« ラジオで笑えた | トップページ | kameさん写真サンキュ »

2006年11月18日 (土)

茂原サーキット走行

Kicx4291

到着直後のたかぴー号とkameさん号。
7時過ぎに着きました。
手前のコンビニで偶然会えたんですよね。よかったよかった。
後にちと見えるのはGT3ね。カンケー無いけど。いい音してました。

Kicx4292

まだ誰も走ってません。楽しみ楽しみ。

Kicx4293

 

まだ7時台なのであまり集まってませんが、全体で40台弱の
エントリーがありました。
私はデビュー戦なので、全5クラス中最下位のDクラスでの出走となります。

Kicx4294

 

車の荷物を降ろします。スペアタイヤから車載工具からオーディオ、
ナビ本体に至るまで、降ろせる物は全部。
私は初回はナビ本体を積んだまま走ってしまい、コーナーやブレーキの度
ぶつかって気になってしょうがありませんでした。

Kicx4295

 

ライトはテーピングします。
マスターシリンダーやステアリングオイルケースなども
kameさんがテーピングしてくれました。あんがと。

Kicx4297

 

ラップタイムを自動的に計ってれる機械です。便利になってます。
右フロントフェンダー下にしっかりテーピング。
無くすと大金請求されるそうです。

Kicx4310

 

こんなカンジでゼッケンも貼る。あと右ドアに貼ってます。

Kicx4301

Kicx4302

kameさん。
kameさんはHNなんだけど、本名は別に亀田とか亀井とか
なわけじゃあない。「サーキットでどんくさいから」自分で
そう付けたそうだ、が、なんの速い速い。コンスタントに56~57秒台をマーク。このクルマでそうやすやすと出るタイムじゃあ
ありません。kameさんの走りはスムーズで、それでいて速い。タイヤのスキール音
もほとんどしない。手本とせねば。

私の走行中の写真はkameさんがきっと撮ってくれてるでしょう(笑)。
あったら送ってちょ。

Kicx4304

今回は5クラスに分けての走行。各クラスが7~8台なのだけれど、
最上位のSクラスになると、こんなのも走る。言わずと知れたポルシェだけど
多分GT3。
裸で買っても15百万。それをまたン百万かけていじってる
ってのがすごいよね。どこで何やってる人?

Kicx4307_1

コブラなんかも走るんだよ。
うれしくなっちゃうね。
隣はさりげないけどM3ね。1千万すんのよ。今回はゴロゴロ走ってました。

Kicx4311

溶けたタイヤと、付着したゴムカス。レースタイヤの溶けたカスが
着いちゃうんですね。これがまた嫌なんですよ。乗り心地が
耕運機みたいになっちゃう。帰路は高速乗るまでの1時間ずっと
ヤンマーディーゼルになってた。
160でも飛びませんよ。180巡航で最後の1カスが飛ぶの
確認できました。アクアラインで、ね。

  

たかぴーのタイムは1分2秒台が最速。恥ずかしいけど現実。
最初のフリー走行では1分5秒台がやっとだったんだけど、
最終の走行では2秒台が出るようになってきた。
難しいものだ、なかなかうまくいかない。

 
私のDクラスを含め各クラス、一回15分のフリー走行が午前3回、
午後2回あるのだけれど、実は私、車酔いいたしまして、午前の3回目の
走行をパスってしまいました。
ああ~なさけない。
とにかく気持ち悪くて気持ち悪くて。自分で運転してるのに、
なんておばかなんでしょ。

それに輪をかけて、プロの運転のティーチングを申し込んじゃったんだけど、
その走行の時が、気持ちわりー真っ盛りの時。
たかぴー号で、プロ運転、私が助手席。3周もしてくれやがった。

たかぴー
 「うぷっ。よろしくおねがいしまぷっ。ぷぷっ」

木村プロ
 「えーこのように重いクルマのバアイわぁ~。
  ここでブレーキしてぇ~」

たかぴー
 「ぷぷっ、わかりました、ぷぷっ」

木村プロ
 「最終コーナーわぁ~、
  このヘンからスロットル開けてぇ~」

眼前にガードレールが迫ってくる!

たかぴー
 「ぶぶぶっ!!
  了解でぷっ!!」

胃液、のどちんこまで来てました。
で、午前の3回目はパスしたってこと。
 

Hcourse

 

 

 

 

今回のはコース自体そう広くないので、譲ってあげる意思が無いと
後続車は抜くことができまへん。
たかぴー号は一番遅いのが目に見えてたので、前もさることながら
後へやっためたら気遣ってあげてた。感謝しろこの。

しょっちゅうミラー見てたし、来た途端、ウインカー出して
どっちに寄るかって意思表示してあげる。
速いクルマ(CRX)なんかは抜きザマにお礼ハザード出す余裕
くれやがった。  たかぴーのクリアラップは「後続車がないこと」なのだ。

私のタイヤは205の55扁平なんだけれど、こんな扁平率の悪いタイヤ
履いてるの、私くらいのものだった。
多くは45もしくは40。35とかでがんばってる人も多くいた。
55だと、コーナーでたわんでしまうんですね、タイヤ自体が。
私の、サイドは半分くらいまで削れちゃってました。前輪は重いし特にですね。

私は第一コーナーの突込みが好きだった。
100キロくらいからブレーキ踏んで、ステアリング切りはじめる
んだけど、タイヤ(四輪)が少ーし流れて向き変えてくれるんだよね。
なんかかっこよくて。あれ好きだったなあ。
 
はまってしまった。サーキット、また走ろう。
いろいろご指導頂いたkameさんにこの場を借りて深く御礼申し上げたい。

« ラジオで笑えた | トップページ | kameさん写真サンキュ »