« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

リーバイス507

ジーパンはとても好きでいっぱい持っている。
全てリーバイスだ。他は買わない。
502は3本あるし517、512、510他いろいろあるが
最近また買ってしまった。
507というのだ。ブーツカット。
シルエット的にストライクだったので衝動買い。
腿の部分がそう細くない。
同じブーツカットだと持ってる517は腿のところが
細すぎ。いくらなんでも40も半ばでちょっときついんで、
レギュラーフィットのってないのかなあと思ってたらあったんですな。
で、お買い上げ。
ライトオンのワゴンセールで6,900円だったから即決。

まあねえ、持っててもほとんどがタンスの肥やし。妻も呆れてます。
でもね、分っちゃいるけど、買っちゃうんですよねえ。

2007年2月24日 (土)

ワイパーとサングラス

メルセデスのワイパーだが全然拭き取らなくて驚いた。
先般土砂降りの中走ってキケンだった。

帰り(運転席側に戻ってくるとき)はいいのだが、「行き」
が全然拭き取らない。
こりゃだめだめひでーなと思って履歴を見たんだが、一昨年6月の車検の時に
とっかえられてる。ヤナセだ。2年はもたないんだな。

とっかえられてるっていうのは、私の意思意向、先方への
依頼に反して、ということ。
書面で出したんだよな。ワイパーはその直前にとっかえたばっかだから
替えないでいいですよって。

車検の時は、率先して替えて欲しいもの、替えたばかりだから
替えないでいいもの等々を表にして出している。わざわざそこまで
してんのになあ、替えるなっちゅうの。請求明細見て分った。
ボッシュのに替えてるから、ブレードごと純正に替えられちゃうと
こんどボッシュゴムだけっていう交換ができなくなっちゃう。ちきしょーめ。

まあいいか、ちっちゃいことだしと思ってながした。
それにその車検でヤナセからサングラスをもらったからだった。

その少し前、ヤナセのフェアに行ったんだがその時、
そろそろ車検じゃあないですか、今予約してもらえればサングラスを
差し上げてるんですよ、
と言われて速攻予約し、もらったのだった。

もらったサングラスはスガシカオっぽく、軽いし割と気に入った。
だけどグラデーションの関係で遠近感がつかみ難かった、だからカバンに入れ
たままで、運転の時はすることがなかった。
  
 
去年だった。中学時代の友人らと飲む機会があった。
男女合わせて12~3人が集まり、痛飲した。
私はなぜか一気飲みまでさせられ、ぐでんぐでんに酔っ払った。
いつの間にかその席に若い娘が2人いるのに気付いた。
聞くと小学校時代からの同窓、Nさんの娘さんだということだった。
その娘さんが友達も連れてきたようだ。

Nさんはとてもきれいな人で(もちろん私の同級生だからもういいトシだが)
学生時代はモデルもやっていた。何誌かで拝見したことがあった。
しかしこのNさん、実は小学時代、私のことを好きでいてくれた。
うる覚えではあったけれど一昨年、小学校時代の同窓会を開いた折、
昔に皆に書いてもらった
「思い出ノート」
を読み返してみて思い出したのだった。

娘さんもお母さん譲りでとてもきれいだ。トシもハタチ前、
若さが溢れてるって感じだ。

「おじさん、名前は?」

娘さんにそう聞かれた。

「たかぴー、っていうのさ」

「ホントに?!」

私は本名を言ったが、娘さんとお友達は顔を見合わせ驚いている。
学校の担任の先生もたかぴーというらしい。

そうか、そんなある名前かな、たかぴー。

「ちょっと待って、
 おじさんのこと、ママから聞いたこと、
 あるかもしんない。
 センセの名前知った時、ビビっときたんだよね」

酔った勢いもあったろう、私は小学校時代の思い出話を
だらだらと娘さん達に話し始めた。
Nさんは別な席で盛り上がっていてこちらの話題には気付かない。

少し離れた席に俳優の鶴見真吾がいるのに気付いた。

「あそこにいるの、鶴見真吾だぜ」

「ふうん、、、
 あんまかっこよくないわね。
 私はたかぴーさんの方が、タイプだわ」
 
 
翌日のことがあるので私は皆より先に退席することにした。
もう0時を回っている。
店を出ると、いつの間にか外にNさんの娘さんと友達がいた。

「ねえ、たかぴーさん、また会えるかしら」

そうだなあ、だけど20そこそこの娘とそう会えるもんではない。

「いつ会えるか、わかんないな、、
 そうだね、じゃあ、、、
 おじさんのこのサングラス、あげるよ。
 これ。
 かけてみ」

スガシカオっぽいヤナセからもらったそのサングラス、
かけると彼女にはとてもよく似合った。

「スガシカコ、だね」

「(笑)、また会おうね」

サングラスは失ったが、なんだか少し気分のいい飲み会だった。

2007年2月23日 (金)

DIATONE、BOSE、今剛さん

実家から持って行ったダイアトーンのスピーカー、鳴らしてみた。
抜群にいい音で鳴ってくれた。
目頭が熱くなった。

まず聴いたのがマライアの「WITHOUT YOU」。
レコーディングがかなりいいので試し聴きにはもってこいの曲。
きれなピアノの音から始まるのだが、トゥイーターもよく
動いてくれて、澄んだ美しい音を聴かせてくれた。
いやあうれしい。昭和51年製のものとは思えない。
モニター用としてもまだ使えるかもしれないな。製造者に
感服だ。

