« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

エアマスやられたか

メルセデスだが、ほんのちょっとだけ、調子が良くない。
「エアマスセンサー」が壊れ始めているようなのだ。

これ、車の部品なんだけど、エンジンに送る空気の量を
調整するコンピューター。
エンジンルーム内にあって、小さいのだけれど、値段は高い。
ディーラーだと6~7万するようだ。

なぜ壊れ始めていると分ったかというと、昨日は半日運転していたのだが、
減速時、特に赤信号などで止まらなくてはいけない場合など、
3→2速へギヤが落ちる時に
「ドスン!」
というシフトショックが出るようになったのだ。

  あれ?
  こんなショック、今まで無かったのにな。

と思って、帰ってからBBSで相談した。
ら、エアマス不良、初期の典型的症状と診断された(笑)。
(poohさんありがとうございますm(___)m )

まいったなあ。こんな、6万キロくらいで壊れるモン、作るなっちゅーの。
私のはまだ初期症状だからいいようなものの、
悪くなってくると、まともに走らなくなるんだそうだ。
エンジンが吹けなくなっちゃうのだ。
つまりガソリンとの混合気の調整を司るコンピュータ、
これが壊れちゃうんですからあなた、まともにエンジン回るわけ、ないっしょ。

ん~ま、しょうがないからネットで買って、自分で替えてみよう。

ヤナセに行ったらたぶん

パーツ(エアマスセンサー) 70,000円
交換工賃          10,000円
締めて8万円プラス消費税を請求されそうだ。
8万あったら、今どき強羅花壇
http://www.gorakadan.co.jp/
にだって泊まれるじゃあないですか。

とネットで探したらこのエアマス、33,000円くらいで入手できる。
ラッチー!

交換はどうやるんだろうなあ、わっかんないんだよなああああ。
ま、これは時間がある時ゆっくりとやってみよう。虫多いから
蚊取り線香でも焚いて、ね。楽しみ楽しみ。

と、明日は久々のお休みだ。
子供とプールに行くんだ。
これも楽しみだ ^^

| コメント (0)

傀儡

「かいらい」と読む。
朝はラジオを聴いたりするが、TOKYO FMの七尾藍佳さんの
パーソナリティーにいつも感心してしまう。
まず声がいいし、内容もウイットに富んでいる。英語の発音もネイティブ。
また博学な言葉達のなかから、普段私など決して使わないような
フレーズが飛び出してきたりする。
んで今日は七尾さんから、ある人の話でいきなり「かいらい」という言葉が出た。
まず使わないし、知らない人の方が多いでしょう。

 傀儡:いわゆる操り人形のことですね。

と思ってTOKYO FMのHP見たら彼女、
東大卒だったんですね。はー、優秀優秀。

よく聴くその番組で七尾さんとペアで進行を務めているのが
谷中修悟って人。だがこいつはてんでハナシにならない。
あんまりしゃべんないしピンと来ることも
ぜんぜん言わない。ラジオなのに、だ。まあ七尾さんが
テキパキしすぎるから補助的な役割なのだな、誰でもよかった
んでしょうもう一人は。
と思って同じくHP見たらこの人、「月と火星に1エーカーずつ
土地を所有」と紹介文にある。

http://www.tfm.co.jp/personality/personality.php?id=37

所有、だと?誰の許可あって所有してるんだろう。
宇宙のものだろー、んじゃあ、誰から権利移譲したんだろうか。

ラジオの「声」ってナニゲに大事で、
特に声色、トーンもすんごく大切、当たり前だけど。
中山秀正も「愛してJAPAN」なんていう題で同じFMで
番組もってるがこれまたサイコーにハナシになってない。
まず声がリスナーに伝わらない、何言ってるかわからないのだ。
トーンが低いまま、地声のまましゃべってるから、ぜーんぜんわかんない。
まともに聴こうと思うとボリュームを4~5段階上げないとなんないし
トーンも同時に上げないとだめですな。
ま、詳しく聴いても内容が全く無いんでカモフラージュしてるって
気がしないでもない。
自分、収録聴いたことあるんですかね。んじゃなきゃ早く降りた方がいいです。

先般驚いたのが俳優中村雅俊さんの声で、NHKのドキュメンタリー系の
ナレーションをされていたのだけれど、すんごくよかった。
昔のイメージ(俺達の旅など)からすると全然想像できない
ものだった。
話し方がうまいし、トーンもだいぶ上げて話されてた。
聴き易かったし、「ナレーターとしてもやって行くんだ俺は!」
という頑張りが見えた。うんうん、よかったよかった。

と、書きたいこといっぱいあったのに今日はこんな声の話で、、、
終わりかよ。

| コメント (0)

2006年8月29日 (火)

画像の検索エンジン

久しぶりに多摩動物公園駅に行ってきた。
仕事でだったのだが、駅がきれいだしかわいらしく見えた
ので思わずパチリ。

84421
 
 

 

                                                   

                                                                    

ブログは写真が載せれるようになってからあまり
文章をかかなくなってしまった。
アーカイヴを目的にはじめたので
私としてはどちらでもいいのだが、
どっちかというと文章の方が好きだ。でも見る人は
写真の方がはるかに見易いしいいのだろう。

情報は文章であれ写真であれ、受け手の解釈でどうとでも
とれる。
例えば写真だとぱっと見て全体を理解するのは瞬時に行えるが、
同じことを文章で行わないといけないとなるとこりゃ
大変な作業になる。
ポイントだけ記すのは簡単だろうが、例えば映っている人の背景や
オブジェクト等などを伝えるためには相当量の活字が必要だろう
ということだ。

んな中、すんごいなぁ~と感心感嘆したのは、
昨年行った小学校時代の同窓会で知ったのだが、
画像を検索するエンジンを作った、という友人がいたことだ。

http://www.ricoh.co.jp/koko/vismeister/01/2.html

岩崎君といい、㈱リコーで開発をやっている。
小学校当時から学業に秀でていた。
とても仲が良かったのだが、私は全く勉強しない人間だったので
中学からは付き合いが薄くなってしまった。

実はこの岩崎君、行方知れずだった。
同窓会にあたって、誰に聞いても「わかんない」し、
電話番号も「使われておりません」、昔の住所ももちろん今は違う建物が
建ってしまっている。
どうにも捕まえようがなかった。
んでふと思った。じゃあ本名、ネットで検索しちゃえ、と、
入れたら運よくに引っかかったのだった。

釣れた(笑)のが上記リコー社のHPだったので、
社の広報にずうずうしくDMした。
正直に書いた。

 岩崎さんと同級で、同窓会の幹事になんです、
 怪しいもんではありません、どうしても連絡とりたいんです、
  うんぬんかんぬん。。。

同時にリコーの関連会社に在職する友人にもメールした。

 同窓会の幹事になっとるんじゃぁ~、連絡とれこの~、
 待っとるぞ返事ぃ~。

翌日びっくりした岩崎君本人からメールをもらった。
んで同窓会で会えたというワケ。

 

