« 隣地との塀 | トップページ | 木戸と乾燥機 »

2006年9月16日 (土)

KONIの足に換えました

無事コニーのショックアブソーバーに換えた。

乗り味がだいぶ変わった。違う車のようだ。
一番の違いは、当たりがやわらかくなったということ。
マンホールや路面の継ぎ目などで
「ドン、ドン」
ときていたものが、まろやかに変わった。
「ウニュ、ウニュ」
という感じか。
もちろん収まりは1回で済む。振られが続くことはない。
さすがコニーだ。

前も書いたが、コニーのアブソーバーは縮み側の
減衰はあまり制御しない。
だから上記のような突き上げにおいての衝撃は
スプリングだけで一時吸収させているということだ。
 
家族も乗るし特に後部席は妻や子を乗せる時が多いので、
その点は高く評価できる。
妻も気付くかな。

とはいえまだ高速走行をしていないので、その点はどう
変わっているのかは早く試したいところだ。
特に120~160の、ザックスセットの時で一番
おいしい速度帯がどうなっているか、だ。

また、ザックスセットでは硬いがゆえに、カチッとした
乗り味、ハンドリングも特徴の一つだったが、
その点も、薄まった印象となる。
ハンドリング自体も穏やかなものになったからだ。
どちらがいいと言うことはできないが、私の使用環境から鑑みると
このコニーは大ビンゴの足といえる。
いやいやまだ高速走行がまだだったな、あまり多くは語らないようにしよう。

タイヤは今、コンフォートにふってるミシュランのパイロットプライマシー
だから、このアブソーバーにはもう少し硬めのものの方が
いいかもしれない。
最低でもプレセダ、パイロットスポーツ等の方がいいとも思える。

一応今の内容を記しておく。


ザックススプリング+ザックスショックアブソーバー(ザックス
パフォーマンスセット)
シム
前右5番、前左4番
後左右(4+3)番
車高
右前指0本、左前指1本
後左右指1本


ザックススプリング+コニーショックアブソーバー
シム
前右(5+2)番、前左(4+1)番
後左右変わらず。
車高
右前指1本、左前指1.5本 
 → 追加添付したゴム板が落ち着いてない。
後左右変わらず

今回アライメント調整は見送ったので、トー角(前)は12度のまま。

ちなみに以前15度にしたことがあるが、やはり12くらいがよいかも。

(ノーマルは9度)

足を手がけてもらったのはいつもの用賀サンビーム
車は朝預けた。
夜、引き取りに行く前、コニーの前オーナー
kameさんにこれから取りにいくことをメールしたのだが、
それを見て、kameさんも夜サンビームに来てくれた。
久しぶりに会えてうれしかった。車談義に花が咲いた。

« 隣地との塀 | トップページ | 木戸と乾燥機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣地との塀 | トップページ | 木戸と乾燥機 »