他にBOSEを4つ設置しているから比較して聴いてみる。
ウーファーもでかいし、床設置してるしで、低音はダイアトーンの
方が迫力がある。
BOSEは広がりがある音を鳴らす。澄んだ、きれいな、という
表現は、合わない。どちらかというと大雑把ではあるが
部屋いっぱいに音が広がってくれ、臨場感を楽しむ、という感じ。
しかしそれが耳に実際に届くとこれがまた良い。
曲によってはBOSEの方がぜんぜん良い。
まあBOSEの方ももう20年選手だから、よく頑張ってくれてますよ。
これまた感服ですわ。
 
 
FMで懐かしい曲がかかってる。

「IRRESISTIBLEMENT」。

SYLVIE VARTANだ。

邦題はあなたのとりこ、だったっけな。

友人たっちゃん家に行くとこのアルバムがレコードプレーヤーの一番上に
いつも載っていて、よくかけて聴かせてもらった。20年以上昔の
ことだ。
ノリが良くてかわいい曲。最近でもCMに使われたりしてた。
聴くと皆も分るんじゃないかな。
しかし驚くべきはこのレコーディングが1960年代にされたもの
ということだ。とてもきれいにレコーディングできている。
やっぱ先進国だな。その時代の邦楽でまともに聴ける音楽なんて
ないからな。

メルセデスのカーステはカセットが聴ける。8年前の納車直後にケンウッドのに
替えて以来ずっと使っている。(10連のCDチェンジャーと一緒に)
カセットに入ってる好きな音楽たちが山ほどあるから手放せない。

ここんとこ、テープでよく聴くのが寺尾聰「REFLECTIONS」。
これねえ、いいんですよ。何がって、ギターね。
今剛さん。
名うてのスタジオミュージシャン。ギタリストね。
かっこいいとはこういうことって見本の弾き方を
してくれてますね。特に一曲目の
「HABANA EXPRESS」。
もう、いつ、何回聴いても、惚れ惚れとしてしまう、このギター。
ギターが吼え、叫び、呻る。怒濤のカッティング!
学生時代コピーしたけれど、このカッティングはどうしても真似
できなかった。

REFLECTIONSが入ってるテープのB面はなんと、松田聖子
「SQUALL」。
なんで松田聖子って?
いえいえ、このアルバムもギター、今剛さんなんですよ。
特にタイトル曲にもなってるSQUALLのギターなんてあなた
めっちゃかっこいいですよね。
ソロんとこは簡単なんですぐ耳コピできますが、このカンジは
どうも表現できないですねえ、今さんってそういう弾き方なんですよね。

稲垣潤一にも多く参加してましたね。
好きだったのは多くあるけどソロできれいだったのは
LONG AFTER MIDNIGHTの、ですかね。
ああ~、思い出したら聴きたくなってきた。
どうしよう。CD廃盤になってないかな。早いとこゲットしよう。

2007年2月21日 (水)

思い出のDIATONE

Kicx4919

2007年2月20日 (火)

実家のスピーカー

勤務地ではいつもFMをかけているが、ろくな曲がかからない。
今日やっと秋川雅史の「千の風になって」がかかった。
紅白で聴いてビビッときて以来聴きたくて気になってたんだな。
もっと早くかけろっつーの、
んじゃないとリクエストオタクになってやるぞ!

 

 
 
実家にあったスピーカーを住居の方に持って行くことにした。
ダイアトーンのだ。
中学時代に買った。高価なものだ。確か1本38,000円した。
だから2本で76,000円。姉私弟の3人でお金を出し合い
買ったのだ。
裏にシリアルナンバーがある。S51からはじまっている。
昭和51年ってことだろう。1976年製だな。31年前のもの
っつーことだ。
今の貨幣価値だとどうだろう、30~40万ってとこかなあ。
値段言ったら親にとめられたしね。

当時はもちろんコジマとかヤマダとか無いし、
親が仲のいい近くの電気屋で買えっつーんでオーダーして
買った。若い私は足元をみられた。定価購入だったな。
その電気屋はしばらくしてつぶれた。ざまーみろ。

まあんなことはどうでもよい。
どうだろうか、うまく鳴ってくれるだろうか。楽しみだ、早く
つなげて鳴らしたい。

住まいにあった義兄の立派なスピーカーは、以前書いたが、廃棄した。
これはパイオニアのこれまた20数年前のものだった。
期待してつなげたのはいいが、酷い音。ネットを外してみて
驚いた。ウーファーのラバー部が割れていたのだ。

だから実家のこのダイアトーンもご無沙汰になってたから心配で
その後すぐ見たんだな。
見た目はフツー。
しかし凝視して見ると、一部、ラバー部にうねりがあるところがある。
2~3センチだが。経年劣化によるものと思う、しょうがないか。
でもこれが音にどう影響するかが、心配だ。

頼むぜ~。
昔どおりの音鳴ってくれたら、泣いちゃうかもしれませんね。

よく聴いたのはビートルズだったな。
中2の時にジェフベック、ツェッペリンのブリティッシュを知ってからは
そればっか聴いてましたね。高校からはリトナー、カールトンをはじめとする
フュージョン系よ。

しかし、しか~し、だ。
家はオンボロ木造。おまけにサッシなんかじゃあない、木枠の窓。を
ガラガラ開けるとすぐそこ(40~50センチ)にはお隣の窓があるから、
大きな音で聴けないんだな。
真昼間でも蚊の泣くような音量で聴いてましたよ。
性能を発揮して聴けたのは大学2年、鉄筋の家に越してからだ。
それまでずっとおしんスピーカーだったのだな、かわいそうに。

よいよい、じゃからな、かわいがってあげるからの、たのむぞよ、
よい音でなってくれよな。

2007年2月19日 (月)

感謝、じゃあないでしょう

前回投稿したガラコウオッシャー液。これに

「感謝」

と書いたのは誤りだね、

「感服」

が正解だ。

感謝じゃ
「ありがたい」
の意だもんな。ちょっと違う。

    

日曜は義母の歌のお披露目会だった。
歌の学校に行ってるのだが、そこ主催のもの。
近郊某区のきちんとしたホールで行われた。
家族で見に行った。
出演者はじいちゃんばあちゃんばかりだがなんの、ほんとに
上手い人もいる。
ちゃんと勉強されてるんだな。聞き惚れてしまった方も何名かいらした。
とはいえマジ下手もいて、おまえ、勉強して、それかよ
ってのも、多数。

プロ(演歌)もゲストで出てたんだけど、そいつも

「素人にしちゃあ上手いなあ」

と思って聞いてた。途中から入ったからわかんなかったんですよ、プロだって。
まあ上手いは上手いが、

「感服」

するほどでは、ありませんでしたね。

あ、義母ですか。
とても上手いですよ。ええ。上手いです。声もいいですし。
学生時代は演劇部だったとのことで、立ち振る舞いをちょっと期待
してたんですけどね(笑)。それはなかったです。

私も歌いたいと思いましたね。
そろそろギター練習し直しておきましょうか。

2007年2月16日 (金)

リヤスピーカー発注、と、ガラコに感謝。

探してもらってるメルセデスのリヤスピーカーだが
ショップから連絡があって、アルパインに妥協しませんかとのことだ。
focalのはあるにはあるがかなり高価なものになっちゃう。
聞くとリヤにそんな金払えねーよって額だった。
やだなあ、国産のは最悪の時ですよぉ~と言ったらその
最悪の時になってしまった。

アルパイン DLX-108X

Dls108x1

コアキシャルだな。まあリヤに2ウエイは望めん。
バッフル取り付け込み税込みで33,390円でやるっていってる。
しょーがねー。妥協するか。。。

国産のはいっくらカタログでいいこと書いてあっても
実際聴くのは耳だから、上手く表現できてない場合が多いよね。
デジタルなデータはいくら良くても、ね、人間様の耳はごまかせません。
車もそうでしょ。カタログデータは良くったって、乗り味は
てんでハナシになってない。

まあいいや、スピーカー、でも早くなんとかしたいので発注した。
納期と工期の返事待ちだ。一泊入院必要かなあ。フロントの時は
二泊したんだよね。あの時はツイータの埋め込みがあったから
時間かかったのかな、わかんないけど。

コルトだけどさっき満タンにして燃費11.7。
累計も同じ11.7だからだいたいこんなとこなんだな。
近場ばかりぐるぐるエンジンオフオンばっかだしほとんど渋滞だし
よく走る、こいつは。ちょっとの遠出だけで13越えは楽勝だしね。
しかもレギュラー。

それと最近うれしい発見がウオッシャー液。
フロントガラスが汚いのって嫌いなんですよね、だから前言った
ガラコdeクリーナーってのを

041111

よく使ってた。これ、ホント、いいんですよ。ちょい拭きにね、
曇りや拭き残しが無いし、スパッと拭けてワイパーのビビリも無い。
メルセデスとコルトに1本ずつ常備してる。
                                                     

                                                

                                                  

でもですよ、この間、ドンキ行った時、ガラコのウオッシャー液を買ったんですよ。                                                                   

Img209032741

 

 

 

  

                                                                                                  

 特売で398円。 
いきなりメルセデスじゃ怖いから、コルトで試してびっくり。
チョー良いですわ、これ。
ガラスが無くなったかと思ったくらい、きれいになる。ホントよ。
ワイパースジ無し。拭き残りも一切無し。
ケチって2倍に薄めてるんだけどね。

うれしいなあ。こういうの。開発者に感謝だね。

味楽そば

昼食った牛肉角切り入りソバはまずかったなあ。
中華だったんだけど塩っけが強くて。完食できなかった。
おまけに牛肉もスジが多くて噛んだ感じが悪いんだな。臭いも強くて
最悪。。。うげっ。。。

完食できないと言えばこの前かみさんと長男連れて行った
家近くのラーメン屋もメッチャまずかった。
これも完食できなかった。
そこはいつも行列があったしきっとクセになるんだろうと
期待を持って行ったのだが、一口食っただけで

「二度と来ねえ!」。

店が汚いのは譲るとして、醤油系だけどチャーシューがやたらでかくて
スープが甘い。甘さはたぶんでかいチャーシューの煮汁が
そのままスープに入り込んでる影響と思われる。
太い麺も良く言えばコシがある、悪く言えば硬いだけ。
スープはおまけに熱くなく器も汚れたままだったし
近年稀に見る最悪さでした。四分の一しか食せなかった妻は
家で戻し、風邪を併発した。
長男はおもらしをした。

私が完食できないラーメンって、年に一度あるかないか、ですね。
なのにここで一気に二食、食えないのが出た。ざけんな。
こんどは厨房の人にあんた食べてみてくださいって言おうかな。
 
 
最後の晩餐に何を選ぶと聞かれたらなんと答えますか。
私は妻のメシですね、を選びます。美味いですしね、
妻も読んでるんで、そう書いときます。

だけど、もうどうにもなんないんだけど、できるのであれば
また食いたいってのはあって、もし食わしてくれるのであれば
それにします。

それは、もう無いんだけど、実家の向かいにあった
中華ソバ屋のラーメンです。主人が他界しちゃったんですね。
もうかれこれ10年になりますか。だからもう食えないんです。
私を幼少期からかわいがってくれたオヤジで
その人が作るその店のオリジナルラーメン
「味楽そば」

「味噌ラーメン」
がどこの何よりも美味かった。
高校時代からクセになって、社会人になっても
週末にこれを食べるのがやったら楽しみだった。
接点は土曜しかないんですね。日曜休みだし平日は学校だし
会社だったりだから食えない。
だから土曜は楽しみで昼はでかけないようにしてました。

だれか作ってくれないかなああの味楽そばと味噌ラーメン。
味楽そばは醤油ラーメンの上にラードたっぷり使った野菜炒めが
どさぁ~っと乗ったやつ。味噌ラーメンも炒めた野菜がてんこ盛りに
乗ってました。

ラードをたっぷり使った不健康極まりないラーメンだったことは
間違いなくて、血圧がだいぶ上がりました。
入社後の健康診断で

「この若さでこれはないでしょう」

と言われたのを覚えてます。下が100近かったかな。以降
ずっとそうでしたね。
主人が死んで食えなくなって血圧は下がりました。
親父が死ななかったら私が死んでたかも、ですね。

2007年2月15日 (木)

アイバニーズでしたか

電車に乗ると音漏れしていないことが無いくらい
皆イヤホンでガンガン聴いてるな。音楽。
流行ってるのがやっぱりi-podだけど
あの音の悪さ、皆気付いてるのかね。
わたしゃあ面倒でもMDに落として聴くね。
でもそもそもそこまで音にこだわっているレコーディング自体が
あまり無いのかもしんないな最近のは。
ラップとかユーロ系とか邦楽の歌謡曲は特に。
オリジナルで既に悪いからね。

ジミーペイジとかジェフベックとかコンサート中に
何回となくボリュームやトーンスイッチをいじる。
数えきれないくらい、しょっちゅういじってるよ。
クセになってるんだとは思うんだけど、それだけ音に敏感になっている、
こだわっているっていうことだよな。

歌でいうとAIKOかな、彼女の歌い方はどうも好きになれない。
わざとだと思うけど、声伸ばすところで
4分の1か8分の1音くらい低い声で通すでしょう。なんでだろう、どうもね、
個人的にだめだ。ありゃあ。
まあそれを売りにしてるんだろうとは思いますけどね。だめ。許せない。
ぴったんこで歌って欲しい。
他だと平原綾香とかかなあ。ハナシにならないねえ。もっと上手い人ごろごろ
してるのにどうして登れないかなあ。

最近はまってるスガシカオで言うと、売れる前ん時、オーディションに
落っこちたんだそうだが理由が

「人として、華がない」。

笑える。公式HPに書いてあった。
どっか言えてるところあるよね。曲もB面的要素の高いもの多いし
詩も暗いの多いし。

HPには使用楽器も数品出てましたね。
たかぴー予想、当たってた。やるなあ俺も。ふ。
アコギは古いギブソンB25。B25とまでは当てられなかったけど
オールドのギブソンかギルドあたりに違いないとは、前、書いた。

エレキはこれもやっぱ当たってたな、フェンダーテレキャスオールド、
60年代のやつ。EKOはHPには出てないな。
それと、ワウワウを多用してる(かなり)のも気付いてはいたんだけど、
その品名までは分らなかった。アイバニーズだそうだ。
でもこれ、IBANEZって書くんだけど、ずっと「イバニーズ」
って読んでました私、中学時代からずっと(笑)。
青天の霹靂でした。

2007年2月14日 (水)

暴れる次男とおねしょ長男

先だっては家族でボーネルンドに繰出したが
次男(1才10ヶ月)の暴れっぷりには手を焼いた。
おもちゃというおもちゃには全て手を出し、しかも普通の遊びをしない。
ブン投げるとか壊れるほど叩くとか他の子のを殴って奪う、とか。
注意し取り上げると瞬時に移動し、別なところでまた同様に暴れはじめる。
目を離す隙などない。ずーっと注視している必要がある。
お陰で私の目は常に充血している。

思えば長男もそうだったかもしれない、うちは2人ともこんななのだな。
妻はいろいろ女性同士の付き合いで小さい子にも会っているが
うちの子ほどひどいやんちゃはそういないそうだ。

レストランに行っても黙って座ってくれることなどまずない。
コップはほぼ100%の確率で倒すし、
フォークナイフで机や壁を叩きまくることも100%の確率で行われている。
この間はミルク(コーヒー用)を前歯でかじって
顔中真っ白にしてやがった。バーロー。
机の下に潜って立とうとして頭ぶっけて大泣きしてるのみると
ざまーみろ、とも思う。
ファミレスは入口に必ずおもちゃが売ってるでしょう、あれは
なんなんだろうか、子供には金銭感覚なんてもちろんないから
ありゃあ遊ばれて壊されても文句言えないよねえ、ウチも壊したの1つや2じゃあ
ありません。ただちにやめるかさもなくばボランティアで置けっつーの。

今日はバレンタインデーだな。
長男は好きな子から本気チョコもらえたそうだ。よかったな。
妻からメールがきて分った。
でもね、今朝おねしょしてたんですよね。
7月で6才になるのにね。笑っちゃいますね。
好きだ嫌いだ言う前にまずおねしょ直せっつーの!

2007年2月13日 (火)

洗車、ETC再装着

ボンネットに映る木々と空があまりきれいなのでパチリ。

Kicx4848_1

Kicx4849 

乾燥しているせいか静電気のせいか、埃がよく付着する。
1月にコーティング上薬を塗布した際、ちょっと試しにと
別なコーティング剤を塗布したからかなあ
以前のはこんなに汚れが目立たなかったのだが。
とはいえ軽い水洗いだけでも郡を抜いた美しさとなる。
休み中はこどもの国やみなとみらい等々行ったが広い駐車場でも
私の車ほどきれいな車は他にいなかった。ふ。

洗車ついでにカーステ(本体、チェンジャー間のケーブル接続)
を直し、ETC本体を隠した。

カーステの方は以前chnoと表示されCDの再生が全くできなくなった
ことが続いていたのだが、それが再発したのだ。
今回妻から申告があったもので、私が使ってる分には再現していない。
っていうより私は磨いてるだけでほとんど乗れていない。
でもしょうがない、直さにゃとまた本体を出してケーブルつなぎ込みのところを
テープでぐるぐる巻きにして強化。
これでいいだろう。

ETC本体は一昨年kameさんにつけてもらったもの。
腿の位置から足元に移設したが外から見えるしなんなので
どっかに隠そうと実施した。
カードもいつも入れっ放しだ早くやらにゃあ
と思っていたのだ。

隠し場所は我ながらいい場所を見つけれた。ここはいい。教えない。
大工事も不要だったしこれはちっとやそっとじゃドロボーには
見つけれないだろう。
と第三京浜に乗ったら
「カード不装着」
でバーが開かなかった。

ナヌ!

パニック状態になった私はバックギヤに入れたが
後にはピタリとBMW3が付いている。
出れない。前にも行けない身動きがとれない。
ああ、ついに俺も年貢の納め時かと思ったらインターホンで

「どうしましたかあ」

と神の声。

「か、か、カードを、、、
 カードが入ってなかったみたいれす、、、」

しどろもどろにそう言うと

「発券機から券を取ってくださ~い」

見るとインターホン横の発券機からチケットが出ているではないか。
取るとバーも開いた。見事。

チケットを取った手で後のBMにごめんなさいと手を振る。

早速SAでETC本体を見てみるとやっぱカードが抜けてやがった。
隠し場所の中で暴れてエジェクトされてたんだちきしょう。
カードを押し込み本体ももう一度隠しなおす。

「カードを確認しました」

パナソニックの案内を聞きひと安心。
チケット取るほうでよかった、清算の時だったらいったいどうするんだろう。
あぶないあぶない。

2007年2月 9日 (金)

アンテナ業者

社所有の賃貸住宅のテレビアンテナを替えようと思っている。
8世帯が住んでいるアパートの共同アンテナだ。
そろそろ地デジ対応してあげたほうがいいだろう、
どーせ2011年にはアナログ見れなくなるんだしこういうことは
早いほうがいい、入居者のためでもある。

業者をどうしようかと思ったが昨年自宅アンテナを
替えてくれた業者(個人)にお願いすることとした。
ブログには詳しく書かなかったが、実はその業者に私、ひどいことを
言ってしまって、ずっと後悔の念が消えなかったのだ。

昨夏のことだ。自分でも替えれるかと思った自宅アンテナだが、屋根が
高くて怖くて登れなかった。んで業者を頼んだのだが、
替えてもらっても映りがあまり良くならない。顕著に悪い4と6は、替えてもゴーストが消えないままだった。

「これは地域性の問題だと思います」

業者はあっさりそう言うが、替えてくれたアンテナ、
高さが少し低くなってるようだ。以前はもっと高かった。
どうして低くしたのかということと、ゴースト対応のアンテナと
いうのは無いのかと問い詰めると

「撤去したのはゴースト対応のものでした」

という。

「今のは?」

「ゴースト対応のものではありません」

ばあか言うんじゃあない。どうしてレベルダウンさせるんだ、
しかもアンテナ、低くしたんじゃあ、ゴースト消えないの
当たり前じゃあないか、と、きつい苦言を呈した。

「アンテナはゴースト対応のものに替えてください、
 それと、高さも元の高さ以上のものにすること」

有無を言わさずそうお願いし、それが済まないと支払いもしない、と伝えた。
業者は毅然とした声で

「了解いたしました」。
 
 
後日アンテナはゴースト対応のものに替えられ、高さもかなり高い位置に
変更してもらった。

でも、ゴーストは直らない。

業者は再度電波測定等いろいろやってみたが、やはりこれは地域性の問題以外
考えられません、ということで我が家を辞した。

替えてもしょうがなかったんだな。。。悪いことをした。

で、今回アパートのアンテナ交換。
どうしよう。
そうだな。
以前の、あの業者(個人)に、もう一回頼んでみよう。
正直に話そう、あの時は悪いことをした、ひどいことを言ってすまなかった、
だから借りを返すわけじゃあないけど、別のところで仕事、
頼まれてもらえませんか、と。

電話をするとやはりよく覚えていてくれ、じゃあ早速拝見いたしましょう
ということになった。
とはいえ、実はどんな人か私は分らない。
会っていないのだ。家にいる妻や義母しか会っていず、私は
話したのは電話でだけだったからだ。
妻に聞いた。

「なんか、武道でもやっていそうな人だったわね。
 背筋もピシッとしてるし。
 話しっぷりとか、歩き方とか。
 アニキ(W大少林寺拳法部元主将)入ってた。
 後から真剣振っても、白刃取りされるわよ」

ふうん。そうか。。。
でもちょっとしか会ってないのに、
かみさんもよく言うわ、そんなこと。
とはいえ私もすんごい人に文句言ったもんだ。

で、今日、その業者さんとはじめて会った。
妻が言う通りの人だった。

トシは45くらい。
スキンヘッド。
少し低い、が通る声。
眼光に鋭さがある。
眉間には常に皺。
しぐさ行動ひとつひとつに節度のようなものがある。
言葉に無駄がない。多くを語らない。
無表情。
周囲1.5mにオーラを漂わす。
歩いた後に威光が残る。
太ってはいないが全身ががっしりしていて、
確かに後から真剣を振り下ろしても
白刃取りされそうだ。
 

すんごい高い梯子をハイエースの屋根から降ろしてきて
アパート階段に組み、ウチより遥かに高い屋根に
いとも簡単にスタスタ登って行き、電波測定やらなんやら
いろいろやってまたスタスタと無表情で降りてきた。
私が登ったら怖くて発狂していただろう。しかし下から見ていても
なんら危なげを感じさせないオーラを彼は発していた。

ちょっと彼のことをもう少し調査してみようと思う。

FOCALスピーカー

FOCALのスピーカーに替えたメルセデスのカーステだが
抜群にいい音を鳴らしてくれてて大変気に入ってる。
もっと早く交換すればよかった。
しかしいい気になって超大音量で聴いていると低音がへんに
再生される。限界! 
そこはちょっと不満かなあ。
普通に聴くぶんじゃあ全く問題ないし、これはまあ
妥協しなくちゃいけない範疇内かな。

でも替えたのはフロントだけ。リヤはまだ(ショップの手配ミスで
付けられなかった)なので、これはなんとかしたい。
せっかくフロントがいい音を出してくれているのに、ね。
と、先程、件のショップに行ってリヤ交換の相談をしてきた。
しかしうまくはめられる機種が無いらしい。
トレードインで有名なのがカイラスというメーカーのもの
なのだが、音質にやや疑問符がつくのと、トレードインを
銘打っていることから、高価。要はコストパフォーマンス見合いが
悪いということね。

フロントと同じFOCALももちろん検討内だけど、
リヤに入るサイズのはえらい高価なのになっちゃって、スピーカーだけで
5万くらいしちゃう。ドア加工も入れると、8万くらいになるってんで、
これは見送り。
他にいいの探してください、ということで機種選定を依頼して店を辞した。

帰路、FMを付けると偶然スガシカオの午後のパレードが流れてる。
ん~いい歌いい歌と鼻歌まじりで聴いていたが、なんか、腑に落ちない。
音が悪いのだ。
FMの音ってこんな悪かったっけ?
あわててCDに入ってる午後のパレードを聴いてみる。
全然違う。
抜群にいい音だ。
低音も違うし、高音の澄みきった質の良さは秀逸。ミドル域も
美しく再生してくれている。

スピーカー替えると、こんなことまで顕著に差を表現しちゃうんですね。
いいのか、悪いのか、分りませんね。

2007年2月 8日 (木)

六本木の渋滞

仁義無き戦い勃発かな、六本木は危ないね。
へたに行かない方がいい。道も混んでるし。
 
 
六本木で夜、タクシーを拾った。
大通りから少し入ったところで乗ってしまった。
失敗した。案の定道は混んでいた。大通りまで出れない。

片側一車線あるがいっぱいっぱいの幅員でしかも
私の側の車線は大通りまでの間の全域で路駐車がとまっていた。
更に大通りも詰まっているのかな、全然前に進まない。

その時間、大通りではタクシーは拾えなかったろう、
しょうがなかったか、と思っていると、前からヤンキー風の
スーツノーネクタイ男が一人、歩いてきた。
前の車(やはりタクシー)の窓を叩いて何か文句を言っている。
怒っている。大声だ。
私のタクシーにも来た。
窓を開けるよう叫ぶ。

「あのね、この道は、両面なの!
 んで!詰まってるから、
 この車、下がれ!」

そう叫ぶ。
つまり両面通行でこちら側の車線に路駐がいるのだから、この道は
対向車の側の車を優先させるべきだ、だから、アンタの車は
バックしなさい、という意に推察できる。
後のやはりタクシーにも同じように大声で文句を言っていた。

そういわれても後もずっと詰まっている。全員がバックするなど
できないこと。

「無理言いますねえ」

運転手さんはそう言ったが、私はなぜあのヤンキーがあんなことを
言ってきたのかが分らなかった。
その後ヤンキーは私のタクシー横を、来た方へ戻っていった。
しばらくするとヤンキーがなぜそう叫んでいるかが分った。

やっと大通りに出れそうだというところで、車の警笛が鳴り響いるのに
気付いた。
ビーーーーーーーーーーーッと鳴らしっぱなしだ。ひどいうるささ。
鳴らしているのはモデナ(フェラーリ)だった。運転手はさっきのヤンキー。
助手席にはきれいなねえちゃんを乗せていた。
そのモデナ、私らの出てくるその道に入りたかったのだ。
しかし出てくるタクシーたちでずっとつまっているし、しかも反対車線の路駐の影響で
入れない、というのだからヤンキー、納得いかないのだな。

モデナはその大通りから左折で入ろうとして止まっていたが、
問題なのはその格好。
大通り自体も多くの路駐がいたので、ふくらみにふくらんで
大通りの片側の通行を全て塞いでいた。
ガンとして譲らないヤンキー。
どうしてもそこからその道に入りたいのだな。
よくわかんないがきっとそうなのだろう。
いつまでも警笛は鳴り続いていた。

六本木深夜の渋滞はそうしてつくられているのである。

2007年2月 7日 (水)

次男とのひととき

昨日は妻がボーリング大会、義母も出かけてたし
長男は幼稚園。
育児休暇を得た私は朝から次男(1才9ヶ月)と楽しい地獄の
ひとときを過ごすことになった。

公園でやったらめったらめちゃくちゃ傍若無人無責任自己中心的な
遊びかたをして帰ってきて昼食は次男の好きなブタメン。
カップヌードルのおこちゃま版。
彼の好物。熱いのにフーフー吹きながら

「ウマ!ウマ!」

と言って食べる。

Kicx4834

触発されて私も腹が減ってきた。
ボンカレー(辛口)を暖めると今度はそれも
食べさせろと言ってくる。

「おい、辛口だぜ。いいのかよ」

私が食べてもちょっとピリッとする。
しかし彼は何の抵抗もなくバクつく。

「ブー!ブー!」

水をくれと要求してくる。
ブーというのは水のことなんですよね。

ボンカレーカッコ辛口は結局半分以上次男に奪われました。

Kicx4836

Kicx4835

テレビをつけたらクレーマークレーマーがやってて、
ちょうどダスティンホフマンが子供とメシを食うところだったんだけど
なんか、妙に共感を覚えましたねえ。
いやいやウチは別れてませんけどね(笑)。

そうそう妻のボーリングですが、2ゲーム投げて共に
オーバー100ならず。20数名中、ブービーメーカーもん。
私と競ったあの好スコアはなんだったんでしょうか。
おっとそんなこと書くと妻にしかられそうですね。やめときましょう。

サングラス

スガシカオだが(またかよ)ラジオでサングラス、
40~50個持ってます、と言っていた。
そうだな、彼、いつもサングラスしてるもんな、
と思っていたら私もサングラスを衝動買いしてしまった。
Kicx4840_1

レイバンのだ。
カー用品店に行こうと思ったらなぜかドンキホーテに
着いていて、知らないうちに店員にサングラスのショーケースを
開けるよう指示していた。次に気付いたら3~4個とっかえひっかえかけ
どれがが似合うか店員に聞いている自分がいて、
んで気付いたらカード決済していた。
 
 
かけ心地がすごぶる良くて、なんてったって軽い。
フレーム(蝶番)もダブルアクションになっているので
こめかみへの当たりがソフトな点が決め手だった。

サングラスは車の運転が多くなったこの最近、
よく使うようになってる。
やっぱりレイバンのをもう一本持ってるが、
これはかけ心地がいいのだが、眩しさがあまり軽減されない。
レンズは黒だが黒けりゃいいってもんじゃあないって
だれかが言ってた。要は光を集めちゃうんで、
反射させるようなものの方がいい、また、効果的に
UVカットさせるレンズも出てるのでそういったのを
選んだほうがいいんだそうだ。

私の今までのレイバンも早いものでもう10年も使っている。
愛着は湧いてはいたが、これからはこの新しいものを多く使うように
なるだろう。

あ、写真は次男ですね。あやうく壊されるとこでした。

2007年2月 5日 (月)

ボーリングとサッカーで、追記

名誉のために。

ボーリングは長男(5才)も一緒だったため、
ガーターレーンにガードが出るレーンで、した。
左右の溝の手前にガードレールが出て、ボールが落ちない。
レールにぶつかるとビリヤードのようにボールがガツンガツンと
ぶつかって進んでくれるヤツだ。