しかしすごいなあ~岩崎君の検索エンジンは。
HPの方は読めどその検索手法が皆目分らない。っていうか
タネ明かしできないもんね。
だから会った時聞いた、けどチンプンカンプン、何語を話されたのかわからなかった。
すぐ分るようだったら苦労しないだろうしな。

でもあれはひょっとするとすんごい発明なんじゃあないだろうか、と
検索エンジンを使う度に思う。
きっとすんごいんだよ。
青色ダイオー発光ド並みにユーメーな発明なんだな。

ん?違う?
そうか、発光ダイオード、だったっけ。
ダイオー発光ド。赤色ダイオード、か。
わからんな。 

岩崎君に聞いてみよう。

 

| コメント (0)

2006年8月28日 (月)

ジョッキも好きな次男

_001

_004

 

私が飲むカンビールを欲しがるので、ビールはジョッキにつぎ、
カンビールを渡した。
でジョッキで飲み始めると今度はそのジョッキをよこせという。
飲んでるジョッキはもちろん水ですすいだ後です。

長男はあんまりいい子だったんで、ビーダマンの増設部品を
買ってあげました。親ばかですねえ、もっと厳しくした方が
いいんでしょうが、どうも私は甘いようです。

_007

_008

 

最下段のと最上段の写真はフラッシュを焚かずに撮ったものです。

私は焚かない色の方が好きです。客観的にはどうなんでしょうかね。

_006

| コメント (0)

2006年8月26日 (土)

食欲旺盛の次男

長男は神経質だ。だから食べるものにも気を使う
初めて食べるものはよくよく注意して、においもかいで、
厳重に審査した後、やっと食べる。

反し次男はなんでもよく食べる。
最近は肉系をほおばって食べるようになった。肉食獣のようだ。
スプーンで食すがまだ不器用だから、間に合わないと放り出して
手で直接口へ運ぶ。
ここのところ覚えたのがハンバーグで、もう大好物のようだ。
一昨日は餃子の中身をあげたら、よろこんでせっついてきた。

かわいいものだ。

食事になると、長男は座れと言わないと、食卓につかない。
しかし次男は食事がテーブルに並び始めたとたん、
すわらせろ!と叫びはじめる。
食べたくてしょうがないのだ。
もちろんまだしゃべれないので、
うーうーうおー!!と叫んで意を表すのだが。

座ったら座ったで、次男は有無を言わず食べ始める。
長男はゆっくりと、慎重に慎重に、食す。
 
 
 
先日かわいいことに気付いた。

次男、私が飲むビールの缶が好きで、
私が飲んだ空き缶をくれと、いつも要求する。で、私を真似て同じように
飲むしぐさをする。
飲み残しの数滴が好きなのだろうか、だから軽く水で流してから
渡すようにしている。
空き缶は専用のゴミ箱に捨てることになっている。キッチン横に置いてある。
ところが次男、先だってから、そこに自分のおもちゃを入れるようになってきた。
大人からみればくだらないものばかりだが、彼には大事なもの。
つまり、私が捨てる空き缶の一つ一つが、彼にはやはり大事なものなのだ。
だからそのゴミ箱に入っているのは、ゴミではない。
好きなおもちゃ達、彼の宝物たちが放り込まれているのはそのせいだ。

しっかし、ホントいつも何かしら口にしてるんですよねえ。
写真でも、食べてるショットが異常に多いです。

Photo_2

Fc3a1

Photo_3

Photo_4

| コメント (0)

2006年8月25日 (金)

最近映画観てないなあ

観たいと思ってるのがいくつかあるがどれもビデオになっちゃってる。

一つはエイリアンvsプレデター(笑)。
つまんない、これパロディ?、イマニだ等など、
世間評は悪いものばかりだ、が、私は観たいんだなあ~

つい先日だがランチをとっていたら隣に座った3人組の一人が
昨日DVDでエイリアンvsプレデターを観た、と話し出した。
ナニナニー!と聞き耳を立てたが、周りがうるさくて
先が聞けなかった。

なんといっても私の中でこの二人は世界最強の存在だ。
どっちかといえばエイリアンの方が強いだろう、
体液がすごい(鉄も溶かす)し、ばか力はプレデターは
足元に及ばないんじゃあないかと思う。
だがプレデターには知性がある。
作戦を練ることができそうだ。
そう考えるとアントニオ猪木vsアンドレザジャイアントの
戦いみたいに思えてくるな。
いいや、楽しみはとっておこう、こんど一人でこっそり観るんだ。

もう一つは有頂天ホテルだ。
もうDVD出てるんでしょ?これは早く観たいなあ。三谷幸喜さん
イケてますもんね。市川崑監督のファンらしいんだけど、
今また犬神家の一族を、撮り直しているでしょう、
あそこの撮影現場におじゃまさせてもらったらしいんですよ三谷さん。
そしたら出演を依頼されちゃったらしい。
それがなんと、金田一氏が泊まる宿の主人役。
前作は横溝正史本人が演じていたから、結構いい役ですよね(笑)。

市川崑監督も、私結構好きで、特にあの犬神家は
映像、描写がとてもきれいでしたよね。
シーン一つ一つにもこだわりが感じられて、何度も見ました。
「す、す、すけきよぉ~っ!」ってね。

今回の犬神家のも、かなりこだわっているようですよ。
三谷さんが見学に行った時も

「あの襖、よくないなあ」

ということで、スタッフに取り替えるよう命じた。
違うのを持って行くと

「う~ん、
 これも、だめだなあ」

と。
んでまた違うのを持って行くがokがでない。
挙句、襖を持った人が監督の前に行列になってしまったというから面白い。

ということで犬神家の一族も、公開年末ですかね、これも楽しみですね。

そうそう、そういえば長男がカーズを観たいって言ってたけど
どうしただろう。
もう観に行ったのかな?
まだだろうなあ。じゃあ、まずカーズから行きましょうか。
そういえば私、直近に観たのファインディングニモでしたね(笑)。

| コメント (0)

2006年8月24日 (木)

レコードプレーヤー

Kicx3921_1

ソニーのPS3750ってやつです。ダイレクトドライブのターンテーブル。当時4~5万

した覚えがあります。もう30年も前のですよ。針は替えましたね、20年前に(笑)。

Kicx3919 

ええ~、ここから音が、でるのぉ~? と覗き込む長男。

Kicx3917

高中 seychells。

いいですねえ。

昔を思い出して、目頭が熱くなりました。

今回の写真は、きれいじゃないですね。

| コメント (0)

2006年8月23日 (水)

飛蚊症

先般富岡に行った時のゴルフのメンバーだが、
私を含む4名について、共通していたこと。
それは全員が眼鏡をしていない、しかも皆裸眼だったことだ。

今どき裸眼の人って、あまりいないでしょう。
考えたら私の妻も裸眼だし、この間行った西丹沢バンガローも
全員眼鏡ない。ひょっとしてみんな裸眼だった?

