« 気をつけよう(2) | トップページ | スピーカー、ワイパー交換 »

2007年3月 5日 (月)

W202、Rスピーカー交換

メルセデスのリヤスピーカーだが無事アルパインに交換された。
まずますの音だ。
スティーブガッドのドラム音なんてこんなにかっこよく再現されて
いいの?って感じ。
パーカッション系特にトライアングルや鈴の音なんか
きれいに再現してくれている。

しかし効果的には、フロントのフォーカルへの交換ほどではない。
リヤ替えたのはかみさんは気付かないかもしれないな。
まあいい、こんど本体の方も替えるんだ。
アンプもいいやつにね。
こうして少しずつ手を入れていくっての、好きなんだよね。

でも日曜少し整備してて、フロントスピーカーのカバー
(ドアのデフォルトの)がうまく入っていないことに気付いた。
外してよくよくみると、スピーカーの厚みがあるため、
ベースもまたしっかりしたものだから、カバーの爪がボディー側に届かない
のだ。
大音量で超低音の時、少しビビる音がするけど、それが
この爪が入っていないことによる共振か、それとも
ウーファー自体がカバーに触れてしまっているものなのかが分らない。

爪が入んなかったのは言ってくれりゃ、いいのにね、コックピット21も。
これは今後自分でうまく加工していきましょ。
  

スピーカーは置いといて。。。

思わずペンを執った(キーボードを打ったとも言う)のは
代車で借りた車の乗り心地の悪さに驚いたからだ。
メルセデスのA210だ。
代車なんで文句言ってもしょうがないが、これはきっと何かあるに
違いない。酷い乗り味だった。

走行は4.7万。
タイヤはPLAYZの5分山。これは大丈夫なハズ。
何がだめか。

まずショックアブソーバー。
これがヨレヨレ。だから乗り味ってもんがまるで無い。
突き上げ感も不快だし、揺れも一回で収まらない。
ブッシュ系も相当やれてるな。

んでスプリング。
替えられてるのかなあ、他社のに。
アイバッハとか、ビルシュとか。
ゴツゴツゴツゴツうるさいし、小さめのギャップでも
ゴンゴンドンドンと室内に響く。んもーやだね。コルトが
神様に思えた。

で、ブレーキ。
これもだめ。効き悪い。強く踏まないと減速してくんない、し、
ローターへのアタリが面白くない。
ンガガってひきずるんだよね、止まる寸前で。
これも他社のに替えてるんだろうなあ。
10年くらい前ゴルフに乗ってた時
GIGAっていうのパッドダストの出ないやつに替えたこと
あるんだけど、同じ踏感だった。やっぱンガガっていうんだよね。
これよくないよなあ。ヒジョーに。
サンビームにも
「あれ(GIGA)は最悪ですよ」
と昔言われたことがある。今のたかぴー号のメビウスのパッドが
天使に思えるよ。

補足だけどタイヤは195/50だったんだけどこれは
185くらいの方がいいよね。もしくは175。
195だとギャップ拾いすぎよ。W202が195だもん、
こんな軽いAには不釣合い。しかも50はだめ、65扁平にしなさい。

乗り手によって車って変わっていくんだなあとも思った。
代車だからきっと大事に乗られてないんだろう。かわいそうに。
エンジン音もゴーゴーと社内に響くし、シートは硬いくせに
妙にヘタっていて、30分も座らないうちに違和感が出てくる。
肩のあたりが特に落ち着かない。
 
 
土曜はW202でちょと首都高を走った。
相変わらずビターっと、地を這うような安定感。
荒れた3号線でしかもスタッドレスで160くらい出しても何の不安感もない。
いつもいつも、本当に惚れ惚れする。

ちなみにオドメーターはやっと7万キロを超えた。
しかしこのままだと10万どころか、20万だって楽勝で走りそうだ。
まだまだよろしくお願いしますね。

« 気をつけよう(2) | トップページ | スピーカー、ワイパー交換 »