« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

スガ狂

はまってしまったスガシカオだが、またアルバムをゲットして
しまった。
SWEET、PARADEに続いて2枚。
FAMILYとTIMEだ。
しかしケチってこれらはツタヤのレンタルとした。
(ダビング済)

ちなみに古さからいくと
FAMILY<SWEET<TIME<PARADE
となっているようだ。
全9枚。

公式HPも斜め読みしたが結構面白い。笑ってしまう部分、多々あった。
完全自己申告制の本人プロフィールなんかよかったわ。

最近ラジオによく出てる。
昨日もナック5に出てたし、その前もJ-WAVEに出てた。
なんでも10周年ってことでベスト版が出たんだな。
で、引っ張りだこなのか。
 
 
昨夜は友人とカラオケへ。
スガシカオ歌いたかった。
何度歌っても好きな「甘い果実」、上手くならない。
以前スナックのママにも

「歌、替えたら?」

ってブチ切られた経験もあり。
っで昨夜もリトライしようと思ったら友人が

「今まで歌ったことない歌しか
 歌っちゃいけないことにしようよ!」

とわけのわからん提案。
春闘妥結し、午後のパレードや
プログレスなんかを真剣に歌う。
いやあしかし難しいわ、これらも。
全然歌になってなかったね。ヘタ。こりゃあ歌わんほうがいい。
もうやめよう間違いなく。
でもなあ、もう一回甘い果実、練習したかったんだよなあ
と思ってたら友人は何度も歌ってる歌をガンガン入れて
熱唱しているではないか。ずるいぞ!
と思ってたら終電になってしまって帰宅についた。ちゃんちゃん。

2007年1月29日 (月)

紛失

ウオシュレットが壊れた自宅一階トイレ、便器ごととっかえた。
便器一体型のものでそれだけって交換できない。で全とっかえになった。
先週無事工事を終えた。床のビニールクロスも張り替えたし
とてもきれいになった。気分がよい。
とはいえ私はまだ一回も使ってない。早く使いたいが機会がない。
つまり大をしてないのに無理には使ってないってこと。
まあ近いうち試してみよう。
でも歴史があった便器だったんだろうなあ、珍しい、本物の陶器だって
工事の人が言ってた。おかげで重くて大変だったそうだ。
この家が建った時からのだからもう20数年使ってきたのだろう、
住んでる義母には愛着も湧いていたかな。

その義母、一週間ほど前から風邪でダウンしていた。
ノロかロタか何かに侵されたようで酷い下痢が続いた。
トイレの使用頻度も(かなり)高かったが
便器を替えてからは風邪(つまり下痢)も治ってしまった。生憎なことだ。
前の便器の神に祟られたかな。しかし治ってよかったよかった。
   
  
長男と次男の通帳が見つからない。どっかへいってしまった。
お年玉とかを入金したいのだ。整理整頓好きの妻は「不覚にも!」
と言っているが、カードも一緒だから早く見つけないといけないだろう。

義母は、紛失物を見つけるときのおまじないがあると言っている。
田舎から持ってきたものらしいが、それを唱えると不思議と
なんでも見つかるんだそうだ。普段は持ちもしないバックを手にしたと
思うと、その中に紛失物があったりする。。。

「いいじゃあないか、さっそくそのおまじない、
 唱えてもらえば」

妻にそう言うと

「だけどね、
 そのおまじないが書いてある紙が、
 なくなっちゃったらしいのよ」

そうか、じゃあ、まず紙を探すか。どこにあるかな。

2007年1月26日 (金)

サービス業

今日はしばらくぶりに車で通勤。昨夜メルセデスのバンパー修理が
直ったから。
きれいに直してくれてありがとう>臼井自動車さん。

とはいえ今朝の渋滞は参った。いつも1時間弱のところ
1.5時間もかかってしまった。
たぶんだが首都高3号線が事故だというのでみんな下に降りてきて
しまった影響なのだろう、困ったものだ。
 
 
仕事で行くところの近くのデニーズによく入る。
店員は何人かいるが、いつもいるババアで一人うるさいのがいる。
声がでかいのだ。そんな大きな声で言わなくてもいいだろうっていつも思う。

「はい~!!いらっしゃいませぇ~!!!」

「ご注文はぁ~!!トマトとぉ~ナスのお~ラザニアで
 よろしかったですねえー!!!」

「飲み物はぁ~!!よろしいでしょうかあー!!!」

俺様のオーダーを店内とどろかせてどーするっつーんだ。
元気なのはいいことだがサービス業だろう
客の気持ちをまず考えろってんだ。

「ありがとうございますうーー!!!」

なんてつんざくような大声張り上げられて
うれしい人、いるんかいな。

接客の姿勢って難しい。相手を威圧するようなこと
サービス業にはあってはならないこと、とたかぴーは思う。

やるなあ、と思ったのはラーメンの大勝軒(永福町)。
ここなんか美味いしいつも行列ができてなかなか食べれないのだが
入ってふむふむと感心したことがある。
従業員募集、と張り紙がしてあるのだが、身長制限がある。
確か170センチ以下、って書いてあった。
つまりサービス業たる者、上から客を見下ろすようなこと
ではだめだって考えなんだな。たいしたもんだ。

しかし最近マックの注文、おしつけがましいことあんまり言わなくなった。
笑顔もなくなっているし。
私が学生の時は、マックの店員ったら必ず笑顔で受け応えしてたし
注文もこれはどうですかあれは追加いらないですかこっちだとこういう
セットでお得ですとかずらずら説明してたけど
そういうの今無くなってきてるなあ。藤田田さん引いたからかね。

私もバイトはいろいろやったけど、客に襟首をつかまれたことがある。
お客を怒らせちゃったんですね。殴られるかと思った。
これは私(っていうよりバイト全員)が悪かったんだけど
駐車場のバイト。渋谷道玄坂の新大宗ビルってとこだった。

出庫の際、出口を案内したのだが全然聞かないでその車は走り出し、
案の定ビルの奥のどん突きに入り込んでってしまった。車はベンツ。

「そっちじゃあないですよー!!」

大声張り上げたが機密性が高いS、聞こえなかったんだな。
追っかけてってバックを促そうとしたら降りてきて
いきなり胸ぐらを掴まれた。

「なんだその案内はぁーっ!」

びっくりした。

「すいません!」

謝ったのも一瞬で、ベンツ氏はすぐ踵を返して
車に乗り込み去っていった。

そのバイト、時給がよかったからやってたようなもの、
働いてるやつら、ひでーのばっかだった。
みんなバイト。社員は常時一人いるようにはなっていたが、
普段はパチンコかどこかにしけこんでていつもいなかった。
だからバイト向けの接客教育なんてもちろん無くて
およそ客を客と思っていない。

「止めさせてやってる」

くらいの態度でいつもいた。

バイトの連中は皆私と同じトシくらいのヤツばかりで
私が勤務する日曜は常時4~5人がいた。

リーダー格はマミ氏。トシは1つ下だったが最古参で
性格にカリスマ性(自分が何につけても一番偉いと思っている)
があって、機嫌を損ねると何騒ぎ出すか分らない。
性格悪いったらありゃしない。おまけにそのマミの
接客態度ってったらもう、常時ケンカ売ってるようなものだった。
見ていてヒヤヒヤした。

そんなヤツがリーダーなのでバイト連中には必然的に封建社会が
確立されてしまう。上下関係がめちゃ厳しい。
先輩特にマミには誰も盾つこうとしない。
これはこうしたほうがいいんじゃないですか?と改案を薦めても

「おまえ、何言ってるの?」

と一蹴。
バイトでは先輩だがトシは1つ下だ。カツンとくるが

「そうですか、じゃあ、今のままでいいんですね」

と応えるしかない。
彼は学校も行かずまた正規の就職先もみつけず
今で言うフリーターだな。リーダー格であるように見えて
実は芯が無い、このバイト以外での彼の存在って、無いんじゃあないかな、、、
そんな彼の本性を私は見抜いていた。

私がベンツ氏に胸ぐらを捕まれたのもマミの案内が悪かったからだった。
ベンツ氏が怒るのももっともだったのだ。
私が叱られているのを横目に彼はそそくさと事務所に逃げ込んでいた。

しょうがないヤツだ。

そのバイトをしばらく続けて辞めた後、翌年の夏のある日
二子玉川の花火大会に友人達と出かけた。
電車だったが、人でごった返している帰りの二子玉川駅のホームで
そのマミ氏にばったりと会った。もちろん偶然。
向うは気付かなかったが、すれ違いざま瞬時に私の手は
彼の服に伸びてしまった。
掴んだTシャツがグイーンと伸び、振り返って彼は立ち止まった。
おどろいてこちらを見る。

「おお、久しぶり、たかぴーだよ。
 こんなとこで会うなんて」

「う、うん」

なんだかしんないが彼は気まずそうだ。私にうしろめたいことでも
あるのだろう。無いとは言えないよな。あのバイト時、酷かったもんな。

私も私、彼のTシャツをぐっと掴んだままだった。
なんでだろう、あの時ベンツ氏に襟首をつかまれたお返しを
したのかな。

手を離すと彼は人混みの中に逃げるように消えていった。

2007年1月25日 (木)

納豆

あるあるの納豆効果が問題になってる。
だいたいあるある自体、私はほとんと見ない番組の1つだった。
これがいいあれがいい、なんていうもの見るとそればっか
食べちゃうようになるでしょう。食べ物なんて、多くのものを
満遍なく食べること、それが一番いいのだ。ある時は豚肉がいい、
ある時はキムチがいい、と放映されてたが視聴者もおかしいと
見抜かないとだめだよな。

納豆だけどだいぶ前、混ぜれば混ぜるほどうま味が出るってのも
なんかのテレビで放映されてた。
普通は数回混ぜるだけでしょう、パックから空けて。10回くらいかな。
だけどそれを何百回も混ぜる。
すると甘さが出てきて美味しいんだそうだ。

その昔、美食家の魯山人が厨房の人に

「納豆は400回混ぜてください」

と言っていたそうだ。

「400回より少なくてはダメです。
 400回でお願いします」

ちょっと400回ってそう簡単にできるもんじゃあないですよねえ。

そのテレビでは400回混ぜたものとそれ以下のものとで
アミノ酸の増加量について調べた。
すると不思議なことに400回を境に、アミノ酸の量が抜群に
増えるということであった。
300回じゃあだめ。350回でもだめで、400回に達すると
いきなり増えるんだって。

おいしいんだそうですよ。試してみてはいかがですか?
これはあるあるじゃあないですけど、このデータの信憑性もまた
疑問符はありますけどね。

2007年1月23日 (火)

将棋

いつの間にか会社の私のPCにAI将棋が入れられていた。
先だって長男が遊びに来た時に見せてあげたら面白がって
やりたいやりたいという。
そうだなじゃあ本物でやらせてあげよう、と、トイザラスに行った時
簡単な携帯用のを買ってあげた。

まず並べ方からはじまり、動かし方、成ること
取ったものもまた使えること等など、ルール一式を教えた。
不思議なもので、5才の長男、すぐに覚える。
たいしたものだ、大人だったら何日もかかるだろう。
並べ方などバシャッと脳裏に写したかのように覚えたし
動かし方も2日目にはもう間違うことすらなかった。

すごいなあ。若いっていいことだなあ。
とはいえ腕の方はまだまだ。
私がヘボ将棋の最たるものなのにその私にすらまだまだ及ばない。
そりゃあ無理でしょうねえ、5才に2手3手先まで読ませる
っていうのは。

ちなみにAI将棋相手だと私は最下段「接待」の設定にしないと
勝てない。次の「初級」にしちゃうと歯が立たないほどのヘボだ。
ええい笑いたきゃ笑え。
6段階に調整がきくんだけど、最上位だと社長(自称アマ二段)も
勝てない。次に強いやつでやっと勝てるかどうか、だ。

ということで最近少し将棋をやりつつある。
先を読むのは読めるが、どう動いたか忘れてしまうので
そこが難点だ。
だが強い人ほど、その点に強いみたい。一時天才と言われたなんとか
っていう棋士は、一度に(瞬時に)何枚もの棋譜を覚えることが
できたんだそうだ。
その人は例えば電線にとまっている鳥たち。そんなのも見た瞬間に何羽いるかが
分ったんだと。
普通の人は瞬時に分る数というのは7が限界らしい。
だから10羽いると、それは8羽なのか12羽なのか
瞬時には分んないっていうこと。だけどその人は30羽くらいまで
分ったんだそうだ。
最近でなら羽生さんとかも分りそうだな。そういうの。

羽生さんが数十人相手に一度に将棋を指すのを見たことがある。
円形にそれら対戦相手を座らせておいて、中に立った羽生さんがぐるぐると
歩いて指して回る。
一手にかける時間は相手は数分ある。けど羽生さんはまたたく間だ。
次の卓に移った瞬間には指す。で瞬時に次の卓に移動しまた指す。
これはそれら駒の状態を全て覚えておかなくてはできない。
まったく、すんごいことだ。

誰かにもらったのだろうか、「地獄は将棋指しに聞け」っていう
将棋に関する本があったけれど、パラパラめくってつまんなくて
読む気がしなかった。
将棋指すのが強いからって、それが社会一般ビジネスにも
通用するかっていうとそれはてんであてはまらないことだと私は思う。

仕事で悩みに悩んで将棋指しに

「これこれこういう状況ではどうすればよろしいでしょうか」

なんて相談したって、将棋に強いだけのヨボヨボ爺さんが
的確な解答を出してくれるわけはないでしょう。
 
 
 
10数年前だな、かみさんと知り合う前。
ある女の子と知り合ったのだが、車で送っていってびっくりした。
一人暮らしと聞いていたのに豪華絢爛なマンションに住んでいたからだ。
しかし後日聞いて頷けた。
借りているのは広めの3LDKらしいのだが、女友達2人と計3人で
住んでいるのだ、と。
不動産屋から、どうせならあと2人集めて立派なところに住むほうが
いいじゃあないですか、と先輩が勧められ、誘われて一緒に住んでるって
いうことだった。
家賃20万だとしても7万ずつで済むわけですもんね。
その方が得っちゃ得かもしれない。
しかし問題もある。
その子との何度目かの食事の時

「先輩の一人、もうすぐ出て行くのよねぇ」

とポツリ言われた。
寿退室するということだ。

ふうむ。ってーと1人出るから2人で住むことになるわけだな。
するってえと家賃負担がきつくなる。いやいやそういう問題
ではないようだ。

私は先を読んでしまいその子との付き合いを敬遠するように
なった。「私のこと早くもらってくれないの」と言われてるようで。

そんな先手読みっていうのはありかな。
っていうかそんな読みをしたから今のかみさんと知り合えたんだ。
いい読みができたってことにしておこう。

外したザックスアブソーバー

Kicx4711

Kicx4709

Kicx4710

誰か欲しい人、いますかね?差し上げますけど。
長いのがフロント、短いのがリヤです。
押して試してみたけど、ショップが言うようにそんな逝ってるとは
思えなかった。3年ちょい、3.5万キロ使用です。

ザックスパフォーマンスセットを入れてる人でリフレッシュ用に
どうですか?

Kicx4707

2007年1月20日 (土)

コニーの強、最高^^

昨夜コニーの「強」にした足。
すんごく、いい。
大正解だ。
ザックスPSを入れた当時を思い起こさせた。
本当にいい。
固めでコシがあり、ハンドリングも実にスムースになった。

やはり「中」はダメだったんだな。スプリングが勝っちゃってたんだろう。
顕著な違いは、四輪がユラユラと振動するの、それが皆無になった。
氷の上を走るような滑らかさだ。
揺れも感じない。
中だと細かいギャップで車体に軽微な揺れが感じられていたが
それが無くなったということだ。

固いとはいえ、何度も書いてるように縮み側の減衰力はそう
強くないので、突き上げ感も弱い。
マンホールや道路継ぎ目なんかは軽くいなしてくれる。
そこがザックスと大きく違うところだな。

あとは高速。
昨夜は一般路しか走らなかったから、高速走行が楽しみだ。
どのような味をみせてくれるか。

ちなみに、若干弱くなり始めているリヤ1本は左へ付けてもらった。
右はヤレやすいからだ。
また、アライメントはとっていない。
来春、16インチ(もしくは新規17購入)への換装時に
取り直してもらおうと思ってる。
だけどこのままで充分かもな、アライメントは。

メルセデスらしい、シャーシと実にマッチしたいい乗り味に
変わってくれた。すばらしい。
車と共に私も抜群にいい気分で帰路につけた。
 
 
横から車が割り込んできた。
どうぞどうぞと入れてあげた。
いいんだ、俺はコニーで気分がいいのだ。

自転車が歩道から飛び出して危うくぶつかるところだった。
謝りもせずに去っていったが
いいんだいいんだ。私はコニー。とても上機嫌だ。

帰宅するとすぐ妻がオムツが切れたから買ってきてくれと、
寒い中薬局へとまた出て行った。
いいんだよ、いいんだ。コニーの足はすごぶるいい。

買って帰るとまた長男が遊ぼう遊ぼうとせっつく。
そうだそうだ遊ぼう遊ぼう。
なんたってコニーでとても気分がいいからさ^^

2007年1月19日 (金)

ザックス諦め

今日はサンビームに足の交換で入院した。
ザックスパフォーマンスセットへ戻すのだ。

帰社すると携帯が鳴った。サンビームからだ。

「ザックスのショック、逝っちゃってますよん」

マジ!?
逝ってるって、なんで!
4万も乗ってないよ!
ウソでしょう。

「リヤの1本。たぶん右側に入れてたヤツよ。
 タンクあるし、先に逝きやすいんだよね」

スカスカなの?

「スカスカじゃあないけど。。。ここでやってみようか?
 ウニュ~ッと。。。
 (2本を並べて押し比べてる)
 ほうら、こりゃ、おいしくないわ」

見えないけどダメ感伝わる。

え~、そんなあ~あの乗り味も好きだったんだよなあ
楽しみにしてたのに~
そんな寿命短いの?

「4万乗ったんでしょ。
 そんなもんですよ。
 ザックススプリングには、だめ。
 コニー、強にしてみます?」

コニーは逝ってないよね。

「一本は弱めにはなってる。
 だけど全然こっちの方がいいよ」

んー。
じゃ、ザックス諦める。
コニーの強にしてみるか。
弱じゃあだめだよね。

「たかぴーさんの話だと、やっぱスプリングが勝っちゃってる
 ってのもあるかもしんないんだよね。
 だから強のほうがいいよ」

ってことで強でコニー再設置をお願いした。

残念なのはもうあのザックスパフォーマンスの味が
楽しめないことだ。
あのぬめぇ~っとした感触、よかったんだよねえ。

ってことで夜、コニー強のたかぴー号の変身ぶり、
これもまた楽しみだな。

しっかし、アブソーバーの寿命って、そんなもんなんだろうか。

会社員だったころ、ほぼ毎日タクシー使ってたんだけど、
運転手に必ず聞くことがあった。
それは、そのタクシー(個人しか乗らなかった)の
走行距離と使用タイヤ、それとメンテ状況だった。

走行距離は10万超は走ってるのが多かった。
酔っての会話だったのでよく覚えてないのだが
印象に残っているのは、アブソーバーは10万じゃ替えないって
ことだった。

「う~ん、ちょっとダンパー、ヤレ気味じゃあないですかあ~」

と指摘すると

「そうですそうです。そろそろ15万なんで替えようと思ってる
 んスよ」

とか

「10万で替えてたら商売あがったりですよ」

なんてレスが多かったかな。
でも多くのタクシーはヤレ気味つまりダンピング不足症状
出てたからまあいいとこ6~7万が寿命と思ってた方が
いいとも思える。
たかぴー号のザックスは4万行ってない、3.5万くらいだと思うなあ。
だからもうちょっともって欲しかったってのが正直なところ。
 
 
先日のスキーの帰路、中央高速の上り(府中のあたりかな)で
すんごい上下に揺られてるレガシー(現行)見た。
速度は100くらい。たかぴー号は140で
なんの揺れもない。横目でご愁傷様と言って通過した。

新年は熱海への折、第三乗る手前の荒れた道でこれまた
グワングワン揺れてるレガシー(これも現行)見た。
たかぴー号はこれもまたなんの問題もなく50キロで横を通過。

ともに見た目であんな揺れてるっての、乗ってる方としたら
とんでもない状況になってたんじゃあないかな、小さい子だったら
天井にアタマぶっけてると思うんだけど。

レガシー、そんなダンパー弱いのかな。GTBとかは
ビルシュ標準みたいだけど、純正のはだめってこと?
それとも見た2台がともに寿命のものだったのかな?
でもありゃあないよなあ。ウチだったら1才の子供、天井とシート間で
ドリブル状態になっちゃってますねきっと。

皆さんの車も点検されるといいかもしれませんね。
お子様がドリブルにあわないように(笑)。

Kicx4702

  

  

  

涙、涙、

Kicx4696_1

Kicx4701 

 

 

  

     

   

2007年1月18日 (木)

たかぴー号、ぶつける

かみさんが車をぶつけたようだ。
相手は信号待ちで止まってた車。
かみさん、他に気をとられてバックしたらいたんだと。
先方は善意無過失だな。
傷はこっちはバンパー擦り傷だけなのに、先方は
フェンダーが凹むほどやられちゃってるようだ。

しかしお互い怪我が無かったの不幸中の幸いかな。

とはいえ先方の車、納車一ヶ月経ってないトヨタのド新車。
20(土)に一ヶ月点検に出す予定だったらしい。
申し訳ありませんでした m(___)m

ああ。
私もせっかく明日、足回りを直しに出そうと思ってたのに。涙。

2007年1月15日 (月)

スガシカオ やっぱいい

寒い日が続くようになってきた。
勤務地も寒いが、引っ越した今住んでるとこ、もっと寒い。
前住んでたところとは10数キロしか離れていないのに違うもんだ、
体感的には2~3度か、いやもっと低いような気がするなあ。
特に朝晩。

んでもって、このあいだまたガス暖房機が壊れた。
またっていっても、初めて壊れたのだが
最近、身の回りのものがいろいろ壊れはじめてるってこと。
いいんだけどお金もかかるよね。7万くらいで新しいのに替えた。

先般修理したメルセデスのナビ。
これも直すのに4万弱かかった。

んでトイレ。一階にあるほうのウオシュレットは
壊れて使えなくなっちゃってる。使いたい時はいちいち
二階のトイレへ駆け込まなくてはならない。
便器ごととっかえないとダメって言われてるから
そうすると床のビニールクロスも一緒に替えないとだめでしょう
なんだかんだで20万近くかかっちゃう。

壊れたわけではないけど、コルトの方、そろそろエンジンオイル
交換の時期だな。
去年夏に替えてるからもう1.5年だ。これは4~5千円かな。

オイルと言えばメルセデスの方のオートマのオイル、
こいつはどうしよう。替えようか。
98年納車からまだ一度も替えてない。8年7万キロ弱走ってる。
メーカーは確か10年もしくは10万キロを目処って
言ってるみたいだからいいのだろうか。でもちょっと不安だよなあ。
替えるとなると幾らくらいなのだろうか、2万くらい?

ってーと、上記一式、分ってるだけで計30万超だ。
はるねー。
今は会社やってるからいいけど、サラリーマンだったら全部自腹だもんね。
そうだな、やっぱ節税だ。経費で落とすことにしよう。
 
 
話戻すけどオートマのオイル。このまえヤナセの営業さんと話したら
そろそろ替えましょうみたいに言われた。
でも私はメーカーが替えないでいいと言ってるんだから、替えないでいいのだ
と信じている。
オートマオイルの場合、新しいBMWも、基本的に「無交換」を
うたっている。古いのは知らないが、ニュー5や3シリーズなど、
交換しないでくれくらいの勢いで説明書にうたってあるらしい。

積極的に替えられてる方も多いようだが、まあ、いいか。
やっぱ10万まで無交換で通そう。

 

話は変わって。スガシカオ。
PARADEが気に入っているので他のもどうかと
SWEETというアルバムも買ってみた。
いやあ、これもまた、いい。
前回も書いたが、私的には邦楽では久々のヒットだ。

どこかぱっとしない、なにか澱んだような、B面的フンイキというのが
漂っている。PARADEは「タイムマシーン」とか「HOP STEP DIVE」とか
明るい、シングルにしても遜色ない曲があったが
SWEETにはそういうのがない。
全体が暗い、六畳一間の日の射さないアパート的ななんかだ。
しかし、いい。
聴くほどに、いいのだ。

昨夜、12チャンでスガシカオの番組やってた。
この人、あんまり飾りっけないし正直で、結構普通の人なんですね。
以前NHK「プロフェッショナル」にも出てるの見たけど
謙虚さも知ってて、しゃべらせても多くを語るというより
言葉は少ないけど的を得たおもしろいこと、スパッと言うってところもまたいい。

彼、普通のサラリーマンからミュージシャンに転身した
んだけれど「プロフェショナル」では

「自信があったから」

と言っていたが昨日の12チャンでは

「3年もてばいいほうと思った。
 50曲作って終わりかな、なんて」

100曲も作れるとは思わなかった、と正直な思いを吐露していた。

しかしギターを弾かせた姿がちょっと映ったが、かなり上手かった。
あれだけ弾ければ充分。自信はあって当然でしょう。
番組のスポンサーがヤマハだったからか、ヤマハの抜群に音のいいアコースティックを
持って弾くスガシカオは妙に似合わなかった。あれは本人のじゃないな(笑)。
やっぱライブでちょっと写った、GIBSONの古いちょっと錆びれたような
音のするもののほうが合う。
 
 
これは少し前だけどどっかのバラエティー番組の対談で
出てるの見たとき、ちょっと面白いのがあった。
ゲストであとからRIKACOが出てきたんだけど、出るなり
頭ごなしにスガシカオへ食って掛かった。
いろいろ拾い聴きしたが、女性蔑視にあたる詩が多いじゃん!と。

「おかしいんじゃない!?
 ゆるせないわ!」

スガシカオにそう詰め寄った。
お笑い系の司会者がまあまあまあとなだめたが
RIKACO収まらない。しかし、だ、ややおされ気味のスガシカオの
次の一言でそれは収まってしまった。

「やっぱホンモノはスゲーなあ」。

スガさん、大したもんですよ、あのコーフン状態のRIKACOをイッパツで
収めたんですから。
これも天性ですかね。

2007年1月13日 (土)

orz

orzってネットでたまに見るけど、なんだろうって思ってた。オルズ?
しかし最近次男を見てはたと気付いた。
手と膝を付いていることなのだな。土下座のように。絵文字だ。
謝る意味、反省?落ち込み、凹み?
oが頭でzが足(膝)なんでしょう。rは肩と腕ですか。

次男は5月で2才になるが、まだしゃべれないし、こちらの言うことの
理解力もまだ備わってない。
ヘタなものを渡すと何されるかわからないので取り上げるが
そうすると大泣きして 

orz

となる。
少し間をおき、oは涙ながらにこちらを向く。
もっとひどい時は

o/_/

仰向けになって寝転がり泣き叫ぶ。

理解力が無いと書いたが少しずつ分ってきている面もあるようで、
その成長ぶりを見ているのもまた楽しい。
泣いて暴れるのもかわいくてしかたがない。

長男の方だが、これは暴れん坊で聞き分けが無く自己主張の塊のようなもの
だったが、最近、年明けから急にいい子になってきている。
びっくりだ。なんだろうか。
寝姿を見てぎゅっと抱きしめてあげる。こうして愛情をたっぷり注ぐのも
またいいものだ。今でしかできないことですしね。

2007年1月12日 (金)

ザックスの味、コニーの味

ちょっと悩んでいる。
メルセデスだが、コニーのアブソーバー、
ザックスに戻そうかと考えているのだ。
(譲ってくれたkameさん、気悪くしないでくださいm(___)m )

年末の久々の長距離、五竜往復で思った。
このコニーは、ザックスのスプリングとの相性はあまり
よくないんじゃあないか、ということ。

大人2人+子供2人、重いスーリースキーキャリアに3本の
板を載せ、荷物も満載させてそれで140キロだして
やっとほどほどの乗り心地になる。160だとピカイチ、満点星。
だけど以下のスピードでは硬く、決して褒められた乗り味、快適性は
得られないのだ。
妻も不満こそ漏らさないが、どっちかというと

「ザックスの方がよかったかなあ~」。

簡単な例えで言うと、先般も書いた
ザックスパフォーマンスセットが

「とても硬い軟球」

なのに対し、コニーアブソーバーは

「やわらかい硬球」

だ。
高速域はいいにしても市街地でのコンフォート性が損なわれるのは
家族に悪い。

足を担当してくれたショップに電話した。
3段階あるコニーの減衰力、今は中だが、
弱にしてみたらどうかと思ったのだ。自分じゃできない、
ショップにお願いしないとだめなのだ。

「弱から中にする人はいるけど、中から弱にする人は
 いないですよん」

「んでもなあ、なんか揺れるんですよ。言葉じゃうまく伝わらない。
 硬いからかなあと思って。
 もしくはザックスに戻したほうがいいかなあ」

「戻すぅ~!?!」

ショップ的には不本意のようだ。
曰く、そもそもコニーのアブソーバー、
ノーマルスプリング長で上手く減衰力が働くようにできてる。から、
たかぴー号のザックススプリングだと車高落ち気味、
相性が合わないのが、乗り心地の悪さで出てしまった
のではないか。と。
しかし車高が落ちていると言っても、シムでかなり調整し
上げている。
前後指1.5本のクリアランス、つまりAMG程度のもの。
これは私の理想としていた車高、やっとたどり着いたのだ、これは譲れない。

「んじゃあ来週、来てくださいよ。 
 私、乗ってみますから」

とショップの方が言ってくれた。いつもすいません。
どうしよう。

「ナンパだなあ~ たかぴーさん。
 こんな柔らかいんじゃあ。
 強にしましょうよ、強。ヘタに柔らかいからだめなんですよ、
 強。強。強で決定」

なんて言われるかなあ。

「これで硬いんですかあ?
 じゃあ弱にしてみますぅ~?
 セキニン持てませんケドぉ~」

って言われるのかなあ。

もちろん強にするってテもある。だけど今以上に快適性が損なわれるのであると
そりゃあ不本意だし。
どうしようかなあ。ザックスに戻すかなあ。 

ザックスとコニーのアブソーバー、長所短所を羅列してみる。

ザックス長所
1.とにかく矢のように真っ直ぐ走る直進性能。
  タイヤがDNAデシベルだった時は顕著で、レールの上を走っている
  ようだった。(今のミシュランパイロットプライマシーはちょと落ちたが)
  けどこれはアライメントのせいもあるかもしれない。
  コニーにした時、フロントのシムを少々厚くしてしまったからだ。
  (フロントが上がった分、トー角が弱まっている)
  いずれにせよ120~160キロがとってもいい感じ。これは特筆モン。
  
2.乗り味、ハンドリングが良い。
  市街地、特に40~50キロ程度の走りのハンドリングがなんとも
  言えず、いい。これは言葉にしづらい。また乗り味もまったりとした
  ぬめぇ~っと、良い感触。後部席はちょい硬めの感はあるけど。

ザックス短所
1.突き上げ感
  マンホールや道路継ぎ目なんかのドン!という感じがとてもイヤ。
  もう少し軽くいなして欲しい。

2.ロールし易い。
  低中速コーナーで割とロールする。ハンドリングがビターッと
  落ち着いているのに、ちょっと残念。反し、高速コーナーでは
  ロールしない。既に沈んでいるところの分からはきちんと
  縮みを抑制しているからだ。

3.後部席乗り心地、そう褒められたものではない。
  運転者のハンドリングに、後部席はリニアに反応する。
  60~70キロ以上で顕著。チョイ、ほんと軽微なハンドリングが
  そのままリアシートに伝わるのだ。車は揺れないのに、
  後部席の人は右に左によく揺れてしまう、ということになっている。
  私は酔ってる(酒に)時しか後に乗らないが、かみさんのハンドリングが
  悪いのかと思ってしまう錯覚におそわれる。

コニー長所
1.突き上げ感が弱い。
  ザックスの短所、マンホールなんかの突き上げ感が、こっちは
  緩和されている。アブソーバーの縮み側の制御が弱くされていることが
  この貢献度につながっているのだな。
  また後部席も、ザックスよりはちょい柔らかめの感がある。

2.ロールしにくい。
  伸び側の減衰力がきちんと抑制されているせいだ。アウト側は縮もうにも
  イン側が延びてくれないので、結果的にロールしないってこと。

3.高速域のスタビリティー。
  160超のスタビリティーの高さ。これがすごぶるいい。
  ビタア~ッと地を這うように走ってくれる。オンザレール感覚という
  んではないんだが、もう、上から押さえつけられて走ってるって感じ。
  この這いずり感はすんごい。

コニー短所
1.乗り味。
  ずばり、ハンドリングの「味」が薄い。クールに言えば、
  運転の面白味が弱い。
  しかしこれもアライメントの影響はあるだろう。トー角ね。

2.揺れる。
  道路の細かい荒れでよく揺れる。常時あるような感もある。
  常に四輪がゆらゆらゆらゆらしているようなのだ。
  40キロくらいから感じ、100キロ弱まで続く。
  これはなぜなんだろうか。スプリングとの相性ということだけで
  済ましたくないんだけど。

短所長所だけでいうとコニーの方が勝っているように見える。
けど、私はザックスの乗り味、ハンドリング味の良さを
とろうと思ってる。
 
 
4~5年前、メルセデスEワゴン(W210E240Tの平行もん)
の後部席に2時間ほど乗った時のことだが、その乗り心地の悪さに閉口したことがある。  
足は全てノーマルで、皮シートだったんだけれど、ドンドンと来る
突き上げ感や、低速時からリニアに左右に振られる感じがイヤでイヤで
たまらなかった。高速域で140前後で飛ばしている時も同様に不快だった。
これがメルセデス?と思った。
E320セダン(同W210ヤナセ)に乗る知人に話したら

「しょせん、バン!なんだよ、バン!」

と一蹴された(笑)。
W210ワゴンには確かセルフレベライジング機能があったから、それが悪く働いて
そう感じさせたんじゃあないかなあと今思う。
けど140であの乗り心地、許せませんでした。ひど。。。

ってなわけで、どうしよう、足。
まあ、いい悩み、ですね。
ゆっくり悩みに浸ることにします。

Kicx4617

この写真一昨日のと同じじゃないかって?
いやあビミョーに違うんですよね。

2007年1月10日 (水)

熱海一泊

熱海には昼着いてまずメシ。

自然薯の美味い店。ここで出る蟹汁は抜群でこれより美味い蟹汁を私は飲んだことがない。

Kicx4613_1

                                         

自然薯も確かに美味いが、昔食べた時(5年前)の感動はもうなかった。

写真はイクラ好き長男のオーダー。限定食、北海イクラ。味はまあまあ。

Kicx4616_1

向うのゲレンデは知らない人の。構図的に良かったので入れてみた。

Kicx4615_1

  

ちなみに店の入口はこんな感じ。熱海への折は行ってみるといいですよ。

Kicx4636

Kicx4637_2

温泉にどっぷり浸かった翌日は海岸で凧揚げ。正月揚がらなかったリベンジだ!

海岸の後はアスレチックのある公園へ。

Kicx4647_1

しかし疲れた疲れた。「温泉でゆっくり」が本末転倒だな(笑)。 

 

 

2007年1月 7日 (日)

聖徳太子はいたの?いなかったの?

明日から一泊で熱海へ行ってくる。
家族旅行だ。
年末スキー早帰りで長男かわいそうだったし
私もここんとこ働きづめ。9(火)がたまたま休めそうなんで
宿をとってしまった。

熱海は久しぶりだ。
バイク乗り回していた10数年前はほぼ毎週足を運んでいたが
今はどうなっているか。
膝擦りまくって攻めていた頼朝ラインなんて、どうなっているかなあ。
昔どおりだろうか。

頼朝で思い出したけど、聖徳太子って知ってますよね、お札にも
なったあの聖徳太子。
でも伝えられてる聖徳太子って、本当は実在しないの、知ってます?
架空、でっち上げの人なんですよね。ほんとはいない。
年始、テレビでやっててちょっとびっくりしました。

伝説では10人の話を同時に聞き分けていた、とか
十七条憲法を制定したとかが有名だけど、それらは全部嘘っぱちってこと。
みんな作り上げたもの。人物すら存在しないんじゃあないかっていう
文献もある。

具体的な例だと、歴史の授業例えば小学校の教科書なんかでは今、
「厩戸王」としてしか記されていず、「聖徳太子」っては
どこにも書いてないんだそうだ。これはテレビでも言ってたし、
小学6年の甥っ子も言っていた。
史実からすると伝説は伝説で、ありえないもの。そろそろ改めないとあかんじゃあないか
ってことから最近はもう「聖徳太子」とは教えないんだな。

いない(伝説が嘘)のが明らかなのは賢者有識者間では
当たり前のハナシ。だけどそのことを公にするのは

「まあ、いいか」

「まだ、いいよね」

程度に話し流されていて、やっと最近

「そろそろやべえだろう!」

「そうだな、いいかげんまずいよな!」

と教科書などから改めはじめたってこと。

聖徳太子で有名な顔は、1万円札(前の)に出てたやつだけど、
なんかへんな札をもってるでしょう、細長いの。
あれはいわゆる「カンペ」なんだって。
スピーチの時なんかでしゃべることをそこに書いといて
読み上げるっていうもの。
だけど史実では、あれが日本で使われるようになったのは、
聖徳太子つまり「厩戸王」が没後、ずっと後になってから、
何十年も経ってからのことなんだそうだ。
つまり聖徳太子の時代にはあれはなかったものなんですね。
要は後々になってでっち上げして作られた絵なわけ。

とまあここまで読むと真実味あるでしょう。
で、もう1つ説得力あるネタ。それは日本書紀なんだけど、
聖徳太子ってのは、この日本書紀で作り上げられた人だっていう
ことなんですね。
日本書紀ってのは、奈良時代あたりに作った、簡単に言うと日本の歴史書。
全30巻もの書で、偉い人が集まって作ったんだそうだ。

で、なんでそこで聖徳太子が作り上げられたんだっていうことに
なるんだけど、近隣他国では偉い人、
例えば三国志で伝えられる人とかいっぱいいるでしょう、
彼らに負けない人も、日本で伝説として残さなくちゃなんない、
じゃないと、ハクがないじゃん、負けちゃうじゃん、
だれもいないんじゃ情けないじゃん、対外的に示しがつかないじゃん、
じゃあ日本書紀で作り上げちゃおうよ、みんな!
ってなノリからどおんどおんエスカレートしてイメージアップしてっちゃった。
だから十七条憲法は聖徳太子が作ったなんて、まるっきりの嘘だというのが
実際のとこ。
つまり、「聖徳太子」は存在しない、ってこと。

どう?
びっくりした?

ちなみにテレビのプレゼンテーターは劇団一人が担当してました。
とっても説得力あって、前述のように甥っ子からも前に

「聖徳太子ってほんとはいないんだよね」

っていわれてたからその正月番組にはとっても驚かされたのであります。

その番組で
「宮本武蔵は卑怯者だった」
とか
「武田信玄は臆病だった」
なんてのも発表されてたけど、あれらはどうかねえ。

宮本武蔵と佐々木小次郎は年齢差が40くらいあって、
巌流島の時、小次郎は老いぼれ爺さん、実は70代後半だった
なんて説もあるらしい。
また巌流島では小次郎を実際に殺したのは武蔵の手下だったので(しかも大勢で)
怒った小次郎の弟子達が後に武蔵を追い回した。
辛くも逃げ沼田城代のところにかくまってもらった武蔵を

「卑怯者」

と放映していたわけ。
この件は、その沼田城代が「沼田家記」ってのを残したんだけど、
そこにずらずらとその時のことが書いてあるんだそうだ。
最近見つかった書だと。

ほんとかねえ。でもいたのは、ほんとでしょ?じゃ、聖徳太子よりはよさそうだね。

2007年1月 6日 (土)

五竜

遅ればせながら五竜の写真です。

重いのでいっぱい貼れないのが残念。

送付ありがとうございます>MMさん。

まずは頂上付近での集合写真。バックが雄大できれい。

P1000664_3

リフトは「ママとのる」。
ちなみにご飯も「ママのとなりじゃないといや」。寝るのも「ママと」。ママフェチな長男。

P1000656

パウダリーな雪質もグッド。長男はスクールに入れたほうがよかったかな?

P1000667  

ちょっと持ち上げ気味で滑っちゃってますね。これは私が悪い。ごめんね>長男。

P1000666  

雄大な白馬連峰。圧巻でした。

P1000699  

今回悪かったのが皆より先に帰宅したこと。

悲しんだのは長男(5才)で、出発直前ぐずりはじめた。泣いて「まだいる!」

というのは、こちらもちょっとウルッときた。親ばかですか。。。

 

 

2007年1月 5日 (金)

広島の方

今どきの女の子は、男性に食事を誘われたさい、メールで

「今度ね」

と付けるときはまず、その誘いを受けたくないという意思表示が
あるんだそうだ。テレビで言ってた。
単刀直入に言えばその人とはメシなんか

「食いたくない」

んだとさ。
そうなんだ。。。
そういえばそうかもね、本当に食いたかったら具体的に

「いつ?」

って聞いてくるだろうしね。確かに頷けますね。
 
 
  
 
年賀状、久しい人からもらってうれしいのが一通。
20年前、ハワイで知り合った方だ。
広島の方で、ホノルルの空港で知り合ったのだ。
なんだか妙に息が合って、向こうで一緒にゴルフをしたりして、
日本に戻っても会おうと約束し、東京へ出張で来られた際連絡を頂き、
食事を共にしたりした。

しかしそれも20年前のこと。
訳あって以降連絡が途絶えたのだが、去年連絡をとった。
名刺を整理していたら出てきたので、電話したのだ。

わかんなかったらドン引きされるなあ。。。

懸念はあったが勇気をもってダイヤルした。

「いやああの時のたかぴーですよ。
 お元気ですか。
 ホノルルで会った。
 ゴルフしたりして。
 その後東京に来られたとき、飲んだりしたでしょう、
 あの時の、たかぴー、ですよ」

懸念は一蹴された。

「おー!
 覚えてる覚えてる!
 たかぴーさん!
 元気ですかー!」
 
 
トシは1~2こ上と思った。
広島で会社を経営している。

 
 
初めて会ったのはホノルル空港。離島に行くためのトランジットの合間の時、
検査待ちかなにかをしていて列に並んでいた。
振り返ったら後にその方がいたのだ。

「この列、カウアイ行きでいいんですよね?」

目があってそんな会話からはいっていった。ごく自然のパターン。

「ゴルフ、します?」

「しますします」

「じゃ、カウアイで、やりましょうよ」

「やりましょうやりましょう」

まずは離島の観光を共に楽しみ、翌日はゴルフをした。
私はゴルフビギナーで残り100ヤードを4番アイアンで打って
大ホームランをかましてしまった。向うも初心者だったのでお互い

「風の影響ですね」

って意味不明なオチで納得してあっていた。

夕食も一緒にとった。ホテルのラウンジで日系の初老の男性に
タバコの火を借りたのだがその人がたまたまホテル近くの
レストランの経営者だったのだ。

「飲み物くらいはご馳走してあげましょう」

「マジすか!?」

よかったよかった、んじゃあの広島の人も誘わなくっちゃ。。。

そんなこんなで3泊ほどカウアイを楽しみ、ホノルルに移動してからの3泊もまた一緒に遊んだ。

「私ね、ここに行きたいっていうレストラン、
 あるんですけど、そこ行きません?」

そう誘われ、最後の晩は予約をとってくれたその歩いて30分くらいかかる
レストランに共に赴いた。しかしなんと、門前払いをくらってしまった。
私が半ズボンだったのだ。

「いいですいいです、たかぴーさん。
 また来ますから。
 また来た時、来ればいいですから」

何を気にするよりまず私への気遣いを怠らなかった。
そこでの夕食はずっと楽しみにしていたのだろう、予約もきちんと
とってくれていたのに、私の洋装のことで入れない、
なんて悪いことをしてしまったのか。

「帰国したら東京に出ること、あるんですか」

「あるある。
 連絡しますから」

帰国すると半年もしないうちに連絡をもらった。

「飲みましょう」
 
私の勤務地がその時お茶の水で、その方は研修でこれまたお茶の水に
来たのだ。

「じゃ、店は私にまかしてください」。

痛飲したが

「たかぴーさん、明日はなにしてるんですか」

「夜は予定ないですよ」

「じゃ明晩もメシ、一緒に食いましょう」

翌日も強かに飲んだ。

会話が弾むしその方はどこか落ち着いている。私のようにしぐさおこないに
ちゃらちゃらしたところがないし、性格、表情にも屈託がない。終始笑顔で
いるように見えるし顔を見ているだけでも何だろう、お互い違和感を感じない。
向うはどう思ってるのか分らないが、私は少なくともそう思っていた。
 
 
 
そんなその広島の方、今年送ってくれた年賀状に

「東京出張あります。必ず連絡します」

と記してくれていた。

そうか、

「必ず」

か。

女の子で言う「今度」とは違うよな(笑)。

ちゃんと連絡下さいよ!

正月そうそうコーティング

年始二日から三日にかけてコーティング剤を再施工した。
コーティングの「艶」が若干落ちてきたかな、と
思ったからだ。
ところが塗布し一日おき、拭き上げるも、艶は変わらなかった。
つまり今までのままでも充分きれいだったということだ。
もう一年以上経っている。コーティングとはすごいな。ワックスとはケタ違いだ。
この薬剤と知り合えてほんと良かった。

Kicx4585 Kicx4587

Kicx4586

車にいるの、心霊写真じゃありませんよ。我が次男です。

2007年1月 4日 (木)

凧揚がらずトイレへ駆け込む

Kicx4594

なんだかわからんがきれいにとれている
(と思っているだけか)、昨日の公園でのショット。

次男は風邪っぽく、何度も地べたに寝転がってぐずっていた。
長男はお尻をでっぱったところにつけていると思ったら
肛門を押さえてうんちを我慢しているのだった。
なぜだろう、かれはよくそうする。妻が気付きあわてて公衆便所へ
駆け込んだ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »