いて
驚きもあり、頷きも、あった。
D氏、今は別な女性と結婚してなんと二児の子持ちなんだそうである。
どうすんの?いったい。
  
 
と、こんどは部長に昇進したS氏からもまた驚くことを聞かされた。

「そういや、たかぴーの部にいたN課長、
 ヤツも今、会社、来てないぜ」

マジ!?なんで?

「しらんがもう数ヶ月来てないみたいよ」。

なんだよ~
しっかりしようよ~。
まあ転職したD氏はいいとしてね。
N課長、その昔伊豆スカで私の後ろに付いてきて地獄を見たBMW君です。
彼はその後、メルセデスE240T~E500(W211)と
乗り継ぐほどの車好き。
どうしたんでしょうねえ。みなさん。がんばりましょうよ。

エアコンフィルター、グリル交換

Kicx5277

 

エアコンダストフィルターを交換した。購入はルパルナスで、ネットから。金曜発注したのに土曜にはもう着いた。

Kicx5278

助手席グローブボックス下に格納されてる。出したとこ。これは純正品。03年2月に替えて以来、ずっと掃除機で掃除して使いまわしてきた。Kicx5279

さすがに真っ黒。これが肺に入ってると思うと少し怖い。

新品のボッシュはフィルターの目が縦だ。それと枠が純正は樹脂なのに対し、ボッシュは紙のペラペラ。重量がぜんぜん違う。

Kicx5288

グリルもKicx5289 自分で塗ったノーマルのは剥れてきてみっともない。んで倉庫の肥やしになっていたアバンギャルドタイプを付け直した。

安物だからか爪が入らず、初めて付けた当時は裏側のプラスチックを削って入れるのに結構苦労した。

8箇所でグリル枠にとめられているが全てを削らなくてはならなかったのだ。

Kicx5292

装着は簡単。

ボンネットオープナーのヒンジをグリル上段から二番目の列に入れるのがルール。

すっとはめてしまうと最上段に入ってしまうので気をつけましょう。Kicx5293

交換後はこんな感じ。マスクが引き締まりますね。

だけど好き者の人はみんなこれにしちゃってるから、なんか違う感じにしたいんですよね、ホントは。

そうそうW204(ニューC)がもうすぐ出るけど、アバンギャルドタイプのグリルはかっこ悪いですね。

グリルセンターに3Pスターがドンと入っている、あれは品がないなあ。

個人的には好きくないですね。

Kicx5285

2007年4月14日 (土)

渋谷から歩いて

一昨日は渋谷で仕事を済ませ、帰路は思い切って歩いて帰ろうと思った。
しっかり歩き、1時間で帰って来れた。

会社員だった新入社員の時、勤務地が六本木だったことがあって、
私はその勤務地から二日連続で家まで歩いて帰ったことがある。
当時仕事が山積みで残業残業の嵐だったしバブル全盛期の
1985年、しかも午前0時を過ぎた六本木、やすやすとタクシーなど捕まらない。

一本道だし疲れたらタクシー拾えばいいか、いえい!歩いちゃえ!
とばかり、仕事疲れの頼りない足取りでとぼとぼと歩き出した。
確か3時間かからないくらいで帰って来れたと思う。
しかし二日目は違った。
疲れが溜まってたし途中で雨が降り出した。
仕事で嫌なことも重なっていたし先輩からもいじめられていた(笑)
から、途中で涙が出てきてしまったことを覚えている。
雨宿りしながら濡れ鼠で帰宅できたのは午前4時だった。

あの当時は本当にタクシーが捕まらなかった。
それと二日目は金曜だったせいもあるな、疲れた途中からは空車を見つけたい
からほとんど後を見ながら歩いていたようなものだった。
途中の池尻大橋のあたりでタカネ君の弟が私の横を車で通り過ぎたようだった。
彼女を乗せていたらしく、私はずぶ濡れだったからか彼は無慈悲にもそのまま
走り去ってしまった。後日知ったことだが。

