« 価格だけで決められないこと | トップページ | 医者は古い方がよいか »

2006年6月12日 (月)

高いものは本当にいいのだろうか

高いものはそれなりにいい、ということを、書いて
思い出した。
その考え、義母や妻がいつも口にするセリフだったからだ。
「高いものは、いい」。
そうですねえ、やっぱ、いいんですよねえ。

自由が丘のレストランで食事をしていた。
2階だったので、下にシェルガーデンが見える。
平日なのに、ここはいつも混んでいる。
中はそうでもないが、駐車場はいつもいっぱいだ。
ここは高いものしか、置いてない。粗悪なものは売らないのだ。
だからセレブ御用達、車もいいのばっかが停まってる。
メルセデス、BMWは当たり前、ポルシェをオープンのままにして来るのも
珍しくないし、ひでー時はフェラーリで乗りつける阿呆もいる。

今日も駐車場がいっぱいのようだ。
1台が入口で、1台は道路にはみ出して、計2台が待っている。
メルセデスCLS500とポルシェのカイエンターボだ。
ちなみに2台とも、女性が運転している。奥方だな。
CLSも350でないところが、すごい、また、
カイエンもただものじゃあなく、ターボであるところがまたすごい。
これら各々の価格差、みなさん知っとるけ?すんごいんですよ。
CLSで言うと350の8.5百万に対し500は11百万近くする。
まあこのくらいの価格差ならまだいい。
ポルシェになるとただのカイエンは6百万そこそこだが
今回お待ちのカイエンターボ様、これだといきなり
なななんと13百万くらいしちゃう。倍じゃねえか!

こーゆーふうに、妥協をゆるしていないところが、すごい。
なにがって、来ている面々たちのお車が、だ。

しかーし、しかし、だ、その2台、つまりお待ちの
CLS500とカイエンターボ様に、係員が頭を
ペコペコ下げながら、後ろに下がってください
お願いしますお願いしますと
お願いをしている。
CLSとカイエン、やむを得ずバックしている。
すんごい嫌そうにモタモタモタモタと下がる。

なぜ、あんで、あたくしたちが、さがらなくちゃあ、
ならないのよ、ざあけんじゃあ、ないわよ、と
サングラス奥の顔が言っている。
係員、土下座でもしそうなくらいだ。
この駐車場、設計が悪いし場所も狭い、だから入口付近にとまっている
お車様がお出になる場合、待っているお車たち、上述のように
いったん道路にお出になるしかないのだ。

出てきたぞ、その入口近くに停まっていた車様。
いやあまいった!
メルセデスのSL55AMGだった17百万!

「早くさがりなさい。
 このクルマ、知らないんじゃあ、ないでしょうね。
 このへんじゃ、モグリと言われるわよ」

CLSとカイエンの奥様、AMGの三文字はよくよくご存知。
負けたわ!
お車が分った瞬間、下がり方も潔いものに変わった。

高いものは本当に、いいのだな。
こうして見ていると、よく分る。
っつーかさ、いちいち55AMGで来ないでよ。チャリの距離なんでしょ?

« 価格だけで決められないこと | トップページ | 医者は古い方がよいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高いものは本当にいいのだろうか:

« 価格だけで決められないこと | トップページ | 医者は古い方がよいか »