« 焼き鳥 美味かった | トップページ | コンプレッサー取替えだそうだ »

2007年3月29日 (木)

エアコン壊れたなあ

愛車W202だが、エアコンが壊れた。
初夏を思わすこの陽気の昨日今日、さすがにエアコンが効かないと
窓全開で走るしかなかった。
んで今日からヤナセに入院。
安価で済むエアコンのガス切れかと思いきや、そう甘くない。

コンプレッサーは動いているようで、ECボタンオフ/オンで
動いたり止まったりしてくれてる。
「シューッ」って音はしてて、冷たい空気が出てくれそうなんだけど
ダメ。風量はたっぷりでも、ぬるめ。
一昨年エバポレーターは交換したし、何が悪いんだろ、分らん。
メカの人も首をひねっていた。
二日入院は余儀なくされそうだ。
 
 
しっかし勤務地世田谷にはベンツが多い。
間違いなくカローラより多い。
そこら中ウヨウヨ走っている。住まいの方(神奈川)では
そう見ないからいかに世田谷は金持ちが多いかということが分る。
しかしベンツの良さを本当に分って乗っている人というのは
10%にも満たないんじゃあないかな。
多くは見栄虚栄で買っているんだ。
先週の土曜は半日で3台もアホンダラベンツを見た。

まずゲレンデのアホ。
T字路で私が左折しようとした。小さい交差点で更に左折先の道は狭く
すれ違いができない。そっから1台が来たので私(コルト)は曲がらず
しばらく待っててあげた。
その車が過ぎ去ったので曲がって行ったら、向うからゲレンデが来た。
ゲレンデは譲ろうとしない。
お前が、下がれ、という気構えでいる。私が一台を譲ったのは見ていたはず。
しかしドン!
と道のど真ん中にいるままだ。
運転手は顔の長細いバカズラをさげた女性だった。夕暮れ時なのにサングラスを
している。
こんどはオメーが下がって私に道を譲る番だろうと思ったがまあしょうがない
運転下手なのだなと思って、私が下がってあげた。
交差点まで下がってもだめだ。私は元来た道にまた曲がって入って
戻って、ゲレンデを通してあげた。
普通、この時点で感謝の意を表される。ゲレンデは私に
ありがとう
の意を表することは必須だ。手を上げるとか首を縦に振るとか。
ところが、びっくりした。
ゲレンデは全く逆の態度に出た。
私に口パクで何か叫び、ホーンを長く鳴らし始めたのだ。

 ビーーーーーーーッ!!

 もっと速くさがれっつーの!

口はおそらくそう言っていた。

はあ~。なんで??
どうして私が怒られなくちゃならないの?
速く下がって人にぶっかったら誰が責任とるんじゃ。
まいった。
松岡大臣並みのバカですわ。ちなみにナンバーは
 なにわ
でした。オプシティアンブラックのゲレンデ、なにわに帰んなさい。
世田谷は二度と走らないように。

2台目。
家電のコジマに行った帰り。
駐車場を出てすぐを左に曲がらなくてはならない。
その左に入る車はけっこう多く、コジマから出た車だけでなく、
環七の側道から梅ヶ丘方向へ抜ける為に多くの車が使う道だ。
その道の入口に、だ。横向きでAMG・E55(W210)
がハザードを点けて止まっている。
つまり誰もその道に入らせないようにして止まっちゃってる。
多くの車にクラクションを鳴らされている。
なのに動かない。
こいつをアホと言わず誰をアホと言う。

私も出れず、駐車場坂の途中で止まったままだ。約1分。だけど10分くらいに感じる。
どーしたなんだなんだと思ってたらコジマの袋を抱えたババア(トシ55)が
歩いてきてそのE55に乗り込み、走り去っていった。
なんでもうちょっとでいいから先に止まってる、とか、
せっかく駐車場があるんだから駐車場に入る、とかしないんだろうか。
メルセデスは先のゲレンデといい、オーナーにそういった世間一般常識
が通じないバカな輩が多い。
ホントに困ったもんだ。

最後3台目。
夜、自宅への帰路。馬事公苑近く。
赤信号で止まったが対向車先頭のライトが、明るすぎ。
ハイビームだ。
その先がまったく見えない。
未知との遭遇かと思った。
すれ違い様に見たら真っ赤のメルセデスW203だった。

車はただ単なる移動のための手段のものではないのだよな。
居住空間としても重要な役割を果たしているし
安全性の高い乗り物であるに越したことはない、だから
多くのお偉さんがメルセデスを選ぶのだろう。
反し、だから自分も、と言う偉くもなんともないしかも車のこと
なんも分っちゃいない成金バカもメルセデスを選びがちなのもまた
事実。

ああ、ヤナセさん。どうかしてこういったバカ共からメルセデスを
奪い去ってもらえないだろうか。
世田谷はね、特に要注意ですよ。

たかぴー@エアコン壊れてちょっと不満ぶちまけ気味でした。

« 焼き鳥 美味かった | トップページ | コンプレッサー取替えだそうだ »