あんまりきつかったので翌週の金曜は、やはり0時過ぎまで残業の後、
渋谷まで歩いて弟に車で迎えに来てもらった。
待ち合わせた渋谷東急プラザの前で待っていると、
横にきれいなねえちゃん二人を連れた男がいた。
彼らはタクシーを拾おうとしているのだろうが
残念なことに空車は全く来ない。
しばらく待つと私の前には弟運転のスターレット1300が
すべるように来てくれた。
よかった。サンキューサンキュー、いやあ助かったよ!と
乗り込もうとしたら私の上着をグイと引っ張るねえちゃんがいる。

「ちょっと、あんた!
 ずるいわよ!」

「な、な、なんですか」

「なにって、あんた。
 一人で乗るんじゃあ、ないわよ!
 私たちも乗せなさいよ!」

弟や私に有無を言わさず車に乗り込んできたのは隣りで
タクシー待ちをしていた三人組だ。
男は車のディーラー(トヨタ系)マネージャー。

「ちょっとお~
 このクルマ、古いんじゃない!?
 あんた、ほら、名刺渡しなさいよ!名刺名刺!」

と、ねえちゃんから促されしぶしぶ出した男の名刺で分った。

「あんたたち、兄弟?
 似てるじゃん!
 かわいいわねえ、弟さん。
 こんど電話頂戴!
 遊んであげる。
 絶対よ!」

と女性も名刺をくれた。

「アニキ、知り合い?」

「いいや」

三人組は騒ぐだけ騒いで車中にアルコール臭をブチ撒け
目黒のあたりで降りていった。

なんか、渋谷から歩く道すがら思い出しちゃいましたね、そんなこと。
辛かったけど楽しいバブル時代でしたね。

2007年4月13日 (金)

コルトタイヤローテーション。他。

コルトだが先だってワイパーブレードを替えた。
PIAAのにした。2種類あるが、安いほう。
デフォルトのはもうぜんぜん拭き取らなくなってひどかった。
05年7月納車以来2年近く経っていたが、そんなものかなあ。

それとタイヤ。
前後ローテーションした。
前5部山、後7部山といったところだったから。
走行1万ちょいだから、減り早いほうだなあ。車重軽いのにね。
まあ細いからしょうがないのかも。トーヨーの175。

コルトはなーんの気遣いも無く乗れるのはヒジョーにありがたい
んだけど、運転しててつまんないんだなあ。
仕事で使うんだからそんな欲言っちゃいけないんだろうけど
例えばVWのDSGなんか、欲しいんだなあ。
前も書いたけどこの電光石火のギヤチェンはスゴイから。
 
  
メルセデス。
6月車検だけどタイヤを替えないといけない。減ってるから通らないだろう。
だけど今の16のままでいいの?っちゅうのが、ある。
ここで16で履き直しちゃうと、また2~3年は16のままに
なっちゃう。
念願の17に行きたいんだけどどうしようって思ってたら、
出た出た出ました。ヤフオで。BBS。

Fju5001img600x5081173803243last1

この深いリムが好きなんだよなあ。超ストライク!
早速いつもの足のショップにこれ履けるか聞いた。

「あれ、ね。
 あれはたかぴーさんの車にはつかないよん」

え?なんで。
ハブ径のせい?
ハブリングとかで合わせりゃいいんじゃないの?

「だめだめ。あれは、国産車用の。
 合わないのよ。付きまへん。
 だめです」

あっちゃー。残念!
諦めるか。

っで、ウサ晴らしってワケじゃないけど、エアコンの
キャビンフィルター買った。
メルセデスのエアコンのフィルタリング能力はすごい。結構いいんだ。
だけどたかぴー号のはなんと03年3月から替えてない!
ずっと掃除して使いまわしてたんだな。最近いい加減フィルタリング能力
ねえなって思ってたワケ。

W202はボッシュから純正対応が出てて、以前はK550って活性炭入りの
優れものがあった。だけどそれは今は何故か製造中止らしい、どこにも無い。
普通のフィルターとしては同じくボッシュでA550ってのが
3,444円で近所のルパルナスで売ってる。んで買った。
近いので

