トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

C240T、ステダン交換

題にあるように最愛の家族のこと、愛車のこと、そして私の好きなことたち
について、綴ってゆきます。

ブログは先般投稿のように実はMSで
http://spaces.msn.com/stars-doors/PersonalSpace.aspx
一年ほどやっていましたが、数ヶ月前のある日突然
写真が貼れなくなってしまい、調査するも原因不明、埒が明かないので
やむを得ずこちらに移ることにしました。

ブログの目的は「書庫」のようなものであって、
写真もたまには貼りたい、ということでいろいろ探し当たってみました。
ですが文書量が多いと、多くのブログはダメなんですね。
投稿できない。
だいたいが256行以上あるとだめなようです。
で可能な、このココログに来た次第です。

早速ですが、愛車、メルセデスC240ワゴンのこと、書きます。

Kicx2322_4

やれてきたステアリングダンパーを、交換して来ました。
ネットで6,600円で購入したビルシュのステダンです。

あ、すいません、写真は昨夏のですm(___)m

ノーマルのより堅牢でいて6,600円は安いと思いました。
ネットで見ると、ノーマルのも8,000円近くするんで
だったらビルシュタインでこの値段は安いと思って
衝動買いしました。

取替え方法もメールで教えてもらったので、
簡単簡単とジャッキアップして潜ったら、
レンチが、ない!
教えてくれてたのには「17インチのメガネレンチで」と
されていたのに、17だとなめちゃう!
ちゃうじゃん!
16もしくは15ですよ。もお~!

どうしようかと考えた。
レンチ、買ってこようか。。。
でも午後から雨だっていうし、しかもジャッキアップも車載ので
すから、心もとない、っつーか、怖い。
車載のってすんごいプアなんですよね。
リスクヘッジでタイヤを下に置いたんですけど、タイヤの厚さって
20センチくらいしかないでしょう。
となるともしジャッキが壊れたら、頭蓋骨は守られるかもしんないけど
少なくとも鼻の骨は折れますわな。
腕の骨の2~3本も折れます。
しかも誰も助けに来てくんない。
誰か来てくれるまで足をバタバタと永遠に動かし続けることになる。
想像しただけで怖い。

やめた。。。
で、よく行く用賀のサンビームに電話してお願いすることにしました。
あっさり。。。

予約の2時に行くと、5分も待たずに、

「終わりましたよん^^」

早。。。

早速インプレです。

ネットで諸氏が書かれているような
「激変」はありませんでした。
私のメルセデスは足回りにザックスパフォーマンスセットを入れてるため、
それだけでかなり堅牢なものになってしまっているので
効果薄なのかもしれません。
ですので
「チョイ変」
ですね。何が変わったのかたぶんかみさんは気付きません。
とはいえ、デリケートなことを書くと
ステアリングの「座り」は確かに良くなってます。
それと、ハンドルを切っていった時のフィーリング、ですね、
これはぬめぇ~っとした、なんと言いましょう、
とてもとても硬い固形のオイルがそのステアリング中心部に
塗りたぐられているような、そんな感じに変わりました。

荒れた道(特に轍)や高速(160キロ以上)で
違いの真価は出ると思います。

そうそう、ステダン、そもそも替えた理由、ですね、これは
実家(勤務先)の車庫にメルセデスを入れる時、
路面にオイル漏れの痕が残ることに、気付いたからなんです。
ロック→ロックまで素早く切らないと入れられないんですね、車庫。

で、ヤナセに見てもらおうと行ったら
サイテー、2泊は入院してくれ、とのこと。
なんで?
たぶんステアリングダンパーですよ、と言うも
こちらの主張は認められず
オイル漏れは、2泊からのお預かりがルール
なんだそうです。
一方的に決められるのも、なんですよねえ、
潜ってみれば一目瞭然なんですがねえ、
で、自己診断を優先し、ステダンをネットで購入、交換するに至ったわけです。

ま、そのまえに前兆あって、ギャップを通過した時など
ステアリングが若干振られる気がしてたんですよね。
ブッシュ系は昨年6月の車検の時交換してもらってたから、ブッシュじゃあない、
何が原因か。。。やっぱ、ステダンか、と
ある程度絞ってはいたのです。

とはいえ、無事交換、相成りました。
これからも、よろしくお願いします、メルちゃん^^

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

はじめまして。

MSのブログからやってまいりました。

http://spaces.msn.com/stars-doors/PersonalSpace.aspx

トラブルが多いんで、お引越ししてきましょうかねえ~

| コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »