« ラジオの投稿 | トップページ | 食欲旺盛の次男 »

2006年7月 7日 (金)

富岡カントリークラブ?

趣味の一つにゴルフがある。
会社員だったころは月に一度はコースに出ていたが、
辞めてからこっちはさっぱりだ、半年に一度行くかどうか、
練習にも行かなくなった。

そんな折、友人の一人(女性)が、とある名門コースのキャディーさんを
やりはじめて、ここでプレーしないかと誘ってくれた。
やろうやろうと二つ返事で乗ったが、ここ最近、練習はおろか
クラブも触ってない。
んで打ちっ放しに行ってきた。
近所、車で5分くらいのところにある、百合ヶ丘カントリークラブだ。
ここはとても広く、突き当りまで250ヤードあるので、
球筋が最後の最後まで見れてよい。

久しぶりだし、腰をはじめとして身体を壊すことが心配だったから
アイアン中心の打ち込みだけにしようと思っていたが、
広いとやはり誘われる、2カゴ目からはドライバーを
取り出してしまった。

7~8年前、この練習場によく来ていた頃は
突き当たりの250のネットにバンバン届いていた、が、
果たして、真芯にあたると、うれしいことに
今でもその時と同じくらいのところに届くではないか。

まんざらでもない、ヘッドを上手く走らせることが
できてるな、とほくそ笑んでしまった。

とはいえ250と書いてはあるが、果たしてどうだろうか、
せいぜい220~230そこそこなんじゃあないかなあ、
250と書いてある字のところに届くと(少し高い)、
250ヤードなのかもしれないな。

練習場は、大雨だったし平日の朝早くだったしガラガラだった。
なのに、しばらく打っていると、私のすぐ隣(後ろ)に
人が来て、打ち始めた。
60代前半の男性だった。
なんでこんな空いてるのに、と思っていると、
その人、打ち終わる度に、床をドン!ドン!とクラブで打つ。
わざとだ。
きっと意にそぐわない球しか打てないのだろう。
ウサをクラブと床に晴らしている。
やかましいし気になるので、私の方が他の離れた席に移って行った。

ゴルフはメンタルなスポーツだ。
練習場は静かであったほうがいいし、そんな、いちいちクラブで床を
叩くなんて、もってのほかだ。ゴルフ練習の前に、まずお前その
精神自体を叩き直して来い、と言いたい。

で、二日経った今日は全身筋肉痛(汗゛。。。

打ちっ放し練習に病みつきになった時もあった。
1990年に入ってからだ。
ゴルフバッグはいつも車に積みっぱなしだった。
練習は土日の両日は行っていたし
スコアもそこそこいいのを出していた。
今だに破れていないのが当時ハーフで出した38だ。
社のゴルフコンペで出したのだが、前半が48叩いていたので
大波賞をもらえただけだった。

あの時は今から思うと少し神がかってたな。全てのショットが
狙い通りに打てていた。
実はそのコンペの前日、近所でお祭りがあって、友人が焼き鳥屋を出店する
というんで手伝った。んで丸一日飲み続けた翌日、二日酔いでのプレーだった。
前半で48叩いてしまったから奮起一転したともいえるが。

次にいいスコアは、やはりハーフだが、40のことがある。
富岡カントリークラブでだ。
草津温泉社内旅行の翌日のコンペで、出した。

実は先ほどメールがあって、先の名門コースに
誘ってくれたキャディーの友人、
やはりこの名門コースでプレイするのは忍びない、他のコースを
取り直すから、そっちでやらないか、と連絡してきた。
取り直すといったそのコースがこの富岡カントリークラブだと
いうのだ。
久しぶりだ、というか、あのコンペで行って以来、行ってない。
なぜあの時40出せたか。
よくおぼえている。
キャディーがよかったのだ(笑)。

6~7年前のその時付いたキャディーさんは、男性だった。
私よりいくつか年上だったが、
指摘してくれることがバンバン当たった。
まずグリーン上。どこに向けてどれくらいの強さでと
言われた通り打っていたらスコスコ入ってしまった。
フォームも。
私のテークバックからショットまでのストロークも
軽微ではあるが、ここと、ここを直してみましょう次は、
とか言ってくれる。
普通キャディーさんにそんなこと言われても、と思うのだが
ウマが合うソリが合うとでも言おうか、その人の
偉ぶらずに言ってくれることがとても気に入ってしまった。

outを40で回れ気をよくした私は

「午後もよろしくお願いしますよ!」

と元気に言うと、その人、実はキャディーさんではなく、
クラブの社員だったようだ。

「いやあ実はキャディーが急用ができたんで
 私、午前中だけのピンチヒッターだったんです」

「だから午後はキャディーになっちゃうかもしれません」

ああ、悲しい、あなたが付いてくれたら70台が出るかもしれないのに。

「ええ、極力、私、付くようにします ^^;」

とは言ってくれたが、午後付いてくれたのは2ホールで
3ホール目には新しいキャディーさんがカートで乗り付けて待っていて
男性キャディーさんとバトンタッチしてしまった。そこから私のスコアは実力どおりになってしまい、やはり70台が出ることはなかった。

キャディーさんによって、スコアが変わること、あるんですね。
でもその時に一緒に回った人たち全部が良くなった
ワケではありませんから、私だけたまたま調子が合ったに過ぎなかった
んでしょうね。

がんばってくださーい!みゆきちさん!

« ラジオの投稿 | トップページ | 食欲旺盛の次男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオの投稿 | トップページ | 食欲旺盛の次男 »