「取りにいきますから」

と言っても
デポセンターは別にあるみたいで

「だめです」。

だからショップが近い遠いはカンケー無く、送料460円を
別途払うはめになる。
だいぶ前にワイパー買った時は取りに行ったことあったんだけど
それは

「たまたま在ったからですよ」

とつっけんどん。
 
  
メルセデスの方はあとフロントグリルかな。
いじり好きの人たちは皆アバンギャルドタイプってのを
付けてる。
たかぴー号もそうしてたんだけど、オフとかで会ったりすると
みんなこれなんで、ちょっと一味違うものにしたいと思った。
んで、悩みぬいた挙句、自分でノーマルのグリルを塗った。
05年11月だな。クロームだけテーピングして艶消し黒をスプレー。

Kicx2660

上が塗ったノーマル。今付けてる。
下がアバンギャルドグリル。今は倉庫の肥やし。

塗ったはいいんだけど、剥れてきちゃってるんだなあ(汗゛
これは臼井自動車さんで塗ってもらおうかな。
たのんますよ。あ、バンパーの再塗装の件、16(月)に持ってきますからね。
よろちくね。

温暖化

新聞で笑えた投書。

娘 
「休肝日があると寿命が延びるってテレビで言ってるわよ」


「酒我慢してまで長生きしたいと思わないね。
 温暖化ひとつとってみろ。そもそも人間の存在自体が
 地球の害なのだ。
 その為にも、俺は酒をやめないぞ」


「そうよね。他に楽しみも夢も無い人生だしね」


「変な夫婦」

よく覚えてないがそんなことが書かれていたな。
 
 
温暖化って叫ばれてるけど、その温暖化は本当に人類の
悪行によって成しえたものなのでしょうかね。
そもそも気温がマイナス30度とかの北極や南極の氷が、
なんで溶けるの?おかしいと思いませんか。

南極の氷床を数千メートルに渡って掘り下げたものを調べてみる。
するといろんなことが分る。
地球には40数億年の歴史がある。
地球は十万年毎に大きな気候変動があり、生物が滅び、
そしてまた生まれる、を繰り返してきている。
だから地球は、自らのペースで自然に生命が作られ、滅ぼさせて
きているのではないか。人類にとって都合のよいようにあるものでは全く無いのだ。
人類が悪行によって温暖化を作った原因などかけらもない。
全て地球のいわゆる自然発生的なものなのではないか、ということ。

国連IPCC(国際的な専門家でつくる気候変動に関する政府間機構)は

「二酸化炭素など温室効果ガスの濃度が安定化したとしても
 温暖化を止めることはできない」

と言明していたがしかし最近の発表では

「温暖化は人為的な温暖化ガス放出の影響が原因であることは、
 90%以上の確率で正しい」

としている。
温暖化は間違いなく進んでいる。阻止するに人間のできることって、
果たしてあるのか。。。

先の投稿でそんなことも考えてしまいましたね。

2007年4月12日 (木)

舞う桜がきれいだったので

Kicx5265_1

Kicx5266

この場所は仕事でたまに通る道の近くで、残念なことに桜満開の時は
撮ることができなかった。とてもきれいなのだ。
普通の病院。
小ぢんまりした閑静なところなので、車でいきなり入って行って
パチパチ撮るのもはずかしいなあ、でも撮りたいなあと
いつも後ろ髪引かれる思いで通り過ぎていた。
どうしよう、でも早く撮らないと桜散っちゃうしと
昨日思い切って入っていって堂々とエントランス前で撮ったワケ。

撮ってる間中、中の待ち合い室からはモロ見えで
私と私の車はほぼ全員から注視されていたことは間違いない。
警備員がいないことが幸いし、おかげで角度を変えて
10枚くらいをパチパチパチパチと撮った。
しかし中の人からはずっと見られていた。
ルセー、見たきゃ見ろ。

二枚目の写真、後ろの桜の大木は満開だった時さぞかしきれいだったろうと
その時期撮れなかったことが悔やんでならない。
しっかしねえ、私にもはじらいってもんがあるからね。
でも来年の好機にはきっと挑戦するんだ。

ちなみにカメラはコンタックスのTvsDigital。
これね、カールツァイスレンズで、とってもきれいに撮れるんです。
え?べつにきれいじゃないって?
いえいえ、私に腕にしてみればきれいに撮れてるんです。
うまい人が撮ればきっとすばらしくきれいに撮れるんでしょうけど。
私のブログのほとんどはこのカメラで撮られたものです。

それと車、これもこの間の西伊豆一泊の出発前に洗車したまま。
往路の東名では土砂降りにあったのに、きれいなままです。
コーティングの成せる業、ですかね。

2007年4月11日 (水)

昨夜は知人との会食があったので勤務先に車(メルセデス)を
置いたまま帰った。
今日出社してみてびっくり。
車の鍵が開きっ放しだったのだ。
しかしよかった。何も盗られていない。愛用のサングラスも
ダッシュボードの上に置いてあるままだ。
あぶないあぶない。
以後気をつけるとしよう。

鍵といえばこれはなぜあるのか。悪いことをする人が
いるから、必要なのだ。トイレの鍵とは違う。
私は常時5~6個の鍵をじゃらじゃらじゃらじゃらと持っている。
全てとても大事なもの。面倒だがそれら全ては悪いことをする人が
いるために、持たなくてはならないことになっている。
だから悪いことをする人は、私にその手間の賠償を請求されても
おかしくはないだろう。
皆さんもそうは思いませんか。

2007年4月 9日 (月)

車内清掃、スピーカー調整

ブログのping通知サービスをonにしてみた。
これで私のこのブログのひっかかりが良くなる。
多くの人に読んで欲しいというわけではないがちょっと試しに。
 
  
昨日は朝から車の車内清掃を実施。
掃除機でゴミを吸い取り、雑巾がけ。実際は雑巾じゃなくて
プラセームでだけれど。
バケツに絞った水は汚れた汚いものになった。

Kicx5243

皮シートだからいいようなもの、これ、布シートだと汚れは
そのままでしょう。それを思うと、皮でよかったなと。


フロントのFOCALスピーカー。

Kicx5240

大音量時、超低音で若干ビビリが生じる件。
対処を試みた。
スピーカーカバーがウーファーに触れているのではないかと
懸念していたのだ。
実際カバーは爪の一つが引っ掛からないほど(左右共)、
ベースのダッフルが分厚いものになっている。
で、ウーファーが積極的に動く時、スピーカーカバーの
内側に触れてしまって、ビビリ音として耳に届いてしまっているのでは
と思ったワケ。

触れているかはカバーをしてしまえば見えないので、どう
試そうか悩んだ。
結果、カバー内側に小麦粉を塗り、はめ、大音量で鳴らしたとき、
スピーカーにその小麦粉が付けばカバーに触れていることになるのではと思った。
なんだかアルキメデスがお風呂で試した実験みたいじゃあないか
と一人納得し、私はまじめにその実験に取り組んだ。

ところが、だ。
小麦粉、カバーの裏側に上手くついてくれない。
水で濡らし付けようとするも、カバーをドアに付ける際にはもう
ハラハラと落ち、その時点で既にスピーカーに付いてしまう。
これじゃあ実験にならない。何がアルキメデスだ。
ハナシにならないのでカバーを付けたり外したりをウーファーを
注視しながら繰り返して、結果、カバーには触れていないだろうことが
推認できた。
皿に盛った山盛りの小麦粉は意味無く捨てることになった。

Kicx5242

しかしビビリ音は納得できない。
足を組み考えるとそうか、答えはもっと簡単なことに
あるんじゃあないか、ドアポケットの雑物たち、こいつらが犯人の可能性の
方が高いんじゃあないの、とふと思った。
アルキたかぴーは早速小物雑物の全てをポケットから放出し、
大音量を出してみる。

ほう。
ビビリ、生じないじゃあないか。
なんだ、ポケットのモノ達が犯人だったわけだな。

1.懐中電灯
2.ガラコDEクリーナー
3.携帯用イヤホン
4.飴1個袋入り
5.むき栗(殻は無い)

こいつら誰かの単独もしくは共犯によって成しえた業だったということが
確認できた。
よかった。
じゃまものらのいないドアで納得して聴く音たちは、今までより幾分か
良くなって耳に届くようになった。
よしよし。よかったよかった。

 
タイヤ。
注視してみるとフロントは5分山以下。リヤは3部山以下といったところだ。
リヤは去年サーキット走行も含みフロントに履いていたものだ、サイド部が
だいぶ削れてしまっている。内側や中心部は5分山だが。
6月には車検、これじゃ通らないだろうから早めに替えることにしよう。
何がいいか。

ミシュランパイロットプライマシー、3シーズン目で思うに、
こいつは減っても操舵や乗り心地、騒音に悪く影響してこない、ということ。
これがやっぱ世界で名だたるミシュラン、の所以かもしれない。

普通5分山以下くらいになってくると、例えば轍でハンドルが取られ易く
なったりとか、乗り心地が悪化してくるとか、路面の雑音を
車内に多く入れるようになったり等、顕著に出てくる。
それが無いんだな、プライマシーは。
新品時の良さが減っても持続され続ける、ということ、これは
すばらしいことじゃあないか。

以前履いていたのはヨコハマのDNAデシベルだったが、これは01年4月に
履いて04年に5分山に落ちた時、その乗り味は新品の時とは比べ物にならないほど
酷いものになっていた。騒音もしかり。
履いた時は天国だった乗り味もねえ。
畳とタイヤは新しいほうがいい、ってことかね。

今のミシュランプライマシーは05年からだから今07年で
3シーズン目だ。
どうしよう。
やっぱミシュランプレセダPP2、かな。

Kicx5263

投票所近くの停め易いところで。助手席には爆睡中の次男。妻と替わりばんこで投票中。

2007年4月 7日 (土)

伊豆スカ、ターンパイク

家族との旅行だが、帰路は伊東の手前から伊豆スカイラインを使用した。
頂上付近では富士山をバックにした下界の夜景が絶景だった。
停まって思わずパチリとしたが露出不足でだめだな。
おまけに前上がりだ、フロントが浮いちゃってかっこわるいじゃあ
ないか。

Kicx5235

 

晴れて気持ちが良かったのだが東京の天気は崩れていたようだ。
そのせいか、伊豆スカイラインでは快晴だったのにも関わらず
箱根ターンパイクに来るといきなり濃霧に襲われた。
前があまり見えない。視界10メートルといったところ。
あぶないあぶない。30~40キロでトロトロ走ることになった。

メルセデスを買ってすぐの頃だが社内旅行があってその時も
南伊豆からの帰路に伊豆スカイライン、箱根ターンパイクの
ルートを使った。
隣りには隣りの部の部長を乗せ、私のメルセデスは二名乗車だった。
後にはもう一台。N君運転のBMW528Tに統括部長が乗っている。
伊豆はバイクでしょっちゅう来てたからどこを走るのも庭のようなもの。
統括部長はせっかちで短気だ、日曜の帰路は湾岸線熱海の先あたり
からずっと渋滞で詰まることを知っていたから私がそのルートを選択したのだ。

携帯で後のBMのN君に確認した。

「この先混むから、伊豆スカイラインで帰るけど、
 よかったらついてくる?」

「たかぴー課長にお供します」

統括部長と相談の上、そう返事があった。
しかしその時の濃霧の酷さは経験したことが無いものだった。
夜で暗かったことに加え、前が全く見えない。
しかも伊豆スカイラインに入ったとたんに
その濃霧は始まった。まだ先は長い。

「ったったった、たかぴー課長!
 なんですか、この道は!」

すぐ電話がかかってきた。
五里霧中とはまさにこのこと、私もさすがにやばいと思った。
なにしろ視界は2~3メートルがいいとこ。路面の直前のところ、
ボンネットのすぐ下しか見えないのだ。
中央車線と路側帯の白線だけが頼り。
だからスピードも20キロも出せない。
ほとんど足で小走りに走っている速度くらいのもの、たぶん
10キロ前後しか出せてなかったのではないかと思う。

「たかぴー課長、
 いなくならないでくださいよ!
 私、道、よおわからんですからね!」

恐怖で怯えるBMWからそう電話が入る。
いなくなるなと言われても私も速度は上げられない。
隣りに座る部長は怖くて怖くて

「たかぴー課長に命を預けます。
 怖いので目を瞑ります」

とまで言う始末。

しかし苦労した甲斐があった、ターンパイクを降り小田原厚木道路に入ると
霧なんてどこへやら、渋滞ももちろん無く、無事早くに帰宅することが
できた。
東伊豆湾岸で帰った他の社員は酷い渋滞で、真鶴のど渋滞にはまっていた頃に
携帯がかかってきたのは私が海老名のサービスリアで休んでいた時だった。
でも褒めると思った短気の統括部長からは逆に怒られた

「殺す気か!」。

後にも先にもあれほどの濃霧に襲われたことは無かったなあ。
それも今は変わらない。
今回家族旅行での濃霧で思い出した。

伊豆からの帰路、癌は早川だったな。今は西湘バイパス入口も整備されたから
どうか分からないが、当時の渋滞はそれはそれは酷いものだった。

伊豆からの帰路は箱根ターンパイクを使いましょう。んで小田厚、と。
熱海から上がる道もありますから。
濃霧に責任は持てませんけどね。

おっと、箱根ターンパイクって今、名前変わったんですね。
トーヨータイヤターンパイク、だそうです。紛らわしいですから
もう変えないで欲しいもんです。

2007年4月 6日 (金)

旅行。空気圧。

Kicx5144

初日に入った屋上の家族風呂。50分で千円。
撮影者の背中には広く太平洋が見渡せる。絶景だ。

Kicx5163

晩飯はイマイチと書いたが、味はよかった。
何が足りないかって、何か、なんですよね。パンチかな。
肉がちょっと欲しかったなあ、それと刺身は全部次男にとられちゃった
から、刺身もね、量増やしてください。

Kicx5141

これは結局入れずじまいだった波打ち際の露天。
もうちょっと時間あったらね、入ってましたが。あと、寒かったし。

Kicx5193

二日目はまず松崎のお花畑へ。
桜もきれい。満開は過ぎてましたがね。

Kicx5191

百00%って、何パーセントじゃ!

Kicx5210

バイオパークへの道すがらイチゴ狩りに。熱川ですね。
味はまあまあ。甘みはあるんだけど、みずみずしさが足りなかったなあ
でもこの季節の味はこんなもんらしいですね。

 

 
先ほどガソリンを入れてきた。
538キロ走って54リッター。燃費は9.93だ。
旅行前にコンプレッサー修理に出してて70キロ走って、
旅行後も30キロ走ってる。
それらを除けばリッター11くらい走っていることになる。
まずまずかな。

タイヤは旅行前に夏用プライマシーに戻した。
だけど空気圧チェックする間がなくて、半年間眠ってたままの
で行ってしまった。前2.1、後2.3だったがそのままだったわけ。
でも実際は後輪のを前輪にローテーションしていた。
今スタンドで空気圧チェックしたんだけど
減ってなかった。つまり前2.3、後2.1のままでのロングドライブだったのだ。

走行時思ったのは、家族との遠出だと、後2.1くらいって
ビミョーに柔らかくていいんじゃないかいって。突き上げ感も緩和されるし。
疑問符がつく前輪の2.3なんだけど、これも、逆にこれの方が
よかったかも、って思うんだ。

たかぴー号は2.4V6のこのサイズにはちょっと重ためのエンジン。
前後の配重バランスは6:4くらいと思う、だから重い前の方が高めの2.2くらいで良い。
回頭性も良くなるしね。アリなんじゃないかな。

たかぴーはワリと空気圧にナーバスで、1~2ヶ月に1回はチェックしてる。
いつものスタンドの兄ちゃんも
「遠慮なく言ってくださいね~」
って言ってくれてるから遠慮なくお願いしちゃってる。
「そこにありますからご自分でお願いします」
って店にはたかぴーは行かない。