すんごいことですよねえ。

会社員だったころ、裸眼の人っていなかったですよほとんど。
私と遠目を競ってたコバ部長くらいかな。あ、あとよく
銀座連れ回してくれたHM部長。ともに10才上。

しかし実は私は目が良すぎて、本当は良いわけではない。
良すぎるっていうのは、いわゆる「遠視」なのだ。
ケンコー診断なんかだと最後の文字までくっきり見えちゃう。
測れないんですよね。1.5で打ち止め。

何年前だろ、13~14年前かなあ、
飛蚊症って、知ってます?
ヒブンショウ、って読むんだけど、これが出始めて、
眼医者に行って、正確な視力測ったら
3.0って言われた(笑)。

飛蚊症っていうのは、その名の如く、蚊みたいなのが
飛んでるようなのが見えてしまう症状のことを言う。
私の場合、常に見えるわけではなくて、白い明るいところが背景に
広がってる時、よ~く見える。
だからスキーなんか白銀の世界だと、チラチラとその蚊
みたいなのが何匹か泳いでるように見えるわけ。

その頃、ヒマさえあればスキーばっかり
行っていて、いつもブヨブヨ飛んでたから嫌で嫌で
目医者に行きました。
場所は赤坂で、外堀通り沿い、忘れもしないホテルニュージャパンの真ん前でした。
焼けた後だったけど。

仕事中にぽっかり時間が空いたんで飛び込みで入った眼科、
きったねー雑居ビルだった。
が、その医者、偶然にも飛蚊症について多くの文献を出されているセンセだった。
かなりトシ。ヨボヨボだった。

症状について細かく話した、
1年くらい前から出始めたということと、
大病は患ってないということ、などなど。
したら視力を測りましょう、と、その時測った私の視力
なんと3.0だったのだ。

「あんたのね、飛蚊症はね、治らんよ。
 っていうかね。
 あんたは、目が良過ぎる。
 過ぎたるは及ばざるが、って言って、、、
 知っとるか?」

「(知っとるわい、バータレ)ええ、、、
 過ぎたるは及ばざるが如し、ですよね」

「そうじゃ、そうそう、
 じゃから、

 ぶおっふぉん!ヴおっふぉぉぉおおおーーん!
 
 んがぁぁぁぁあああああ~ べべべべっ!!!
 (大量のタンを放出中)」

「大丈夫ですか?」

「ええ~い! ちきしょうめ!
 大丈夫じゃい!
 んじゃから、
 そのお~
 なんじゃ、
 あんたは、ね。
 目が良いと思ったらそれは間違いじゃ。
 遠くのものをみるのは、良い。
 じゃけれど、近くのものを見ている時、
 実は神経を使っているんじゃ。
 それが証拠に、この眼鏡、試しにかけてごらん」

ガサゴソと汚い机の引き出しからいくつかの眼鏡を出した。
うち一つをかけて、見る。

「ああ~っ。。。
 きれいに、見えますねえ。
 なんか、きれいです。
 んで、近くのものが、見易いです、と特に」

「じゃろおぉ~~っ」

いきなり腕を組みふんぞり返るジジ医。
ところがふんぞり返りすぎてイスから転げ落ちた。

ンガラバキィーッ、ドコ!

「アイタタタタタ!」

「だいじょうぶですか!
 (手を貸すたかぴー)」

「うるさい!
 だいじょうぶじゃい!
 (たかぴーの手をはねのけるジジ医)
 そうじゃろぉっ。
 アタタタ。
 (腰をおさえ立ち上がるジジ医)

 じゃから、あんたは、ホントは、
 眼鏡をしたほうが、ええんじゃよ」

「はあ、、、」

「じゃからな、
 その疲れが、飛蚊症になって、出てるんじゃよ、
 わしゃ、そう思う。
 あんた、仕事してて、頭痛とか、吐き気とか、ないの?」
 
「ないです」

「じゃろおお~~~っ。
 じゃからじゃよ。
 フツウそんだけの遠視だと、仕事してると
 疲れが出るんじゃ。
 んじゃから、出ない分、あんたは飛蚊症になっちょるのよ。
 ん。
 詳しくはワシの本、読みなさい。飛蚊症のこと
 書いちょるから。
 これ、コピー。
 あげるよ」

他でもいろいろ調べましたが私のは悪性のではなさそうです。
だから、あまり気にしてません。 

えーと、文中には一部フィクションが含まれます。
  

| コメント (0)

コンタックス

手前味噌だがうちのカメラは映りがきれいだ。
撮り方がヘタなのでブログのには
あまり良さが出ていないかもしれないが。

コンタックスを使っている。レンズはカールツァイスだ。
性能については実はよく分っていないのだが、レンズがいい。

このコンタックスは、長男が生まれた後購入した。
知人が持っていて、影響されたのだ。

妻が小さい長男を連れて、知り合いの、これまたちびっ子たちの
多い集まりによく参加していたが、
そこで毎週のように撮り、もらう多くの写真たちの中で
いつもきれいに撮れているものがあった。

その人の撮る写真は、必ずと言っていいほどいつもきれいに撮れている。
同時に撮った他の写真とは素人の私にも雲泥の差があるように見えた。
どうも不思議だ。ただのカメラじゃあないな。
妻に聞いてみた。

「え?
 そんな、高機能なカメラ持ってきてる人、いないわ。
 気のせいじゃないの?」

「そうかな、他のとよく比べてみ」

「ん・・・・
 言われて見ると、、、やっぱりきれいね」

白黒がはっきりしているし、三原色がとてもきれいに映える。
ちびっ子たちの茶髪などまるで写真から浮き出ているようだし、
毛の一本一本までも鮮明に見える。
ピントがあっているところだけではない、写真の四隅に写る
隅々にもそのきれいさは及んでいる。

妻はそのカメラのオーナーに聞いた。
するとここぞとばかりにしゃべり出したそうだ。
これはばかちょんだけど、高いカメラなのよ、コンタックスっていうの、と。

「実は知り合いにカメラマンがいて、
 簡単に撮れて、きれいに写るの、何がいいか聞いたの。
 そしたら絶対これって、薦められたの」

だそうだ。
うちの主人がきれいだ絶対なんか違うはずだってうるさく
言うのよと言うと、その奥さん、かなり喜んだようだ。
よかったですねえ、違いに気付いてもらえて(笑)。

それを知った直後です、たかぴー家もコンタックスを購入したのは。
型は違いますが、確か7万円くらいしました。
一眼レフでもないのに、やはり高いですよね。
しかしピントがピッタリ合って、ブレが無く(手振れ防止機能なんて無い)
露出もいいと、本当にきれいに撮れます。

ファミリーを撮ったのでお気に入りがいくつかありますが
顔が映ってますし貼付は遠慮させて頂きましょう。
しかし「黒」もばっちりですから、私のメルセデスは
やはりいつもきれいに写りますね。

先日の投稿ですと、「速撥水コート」の黄色のボトルなんか、
とてもきれいに色が出てますでしょう。

 

Photo_1

                

これはグアム。一昨年のウエスティンです。
ピントがいまひとつですが、色合いきれいじゃありません?

ん?
フツーじゃん、って。。。
そう?
んー、そういわれてみると。。。
やっぱフツーかもしれませんね。
なんだ、フツーだったのか。
フツーだったんだ。
でも、
いいんだいいんだ、自分がよければ。
けっ。。。
 

| コメント (0)

2006年8月22日 (火)

たかがC、されどメルセデス

先般の長男の幼稚園のキャンプの時、集合場所(幼稚園)まで送りに行ったが
実はその前、私は朝6時に起きて洗車をした。

車を洗うのは趣味の一つだ、好きなのだ。苦にならない。
しかし驚くことに、外に出たら先客がいた。
お隣(奥さん)だ。
6時なのにだ、お隣は既に車を洗い終えようとしている。びっくりだ。

「お、おはようございます!」

声をかけ、笑顔で挨拶。
奥さん(約63)、雨合羽の長袖&長靴にて
タオルで車を拭き終わっている。
そこらにホースが垂れていたし下はビショビショだった。
ということは、5時くらいから洗車していたのか。
すごいな。
上には上がいるってことだ。

んでまた一昨日の日曜も6時半に起きて洗車開始。
したらまたお隣(こんどは旦那)に先を越されていた!
既に洗車を終え、車をしまうところだった。
まいった。

Kicx3907

Kicx3906

西丹沢で汚れましたたかぴー号。

 
Kicx3911

洗剤はコレ。泡立ちもほどほど。泡は多すぎると近所迷惑ですしね。ボディーにも

やさしいしいいですよ。

欲しい人は声かけてください。安価にてお譲りします。(いっぱいあります)

Kicx3912_1

今回はこの速撥水コート(ソフト99)ってやつ、
試してみます。買ったんじゃあないんです。拾ったの(笑)。
ウチの土地内に落ちてたんです。レシート入ったまま袋ごと新品。警察に届けても、ねえ。

撥水で水滴がコロコロの球になっちゃうと、レンズ効果っていって
ボディーに光を集めて焼けちゃうんで、よくないんですよね。
黒は特に。
やんない方がよかったかなあ。
ボディーは心なしか艶が増したような増さないような。。。
効果は追ってまた報告しましょう。

Kicx3914

洗車後です。
8年乗ってるとは思えないでしょう。
しかもついこの前の3月まで8年間ずっと雨ざらし屋根なしの駐車場だったし。
このボンネットに映る空がきれいじゃありません?

Kicx3909

ドアにぶら下がってるのがプラセームですが、これは私が
買ったのではなく、義父(9年前に他界)の。
大判でA2(B1?)サイズくらいある。
私はケチって小さいのを買ったが、やはりこれくらいの大判だと
掃除も楽だ。
ケチる自分が嫌だ。

   

   

私はこのメルセデスが大好きだ。
W202C240ワゴン。
「ベンツ」
と聞くと嫌悪感を抱く人もいるだろうし、偉ぶってると思う人も
多いだろう。
メルセデスはいい車だ。
頑丈だし種々多様な機構、装備を豊富に持っている。

しかし良い機能なのにそれらの多くは、カタログや取説書に
載っていなかったりする。
買うまで分らないのもあるだろうし、
買っても知らず、誰かに教えられ分かった、という機能ももちろん多い。

私もつい最近(半年ほど前だが)知った機能があった。
98年の納車からずっと知らなかった機能だ。
「タッチスタート」といって、セルスタートが自動になっている。
つまり、普通はエンジンがかかるまで、キーを捻りっぱなしにする、
ところがこの機能は、チョンと一瞬捻ってやるだけで、
あとは機械様が勝手にエンジンをかけてくれる、というもの。

まあ、なくてはならない機能ではないし、走りにも関係ない。
これはあってもなくてもいい機能のうちの一つだな。
実際8年間も知らなくて使ってなかったのだし。

しかしこの車、走りの面では、何度も書くが、本当に惚れ惚れとする
こと、随所にある。
特に高速での直進安定性はすごぶるいい。
これはまずシャーシの剛性がとても高いことがいえるがそれに増して
フロントとリヤ各々にスタビライザーというものが
入っている。これがその高速安定性やコーナリング時の
ステアリングに大きく寄与しているのだ。
でも「スタビライザー付き」なんて、カタログや取説書なんか、どこ開けても
書いてない。
以前、アウディA4はカタログに記してあった。だけどメルセデスのにはない。
分る人が分ればいいのだ。

「エンジンより速いシャーシ」
を掲げるメルセデス。だからエンジン単体では例えばBMWなんかには
完敗している。
BMは本当にいいエンジンを作る。が、メルセデスはトータルで優れている。
そして、上述のように、カタログ、取説書には無いが、備わってる
優れた機能が多々ある。

片方切れてももう片方だけで広々と照らしてくれるヘッドライト。
後部席のパワーウインドウスイッチの照明が運転席のウインドウロックスイッチ
オン/オフで点灯/消灯する。
強弱からオフまで自動の極楽シートヒーター。
半ドアでも自然消灯するルームライト。
等々、数え上げたらきりがない。

これらが分ってそして乗り味に惚れてメルセデスのオーナーになる。
リピーターが多いのもそのせいだろう。
だが、まるで分っていないのに買う、成金野郎や、
ガラの悪い人たちが多いのもまた事実だ。
いいという評判もしくはステータスを得たいがためだけで
買ってしまっているわけだ。

もし北海道の北のてっぺんから鹿児島の南端まで自動車で往復しろと
言われたら、何を選ぶか。
私はもちろんメルセデスを選ぶ。
そういう車だ。メルセデスは。

私のは下っ端のCクラス。
されど、メルセデス、なのである。

Kicx3908

ボンネットを開けてますが、この上がったワイパー、ぶつかってそうでしょう?
いえいえ、触れてもいません、1センチのクリアランス(!)が
あります。すごい設計ですよね。

洗車やメンテの時ってワイパー上げたままボンネット開けるでしょう。
ちゃんとそういったところも、対策済みってことです。
偉い!

| コメント (0)

2006年8月18日 (金)

楽しかったですね、丹沢バンガロー

計4ファミリー、一番小さいうちの次男も入れて総勢14名。

夜はもちろん自炊。
メニューは、パエリア(風ピラフ?)、ハンバーグ、
焼き鳥(砂肝、もも)、焼きとうもろこし、燻製(チーズ他)
などなどだった。

 
Photo_5

Photo_6

Photo_7

                                                   

どれも美味かったが、とりわけ舌鼓を打ってしまったのは
ハンバーグだった。
これは炭火に鉄板でサラダオイルで焼いた単純なもの。
元ある塩加減が絶妙に効いていて、私はデミグラもハインツも何も
つけずに食した。
美味かった!

続いていい気になってダッジのチキンやらパエリアやら
焼き鳥やらをつまみにつまんでガブガブとビールを
あおっていたら、寝てしまった。

私は腹八分目以上食べて酒を飲むと、なぜか寝てしまう。
9割以上の確率でだ。
去年もだったが今年もまたやってしまったわけだ。
っていうかこのファミリーの集まりだとメシが美味くて
いつも満腹になってしまうので、必ず堕ちてしまうのだ。

いやだいやだ。。。
これは自分の治したいところの筆頭ですな。
ん?他にもっとあります?(笑)

こいつは川の水を飲みっぱなしでしたねえ。次男です。

Photo_8

                                                                                                                      

           

| コメント (0)

2006年8月14日 (月)

レコードはやっぱいい

古いレコードが出てきたと書いたが、早速聴いてみた。
実家のレコードプレーヤーを住居の方に持って行って接続したのだ。
プレーヤーもプレーヤーで、かなり古いものだ。
購入したのは中2か中3くらいの時だろうからざっと30年(!)
も前のものだ。

事前に埃をよくよく落とし、きれいに拭き上げて持参した。
接続するアンプも15~6年前から使っているものなので
まだ「PHONO」端子がある(笑)。
 

  
まず針を落としたのが
「THE BEATLES Ⅵ」。
このKANSAS CITYや
I DON’T WANT TO SPOIL THE PARTY
なんかが聴きたかったのだ。

そーっと針を落としてみる。
果たして音や、いかに。。。

第一印象
「ひでー音!」。
ジリジリジリジリとノイズがすごいのだ。

「なんじゃこりゃ」

楽しみにしていたのに。これでは聴けたもんではない。
残念だ。
しかし失意がそうさせたのだろう
意味不明に私はボリュームを突然バカでかくした。
ぐぐぐぐぅ~っと、倍くらいにしたのだ。
すると、どうだろう。
すんごい迫力のある音が出てくれるのだ!

「ななな、なんじゃこりゃぁ~~っ!」

カックイイのだ!
リッケンバッカーのシングルハンバッキングのギターの音など
なんで?と思うほどクリアに出てるし、ポールのベースなんかも
実におしゃれに再現してくれる。
タンバリンの音もかわいく出てるし、これはもう、イケますね!

もうその勢いのまま、今度はレコードチェンジ、
ZEPのⅣ。んでもっていきなり
BLACK DOGからSTAIRWAY TO HEAVENに
移動。
いやあ、これがまた、いい!
ジミーペイジ様HARMONYのアコースティックギターの音が
実にきれいに再現できている。
ジョンボーナムのドラムなんかすんごく迫力出てるし、これは
かなりいいです。

いやあ、昔はよかったんですよねえ。これが。
たとえノイズはひどくても。

CDは確かに音はいいですけど、
人の耳に届かない周波数帯をカットしちゃってるんですよね。
どーせ届かないんだからデリートしよう、んで他の領域を広げよう
ということだったんでしょうなあ、だけど、耳には届かなくても、
なんていうんだろう、空気を響かせるというのか、
身体で感じるというのか、なんだか分らないけれど
かっこよく聴けるものが、レコードには、ありますよ。
間違いない!

ええと、カメラ忘れたんで写真載せれてません、こんどアップしよ。

それと、明日から丹沢にバンガローです!
一泊だけど楽しみ!

| コメント (0)

2006年8月11日 (金)

キャンプ出発の長男

メルセデスだが、一昨日帰宅するとすぐエンジンをかけてみた。
なんの問題もなくかかった。
翌日、つまり昨日だが、も、朝一番でかけてみたが
これもまた問題なくかかった。
そして昨日は一日、都内渋滞を含め、炎天下の中をモタモタモタモタ
ダラダラダラダラと走ってくれたが、
なんのトラブルも起きなかった。
なんだったのだろうか。

気になるが、まあ、自然治癒したのだ
ということにしておこう。

何度か書いたがこのメルセデスは亡き母の遺産だ。
妻が乗るということで母が焼きもちでも焼いているのだろうか(笑)。
エアコンのトラブルなど、故障については不思議と妻の
使用中に起こることが多い。しかしそれは必然性があるのだろう
このメルセデスは私より妻が運転することの方が多いのだから。
 
 
 
昨日は長男(5才)が一泊のキャンプに出かけた。
幼稚園のだが、自由参加だ。
往復バスで、丹沢の方に行く。
長男ともよく相談した。

「ママやパパは行かないんだよ。
 幼稚園のお友達とだけ。
 先生はもちろん行くけど。
 一泊だから、夜はお友達や、先生たちと
 寝るんだよ」

「行く! 行きたい!」

ということだし参加することにしたのだ。

朝9時に集合先の幼稚園まで私と妻で送りにいった。
カメラを忘れたのが失敗だった。
 
 
> 友達はいっぱいいるのに、パパやママと一生懸命に
  遊ぼうとする長男の図。
 
 
なぜか友達とは遊ぼうとしない。パパやママの周りをぐるぐると
回っている。
バスが来た。
トシ55のオバチャンバスガイドが降りてくる。
センセと話はじめ、荷物を積み始めた。
自由参加とはいえ、約50人の幼稚園生が参加している。
年少は対象外で、年中と年長だけらしい。
見送りの父兄たちも多く、園児とその親たちであたりはごった返していた。
 
 
> もじもじしはじめる長男の図。
  なんだかブツブツといい始めている。
  他の子たちはキャハキャハとみんなはしゃぎっぱなしだ。
   
 
「さあみなさん。お待たせしました。
 バスに乗ってください!」

準備が整ったようだ。
子供たちは皆喜び勇んでバスに乗る。
見送りにバスに近寄る母親たち。
ところが長男、バスへ行こうとしない。
ママの服をつまんでいる。
ブツブツ何か言っている。よく聞き取れない。

「やっぱり、行かない。
 やっぱり、ぼく、行かないことにする」
 
 
> 母親の服をつかみ顔を見上げ、涙ながらに訴える長男。
 
 
「だめ。 
 だーめ。そんなこと今ごろ言っても。
 みんな、乗ってるよ。バス。
 そんなこと言ってるの、あなただけよ」
 
「やだ。
 やーだー!
 いかない!
 いかない!
 ぜったい、いかない!
 ぜーったい! い、か、な、い!」
 
 
> 号泣の長男。多くの親御さんの注目を浴びる。
  
 
そろそろバスに乗らないとまずい。
みんなもう乗り終わっている。

と思ったらセンセが来た。
 
   
「はい!行きましょう!」

 
> センセ(男)に抱きかかえられ、バスに入っていく長男。
  継続号泣中。
  
 
バスは出発して行った。
 
 
> 左前席二列目にセンセ(女)と座る長男。
  口を大きく開け泣き叫びながら手を振っている。
  振っている手は、センセが持って無理矢理振ってくれている
  手である。
 
 
親御さんたちも皆手を振るがしかし
バスが角を曲がって見えなくなるととたんに

「ぷっ。。。」

と笑っている。
なにがおかしいんだろう、やっぱうちの長男のことだろうか。
 
 
でもこんだけ大泣きしといて帰りは帰りできっと

「帰らない!帰りたくない!」
 
を連発するんだろうな。センセも大変だ。えらいすんません。
 
 
はあ。。。疲れる。。。まったく。。。 
ブログネタに事欠かないヤツだ。
っていうか、恥ずかしかったですわ。

| コメント (0)

2006年8月 9日 (水)

バッテリー?

たかぴー@告別式で社長不在。伸び伸び仕事中。

メルセデスのほうだが、エンジンがかからないと妻から電話があった。
子供を体操教室に連れて行かなくてはいけない。
少しあせってる。

「キーを戻して。何度かかけなおしてみなさい」

と言うが、何度やってもだめだ。

「かかんない」

「う~ん、なんだろう。
 セルは回ってるかな。
 つまり、バッテリーがあがってるのかどうかが、知りたい」

と聞くが

「ウニュニュっていってるよ」

と言う。

「ウニュニュじゃなくて、だから、回ってるの?回ってないの?セル」

と聞きなおしても

「だからウニュウニュは言ってる」

ようわからん。
今日の体操教室は諦めなさいと言ってとりあえず電話を切ったら
すぐ折り返しがあった。

「かかったわ!
 体操教室、行ってもいいかしら」

「行きなさい」

体操教室は私の勤務先に近い。最悪私が見に行くことができる。
しかし体操教室終わった後、メールがあって

「また無事かかった。このまま蛙」。

  

 

 

まず疑うのはバッテリーだな。
98年7月納車以来使ってた純正のは02年11月に予防交換した。
4年と4ヶ月もったわけだ。
今のはバスケス(ユアサ)の。02年11月からだから今で
3年と8ヶ月もっていることになる。
今年の冬は越えれないだろう、だから
また11月には替えようと思っていた、つまり丸4年使うことになるのだな。

バッテリーは消耗品だ。それはわかっているのだが、
5~6年は持って欲しいと思う。
それをなに? 今回は4年もっていないではないか。
だめだめ。認めませんよ、んなの。
バスケス、だめだったのかなあ。
次はやっぱボッシュにしようかなあ。
ボッシュシルバー。評判いいもんね。
買お。
いやいやその前にまず帰って車診ましょ。
バッテリーのせいじゃなかったりして(笑)。

Kicx2322

あ、写真は去年のね。那須で撮ったものです。きれいでしょ。でもCGナシよ。

| コメント (0)

レコードが出てきた

古いアルバムが出てきた。
たくさんあったが、ほとんどは売ってしまった。
なんだか知らないが今手元に7~8枚がある。
どれもよく聴いたものばかりだが、針は1~2度しか落としていない。
録音したテープの方を聴いていたからだ。
もったいない、盤面自体はほとんど新品だ。

Kicx3826

LED ZEPPELIN Ⅳ
  「BLACK DOG」から始まってA面最後が
 「STAIRWAY TO HEAVEN」のやつだ。
 よく聴いた。
 観音開きですが、二枚組みではありません。

 これ欲しがる人結構いるんじゃあないかなあ。名盤ですよね。
 STAIRWAY TO HEAVENはアコースティックギターしか持ってない当時
 (中2かな)、譜面からコピーしました。
 後半のギターソロは、フレットが無いので途中からは何オクターブか下げて弾きました。
 多くの友達にビックリされました。
 「カックイー!」って(笑)。
 周りではその時私とデンチュウ(田中君)しか弾けなかったんじゃあないかなあ。

 ZEPはこのアルバム(4枚目)くらいから音質が良くなってきましたが
 その前までめちゃくちゃでしたね。THE SONG REMAINS THE SAME
 なんか、ひどい音でした。

Kicx3828

THE BEATLES Ⅵ
 このアルバム、私が生まれてはじめて買ったLP。
 前にも書いたが渋谷で輸入版のワゴンからあさって
 適当に選んで買っちゃったんですよね。中1の時でした。
 この中の
 「KANSAS CITY」
 「WORDS OF LOVE」
 「I DON’T WANT TO SPOIL THE PARTY」
 なんかがとにかく好きでした、
 よく聴いたぁ。懐かしい !

Kicx3821

Kicx3822

高中正義 / TAKANAKA(セカンドアルバム)
 「MAMBO NO.5」
 はテープが擦り切れるくらい聴いてコピーしました。
 すると後日ギター誌にTAB譜が載りまして、完コピ成功 ^^。
 この曲はリズム取りが難しかったですね。
 私的には同様にコピーした「READY TO FLY」
 より難易度が高かった。
 しっかしよくコピーしたなあ。みんな挫折する中、ひたすら練習したもんなあ。

 この頃の高中さん、ノリノリでしたよ ^^

Kicx3824

高中正義 / SEYCHELLES
 これ高中のファーストです。
 このSEYCHELLSも完コピしましたねえ。
 高3の時付き合ってた子に弾いてあげたこと、思い出します。
 参画してる高橋ユキヒロと後藤次利もここらから頭角を
 出してきたんですよね。

Kicx3827

WINGS AT THE SPEED OF SOUND
 レコードプレーヤーがまだ超オンボロのだった時買ったんですね。
 プレーヤーとスピーカーが一体化してるし、
 LP載せるとフタしまんないし。
 で、何回聴いても針が飛ぶんで、このLPは取替えてもらった記憶があります。
 A面1曲目の「LET ’EM IN」が飛ぶんですよ。
 でも替えてもらってもまだ飛びましたね。
 曲調がユニークだからでしょうか(笑)。
 B面1曲目の「SILLY LOVE SONG」は
 シュールな感じがとても好きでした。
 1974年に出たアルバムです。

Kicx3829

Kicx3830

JOHN LENNON/ROCK’N’ROLL
 ジャケットがかっこいいですね。
 このレコードはあまり聴きませんでした。
 STAND BY MEなんかはとても有名ですけどね。
 全てリメイク曲です。JOHNのオリジナル曲は入ってません。

 

いろいろと思い出がいっぱいあります。
他にもアルバムいっぱいあるはずだがどこにあるのだろう。
こんど探してみよう。
っていうより、まずこれらのアルバムを聴きたい!です。
どんな音がするのだろうか。
まずそお~っと針を落として
「ジリジリジリジリ・・・・・」
とイントロ音を聴いて(笑)。

レコードプレーヤーは実家に1台と今の住居に義兄が
使っていたのが1台ある。共に使えるかどうかわからないほど
埃をかぶっている。
大丈夫だろうか。

| コメント (0)

2006年8月 8日 (火)

病は気からか。

自然治癒率が低下している。
病気や怪我、当たり前のように薬に頼ってしまう。
直近だとプールで目が痛くなって目薬にお世話になった。

風邪なんかも、ひいたかな、と思ったらすぐ薬を飲んでしまう。
キズができれば絆創膏。深い傷には軟膏を塗ってしまうし
腹が痛むと正露丸。ファイト一発にはリポビダンDだ。

昔の人はどうだっただろう。例えば江戸時代にはこれらの薬、
何もなかったはずだ。
頭が痛ければひくまで待つしかないし、
虫歯は深くなれば抜くしかないだろう。
歯がなくなるとこんどは胃に影響する。

やっぱ昔の人は延命しないわなあ。
前も書いたが、江戸時代の平均寿命は30歳そこそこだという。
住民台帳の整備がはじまったので統計があるんだそうだ。
40を越してる私なんぞ、とっくのとうに他界してそうだな。

会社入って2~3年目にやった脱腸、痛かったなあ。
炎症起こしてたから、あれで1回死んでる。25だった。

3年ほど前にレバーがあたって腸炎になった。
40度の熱が2~3日続いて緊急入院した。あれでも死んだ。2回目。41か。

一昨年は結石に悩まされてえらい思いをした。これは
死ななかったかもしれないが痛さ辛さでは優勝格だった。

痛い優勝格でいくと極めつけは昨年患った内耳障害、
これは絶対死んでたな。42だ。

ということで私はもう3度も死んでる。
情けない。
現代医療の助けが無かったら太刀打ちできなかったわけだな。

「病は気から」ともいうが上記のそれらはいくら「気」があっても
無理。どうしようもなかった。

だってそうでしょう脱腸は気合じゃ防げない、あれはバイクの乗りすぎから
きたものだった。
同じようにバイクに乗りすぎてたけど無病だったタカネ君は
私の脱腸をバカにした。

「ふん。バイクの乗りすぎじゃあ、脱腸なんかにならないよね」

ところがなんの、彼は翌年痔ろう(痔を悪化させた最悪のビョーキ)
を患い地獄を見る。
大学病院に入院して肛門の手術を受けることになった。痛くて痛くて
座るどころか歩くことすらできなくなったからだ。

手術前夜だ。問診があってパンツを脱がされ腹ばいになるよう
言われた。その通りにし、お尻を高く上げなさいもっともっと高くと言われ

「これくらいでいいでしょうか」

と振り返ったらそこに5人くらいのインターンが
タカネ君の患部、つまりコーモンをスケッチしていたというから驚く。
ウラチンももちろんスケッチされた。
目当てにしてたかわい子ちゃんもいたというから
これを地獄と言わず何を地獄というのだ。

話は変わるが先日、近所のオヤジが他界した。今日は通夜だ。
80だったそうだが、うちの父とは40年来の付き合いがあった。
奥さんにはだいぶ前に先立たれていて、
寂しい、面白くない、
人生、そんな、長生きしてもしょうがない、
俺はもう、いつ死んでもいいんだ、
いや、そうじゃあない俺はもう、早く死にたいんだ、
死にたい死にたい死にたい、ホントに死にたい
と、ここ数年は事ある毎にそう悲観的なことをこぼしていた。
その度にうちの父から怒鳴り叱られていた。バカばっか言ってんじゃあない、と。

死因は肺炎だったようだが、腎臓が悪くここ5年以上ずっと
食事療法を強いられていたようだった。
んで先々週もウチに来て、
俺はもうホント長くない。来週入院だ。いろいろ世話になった
と言いにきて、ホントに死んでしまったのだ。

はり合いというものがなかったようだ。ここ数年、何もミッションらしき
ミッションがなかった。年金暮らしだったし持ってた店も
息子に委ねていたし。
しいて言うなら9年前、うちの母の葬儀の時
そのオヤジに番頭(現金出納係)を務めてもらったのだが、
その時は生き生きと業務を全うしてくれた。テキパキと
いい仕事をしていた。あの時のおじさん、70そこそこだったろうが
10は若く見えた。

病は気からとはよく言ったものだ。モチベーションを保っていると
顔にもハリが出てくるものだ。

私は遊んでばっかだからいろんな病気にかかるのだろうか。
考えたら遊びに起因してるのが多い。

脱腸> バイクの乗りすぎ。
腸炎> 飲んだ時食べたレバーがあたった。
結石> ビール飲みすぎと運動不足。

とはいえ、友人が昨年の年賀状で一行、

「成人病に気をつけろ!」

と書いてくれてたっけ。
ま、これを読んでるみなさんもいろいろ気をつけていきましょう。

| コメント (0)

2006年8月 7日 (月)

プールに行って、目が痛い

昨日は近所の公営プールに行った。長男(5才)と二人でだ。
冗談半分で「ねえ、プール、行こうか」
と聞いたのだが、少し考えて
「うん、行く!」
と返してくれたのだ。何故かとてもうれしかった。

行ったところは初めてだしよく分らなかったのだが、屋内のみで
屋外のプールは無かった。
とても暑い中行ったので屋外を楽しみにしていた、少し残念だった。
流れるプールが楕円形で一つあって、その中に25メートルプールが一つある。
ちょっとさみしいが、長男はまだ泳げない、
っつーか、水に顔をつけれないのだし二人で行くだけだから充分だ。

流れるプールは水深1メートルだった。長男は腕輪をしてプカプカ浮いているだけ。
爪先が底にちょっとあたるかどうかという感じ。
だからたまに波や人のバタ足の水なんかを顔全面に受け、むせていた。

「ゴホッ!ゴホッ!
 ゲボーーッ!
 ゲボボボー!!!」
 出る!
 出るー!
 出ーるー!!!」

水から上げろ、と、長男。全館に響き渡らんばかりの絶叫だ。
大げさなんだっつーの。
ま、こういうこともあると怖いんで、彼の元を離れることは
できませんでしたワ。
このむせ絶叫、帰るまでの2時間余に5回ありましたね。

私は長男のつきっきりだけではさすがにつまらない、
パパの泳ぎ、見てみなよ、と、25メートルプールで泳ぎを披露した。
ヒラで50m、クロールで50mを泳いだ。
スピードを乗せたつもりだったが、前を行くジジイに追い付くことが
できなかった。
ちきしょう、毎日来てるな。
見回してみると平均年齢が意外に高い。
爺さんばあさんも水中眼鏡をかけ、ずーっと泳いでいる。

私は眼鏡をかけない。それは小中学校時代からずっとだ。
がんとして、つけない。
なにおくそう、いちいち人間様が眼鏡なんぞ、と思っていたら
帰ってきて目が異常に痛くなった。
目薬を夜だけで5回くらいさした。ちなみに今もさした。
もう痛くないが、なんか気分でさしてしまう。

プールもなんだか水質保護とかで変な薬いっぱい使ってそうだなあ。
前職の会社のコニタン課長は牛乳瓶底眼鏡をしてたが
「学生時代プールでやられたんです、その前は目、悪くなかったんです」
と言ってたっけ。
気をつけよう。

| コメント (0)

2006年8月 5日 (土)

Rクラス欲しいなあ

ある人気ブログの開設者の方と話す機会があったが
そろそろブログやめようと思う、とおっしゃっていた。
だいぶ体力も使うし、失う時間が多すぎる、見返りもないしと
いうことだった。
その方のは毎回20人以上の方からのコメントを頂いているようだし
返事もきちんと書いてらっしゃる。大変なことだ。そうまでなると
趣味での域を越しちゃうんだろうなあ。

ヤナセからDMが来ている。
今乗っているメルセデスはヤナセから買っている。
だから定期的にDMをもらう。なんとかフェアーとかいう
ことで、ことある毎にイベントを作って客の囲い込みを
図っているのだ。
メルセデスだとシリーズを簡略化したもののパンフが
いつもそのDMに同封されている。
そそられる。
欲しい欲しい。私は「500」が欲しい。
5000ccだ。V8エンジンだし、エアサスが入ってるものは
その乗り味たるや「絶品」なのだ。

500について、シリーズ毎の価格を比較してみる。
安い順に並べた。単位は万円だ。

ML500   945
E500    949
R500    966
CLS500 1029
G500   1169
S500   1260
CL500  1333
SL500  1386

なんと、同じ500(5リッター)エンジンなのに、
車種が変わるだけでその価格幅、なななんと440万円もある。
一番安いML500というのは四駆、つまり
国産でいうところのサーフやパジェロみたいなもの、
私には興味が、ない。
次のE500、これが私は好きだ。

Photo_4

だけど最高値のSL500から440万も安い。
これはいったいどういうことだろう。
意味が分らない。SLは2ドアスポーツの車だ。
分り易く言えばフェアレディーZみたいなもん。
もちろん二人しか乗れない。んなもんに13百万もかけられっかバカモノ。

ということでE500を買うことが近未来の私の目標。
なのだ、が、そこで問題が出てくる。
欲しいのはワゴン。
だとすると、E500のワゴンだが、実は右ハンが、ない。
セダンはあるのに、だ、ワゴンにないのだ。なぜだ。
私は右ハンにしか乗りたくない。
だから今、中途半端な目標設定になっていて、
なんかできもしない営業予算を無理に与えられてちょっと
諦め半分チャランポラン状態になってしまっている担当営業
といった感じのようになってしまっている。

早く目標を明確化せねばならない。
と思っていたところ、先般も書いたのだがR500というのが出た。
これはワゴン車、というか、1ボックスみたいなもん。
つまり国産でいうところのイプサム、オデッセイというやつだ。

こういうの、やっぱ欲しいんだなあ。
先だってのゴルフ往復でも痛感した。
ワゴンって、とても快適なのだ。
私は運転が好きだし、パッセンジャーの為に運転を任されることもこれ、
全くやぶさかではない。
十二分に楽しめた先日のゴルフ。プレーはもとより、
その往復が楽しかった。
やはり気の知れた4人が1台に乗ってワイワイガヤガヤとやること、
それ自体が楽しいし、帰路はなんてったって、ビール飲み放題。
1ボックス車は動く宴会場、ランチキパーティー車と化すのだ。
おしっこがしたくなっても今どきそこらのコンビニが貸してくれる。安心せい。

渋滞もなんのその、事実、帰路の2時間はあっという間だった。
どこをどう走ったのか記憶ないし。

とはいえ1ボックス、友人達との使い勝手だけでなく、やはり家族での
利用価値も上がるはず。
ウチは上がまだ5才だからいいようなものの、小学校も高学年になったり
したら一家で遊びにでかけること、より多くなってくるだろう。

39

 

前置きが長くなったが、メルセデスのR500。
これは4マチックといって、四駆だ。
しかしやはり500になると左ハンしかないようだ。
だと妥協して右ハンのあるR350か?
だと725万だな。

そうか、725か。
うーん。725。
まけてくんないの?
値引きさ。
半額くらいになんない?
がんばってよ。
半額なら、考えますから(笑)。

| コメント (2)

2006年8月 4日 (金)

一昨日のゴルフ

久しぶりにゴルフに行ってきた。一昨日の水曜日、
気の知れた友人3人とだ。
往復はみゆきち氏が1ボックスを出してくれたので、
それ1台に乗ってみんなで行った。
とても楽しかった。
メンバー紹介。

みゆきち氏 
 今回唯一の女性。大手一流某電気メーカーを辞し、国内屈指のゴルフコース
 (会員権たぶん数千万)キャディーに転職するという
 稀有な職歴を持つ。万事まとめ役を買って出てくれる、今回の3名には
 肝っ玉母さん的なくてはならない存在。一児の母。
 今回グアムでたかぴー家に合流したのもこの人とそのファミリー。

610氏
 パッと見ヤクザ。ビールをこよなく愛する男やもめ40、さすらいのゴルファー。
 日本橋界隈の大手ゴルフショップに勤務、ちなみに店長。
 これほどビールを飲む人を他に知らない。
 今回は朝5時半から飲み続けた。プレー中ももちろん
 しかも夜までずっと。スーパードライしか飲まないが延べ10リッター
 近くを消費し夜は亀田戦前にブッ倒れた。

MM氏
 建築現場トイレを借用中、ドアが開いてしまって地獄を見た経験あり。
 カラオケが好きだがサザンOH!クラウディアで必ずシャウトし
 皆にヒンシュクをかっていることに気付かないというか気付いても
 また他の歌でシャウトする向こう見ずな一面を持つ。
 うんちは我慢できないと駐車場、デパート横の空き地等など
 所構わず噴出する。パット見フツーだが中身破天荒。

たかぴー
 クールでいつも落ち着いているが今回サイフを家に忘れてきて
 自分を失った。ゴルフは会社員だった頃「俺はもう
 100を叩くことはないだろう」と大見栄を切っていたが、
 何を今回は110も叩いた。カレーは白のチノパンにこぼすし
 いいところが無かった。

ゴルフは全てのショットがめちゃくちゃでなんとボールを
9個も無くした。久しぶりなので一新しようと、
使用済みのボールを全て家に置いて来たのが裏目に出た。
なくしたのは全部ニューボールだ。なんともったいないこと。。。
110というスコアよりこの方が虚しい。

いやあでも楽しかった。
また行きましょう、みなさん!
って、こんな紹介書かれたら嫌?(笑)。

| コメント (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »