« 正月そうそうコーティング | トップページ | 五竜 »

2007年1月 5日 (金)

広島の方

今どきの女の子は、男性に食事を誘われたさい、メールで

「今度ね」

と付けるときはまず、その誘いを受けたくないという意思表示が
あるんだそうだ。テレビで言ってた。
単刀直入に言えばその人とはメシなんか

「食いたくない」

んだとさ。
そうなんだ。。。
そういえばそうかもね、本当に食いたかったら具体的に

「いつ?」

って聞いてくるだろうしね。確かに頷けますね。
 
 
  
 
年賀状、久しい人からもらってうれしいのが一通。
20年前、ハワイで知り合った方だ。
広島の方で、ホノルルの空港で知り合ったのだ。
なんだか妙に息が合って、向こうで一緒にゴルフをしたりして、
日本に戻っても会おうと約束し、東京へ出張で来られた際連絡を頂き、
食事を共にしたりした。

しかしそれも20年前のこと。
訳あって以降連絡が途絶えたのだが、去年連絡をとった。
名刺を整理していたら出てきたので、電話したのだ。

わかんなかったらドン引きされるなあ。。。

懸念はあったが勇気をもってダイヤルした。

「いやああの時のたかぴーですよ。
 お元気ですか。
 ホノルルで会った。
 ゴルフしたりして。
 その後東京に来られたとき、飲んだりしたでしょう、
 あの時の、たかぴー、ですよ」

懸念は一蹴された。

「おー!
 覚えてる覚えてる!
 たかぴーさん!
 元気ですかー!」
 
 
トシは1~2こ上と思った。
広島で会社を経営している。

 
 
初めて会ったのはホノルル空港。離島に行くためのトランジットの合間の時、
検査待ちかなにかをしていて列に並んでいた。
振り返ったら後にその方がいたのだ。

「この列、カウアイ行きでいいんですよね?」

目があってそんな会話からはいっていった。ごく自然のパターン。

「ゴルフ、します?」

「しますします」

「じゃ、カウアイで、やりましょうよ」

「やりましょうやりましょう」

まずは離島の観光を共に楽しみ、翌日はゴルフをした。
私はゴルフビギナーで残り100ヤードを4番アイアンで打って
大ホームランをかましてしまった。向うも初心者だったのでお互い

「風の影響ですね」

って意味不明なオチで納得してあっていた。

夕食も一緒にとった。ホテルのラウンジで日系の初老の男性に
タバコの火を借りたのだがその人がたまたまホテル近くの
レストランの経営者だったのだ。

「飲み物くらいはご馳走してあげましょう」

「マジすか!?」

よかったよかった、んじゃあの広島の人も誘わなくっちゃ。。。

そんなこんなで3泊ほどカウアイを楽しみ、ホノルルに移動してからの3泊もまた一緒に遊んだ。

「私ね、ここに行きたいっていうレストラン、
 あるんですけど、そこ行きません?」

そう誘われ、最後の晩は予約をとってくれたその歩いて30分くらいかかる
レストランに共に赴いた。しかしなんと、門前払いをくらってしまった。
私が半ズボンだったのだ。

「いいですいいです、たかぴーさん。
 また来ますから。
 また来た時、来ればいいですから」

何を気にするよりまず私への気遣いを怠らなかった。
そこでの夕食はずっと楽しみにしていたのだろう、予約もきちんと
とってくれていたのに、私の洋装のことで入れない、
なんて悪いことをしてしまったのか。

「帰国したら東京に出ること、あるんですか」

「あるある。
 連絡しますから」

帰国すると半年もしないうちに連絡をもらった。

「飲みましょう」
 
私の勤務地がその時お茶の水で、その方は研修でこれまたお茶の水に
来たのだ。

「じゃ、店は私にまかしてください」。

痛飲したが

「たかぴーさん、明日はなにしてるんですか」

「夜は予定ないですよ」

「じゃ明晩もメシ、一緒に食いましょう」

翌日も強かに飲んだ。

会話が弾むしその方はどこか落ち着いている。私のようにしぐさおこないに
ちゃらちゃらしたところがないし、性格、表情にも屈託がない。終始笑顔で
いるように見えるし顔を見ているだけでも何だろう、お互い違和感を感じない。
向うはどう思ってるのか分らないが、私は少なくともそう思っていた。
 
 
 
そんなその広島の方、今年送ってくれた年賀状に

「東京出張あります。必ず連絡します」

と記してくれていた。

そうか、

「必ず」

か。

女の子で言う「今度」とは違うよな(笑)。

ちゃんと連絡下さいよ!

« 正月そうそうコーティング | トップページ | 五竜 »