そうそう、旅行の出発前。
たかぴー号、前日に降り積もった黄砂の影響であまりにも惨く
汚らしい状態だったんで朝、洗車機に通した。
住まい近くのシェルに500円のドライブスルー洗車ってのがあって、
急ぎの時は試してみようと思ってたんだ。
雨が上がった朝8時に行った。
早い早い。3分もかからないで終わった。
ところが、だ。自宅への帰路にはまた雨が降り出してしまった。
どころじゃなく、旅行に出発するときは土砂降り。東名も同じく。
500円がもったいないんじゃあなくって、洗車機って
通したくないんですよね、よほどのことがない限り。傷つくから。
ちょっと残念な出発前の出来事でしたね。

2007年4月 5日 (木)

楽しかった。伊豆の一泊。

「伊豆は晴れる」の神話は今回も崩れなかった。
予報では荒天だったが火水の二日間とも快晴に恵まれた。
10数年前、バイクで毎週のように伊豆の峠道を走りに来ていたがその時分も
雨に降られたことはなかった。

往路は東名沼津から韮山、西伊豆湾岸経由で目的地堂ヶ島温泉へ
向かった。
東名ではずっと雨に降られていた。修善寺手前あたりでも
雨は上がったものの、曇り空で、気温も真冬並みの寒さだった。
ところがいくつかのトンネルを過ぎて西伊豆の湾岸線に出ると
どうだろう、空には雲ひとつ無い晴天が広がっていた。不思議なものだ。

宿は義母がよく行ったと言う小松ビューホテルにした。
HPから予約しようとしたら満室だったのだが、
ネットでじゃらんから入っていったら空いていたのでとった。
じゃらんが部屋を押さえてるんだろうぐらいに思っていたが、
晩飯は自慢のものがなぜかイマイチだった。
たぶんじゃらんにハネられる分、メシをハネられたんじゃあないかな。
しょうがない。でも温泉はとてもよかったので、まあよしとしよう。

写真はいっぱい撮ったが手元にあるのだけ貼るか。
二日目の熱川バイオパークだ。
子供たちがとても楽しくできたので満足。

Kicx5221

Kicx5225

Kicx5228
閉園の5時いっぱいいっぱいまで遊んだ。
夕方はとても寒くなったので
「伊豆は暖かい」
の神話も信じる春服でいた私はブルブル震えていた。
お陰でいまだに身体の芯が寒い。風邪ひいたかな。
温泉も8回くらい入ったからしょうがないか。
 
 
小松ビューホテルには風呂が4つくらいあった。
屋上には絶景の露天風呂があって、その一区切りを家族風呂として
貸し切りにしてくれる(有料)。
着いた日の晩飯前、空いていたので早速借りて家族で浸かった。
まだ日も高かったし景色がすばらしいことこの上無いのだが、なんたって寒い!
浸かっていないといてもたってもいられなくなる。
しかし湯も熱いのでそう長くは浸かってられない。
出たり入ったりの繰り返しだ。
みんながガタガタ震える中、何にも言わないのが次男(もうすぐ2才)だ。
脂肪が厚いからか神経が図太いのかよく分らんが、文句一つ言うわけでもなく
湯船の外で遊んでる。しかし濡れたすのこの上で足を滑らせて
転び後頭部を強かに打ち号泣。
そのまま場外へリタイヤ。
それがトラウマになったか、翌朝も同じ景観の屋上露天風呂に連れて行ったら
また号泣された。湯に浸かってもだめ。迷惑なので撤収。階下の大浴場へ。
私は朝だけでその前に2回入っていたので、このタイミングだけでも4回も入って
しまったことになる。
学生時代熱川の温泉にトモ、ケンチャンと三人で温泉に10数回入ったり出たりを繰り返し
たら三人とも帰ってきて風邪をひいた。それと同じかもしんないな。
バカですね私も。学習機能無いね。

2007年4月 2日 (月)

