« コニーについて、と、雑感 | トップページ | 託児所 »

2006年10月30日 (月)

アクセルラー交換。と次男。

昨日は家族で玉高に行った。
長男の一番のお気に入りアイテム、
ボウケンジャーの「アクセルラー」が壊れてしまったのだ。

4543112390370000

 

電池を替えてもだめ、いろいろやったが埒が明かず
玉高のおもちゃコーナーに直しにお願いすることにした。

長男は玉高のおもちゃ売り場の大ファンだ。
今流行の(TVで放映されている)グッズが
たくさんあるし、無料お試しコーナーもあって、ことある毎に
タカシマヤ行きたいタカシマヤ行きたいタカシマヤ行きたいタカシマヤ行きたい
と言っていたので、彼にとっては都合のよいことだったのかもな。

持って行ったのは「修理をお願いしたい」ということで
あって、買ったのが玉高だったかどうかは覚えてない。
トイザラスとかで買う機会も多いし。いちいち覚えてられるかんなもん。

いいか、ま、ととりあえずレジにいった。
トシ約55のオバチャンに状況を説明すると、
機械モンとなるとさっぱりわからないようだ。
おもちゃ売り場といってもレジ専任者だな。
分る人間を呼びます、ということで、来た人、おにいちゃんトシ約30。
いつもいるおにいちゃんだ。格好がボウケンジャーになっている。

「電池を替えてみましょう ^^」

「だめだと思いますけど・・・」

新しいのに入れ替えてくれるも、やはりダメ。

「この、電池の入る、マイナスのところ。。。
 ここが錆びてますでしょう。
 だとダメになることが多いですよ」

しかしそこは私は掃除した。だから錆びてない。

「だめですね・・・」

「まだ買って半年くらいなんです。
 だからよかったら、メーカーに送って直してもらうというのは
 できないでしょうか」

「いや、、、
 ちょっと待ってください。
 これはウチに手持ちがあります。
 よかったら、、、
 お取替えしましょうか・・・・
 ほとんど新品です ^^; 」

おお!待ってたその言葉。うれしいじゃあないか。
おもわず頬が緩んだ。
期待していなかったといえば嘘だ。玉高ならきっとそれくらいのこと
してくれるんじゃあないかという、甘い期待。

ありがとうございますありがとうございますと
長男と一緒になって深く深くお礼をいい、新品のアクセルラーを手にして
おもちゃコーナーを後にした。
長男の喜んだこと喜んだこと。
いやあ感謝です。
どうもありがとう、おにいさん。
これからは高島屋で買うことにしよう。
 

  
と、長男の件はいいとして、、、次男(1.5歳)は暴れん坊まっ盛り。
いたずらの応酬で疲れる。たまらん。
そこらじゅうでわけのわからない行動をおこす。
みていて気がかりでしょうがない。っつーか、おちおち目が離せない。
ずーっと注視してないとあかん。
 
オモチャ系でも、ほとんどのものは口に入れちゃうし、
他の子が遊んでようがいまいがおかまいなくオモチャ奪い取るし、
床には寝そべるし、
投げれるものは全部投げるし、
他人の足には勝手に抱きつくし、
エレベーター開けば乗りこんじゃうし、
屋上行って水溜りあれば飲んじゃうし、
レストランのコップは必ず倒すし、
おかずを手で食べてその手で髪をかきむしるし、
人混みの中で踏ん張ってると思えばウンコしてるし、
場所時間を問わず泣き叫んでオッパイを要求するし、
犬(ぬいぐるみ、写真を含む)を見れば
ワンワンワンワンワンワンワンワンワンとずっと叫び続けるし。
愚行の数々、数え上げたらきりがない。

長男がやっと落ち着いて来たと思ったけど、一難去ってまた一難、だな。
 

« コニーについて、と、雑感 | トップページ | 託児所 »