« 直ったカーステ | トップページ | 菱田 »

2006年11月24日 (金)

偶然会うこと

大学時代のバイト先、喫茶店「Paris」
のバイト仲間の同窓会(というか忘年会)を毎年やっている。
が、うち一人「シラ坊」こと白倉さん
(男。トシ2~3上)をずっと捕まえられずにいた。
行方知れずで、誰もが連絡先を知らない。みんな会いたがっているのだ。

ところ、昨日だが、そのシラ坊を発見した。
港北の某デパート地下食売場で、だ。
学生(大学3年)の時以来だから22年ぶりくらいだ。
22年ですよ、22年。人生の半分じゃあございませんか!

私は次男を抱いて、妻、長男と4人で歩いていた。
通路脇のベンチに腰掛けている夫婦がいた。
一度通り過ぎたが、その顔に見覚えがあったのだ。

「もしかして。。。 
 シラ坊???」

面影があったし、しゃべり終えた時に口を少し尖がらせる
クセ。。。あれ?
もしかして??
そうかもしれない。。。

妻に、先に買い物をしていてくれ、大学時代のバイト仲間の一人、
かもしれない人がいる、声かけようと思う、と伝えた。

次男を抱いたまま、シラ坊と思われる人の前をもう一度通ってみる。
隣りに座る女性(奥さん?)とニタつきながら
話している。
やはり口を尖がらせている。
そうだ。そう。間違いない。。。

じぃ~っと見ながら横を通り過ぎる。
妻のところに戻る。

「話かけようかなあ。
 でも自信ないんだよなあ」

「違ったら違ったでいいじゃないの。
 後悔するわよ」

そうだな、話かけずに終わったらきっと悔やむ。

また次男を抱いたまま行った。重いがなんだかお守りのようなもんだ、
だが食欲旺盛の為、遠くで臭う試食の方を一所懸命指差し
だっこから降ろせと暴れる。
押さえ付け抱きなおす。

まだしきりと奥さんと何か話しているシラ坊と目が合った。
挨拶をちょこんとしてみた。

無視!された!
ん?目合ってるのに、無視かよ!ええい!んにゃろー!
その無視で踏ん切りがついた。

「あのー。シラクラさんじゃあ、ないですか?」

「ええ、そうですけど」

ビンゴー!
当たった!
いやあ懐かしい!
よかった、声かけて。
もうそこからはお互い笑顔で盛り上がり!
おうおう!やあやあ!どうもどうも!

来月忘年会をすることを伝える。

「小桜さんとか来るんですよ」

「ああ、あのでかいやつ」

「大見とか。。。覚えてますか」

「ああ、あのずうずうしいヤツ、ね!」

「タケ坊なんて、覚えてるでしょう」

「あいつ。。。
 まだひょっとして独身なんじゃあないの?」

「そうそう!」

いやあ、声かけてよかった。よかった。
背中押してくれて、ありがとね、かみさん ^^

次男(1.5才)はハナシ分らず暴れたまま。抱いたままでの会話は
ちと辛かったね。

声かける私も私だが、妻曰く

「あなたって、人、見てるわよねぇ~」

普通であれば通り過ぎて終わりだろう、
きちんと人を見ていなければ、偶然こんなかたちで
会うなんてこと、無い。ましてや22年ぶりの人となんか、ね。

確かにそうだが、私は偶然会うという機会が、人より多い気がする。
偶然というのは二通りあって、先方が気付いてくれ
声をかけられる時、
もう一つはこちらが気付きこちらが声をかける時だ。
私は後者も多いが、前者の方が圧倒的に多い。

直近だと昨冬だが、一日に3度も偶然久しい人に
会ったなんてことある。これはブログに以前書いたかなあ
後楽園遊園地でだった。
午前中に高校時代の同級生に(高校卒業以来会ってない)ばったり、
午後、上記にもあるParisバイト時代の小桜さんとばったり、
夕方、かみさんの友達に「年賀状(写真)のだんなさんだ」
ということでばったり。
ちなみにその日のその3度は全て先方から声をかけれられたものだった。

親戚関係と偶然に会うことも、やったら多い。
仲の良い従兄弟たちとが特に。
これはほんとびっくりの連続なのだ、どこでどう会うか
予想もつかない。
だいぶ前だが志賀高原でスキーの時、従兄弟のまあちゃんとばったり会った。
もちろんゲレンデでだが、背中からいきなり

「だあき!」

と声をかけられたのだ。これはほんと驚いた。

下北在住の智君とは環七で2度遭遇している。
一度は私が細い路地から環七に出ようとしていた時、
前を横切った車の運転手が私を見ながら

「だあき!」

と叫んだ。智君だった。
もう一度は私がチャリで環七を走っている時、路地から出てきて
歩道を塞いだ車が智君だった。

この智君の姉妹とも、井の頭線やら霞ヶ関やら六本木やらで
偶然に会っている。びっくりだ。

志賀で会ったまあちゃんの弟妹にも用賀、二子玉、自由が丘などなどで
びっくり会ってますな。

従兄弟関係ではないが、MM君とも駒沢の煮込み屋で暖簾を開けた瞬間に
会いましたね。もう5~6年前のことかね?
ああ思い出した煮込み。
おいしいんだよね。また食べよ。

タカネ君も私のサラリーマン時代、私を日本橋で何度も目撃したって
言ってたなあ。まああの頃は丸の内~兜町界隈は庭みたいなもの
でしたから、見られてしかりだね。声かけてくれればいいのに、

「いちいちめんどくさいんだよね」

だって。水臭いね。

« 直ったカーステ | トップページ | 菱田 »