次男、断乳

勤務先のデスクにいつの間にか小さなボルトが1つ
落ちていた。
何のだろうかと気になったので、机の引き出しに入れておいた。

妻のグッチのサングラス。私もたまに借りるのだが
フレームがぐらついている。よく見ると、こめかみの部分のボルトが
1つ欠落しているのが分った。

そうか、机のネジ、ここのだったのか
とはめてみたらドンピシャ。
爪の先でチマチマと回して付けて直したが、ちょっと違う。
同様のボルトが反対の右側にもついているが、これは四角のボルトだ。
つけたのは六角のボルト。
じゃあ四角のはどっかに落としたのかなあ、でも机にあった六角のは
よく合ったなと思いながらサングラスケースを開けてみた。
するとその中に小さな(ホントに小さな)四角のボルトが落ちていた。

なんだ、こんなところに、あったのか、と思って四角のを付け直した。
目がいいとこういう時便利なのだなと思った。

まあそういうちっちゃいことはおいといて、次男(もうすぐ2才)だが
断乳に成功した。
おっぱい星人だったため(長男もだが)、四六時中ぱいぱいを
要求し、妻は疲れ果てていた。
なんたって座ればすぐおっぱいなんだから。。。
立ち飲みもあった。
で、一昨日の土曜夜から断乳に踏み切ったわけ。
夜寝室でやはりおっぱいを要求する次男。
いつもはパイ寝の時間だ。

「おっぱいはね、ないない、なの。
 もう、いたいいたいでね、ないない、なのよ」

「ナイナイ?
 ナイナイ?」

2才とはいえ、ナイナイの意味は理解している。
だけど何度も何度も妻の目を覗き込み

「ナイナイ?
 ナイナイ?」

と聞いてくる。
すごく悲しそう。涙をこらえ、我慢しようとしている。
しかし向うはこらえる涙、こちらは逆にもらい泣きを
してしまった。
 
  
「いたいいたいで、ないない、なのよ」

「ナイナイ?」

を何回繰り返したか。。。
30分ほどして私の側に来ると、トンと落ちて寝入ってしまった。

長男は同じ時期、同じように何回も何回もナイナイ?を
繰り返して妻の前に膝まづいて男泣きに泣いたっけ。
比べると次男は物分りがいいのかな、でもこれでまた一つ成長したわけだ。
明日からの温泉一泊も妻はだいぶ楽になることだろう。
しかしお陰で胸が張って痛いらしいが。

写真は2月のこどもの国。ゴリラ好きなのかな?

Kicx4860_3

エアコン直った。タイヤ交換した。

愛車W202メルセデス。エアコン故障、無事直った。
費用はしめて25万弱だった。
うち、肝心のコンプレッサーの額は17万。
他は細かい部品代とか修理費用、ガス追加などだった。
とりあえず直ってよかった。
明日から西伊豆へ一泊だ。
お花見と温泉と、そしてイチゴ狩りして美味いものを食べてこよう。

タイヤだけどスタッドレスからやっとこさ履き替えた。
昨日日曜。Tシャツ一枚で汗だく、1時間。
伊豆のワインディングをね、スタッドレスじゃあちょっとまずいっしょ。

05年春から履いているミシュランパイロットプライマシーも
サーキットを走ったせいもあり、山がだいぶ薄れている。
前輪に履いてたのは3部山ってとこだ。
後輪は4~5分山はありそうだが。いちおう前後ローテーションした。

やっぱプレセダかなあ。
DNAユーロもよさそうだけど、これヨコハマはフラッグシップって
銘打っててちょっと高い。
プレセダ73千円に対してユーロ91千円だ。
2万弱の差、あるか?

プライマシーの前は、DNAデシベルだったんだけど、これ
結構良かったんだよね。
なんてったって静かだし、直進性が高かった。よくグリップが弱いとか
高速で腰砕けだとか書かれてたけど、それは腕が悪いもしくは
車の足が悪いからだろう。
私は鳴かしたこともほとんどないし直進性では200出しても
ビターっと安定しててとても気に入ってた。

今のプライマシーはもっと静かなんだけど、こっちの方が
ちょい腰砕け。とても柔らかい。
コンフォートに思いっきりふったのだろう、生暖かいアスファルトの上を
走ってるようで、触感がイマイチでしたね。
雨の多い6月に入る前に替えましょ。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »