« 自由だ | トップページ | アクセルラー交換。と次男。 »

2006年10月28日 (土)

コニーについて、と、雑感

ラジオの投稿で以前、MIⅢは何の略なのかを考えよー、
というコーナーがあって、笑える回答がいろいろあったのを
ここで書いたが、先日は

「恋は一瞬、カネは一生。
 口は弁護士、ココロは詐欺師」
を信条とするスナックのママの一言を考えよー。

というお題だった。
もうこの問題だけで私は笑えた。
センスいいなあ。
残念だけど問題だけ聞けて、回答が聞けなかったんだな。だから
どんな投稿があったのかわからん。
いやー、聞きたかったなあ。すんげえ聞きたかった。


一昨日の問題。
セーラー服と機関銃で薬師丸ひろこが
「か・い・か・ん」
と言ったが、それを考え直そー、というもの。
「セーラー服と××。
 で、何て言ったか考えよー」
だったな。

たかぴー、すぐ思いついたのが

 セーラー服とビーバップハイスクール。
 「タ・イ・マ・ン」

だった。
だめ?これ。
古いね。

笑えた回答がいくつもあってまた噴き出しちゃったり
したんだけど、一つ覚えてる。

 セーラー服と暴れん坊将軍。
 「せ・い・ば・い」

これ、ツボに入ったんだよね。あ、あのね、
ちゃんと長澤まさみちゃんが暴れん坊将軍の格好で

「せ・い・ば・い」

って言ってるのを想像しないとだめよ。んでないとだめなんだから。
 
 
通勤には車だったり電車だったりだが、要する時間は
出社にはどちらもだいたい1時間。
今日(土曜)はちょっと空いてて45分。
だけど帰路が違う。
車は30分で帰れちゃうが、電車では出社時と同じ1時間を要する。
まあどうってことないのだが、やっぱり車は楽だ。
帰りは車に乗った瞬間に、おおかた家に着いたような気分になっちゃう。
ドア開けてシートに座っただけで深い安堵感に包まれるのだな、不思議だ。

昨日は社用でメルセデスを半日、運転していた。
疲れない。何度も何度も言うが、この車、本当にすばらしい。

首都高三号線下り車線、前が開けたので踏み込んだ。
道は荒れていたがメーターは160をさしていた。
びたぁーっと、地に吸い付くように走ってくれる。
だから揺れはすごい。いやいや揺れというより
振動だな。バンプっぽいところも多々あったがコニーの
アブソーバーはきっちり1回で揺れを収めてくれる。
2度振られることは、絶対に、無い。

ザックスのアブソーバーの時もきっちり1回で収めてくれていたが、
何かが違う。
コニーは下に押さえつけられる力が強く働くようなのだ。
車全体はもとより、運転手も一緒になってぐぐっと
押さえ付けられている感じ。
140を超えるくらいになってくると顕著だ。
理論的に考えると理由は分って、コニーは縮み側が
あまり制御されない。反し伸び側がとても「硬い」ので
高速による風圧で車体が落ちた時、その落ちた車体が
そのままあまり上がらずに下でためていてくれる
わけ。そりゃあええす。ええワケです。

たかぴー号はスプリングがザックスだが、このスプリング、
リヤは不等ピッチになっている。
だから普段の街中ではその柔らかいレートの部分が
よく働いてくれる。だから乗り心地がよい。
C200T(W202)にAMGキットの足を入れている人が
たかぴー号(ザックスPSの時。タイヤは16のDNAデシベル)
を運転して

「柔らかいっすね!」

と驚いてた。
私はその方の車を運転させてもらって、硬いのに驚いた。
特に低速域でコツコツとギャップをよく拾っていたのだ。
まあその人のタイヤは私のより1インチ大きかった(17のボテンザ)から
そのせいもあるのだろうけれど。

AMGのスプリングは不等ピッチは採用していない。
ザックスに話を戻せば、この不等ピッチ、高速域だと
弱レートの部分が沈み込んでくれるので、奥でしっかり
コシが効いた乗り味を出してくれる。
理論的に理想値としている乗り味を、現実的に実現してしまった。

今のところ、この車、この足にベタ惚れである。

« 自由だ | トップページ | アクセルラー交換。と次男。 »