« いじめられた記憶 | トップページ | コニーインプレ(小説) »

2006年10月12日 (木)

KONI高速走行楽しみ

愛車、メルセデスW202C240T。
この車を長時間運転すると、不思議とひいていた
風邪が治る。過去何度かあった。
冬場などシートヒーターを入れて室温を26度、
風量2くらいにすると、ぬくぬくととても気持ちよく、
家に帰るのもいやになってしまうほどだ。
今日はこれから茨城に行く。往復300キロ。社長の明日の同窓会の為の
運転手だ。
さて、ひいている風邪、治るかどうか。

とはいえ楽しみなのが替えたアブソーバーKONIの
初の長時間高速走行が味わえること。
何度か短時間だけだが、160までは出したが
少々ハンドリング感に不安を覚えた。
それがアライメントに起因するものか(フロントの車高を上げた為)
はたまたアブソーバー換装に因るものか、
今日はっきり感じ取ってみたい。

フロントトー角を12度にし、KONIの3段階の減衰力調整を中から
強にしてしまえば問題は一発で解決するだろう。しかしそれでは
後部席に乗る家族に悪いとも思う。
でもKONIの利点「減衰力の『縮み側』は制御しない」
に則って鑑みると強にしても乗り心地に悪い影響を
与えるとも思えない。あくまでも硬くなるのは「伸び側」なのだから。
いやあ「足」はほんとにいじりだすと止まらない。
しかもこうした「悩み」が楽しくてしょうがないのもまた
ビョーキ(妻)と言われそうだな。

写真は昨夏のですね。那須かな。

Kicx2307

« いじめられた記憶 | トップページ | コニーインプレ(小説) »