妻はそのレールを使ってスペアを取れた(結果的に)のが
2フレ、あった。
狡猾だな。
私は、使っていない。
2ゲームやってガードレールにボールが触ったのは、ない。

ふ、これくらいのこと、追記するなんて、私も大人気ないな。
負けず嫌いは私の方かな。

ちなみに長男はガードレールを使いまくって1ゲーム目は
オーバー100となりました。

あ、あと昨日のサッカー、長男1点ゴール。
しかし笑えるのがそのキック。
たまたまゴールの前にボーッとしてたらボールが来たので
ポコンと蹴った。
したら入った。という、それだけ。
まあどうであれ見事1点っちゃ1点。
でも他の皆はすんごい走りまくってがんばってるのに、
長男はいつもおちゃらけて突っ立ってる(カンケー無いところで)か、
石を見つけちゃあ拾っておでこにぶつけて遊んでる。

「石、禁止!」

妻に怒鳴られてた。
だめですねえ、がんばんないと。
ちなみに長男の1点は厳密にはオフサイドだったかもしれませんね。

 

家族サービス、ボーリング

土曜は長男の幼稚園「作品展」を見に行き、日曜はやはり長男の
サッカー教室の他幼稚園チームとの交流試合見学、とこの休日は
家族サービスに追われた。
明日は妻の、ママさんボーリング大会出場のため、
次男のお守りをしないといけない。んで仕事を休む。
いやはや大変だ。

妻はボーリングが得意と思ってるようでしかも負けず嫌い。
先般練習に行ってきた。
体力がもたないので2ゲームしか投げなかったが、やるもんだな
私は負けてしまった。
157、150と出したのだが、妻は
156、158と譲らない。
私の球はストレートボールで、秒速30メートルと
速いのだが妻のも女性にしちゃすごい25メートルと表示されてた。
まいったまいった。
明日は優勝してきてくださいね。

2007年2月 1日 (木)

聴き分け

お気に入りのスガシカオだがアルバムSWEETの頭、
好きな「甘い果実」。どうもしっくりこない。
なぜだろう。

スガシカオを好きになったのはこの曲がきっかけなのだ。
なんか、いいじゃん。
と思ってシングルを借り、CDにコピーしてよく聴いてた。
4~5年前のこと。

ところが、だ。
アルバムSWEETの方の甘い果実はなんか違うのだ。
聴いたとたんおや?と思った。でも何がと聞かれると
わかんない。どこかが違う。

聴き比べてみる。
シングルを聴き、脳にインプットしてすばやくアルバムのを
聴く。

ん~!
わからん。
具体的になにがどう違うか分らんのだ。だけど何かが違う!
なんじゃ~!
何が違うんじゃ~!

異なるのは、アルバムの方はオリジナルなのに対し、
シングルの方はパソコンでコピーしたものだということだ。
その点で違いが出てるのだろうか。
そこを私の耳は聴き分けたということか?
私の耳もやるなあ。
でも逆だよね、コピーの方が好きだっていう私も。

ちなみに気付いたのはコルトのカーステで。
ばかんなんないですよ、コルトの音って。
 
 
スガさんだけど、年末の紅白に出たの、見ました?
みなさん気付きました?
NHKプロフェッショナルで使われてるプログレスを
歌ったんだけど、歌詞、間違えてた。
下に字幕が出るからすぐ分っちゃうんだよね。
と思ったら昨日のラジオでやっぱ歌詞を覚えるのは
苦労するんだって。話してた。
コンサート前なんかは車でドライブして自分のCDかけて
一生懸命歌って覚えなおすらしい。
だから免停になったら

「大変なことになっちゃう」

んだって。常に安全運転らしい。
大変だよなあ。自身で記憶力の無さは「重症」って言ってる
から、この点は、私と同じだな。
でもギターについては、リードに関しては私の一時期の方が全然うまいな。
サイド特にカッティングは彼かなり上手いけど。
 
 
「音」に関して話を戻すと、CDのコピーは音の違い、
聴き分けれるかっていうと、私はほとんどわかんない。
けどオーディオマニアの知人は

「分る」

という。即答してた。自宅スピーカーは確かJBLのモニター用の。
スピーカーコードもメーター数万円ってのを使ってるらしい。

音質は特にスピーカー性能に因るところ大きいんだけど、CDコピーの
違いまで分るようなのって、なかなか無い。
ウチで言うと自宅のBOSEスピーカーではだめ。分らない。
車でもメルセデスに付けたFOCALのスピーカーではだめだ。
でもこれはボディーがケンウッドの割と安めのやつだからなのかな。

会社員だったころ一緒に仕事やってるSEでもAVマニア
(CDプレーヤーだけでも80万!)がいて、
オリジナルCDでも録音のクロックで異なるものがあり
それを聞き分けることができる、っていうのもいた。

CDはクロックにクオーツを使っている。それが最近「ルビジウム」
という、より高性能のものが出てきて、これがCDの製作時に
使われるようになってきた。
例えばマイルスデイビスのあるCD、クオーツものとルビジウムものと
両方出てるんで両方買って必死になって聴き分けたんだとさ。

はあ~。

「その違い分ったからってなんかいいことあるの?」

「自己満足です」

そうだよな。
私がブログやってるのと一緒だよな。ふ。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »